KADOKAWA Technology Review
×

知性を宿す機械

ロボットや人工知能、機械学習、さらに自律型の乗り物やドローン、量子コンピューティングについて。

  1. Facebook’s AI tourist finds its way around New York City by asking for help from another algorithm
    フェイスブック、「言葉で道案内」でAIに言語を教える新研究
    人工知能(AI)が言語を理解し、意味のあるやりとりをするためには、ある種の常識や現実世界への理解が欠かせない。フェイスブックは、幼児が言葉を実際のモノや行動に関連付けて学ぶように、「身体性AI」と呼ばれるアプローチを取り入れた研究を進めている。
  2. コンピューター科学者らの間で、ニューラル・ネットワークがもてはやされる一方で、以前から知られている進化的アプローチの人気があまりなくなっている。フランスのトゥールーズ大学の研究者は進化的アプローチを用いて、深層学習機械と同等かそれ以上のパフォーマンスを発揮するプログラムを生成できることを示した。
  3. 中国と米国が、スーパーコンピューターの次のマイルストーンとなるエクサスケール・コンピューティングを実現しようと国の威信をかけた激しい競争を繰り広げている。エクサスケール・コンピューターの実現により、数多くの科学分野だけでなく、産業分野、軍事分野での大きな進歩が期待される。
  4. カリフォルニア大学の研究チームが、機械学習のニューラル・ネットワークを用いて、衛星写真を基に、地上の景色の画像を生成する手法を開発した。地理学者が地上写真を補間して土地の使用状況を推測する手法と比較したところ、同手法を上回る正確さの地上画像を生成できることがわかった。
  5. これまでさまざまなゲームで人間との対決を制してきた人工知能(AI)にとって新たな一歩だ。複数のアルゴリズムが協力しあうAIチームが、複雑なゲームで人間に勝ち始めた。

知性を宿す機械の最新ニュース

  1. Google demos Duplex, its AI that sounds exactly like a very weird, nice human
    グーグルのAI電話予約システム、「不気味」との批判受け改良
    音声で電話のやり取りができる人工知能(AI)システムを5月に発表し、倫理的な問題を指摘されたグーグルが、同システムの改良版を披露した。今夏中には、グーグル・アシスタントのアプリ内のツールとして、ユーザーに代わってレストランや美容室に電話をかけ、予約を入れることができるようにする予定だ。
  2. India’s mess of complexity is just what AI needs
    かつてのIT大国、インドは
    AI時代に生き残れるか
    インドの企業や政府が、人工知能(AI)に対して並々ならぬ関心を抱いており、国家規模でAIの研究開発を推進しようとしている。現在のインドにはそのための才能も基盤も極めて乏しいが、多様性に富む文化を擁するインドがAIに投資することは、AI分野全体の発展にとっても有意義だろう。
  3. This AI program could beat you in an argument—but it doesn’t know what it’s saying
    機械は人間との議論に勝てるのか? IBMのディベートAIの実力
    IBMが開発している人工知能(AI)システムが、人間相手の公開討論会で披露された。時に、驚くほどの説得力を持って主張し、人間の否定意見に対して反証とともに対抗した。幅広い意見を提供することで、人間が重要な決定を下す際に役立つかもしれない。
  4. This is how the robot uprising finally begins
    人工知能(AI)とロボット工学は長らく、近いようで遠い独立した分野として発達してきた。だが、AIとロボット工学を結びつけることで、AIを次の段階へ進め、ロボットによる自動化の新たな扉を開くことになるかもしれない。
  5. This company tames killer robots
    製造現場へのロボットの導入といえば、100%完全な自動化をイメージしがちだ。だが、ある米国のスタートアップ企業は、市販の3Dセンサーと独自のソフトウェアを用いて、人間の作業者と隣接して協働できる産業用ロボットを開発している。人間とロボットが互いの苦手な点を補完して作業を進める、新しい製造業のあり方を模索する動きだ。
  6. A computer program that learns to “imagine” the world shows how AI can think more like us
    ディープマインド「想像するAI」への第一歩、見えない物体を推測
    物体の「見えない部分」を推測するディープマインドの新技術「GQN」は、「想像するAI」の第一歩となる。
  7. This algorithm can tell which number sequences a human will find interesting
    数学者がしばしば口にする「数学的な優美さ」を人工知能(AI)は判別できるのだろうか。IBMワトソン研究所の研究者が、機械学習アルゴリズムを訓練して、AIが「興味深い」数列とそうでない数列を区別できるかどうかを調べた。
  8. The US military is funding an effort to catch deepfakes and other AI trickery
    人工知能(AI)テクノロジーの進化によってフェイク画像や音声の生成が簡単になってきた。何が真実なのか? 米軍の研究機関であるDARPAはAIによる偽造を見抜くAIの開発を模索している。
