KADOKAWA Technology Review
×
【4/24開催】生成AIで自動運転はどう変わるか?イベント参加受付中

気候変動/エネルギー 2024年2月の記事

  1. Why China’s EV ambitions need virtual power plants
    中国テック事情:EV覇権に「バーチャル発電所」が欠かせない理由
    中国ではバーチャル発電所の技術により、必要に応じて数百万台の電気自動車が送電網に電力を供給できるようになり、異常気象や電力不足に対処できるようになるかもしれない。by Zeyi Yang2024.2.29
  2. 主張:米国のLNG輸出一時停止、本質的な議論を
    米国のバイデン大統領による液化天然ガス(LNG)輸出許可の一時停止決定は、LNGが輸出先で何を置き換えるのか、サプライチェーン全体でのメタン漏洩の影響も踏まえて議論すべきだ。 by Arvind P. Ravikumar2024.2.27
  3. 電気自動車や風力タービンで使われる強力な磁石が今後、不足することが予測されている。米国のスタ-トアップ「ナイロン・マグネティクス(Niron Magnetics)」は、レアアースの代わりに安価で入手しやすい窒化鉄を使って、強力な磁石を製造しようとしている。by Casey Crownhart2024.2.26
  4. グーグル、AI搭載の新衛星でメタン漏洩地図を作成へ
    グーグルと非営利団体の共同プロジェクトが打ち上げる人工衛星「メタンSAT」は、世界中のメタン漏洩場所を特定する包括的な地図を作成するという。 by James O'Donnell2024.2.21
  5. 米ベンチャーがリチウム硫黄バッテリーを生産、EV搭載はいつ?
    電気自動車の急増などでバッテリーに対するニーズが高まっている。リチウム硫黄バッテリーは、コストとエネルギー密度の両方で、リチウムイオンバッテリーを凌駕する可能性がある。 by Casey Crownhart2024.2.20
  6. How virtual power plants are shaping tomorrow’s energy system
    解説:送電の概念を変える「バーチャル発電所」とは何か?
    再生可能エネルギーやEVの普及に伴い、バーチャル発電所(VPP)が注目されている。従来の一方的な需要と供給の関係を変えるVPPとは何か? 解説する。 by June Kim2024.2.15
  7. The contentious path to a cleaner future
    地球のための気候変動対策が、地域に持ち込んだ厄介な問題
    米国ミネソタ州の小さなコミュニティで起こっている採掘をめぐる争いは、気候変動に対処するエネルギー転換の未来について何を語っているのだろうか。 by Casey Crownhart2024.2.11
  8. The next generation of nuclear reactors is getting more advanced. Here's how.
    溶融塩だけじゃない、次世代原子炉技術の現在
    二酸化炭素を排出しない原子力発電は、気候問題の解決策の一つとなる。原子炉を動かしたり、冷却したり、建設したりするのに従来とは異なる方法を使う次世代の原子力技術は現在、どうなっているのだろうか。by Casey Crownhart2024.2.8
  9. How hot salt could transform nuclear power
    第4世代原子炉の開発を進める米国のケイロス・パワー(Kairos Power)が、溶融塩冷却システムにおいて2つのマイルストーンを達成した。安全性の向上と建設コストの削減が期待される。 by Casey Crownhart2024.2.5
  10. Think that your plastic is being recycled? Think again.
    プラスチックは安価で生産でき、驚くほどの利益を上げられる、ありふれた素材だ。だが、プラスチックによる自然破壊という大きな代償を支払っている。by Douglas Main2024.2.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る