KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

知性を宿す機械

ロボットや人工知能、機械学習、さらに自律型の乗り物やドローン、量子コンピューティングについて。

  1. Google’s AI Guru Says That Great Artificial Intelligence Must Build on Neuroscience 真のAI実現に神経科学から学べ、「アルファ碁」開発者が提唱
    「アルファ碁」の開発者であるデミス・ハサビスは、AIの能力の限界を押し広げるには人間の知性をより理解することが必要だと主張し、AIと神経科学の間でのアイデアの交換を提唱している。
  2. 「AIは悪魔、今すぐ規制すべき」イーロン・マスクが熱弁
    かねてから「AI開発は悪魔を召喚する所業」との持論を述べているイーロン・マスクは、2017年7月15日の全米知事協会の講演で、AIは人類文明が直面している最大のリスクであるとして、何かあってからでは遅い、今すぐにAIを規制すべきだと主張した。
  3. 世界最速ドローン、時速300キロでドロン
    新型ドローンが世界最速となる時速約300キロの記録を打ち立てた。見失ってしまいそうなほど高速だ。
  4. 現実化する車のハッキング
    元イスラエル軍人の
    セキュリティ会社に脚光
    自動車を狙ったサイバー攻撃が現実化する中、イスラエル発のスタートアップ企業カランバ(Karamba)が注目されている。元イスラエル国防軍のメンバーらが創業したカランバは、従来とは異なるアプローチで自動車を守ろうとしている。
  5. アウディ、渋滞時はAIボタンで自動運転 「ながら通勤」も
    アウディは従来の市販車とは一線を画する自律運転機能を搭載した新型セダンを発売した。しかし、車載センサーとアルゴリズムが、運転中に起こりうるすべての事態に対処できるわけではない。

知性を宿す機械の最新ニュース

  1. A Laser Sensor on an iPhone Would Make a Lot of Sense 新型アイフォーンはARマシン? 3Dレーザー・センサー搭載か
    ある情報筋によると、アップルが今秋発表するiPhone次期製品には、奥行を検知するレーザー・システムが搭載されるという。もし実現すれば、これまでにない拡張現実(AR)アプリが可能になる。
  2. Kasparov Thinks Deeply about His Battle with a Machine AIに負けたチェスの天才カスパロフが考える、機械と共生する未来
    IBMのコンピューター「ディープ・ブルー」とチェスの元世界チャンピオン、ガルリ・カスパロフの歴史的対局を、カスパロフ側から回顧することは、ずっと待ちわびられていた。カスパロフの新著は、日々性能を増していく知性を宿す機械と共生する未来について考える糧となるだろう。
  3. Microsoft Thinks AI Will Fill Your Blind Spots, Not Take Over Your Job マイクロソフトのAIも「人との協働」目指す グーグルとカブる
    グーグルを猛追するマイクロソフトは、人間と人工知能(AI)の共同作業を改善する構想を打ち出した。つまり、AIは必ずしも人間に取って代わる必要はなく、より良い仕事をする手助けをするということだ。
  4. Your Best Teammate Might Someday be an Algorithm AIの未来は人間との協働
    グーグルが新プロジェクト
    人工知能は人間の仕事を奪うのではなく、手伝うもの。グーグルが新たに始めたプログラムは、AIと人間がより効率よく作業するための方法を探るものだ。
  5. The Machines Are Getting Ready to Play Doctor 心電図から心臓疾患を発見、機械学習は医師を超えるか
    心臓不整脈を探り当てるアルゴリズムによって、機械学習が医療に革命をもたらそうとしている。課題は、医師や患者にそのアルゴリズムを信頼させることだ。
  6. Apple-Picking Robot Prepares to Compete for Farm Jobs リンゴ農家の人手不足をロボットが救う
    機械化の進む米国の農業ではロボットの開発も盛んだ。トランプ大統領の難民政策の影響で季節農業労働者の確保が困難になったいま、リンゴ収穫ロボットが注目されている。
  7. The Chinese Plan to Take Over All Self-Driving Cars バイドゥ、自動運転ソフトの無償公開で市場独走狙う
    バイドゥは、自律自動車の頭脳部分を無料公開する「アポロ計画」を推進している。アポロ計画が軌道に乗れば、自社のコードを非公開にする競合企業が自動運転分野の覇権を握るのは困難になるだろう。
  8. Google Stakes Its Future on a Piece of Software グーグルの未来はテンソルフローにある
    グーグルが2年前に公開した「テンソルフロー」はAIへの熱狂的な関心を背景に、グーグルに多大な利益をもたらそうとしている。グーグルはアマゾンとマイクロソフトからシェアトップを奪うつもりだ。
  9. This Parkour Robot Easily Bounces Its Way Over Obstacles 障害物をぴょんぴょん飛び越える新型パルクール・ロボ
    3軸の姿勢制御が加わったサルトは、コンピューターからの指示で自由に動くことができる。運動能力は抜群だ。
  10. Scientists Are Turning Alexa into an Automated Lab Helper アレクサ、実験を手伝ってくれ
    米国で人気のAIアシスタント「アレクサ」の仕事に、「実験のお手伝い」が加わりそうだ。科学者は、本来の設計意図とは異なる方法で商用テクノロジーを利用し、研究の効率化を図っている。
  11. Toyota’s Home Helper Is a Glimpse of Our Robot-Assisted Future トヨタの介護ロボから垣間見える、機械が人間に寄り添う未来
    トヨタの介護ロボットが北米で導入された。飲み水を持ってきてくれたり、ドアを開けてくれるようなロボットのおかげで、体の自由がきかない男性の生活が少し楽なものになった。
  12. Why Waymo’s Partnership with Avis Makes Sense グーグルの自動運転車はなぜレンタカー会社と提携するのか
    自律運転テクノロジーの開発企業は、自動車のメンテナンスには手を出さない。一方でレンタカー会社は車の所有形態が変化する中、自らの存在意義を探すのに必死だ。
  13. Machine Creativity Beats Some Modern Art AIは創造的な仕事も奪うのか?現代アートで人間と勝負した結果
    機械は今日、さまざまな分野で人間と同等あるいはそれ以上の成果をあげつつあるが、より優れた芸術を創造することもできるのだろうか。人間のアートと機械が作ったアートの違いを見分けられるかどうか、どちらのアートが好きであるかを一般の人たちに尋ねてみた。
  14. Before They Hit the Road, Driverless Vehicles Will Take Over Warehouses 完全無人倉庫の時代がもうすぐやってくる
    十分に管理され、交通規則もない倉庫こそ、自律自動運転車の実験場所にぴったりだ。近い将来、人手不足にあえぐ物流業界の救世主となるはずだ。
  15. A Job Plan for Robots and Humans ロボットは仕事を奪う、
    でも新しい雇用も生む
    ロボットスタートアップのフェッチ・ロボティクスでは、約50人のスタッフと125体以上のロボットが働いている。ワイズCEOは、人間とロボット、どちらに対しても雇用の機会を増やしていくつもりだ。
  16. General Electric Builds an AI Workforce AI企業へ脱皮するGE
    鍵はハイブリッド研究者
    GEはAI技術によって、2020年までに世界トップのソフトウェア・プロバイダーの一社になることを目指している。実現のカギを握るのは、2つのキャリアを持つ研究者だ。
  17. China’s Tech Moguls Warn of AI’s Troubling Trajectory 米中AI戦争が引き起こす、世界再編の現実味
    世界レベルの賢明な起業家とイノベーターたちの間にある認識が広がりつつある。それは、AIが経済と社会に深刻な影響をもたらすことが現実味を帯びてきたというものだ。
  18. Autonomous Grocery Vans Are Making Deliveries in London 食料品は自動運転車がお届け、ロンドンで実験中
    日本では配達員の不足が社会問題化しているが、ロンドンでは小型の自動運転車による食料品の配送が実験中だ。
  19. Nvidia Lets You Peer Inside the Black Box of Its Self-Driving AI エヌビディア、「説明できるAI」へ向けた一歩を踏み出す
    機械学習のAIシステムは多くの場合、どのような判断に基づいて結論を導き出したのかを説明できない。信頼のおけないテクノロジーを、医学や金融、軍事などの重要な分野に適用してよいのだろうか。
  20. The U.S. No Longer Has One of the Top Three Fastest Supercomputers 中国に完敗した米国が挑む、スパコン戦争の行方
    発表されたスーパーコンピューター・ランキングの1位、2位は中国だった。米国はインテルやIBMに2億5800万ドルの資金を投じて、2021年の逆転を目指す。
  21. Stratospheric Balloon Startups Want to Make It Easier to Fly to the Edge of Space 宇宙をもっと安くする、成層圏気球ビジネスが上昇中
    米国の2つの企業が、科学実験向けの成層圏気球ミッションの費用を引き下げようとしている。大きさ、積載量、浮揚時間でNASAの気球にはかなわないが、絶対的な価格の安さには、多くのメリットがある。
  22. Tesla’s New AI Guru Could Help Its Cars Teach Themselves テスラが強化学習の専門家を採用、自律自動車の開発を加速
    テスラが強化学習の専門家をAI研究の責任者として採用した。テスラは新たなアプローチで自動運転車の開発を加速させるようだ。
  23. World’s First Cable-Free Elevator Zooms Horizontally and Vertically Using Maglev Tech 横にも移動できるエレベーターで建築の常識が変わる
    リニアモーターを利用して上下左右に移動できるエレベーターがドイツで実験中だ。行きたい階に素早く到着できるだけでなく、ビルのデザインに変化をもたらすかもしれない。
  24. AI Agents Learn to Work Together by Wrangling Virtual Swine 人工知能から拡張知能へ——AIは「協調」できるのか
    人間は協調して作業することができる。だが、AIにチームプレイは可能なのか? マイクロソフトの研究者は、あるコンテストを開催した。
  25. Industrial Robot Firm Kuka Looks to Automate the Home 産業ロボ大手クーカ、家庭用ロボット参入へ
    中国企業に買収された産業用ロボット大手のクーカが消費者向けロボットの開発を表明。工場向けに開発された技術からどんなロボットが生まれるのだろうか。
  26. Inspecting Algorithms for Bias 機械は偏見を持つのか?
    犯罪者予測システムの
    是非を問う
    米国の裁判所や金融機関では多くの場面で、被告人や顧客に対する意志決定に自動化システムを使っている。機械を使えば、人間の持つ偏見をなくして公平な判断を下すことが可能になるのだろうか。
  27. Meet the Chinese Finance Giant That’s Secretly an AI Company 中国の巨大「テックフィン」企業アントの驚くべき正体
    日本の金融機関でも顧客対応や営業支援にAIを活用しようという動きは広がっている。だが、自らをフィンテックではなく「テックフィン企業だ」と主張する中国のアント・フィナンシャルは一歩も二歩も先を行っている。
  28. Facebook Is Enlisting Human Experts and AI to Fight Terrorism フェイスブックの人工知能はテロとの戦いを制するのか?
    フェイスブックが専門家と人工知能を駆使して、テロ組織によるソーシャル・ネットワークの利用を阻止しようとしている。
  29. Data-Mining 100 Million Instagram Photos Reveals Global Clothing Patterns 1億枚のインスタ画像を分析、機械学習が加速する人類学研究
    ソーシャルメディアに日々、何百万枚も投稿される写真は、文化人類学の研究にとって未曽有の資源の宝庫だ。機械学習がこのデータの大鉱脈を採掘し始めている。
  30. Apple Isn’t as Late to Automated Driving as You Might Think アップルは自動運転の開発で再び輝けるのか?
    アップルが自動運転車の開発を進めていることを正式に認めた。先行しているグーグルなどに遅れをとったかのように思われるものの、アップルがこれまで積み上げてきた技術を見ればすぐに追いつけるかもしれない。
  31. Forget AlphaGo—DeepMind Has a More Interesting Step Toward General AI 囲碁を卒業したディープマインド、汎用AIへ向けて動き出す
    5月の対局で囲碁からの引退を発表した人工知能「アルファ碁」。開発元のディープマインドの研究者は、学習の過程で、人間のような知恵を発揮するアルゴリズムをテストしている。
  32. This Marimba-Playing Robot Invents Surprisingly Nice Tunes AI搭載ロボが5000曲から作ったオリジナル曲は意外といい
    AIに作曲させる取り組みが進んでいる。ベートーベンからレディー・ガガまで5000曲を基にして作られた曲は、クラシックとジャズを融合させたようなものだった。
  33. Apple Finally Admits It Is Pursuing Technology for Self-Driving Cars アップル、自動運転技術の開発をついに認める
    アップルは「自律運転システムに焦点を当てている」とティム・クックCEOは明言。しかし具体的な製品の姿は見えてこない。
  34. Shipping Giants Are Looking to Self-Piloting Boats to Shift Cargo 世界の海運大手が注目する「自律貨物船」のビッグウェーブ
    商船三井や日本郵船などの海運大手と造船会社が自律船の共同開発を発表した。海運業界でも自動化へ向けた本格的な動きが始まっている。
  35. Tim Cook: Technology Should Serve Humanity, Not the Other Way Around ティム・クックCEO独占インタビュー
    「アップルはすでにAIを活用している」
    アップルのティム・クックCEOがMITで1日を過ごし、人工知能や最新のテクノロジーに関する研究について意見交換した。訪問後、クックCEOはMITテクノロジーレビューの取材に応じた。
  36. In Buying Boston Dynamics, SoftBank Is Betting Big on Walking Robots グーグルから人型ロボットを買収したソフトバンク、孫社長の狙い
    ソフトバンクがグーグル傘下のボストン・ダイナミクスとシャフトを買収した。グーグルが成功できなかったロボット開発の分野でソフトバンクは何を進めるのだろうか。
  37. How AI Can Keep Accelerating After Moore’s Law 「ムーアの法則」終了で
    コンピューター業界は
    AI需要にどう対応するか
    先端的な機械学習の分野では膨大なコンピューター・リソースが必要だ。「ムーアの法則」が終わった現在、コンピューターチップにも変革が求められる。
  38. China’s Go Masters and Researchers Are Optimistic about the Country’s AI Future アルファ碁の引退試合が中国で開かれた理由
    世界最強の棋士との対局を制したアルファ碁は、囲碁からの引退を表明した。囲碁サミットは熱狂する中国のAIシーンを象徴している。
  39. Google Sprinkles AI on Its Spreadsheets to Automate Away Some Office Work AIの進化でグーグル・スプレッドシートは必要なくなるか
    つまらない数字をかっこいいグラフに変えたい? それならグーグルのアルゴリズムにお任せだ。自動化が進めばスプレッドシートを使った仕事はなくなるのだろうか?
  40. Meet the Most Nimble-Fingered Robot Yet 深層学習でロボットは
    ここまで器用になる
    バーチャルな物体を使って訓練されたロボットは、あらゆる物体を正確に認識し、確実に掴むことができる。手作業でしかできなかった作業の機械化につながるかもしれない。
  41. The Trump Administration May Soon Have New Powers to Destroy Drone “Threats” トランプ政権、危険ドローンの撃墜へ動き出す
    米国政府は安全保障を脅かすドローンの規制へと動き出した。脅威と判断されたドローンは、ハッキング、追跡、撃墜できるようになる。
  42. Google Reveals a Powerful New AI Chip and Supercomputer グーグル、高性能な新型AIチップとスーパーコンピューターを発表
    新型チップとクラウドベースの機械学習スーパーコンピューターは、AIに特化したハードウェアメーカーとしてのグーグルの地位を確かなものにする。
  43. StarCraft Pros Are Ready to Battle AI アルファ碁は
    プロゲーマーも倒せるか?
    アルファ碁のようなAIプログラムでも、世界的な人気ゲーム「スタークラフト」でプロゲーマーに勝つことは難しいかもしれない。
  44. An AI Ally to Combat Bullying in Virtual Worlds AIポリスの出動で
    ネトゲストーカーは
    撲滅できるか?
    スタートアップ企業のスピリットAIは、オンラインゲームで増大する嫌がらせへ対応するソフトウェアを開発した。被害者と会話し、いたずらと嫌がらせの違いを学習して対処する。
  45. Is Automation Warping the Labor Market as Dramatically as We Think? ロボットは人間の仕事を奪う? 奪わない?
    ロボットが人間の仕事を奪うという従来の認識に反対するレポートが発表された。MITテクノロジーレビューの見解を説明する。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント