KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中

気候変動/エネルギー 2023年8月の記事

  1. Inside MIT’s nuclear reactor laboratory
    歴史あるMITの研究用原子炉が担う新しい役割
    マサチューセッツ工科大学(MIT)のキャンパスには、1950年代に建設された研究用原子炉がある。MITは、この古い施設を次世代の原子炉技術の開発に活用すべく準備を進めている。 by Casey Crownhart2023.8.31
  2. 未来の職種:猛暑から命を守る「最高熱波対策責任者」の仕事
    世界初の「最高熱波対策責任者(CHO:Chief Heat Officer)」に任命された米国フロリダ州の公務員は、酷暑から自力で身を守れない脆弱な人たちを支援している。by Allison Arieff2023.8.31
  3. 水没危機のベネチアはなぜ干潟再生に取り組むのか?
    地番沈下と海面上昇に悩まされているイタリアの都市、ベネチアは最悪の場合、2100年には水没してしまう可能性があるという。科学者たちは、この沈みゆく都市を、環境問題解決のための実験室と見なしている。by Catherine Bennett2023.8.29
  4. 米インフレ抑制法成立から1年、製造業の活性化進む
    1年前に成立した画期的な気候変動対策法である「インフレ抑制法」によって、製造業や電気自動車、温暖化ガス排出量の状況はどう変わり、今後、どのようなことが起こりうるかを説明しよう。by Casey Crownhart2023.8.25
  5. サーバー設置でお湯代タダに、英スタートアップのユニークな試み
    コンピューティングの際にサーバーから発生する熱を有効活用することを目指すユニークなスタートアップ企業が登場した。サーバーをデータセンターに置く代わりに家庭に設置し、サーバーの熱を利用して各家庭で使うお湯を沸かそうというのだ。by Luigi Avantaggiato2023.8.21
  6. How a half-trillion dollars is transforming climate technology
    数千億ドルの予算を投じてクリーン・テクノロジーのコスト削減と温室効果ガスの排出量削減を目指す「インフレ抑制法」の成立から1年が経過した。米国の気候テクノロジー政策がどのような状況にあるか、確認しよう。 by Casey Crownhart2023.8.21
  7. The US just invested more than $1 billion into carbon removal
    米エネ省、CO2除去に12億ドル DAC大規模展開へ
    米国政府は、大気から二酸化炭素を回収する直接空気回収テクノロジー(DAC)に12億ドルを拠出すると発表した。実験段階だったDACの大規模展開を推進する。by James Temple2023.8.18
  8. Here’s how much heat your body can take
    猛暑再び、人間の身体はどれだけの暑さに耐えられるか?
    猛暑の夏が再び世界を襲っている。なぜ猛暑は問題なのか、人間にとって「暑すぎる暑さ」とはどれくらいなのか、暑さへの順応はどの程度可能なのか、以前の記事を踏まえて深掘りしてみた。 by Casey Crownhart2023.8.14
  9. Why air-conditioning is a climate antihero
    猛暑で需要急増のエアコン、さらなる省エネ化がカギに
    地球上の多くの地域が前例のない猛暑に見舞われており、身を守るにはエアコンが欠かせないものになっている。今後全世界で、エアコンを設置する世帯は急増していくが、電力供給量は追い付くのだろうか。 by Casey Crownhart2023.8.8
  10. The world is finally spending more on solar than oil production
    クリーンエネ投資、化石燃料を上回る=IEA報告書から見えてくること
    国際エネルギー機関(IEA)が発表した年次投資報告書で、クリーン・エネルギーへの投資額が化石燃料への投資額を上回った。間違いなく良いニュースだが、気候変動目標を達成するには、まだ投資額が足りないのが現実だ。 by Casey Crownhart2023.8.7
  11. These moisture-sucking materials could transform air conditioning
    空気中から水分を吸収する乾燥剤が、建物をより効率的に冷やすのに役立つ可能性がある。既存のエアコン・システムへ付加したり、新しい設計に取り組んだりするスタートアップが登場している。by Casey Crownhart2023.8.4
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る