  9. AI could get 100 times more energy-efficient with IBM’s new artificial synapses
    IBMが新ニューロチップを試作、低消費電力で機械学習を効率化
    ニューラル・ネットワークの処理をハードウェアで実行するチップをIBMが試作した。計算用の短期シナプスと記憶用の長期シナプスを利用することで、ソフトウェアベースのニューラル・ネットワークの1%の消費電力で、同程度の精度を実現できることがわかった。
  10. The world’s first quantum software superstore—or so it hopes—is here
    ハーバード大学の著名教授が量子アルゴリズムを提供するスタートアップ企業を共同創業した。量子コンピューティング時代の幕開けが喧伝される中、量子アルゴリズムを作成できる技術者の数は極めて少なく、支配的な地位を築ける可能性がある。
  11. Economies can’t ignore human needs if they want to benefit from automation
    教育への投資が自動化と戦う武器になる——MITのアシモグル教授
    ロボットはAIは本来、賃金や労働需要を増やす「実現技術」のはずだ。だが、現実には人間の仕事を奪う「置換技術」となっている。 MITのダロン・アシモグル教授は教育システムの見直しが必要だと提言する。
  12. Your next potato chip could come from a 3-D printer
    3Dプリントはサプライチェーンを破壊——MIT准教授が熱弁
    3Dプリンティング(付加製造)は今や、ポテトチップスの試作品からスポーツカーの部品に至るまで、様々な産業分野で活用されている。プリントの時間を大幅に短縮する技術改良も進んでおり、技術開発だけでなく、修理・保守などに大きな影響を及ぼす可能性がある。
  13. Don’t be AI-vil: Google says its algorithms will do no harm
    グーグルのAI倫理規程、軍事利用と距離を置くことはできるのか?
    グーグルは、同社の人工知能(AI)技術が軍に使用されることに反対して多数の社員が退職したことを受けて、同社の技術の軍用化に関する新たな倫理規定を発表した。しかし、多くのIT企業にとって防衛産業は巨大な市場であり、軍との関係を一概に断ち切ることはできないだろう。
  14. The world’s most powerful supercomputer is tailor made for the AI era
    米国が新たに発表した世界最速スパコン「サミット(Summit)」は、人工知能(AI)の処理を超高速に実行すべく、一から設計された初のスパコンだ。これまで世界最速だった中国のスパコンの性能を60%上回る。サミットで培った技術は、次世代のエクサスケール・コンピューティング実現の足掛かりにもなるだろう。
  15. AI needs to start pulling its weight and controlling our shopping carts
    人間の手助けによってロボットはもっと自律的になれる——CMU教授
    ロボットはどうしたらもっと人々の生活に溶け込めるのだろうか。カーネギーメロン大学(CMU)のマヌエラ・ヴェローゾ教授は、ロボットが周囲の人々に手助けを求められるように教えることで、従来はこなせなかったようなタスクもできるようになると考えている。
  16. Microsoft is creating an oracle for catching biased AI algorithms
    MSやフェイスブックが「AIのバイアス」対策に乗り出す理由
    人工知能(AI)が重要な場面の意思決定の自動化や支援に使われる機会が増えるにつれて、アルゴリズムに偏向が含まれる問題の重大性が高まっている。マイクロソフトやフェイスブックは、AIアルゴリズムに含まれる偏向を自動的に発見する独自ツールの開発を進めている。
  17. One way to get self-driving cars on the road faster: let insurers control them
    「リスク評価のプロ」である保険会社と自動運転のさまざまなデータを共有することで、自律自動車の導入が早まるかもしれない。
  18. Virtual robots that teach themselves kung fu could revolutionize video games
    CGキャラが実写でバク転習得、モーションデザインを変える新研究
    機械学習によって、人や生物と同等の複雑な動きができるキャラクターを簡単に製作できるかもしれない。将来的には人が考えつかない動きさえも手に入れられる可能性がある。
  19. Tesla says its factory is safer—but it left injuries off the books
    イノベーションの旗手ともてはやされるイーロン・マスク率いるテスラの自動車工場では、相次ぐ事故で混乱が起きていた。40人もの元従業員や同社関係者へ取材したリビール(Reveal)による調査報道を掲載する。なお、この報道をきっかけにカリフォルニア州当局はテスラに対して労働環境の調査を開始している。
  20. This new lidar sensor could equip every autonomous car in the world by the end of 2018
    自律自動車に欠かせないハードウェア「ライダー(LIDAR)」を製造するスタートアップ企業ルミナーは、これまでにない規模でライダーを生産する計画を発表した。新型ライダーは価格を大幅に下げ、すべての試験車に搭載できる数を供給するという。
  21. With this tool, AI could identify malware as readily as it recognizes cats
    セキュリティ研究者に朗報、マルウェア検出AIの訓練データセット
    進歩の速いマルウェアに対抗するための取り組みとして、人工知能(AI)の利用が進んでいる。4月に公開されたマルウェア検出AIの訓練用の大規模データセットは、こうした取り組みの助けとなるだろう。しかし同時に、AIに検出されないマルウェアを作成するのにも役立つ一面を持つ。
  22. This startup hopes to keep barf bags out of self-driving cars
    自動運転によって運転から解放されると、移動時間をもっと有意義に使えるようになる。だが、車内で快適に過ごすためには、「車酔い」しないことが大前提だ。
  23. AI generates new Doom levels for humans to play
    有名なコンピューター・ゲーム「DOOM(ドゥーム)」の「レベル」を深層学習の手法であるGAN(競争式生成ネットワーク)を利用して生成することに成功した。AIがゲーム開発を支援する日も近そうだ。
  24. The White House says a new AI task force will protect workers and keep America first
    AIでも「米国第一」、トランプ政権が発表したしょぼすぎる政策
    トランプ政権は5月10日、「AIに関する特別委員会」の発足を発表した。同政権はAI分野にも「アメリカ・ファースト」を貫き、AI研究を推進すると同時に社会への影響に備えるとしているが、他の施策との矛盾は明らかで、取り組み自体も他国に比べると小規模に思える。
  25. This algorithm automatically spots “face swaps” in videos
    人の顔を入れ替えた偽造映像が本物と見まがうばかりの出来になり、社会問題となりつつある。独ミュンヘン工科大学の研究者たちは、深層学習アルゴリズムを使って、「顔交換」の偽造映像をかつてない精度で見抜くシステムを開発した。だが、偽造映像の品質をさらに高められるというジレンマがある。
  26. Three problems with Facebook’s plan to kill hate speech using AI
    フェイスブックが掲げる「AI検閲」が難しい3つの理由
    フェイスブックに蔓延するヘイトスピーチやフェイクニュースなどの不適切なコンテンツを検知して削除するのに、マーク・ザッカーバーグCEOは人工知能(AI)を使うことに楽観的だ。しかし、現実的には非常に困難だろう。
  27. Why getting back to the moon is so damn hard
    民間企業を対象にした優勝賞金2000万ドルの月面探査コンテストは、再三の期限延期にもかかわらず、誰も目標を達成できないまま幕を閉じた。しかし、同コンテストをきっかけに、アイスペースをはじめとする宇宙関連スタートアップに注目や資金が集まっており、本当の成果はこれから現れるはずだ。
  28. How a gaming chip could someday save your life
    米エヌビディアがコンピューター・ゲーム用に開発したグラフィックス・チップはAIアルゴリズムの高速実行にも適している。医用画像の分析で利用され、あなたの命を救うかもしれない。
  29. A small-scale demonstration shows how quantum computing could revolutionize data analysis
    中国の研究者が位相幾何学の計算に、量子コンピューターが活用できることを証明した。科学分野のさまざまな課題において、従来のコンピューティングと比べてはるかに高速に解析できる可能性がある。
  30. When an AI finally kills someone, who will be responsible?
    AIによるサービスや製品が世の中に浸透するにつれ、その法的な問題が議論されている。もしAIが犯罪行為を犯したとき、どのような罪に問えるのか。AI研究者や法律家は激しい論争を繰り広げている。
  31. Here’s how the US needs to prepare for the age of artificial intelligence
    オバマ前政権が作ったAI戦略が世界中に大きな影響を与えている一方、AIに無関心な政府によって米国の国際競争力は低下するかもしれない。では、優れたAI計画とはどのようなものだろう?
  32. How the AI cloud could produce the richest companies ever
    AIビジネスの主戦場は今後、クラウドに移行していく。アマゾン、グーグル、マイクロソフトのビッグ3のうち、市場を制するのはどこか? シリコンバレーを25年間取材してきたピーター・バロウズがレポートする。
  33. Google Has Released an AI Tool That Makes Sense of Your Genome
    グーグルのゲノム解析AIツールで遺伝子治療は変わるか?
    ハーバード大学やグーグルの研究者たちで構成するチームが、人工知能(AI)の深層学習の手法を使って、ゲノムをより正確に解析できるツールを昨年12月に開発した。こうしたツールを利用して疾患の遺伝的原因の究明が進めば、個人のゲノム情報に基づいてより的確な治療を施せるようになる可能性がある。
  34. Inside the Chinese lab that plans to rewire the world with AI
    中国の巨大テック企業のアリババは、もはや単なる電子商取引の企業ではない。巨額の資金をAIをはじめとする基礎技術の研究・開発に投資しており、クラウド向けの独自の深層学習ツールも開発している。政府の後押しもあり、世界のAIの発展に深く関わってくることは間違いない。
  35. AI could alleviate China’s doctor shortage
    西側諸国に比べて圧倒的に医師の数が足りない中国は、医師不足をAIによって補おうとしている。4年後の市場規模は約9億ドルに達するとの予測もあり、多くのテック企業が自動化ツールを開発中だ。
  36. The US military wants AI to dream up weird new helicopters
    AIに「ぶっとんだ設計方法」を考えさせる、DARPAの新プロジェクト
    ロボティクス・チャレンジで知られるDARPA(米国防高等研究計画局)が進めるAIプロジェクトの狙いは、航空機やエンジン部品の設計に新しいアイデアを持ち込むことだ。人間が新しいものを生み出す刺激になることに期待している。
  37. Zipline launches the world’s fastest commercial delivery drone
    スタートアップ企業のジップラインが、世界最速の商用宅配ドローンを開発した。アフリカでの豊富な実績をもとに、アマゾンやグーグルといった大手との競争に挑む。
  38. AI tackles the Vatican’s secrets
    バチカンの秘密文書にどんなミステリーが隠されているかは誰も分からない。現在、文書のデータ化が進められているが、中世文字特有の合字や略語に、従来の光学文字認識アルゴリズムは使えなかった。だが、イタリアの研究チームが試行錯誤の末、ある方法を考案した。
  39. Google x-ray project shows AI won’t replace doctors any time soon
    AIが医師に置き換わるのはまだ先——グーグルの研究者
    放射線画像診断はAIに置き換えられるとの話はよく耳にする。だが、AIが自動化できるのは放射線科医の仕事の一部にすぎず、当面は医師の力が必要だとグーグル・クラウドの研究者は語った。
  40. AI is rapidly changing the types and location of the best paying jobs
    ローラ・タイソンが語ったAI、自動化で本当に懸念すべきこと
    著名な経済学者であるカリフォルニア大学バークレー校のローラ・タイソン教授は、AIや自動化の導入による新たな格差を懸念しているという。
  41. Alphabet’s moonshot chief: Regulating driverless cars demands testing the “smarts” of the systems
    グーグルの自律自動車はウーバーより安全——アストロ・テラー
    グーグルの秘密研究所「X」を統括するアストロ・テラーは、ウーバーの自律自動車による死亡事故発生を受けて、安全なAIシステムの開発には大量の試験が必要だと強調し、自身が初期の開発に加わったウェイモの自律自動車で実施した試験を紹介した。
  42. Microsoft’s neo-Nazi sexbot was a great lesson for makers of AI assistants
    ロシア人研究者が語る、MSのヘイトAI騒動から学べること
    ユーザーとの会話で学習するチャットボット「テイ(Tay)」は、2年前にツイッターなどで公開されるとあっという間に人種差別的発言を連発するようになった。しかし、この件は人工知能(AI)研究者にとって大きな教訓になる。
  43. This security firm found rogue crypto mining infecting 1,000 customers
    銀行の床下でも「副業」、蔓延するクリプトジャッキング
    他人の端末を乗っ取って無断で暗号通貨を採掘する「クリプトジャッキング」の脅威が広がっている。「EmTechデジタル」におけるサイバーセキュリティ会社ダークトレースの講演によると、同社の顧客5000社のうち1000社でクリプトジャッキングを検知したという。
  44. Robots are solving “simple problems” and bigger challenges, but can they take on teenagers?
    スーパー世界最大手が導入した店員ロボ、最大の敵は「子ども」
    ロボットは人の複雑なスキルに取って代わるには、まだまだ力不足だ。だが、単純作業の肩代わりはできるようになってきた。ロボット企業の幹部が、実例を示しながら解説した。
  45. AI savants, recognizing bias, and building machines that think like people
    AIに足りないのは「自律性」と「安全性」——キーパーソン語る
    今日のAIに足りないものとは何か?アレン人工知能研究所CEO、ニューヨーク大学教授、マイクロソフト研究員が語った。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る