KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
Intel’s $15 Billion Mobileye Buyout Puts It in the Autonomous Car Driver’s Seat

インテルはなぜモービルアイを150億ドルで買収するのか?

インテルは、自動運転テクノロジーの主要企業であるモービルアイを150億ドルで買収すると発表した。当面の狙いはもちろん自動運転だが、モービルアイの強化学習には、他の産業で利用できる大きな可能性がある。 by Jamie Condliffe2017.03.14

インテルは、自律自動車関連のハードウェアを販売するモービルアイを150億ドルで買収する計画だと発表した。極めて高額だが、買収により、インテルは成長中の自律自動車産業で中心的存在を担う最先端の機械学習テクノロジーを手に入れることになる。

MIT Technology Reviewが"50 Smartest Companies of 2016"に選出したモービルアイの買収は、インテルにとって過去2番目に大きな規模(2015年に大手FPGAメーカーのアルテラを167億ドルで買収)だ。自律自動車関連企業のM&Aとしても、圧倒的に高額であり、自律自動車産業が今年爆発的に成長する兆しともいえる。

多くの自動車メーカーが自律自動車システムの中核部分にモービルアイのハードウェアを採用しており、同社は自律自動車業界に絶大な影響力がある。インテルはモービルアイの影響力と、半導体メーカーとしての自社の優れた技術を組み合わせて、買収完了と同時に自律自動車市場で大きなシェアを手に入れるつもりだ。インテルの期待通りになれば、すでに自律自動車事業に進出済みのエヌビディアやクアルコム等、他の半導体メーカーとも互角に戦えるようになる。

イスラエルのモービルアイは1999年の創業 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント