KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械

ロボットや人工知能、機械学習、さらに自律型の乗り物やドローン、量子コンピューティングについて。

  1. Trump’s freeze on new visas could threaten US dominance in AI
    トランプ大統領の就労ビザ発給停止、「AI大国」地位に影響か
    トランプ大統領は各種就労ビザの発給を一時停止する統領令に署名した。この決定は米国内の人工知能(AI)人材の不足に拍車をかけ、AIにおける米国の優位性に永続的な影響を与える恐れがある。
  2. ファイザーの新型コロナワクチン、初期臨床試験で結果有望
    ファイザーとバイオンテック(BioNTech)の新型コロナウイルス感染症ワクチンの初期の臨床試験で有望な結果が出た。
  3. AI研究者らが学術出版社を批判、人種差別を助長
    顔認識で犯罪者を予測するシステムを紹介する論文は、AI研究者らの抗議へと発展した。
  4. 人工知能(AI)が急速に社会に浸透するにつれて、深層学習モデルの限界や課題も明らかになりつつある。深層学習に対して異なる意見を持つ2人のAI専門家が、問題をいかに克服し得るか議論した。
  5. 人工知能(AI)は人命を救えるのか? パンデミックによって真剣に議論されるようになった。ケンブリッジ大学のウィットルストーン上級研究員は、AIを危機対応に活用するなら「非常時のための倫理」が必要になると主張している。

知性を宿す機械の最新ニュース

  1. I used an algorithm to help me write a story. Here's what I learned.
    人工知能(AI)はチェスや囲碁などの分野において、人間に勝る能力を身に着けた。正解というものがない文学という分野においてAIはどれくらい人間の役に立つものなのか、プロの小説家が実際にAIを使って物語を書いて検証してみた。
  2. What AI still can’t do
    原因と結果を把握できなければ、本当に賢い人工知能とは言えない。ジュディア・パールに師事したコロンビア大学のエリアス・バレンボイム准教授は、この課題の解決を目指した研究の最前線にいる。
  3. The startup making deep learning possible without specialized hardware
    GPU不要、汎用CPUで高速深層学習を実現するMIT発スタートアップ
    MIT教授が立ち上げたスタートアップ企業が、GPUなどの専用ハードウェアを使わず、CPUだけで深層学習モデルを高速実行できる製品を発表した。深層学習のコストを下げるだけでなく、人工知能を広く普及させる効果が期待される。
  4. Facebook’s deepfake detection challenge shows how hard they still are to spot
    フェイスブックがディープフェイク対策に先行して取り組んでいる。ディープフェイク映像を作成するツールが出回り、誰もが使えるようになると、本物の映像でさえ信頼できなくなる可能性がある。
  5. Robots could help save your local store from going out of business
    新型コロナウイルスのパンデミックによって小売業が休業を余儀なくされる一方で、ネット販売に注文が殺到している。購買行動の変化に対応するため、最新ロボットを導入し、店舗のバックヤードや空き店舗を物流拠点に転換する企業も出てきた。
  6. Lockdowns may have prevented more than 3 million deaths in Europe
    欧州ロックダウンで310万人の死亡回避、英ICLチーム試算
    欧州でのロックダウン(都市封鎖)は新型コロナウイルス感染症の死亡者数を大幅に減らす効果があったとの試算が発表された。
  7. IBM says it is no longer working on face recognition because it's used for racial profiling
    IBMが顔認識技術の開発から撤退、人種差別助長を懸念
    IBMは、顔認識ソフトウェアの開発・販売を停止すると発表した。人種差別を助長する懸念があるため。
  8. AI could help scientists fact-check covid claims amid a deluge of research
    新型コロナ論文のファクトチェックを支援、研究者向けAIツール
    新型コロナウイルスに関する大量の論文の中から、科学的事実を見分けることは難しい。ニューラル・ネットワークを活用した研究者向けの支援ツールが開発されている。
  9. Coronavirus grounded the autonomous-vehicle industry, but data troves could be a savior
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、公道で試験中の自律走行車は運用を停止せざるを得なくなった。自律運転自動車の開発を手がける企業はコンピューター・シミュレーション環境での訓練にシフトしている。
  10. This startup is using AI to give workers a “productivity score”
    新型コロナのパンデミックに伴う在宅勤務者の増加により、従業員の働き具合を遠隔監視するツールを導入する企業が増えている。ボストンのスタートアップ企業は機械学習を利用して、従業員の生産性を算出したり、仕事の効率を上げる方法を提案したりするツールを開発している。
  11. AI could help with the next pandemic—but not with this one
    人工知能は
    「次のパンデミック」を
    救えるか?
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックへの対応では、人工知能(AI)を活用するさまざまな動きが報じられた。だが、AIが実際に役に立つには、多くの課題を乗り越える必要がある。
  12. The messy, secretive reality behind OpenAI’s bid to save the world
    サンフランシスコを拠点とする非営利団体のオープンAIは、人間の学習能力と推論能力を持つ「汎用人工知能(AGI)」を最初に開発し、すべての人にその恩恵が及ぶようにすることを目的として鳴り物入りで設立された。しかし、熾烈な競争環境の中で当初の理想は次第に失われつつある。
  13. Google’s medical AI was super accurate in a lab. Real life was a different story.
    グーグルのAIが医療現場で直面した「診断精度」以外の課題
    人工知能を医療で活用するために必要なのは、優れた技術だけではない。グーグル・ヘルスは実際の医療現場での具体的な課題に取り組んでいる。
  14. AI is still largely baffled by covid misinformation
    新型コロナで急増するデマ、フェイクニュース AI対応にも限界
    フェイスブックは5月12日に公開した最新の「コミュニティ規定施行レポート」で、ヘイトスピーチやデマを検知する人工知能(AI)システムの最新のアップデートについて発表した。
  15. This is what we know so far about how covid-19 affects the rest of the body
    肺炎だけでない新型コロナの症状、血栓症など報告相次ぐ
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の主な症状は呼吸器疾患だが、呼吸器以外への症状も詳しく報告され始めている。ここ数週間で判明した新事実をいくつか紹介しよう。
  16. The pandemic is emptying call centers. AI chatbots are swooping in
    新型コロナでコールセンターが悲鳴、AIへの置き換えも加速
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックを受け、コールセンターにAIボットを導入する動きが米国で進んでいる。ベンダーは売り込みを強めており、コールセンター業務の負担軽減し、人員削減が進む恐れがある。
  17. Our weird behavior during the pandemic is screwing with AI models
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより人々の生活が変化を強いられている中で、平常時の行動を基に訓練された機械学習モデルの問題が表面化している。機能しなくなった人工知能(AI)システムを修正するには、人間の介入が必要だ。
  18. An AI can simulate an economy millions of times to create fairer tax policy
    所得格差を是正し、より公平な税制度を提案する「AIエコノミスト」が開発された。パンデミックによって経済情勢が大きく変動する中、過去の経験に依存しない最適な税制度を考案できる可能性があるという。
  19. An AI algorithm inspired by how kids learn is harder to confuse
    子どもの学習方法に着想、データ効率を高める機械学習の新アプローチ
    深層学習では、機械学習モデルの正確さを高めるには訓練用データの量を増やすことが一般的だ。カーネギーメロン大学の研究者らは、親が子どもに教える方法にヒントを得て、データ量を増やさなくてもモデルの正確さを高められる学習アルゴリズムを見い出した。
  20. Facebook claims its new chatbot beats Google’s as the best in the world
    フェイスブックが「世界最高」のチャットボット、グーグル超えを主張
    フェイスブックは、ほぼどんな話題でも人を引きつけるようなおもしろい会話ができるオープンソースのチャットボット「ブレンダー」を開発したと発表した。1月にグーグルが発表した「最高」のチャットボットとの比較で、より魅力的との評価を得たという。
  21. These pop songs were written by OpenAI’s deep learning algorithm
    オープンAI、有名アーティスト風のポップスを深層学習で生成
    オープンAIは、深層学習アルゴリズムを用いてポップスの楽曲を生成する人工知能(AI)を発表した。ケイティ・ペリー、エルビス・プレスリー、ナズといった有名なパフォーマーのスタイルで、そこそこの出来の「歌」を生成できる。
  22. Israel is using AI to flag high-risk covid-19 patients
    イスラエル、新型コロナのハイリスク者をAIで特定
    新型コロナウイルス感染症への感染で重篤化するリスクが高い健康保険加入者を特定する人工知能がイスラエルで使われている。ただし、27年分の膨大な医療記録を使ったAIを他国で展開するのは難しいかもしれない。
  23. Facebook is using bots to simulate what its users might do
    フェイスブック、ボットを使った偽ユーザー同士の交流でバグ探し
    フェイスブックは、プログラムを変更した影響を確認する新たな方法を開発した。
  24. Doctors are using AI to triage covid-19 patients. The tools may be here to stay
    新型コロナ診断にAI活用、
    PCR検査遅れが後押し
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックに対応するために人工知能(AI)への注目が高まっている。胸部X線画像による診断はPCR検査に比べ正確さに劣るが、AIによって作業を自動化すれば患者数の爆発的増加に対応できることから、トリアージにおける代替ソリューションになる可能性がある。
  25. Machine learning could check if you're social distancing properly at work
    「近すぎ」警告、AI企業が工場向けに社会的距離検知システム
    著名な人工知能(AI)研究者が率いるスタートアップ企業が、監視カメラの映像から社会的距離の遵守を監視するシステムを開発した。「従業員と地域社会の安全」を守るためのものだと強調しているが、雇用主の統制権を強化する可能性もある。
  26. AI can’t predict how a child’s life will turn out even with a ton of data
    裁判や雇用といった人生の重要な局面で、機械学習の人工知能(AI)システムが利用されることが増えている。しかし、数百人のコンピューター科学者や統計学者が、4000家族の15年分の調査データに基づいて子どもと家族の将来を予測するという課題に取り組んだところ、誰一人として正確といえる結果を出せなかった。
  27. Coronavirus is forcing a trade-off between privacy and public health
    プライバシーか? 公衆衛生か? 新型コロナで揺れるAI規制のゆくえ
    欧州連合が2月に発表したAI規制ガイドラインが再考を迫られている。新型コロナウイルス感染症が急速に広がる中、プライバシーと公衆衛生の間のバランスが求められているからだ。
  28. A neural network can help spot Covid-19 in chest x-rays
    胸部X線画像で新型コロナ診断へ、AI企業らがニューラルネット公開
    人工知能による新型コロナウイルス感染症の診断を目指す「COVIDネット」が公開された。訓練用のデータセットも提供されており、世界中の研究者の参加を促すことで開発を加速したい考えだ。
  29. Machine learning has revealed exactly how much of a Shakespeare play was written by someone else
    シェイクスピアの歴史劇である「ヘンリー8世」の執筆には他の作者も関わっていたらしいということは、長い間指摘されてきた。機械学習アルゴリズムを利用して文体を解析することで、ヘンリー8世の脚本のどの部分を誰が書いたかが明らかになった。
  30. Over 24,000 coronavirus research papers are now available in one place
    新型コロナ2万4000本以上の論文データセット、AI2などが公開
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)と戦う科学者を支援するため、関連する2万4000本以上の論文をまとめたデータセットが公開された。
  31. A new computer chip mimics the neurocircuitry of our noses to smell
    インテルが嗅覚を模した神経回路チップを開発、臭いの判別に成功
    インテルは人間の嗅覚システムを模倣したニューロモーフィック・チップを開発し、従来のチップよりもはるかに少ない数の訓練サンプルで匂いを正確に判別できることを示した。今後、視覚や触覚をはじめ、より高次の思考プロセスを模倣するニューロモーフィック・チップの設計を計画している。
  32. Robots that teach autistic kids social skills could help them develop
    自閉傾向の子どもの発達を個別支援、USCが新ロボット
    自閉スペクトラム症を持つ子どもの療育を支援するロボットを南カリフォルニア大学(USC)の研究チームが開発した。機械学習モデルを備え、ソーシャルなやり取りを通じて利用者を支援するロボットだ。
  33. How to know if artificial intelligence is about to destroy civilization
    いつの日か、人工知能(AI)が人間を凌駕する超知能(スーパー・インテリジェンス)に発達し、人間の存在を脅かすようになることはあるのだろうか。故ポール・アレンが立ち上げた「アレン人工知能研究所(AI2)」のオレン・エツィオーニCEOによる特別寄稿。
  34. This is how the CDC is trying to forecast coronavirus’s spread
    米国疾病予防管理センター(CDC)は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行の予測を、毎年のインフルエンザの流行をほぼ正確に予測できる全米有数の研究室に要請した。その1つであるカーネギーメロン大学(CMU)の機械学習の研究グループは現在、困難な課題を解決すべく3つのアプローチで取り組んでいる。
  35. The robot does the hard work. Can you still attain enlightenment?
    仏教の瞑想に使用される伝統的なアートワークである「曼荼羅(まんだら)」を作成と破壊を代行するロボットが開発された。ロボットが描く曼荼羅は、宗教とテクノロジーがますます絡み合っている未来を示唆する。
  36. An implant uses machine learning to give amputees control over prosthetic hands
    機械学習で神経信号を増幅、「意のままに動く義手」実現へ成果
    機械学習の手法を用いて神経信号を増幅することで、上肢切断者が自らの意思で義肢をコントロールできることを示す実証実験の結果が報告された。神経信号を記録する電極を埋め込まれた4人の被験者は、小さなおもちゃのブロックを拾い上げたり、じゃんけんをしたりできるようになった。
  37. Reinforcement-learning AIs are vulnerable to a new kind of attack
    ゲームプレイや自動運転など最先端の人工知能(AI)で使われている強化学習に、深刻な脆弱性が発見された。強化学習を使って訓練されたAIは、相手の奇妙な行動によってだまされる可能性があるというのだ。
  38. How Facebook uses machine learning to detect fake accounts
    機械学習で偽アカウント検出
    フェイスブック対スパマーの
    終わりなき戦い
    ソーシャルメディア上の偽アカウントは、スパムやフィッシングリンク、マルウェアを拡散し、ユーザーにさまざまな被害をもたらす。フェイスブックはネットワーク全体におけるコネクション・パターンにより偽アカウントを見抜く人工知能(AI)システムを運用し、大量の偽アカウントを削除している。
  39. This robot taught itself to walk entirely on its own
    グーグル、歩行方法を独力で学習する四足ロボットを開発
    ロボットが現実世界で役に立つためには、物理的な環境において、人間の介入なしに移動することを自ら学習できなければならない。グーグルの研究チームは、強化学習アルゴリズムに手を入れることで、前後への歩行や左右に曲がることを、数時間以内に独力で学習する四足ロボットを開発した。
  40. China has started a grand experiment in AI education. It could reshape how the world learns.
    世界一のAI大国を目指す中国では、教育分野でもAIの導入が急速に進んでいる。「世界を狙う」エドテック企業も出てきた。
  41. Emotion AI researchers say overblown claims give their work a bad name
    感情認識技術を規制すべきだとする声が高まっている。科学的根拠が薄いままに、採用面接における候補者の評価といった人生に関わる重要な局面で使われるようになっているというのがその理由だ。
  42. AI-powered robot warehouse pickers are now ready to go to work
    米国のスタートアップ企業が、強化学習の手法を用いて、かつてない正確さで商品を判別して移動させるロボットアームを開発し、すでにドイツの電子機器メーカーの倉庫などで実運用されていることが明らかになった。人工知能研究の著名人などから2700万ドルの資金を調達している注目企業だ。
  43. AI still doesn’t have the common sense to understand human language
    深層学習に基づく自然言語処理技術は最近、長足の進歩を遂げているが、人工知能(AI)は読んだ文をどれだけ本当に理解しているのだろうか?アレン人工知能研究所(AI2)の研究チームは、機械が文の意味をどれだけ理解しているのかを評価するための新たな大規模データセットを作成し、最先端の言語モデルでテストして人間の結果と比較した。
  44. Why asking an AI to explain itself can make things worse
    深層学習の人工知能(AI)システムがさまざまな分野で使われるようになるにつれ、ブラックボックス批判が高まっている。だが、AIをただ「説明可能」にするだけでは不十分だ。
  45. We can’t trust AI systems built on deep learning alone
    深層学習は万能薬ではない。ニューヨーク大学のゲイリー・マーカス教授(ウーバーAI研究所元所長)は、より広い視野を持って安全なAIを構築するべきだと訴えている。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る