KADOKAWA Technology Review
×
MIT Technology Review編集部 262 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    人間はいつの時代も変化に弱いものである——MITTRの誌面から
    コンピューターやネットワークの急速な発達や気候変動問題など、私たちに大きく変化することを迫る要因はいくつもある。しかし、人間という生き物は変化に弱いものだ。MITテクノロジーレビューの過去の記事を読み返すと、人間が変化に弱いということはいつの時代も変わらない事実であることがわかる。 MIT Technology Review Editors48日前
  2. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビュー編集長に元バズフィードSF支局長が就任
    122年の歴史を持つMITテクノロジーレビューの新編集長が発表された。バズフィードで受賞歴のあるデジタル報道チームを構築・運営してきた実績を持つマット・ホーナンが就任する。 MIT Technology Review Editors60日前
  3. ビジネス・インパクト
    MITTRが選ぶ、
    世界を変える
    10大テクノロジー
    テクノロジーは好むと好まざるにかかわらず、私たちの生活やビジネスを変革していく。MITテクノロジーレビューは毎年、人類の未来を垣間見せてくれるような、その年の最も重要なテクノロジーを10個選んで紹介している。最新リストを発表する。 MIT Technology Review Editors5カ月前
  4. Messenger RNA vaccines
    非常に幸運なことに、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対して最も効果的な2つのワクチンで使われているメッセンジャーRNA(mRNA)テクノロジーは、もう20年も前から研究されている。新型コロナウイルス感染症(C … MIT Technology Review Editors5カ月前
  5. GPT-3
    文章を書いたり、話したりするのを学ぶ大規模な自然言語コンピューターモデルの開発は、世界をより深く理解して相互作用できる人工知能(AI)への大きな一歩となる。GPT-3は、これまでで最大規模かつ最も洗練された自然言語モデル … MIT Technology Review Editors5カ月前
  6. TikTok recommendation algorithms
    2016年に中国でリリースされて以来、ティックトック(TikTok)は世界で最も急速に成長しているソーシャル・ネットワークのひとつとなっている。ダウンロード数は数十億回、ユーザー数は数億人にのぼる。TikTokがこれほど … MIT Technology Review Editors5カ月前
  7. Lithium-metal batteries
    電気自動車を消費者に売り込むのは困難だ。高価なうえに、一度の充電で数百キロメートルしか走れず、充電に要する時間はガソリンの給油時間よりもはるかに長い。こういった欠点は全て、リチウムイオン電池の限界に起因している。だが、資 … MIT Technology Review Editors5カ月前
  8. Data trusts
    テック企業が個人データを適切に管理していないことは明らかだ。私たちの個人データは繰り返し、漏洩やハッキング、売却、転売の憂き目にあっており、その回数は数え切れない。もしかすると、問題があるのは私たちではなく、自らのプライ … MIT Technology Review Editors5カ月前
  9. Green hydrogen
    関連記事 球温暖化対策で「グリーン水素」が再注目される理由 地球温暖化対策として、再生可能エネルギーで生産する「グリーン水素」が改めて注目されている。太陽光発電や風力発電のコストが急速な下落を続けていることと、エネルギー … MIT Technology Review Editors5カ月前
  10. Digital contact tracing
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が世界中に蔓延し始めた当初、デジタル接触者追跡が役立つのではないかと考えられていた。スマホのアプリならば、GPSやBluetoothを用いて、直近の接触者のログを作成できる。検 … MIT Technology Review Editors5カ月前
  11. Hyper-accurate positioning
    私たちは日々、GPSを活用しており、GPSは人々の生活や多くのビジネスを変革してきた。現在のGPSの測位精度が5メートルから10メートル以内であるのに対し、新しい超高精度測位テクノロジーの精度は数センチメートルや数ミリメ … MIT Technology Review Editors5カ月前
  12. Remote everything
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、世界はリモート化を余儀なくされた。リモート環境に適切に移行することは、医療や教育の分野ではとりわけ重要となる。この2つの分野で遠隔サービスをうまく活用している国々がある。 オ … MIT Technology Review Editors5カ月前
  13. Multi-skilled AI
    近年、人工知能(AI)は飛躍的な進歩を遂げている。だが、AIやロボットは、新しい問題を解決したり、慣れない環境で機能したりすることに関しては、まだ多くの点で的外れだ。世界がどのような仕組みになっていて、一般知識をいかにし … MIT Technology Review Editors5カ月前
  14. レイラ・ピラージ(リヴァイヴ・メッド)
    患者の体内の小分子を、より多く迅速に識別できるAIベースのシステムを開発。病気の特定や新たな治療法の発見に役立つ可能性がある。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  15. アンドレアス・プシュニク(チャン・ザッカーバーグ・バイオハブ)
    ウイルス性疾患の普遍的な治療法を模索する研究者のおかげで、人類は次のパンデミックに備えられるかもしれない。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  16. トニー・パン(モダン・エレクトロン)
    パンがCEOを務めるモダン・エレクトロンは、自宅で効率よく発電できるミニ発電所を作り、温室効果ガス排出量の削減に寄与しようとしている。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  17. モハメド・ダウアフィ(キュア・バイオニクス)
    高機能であるだけでなく、低所得国の人々も手に入れやすい価格の義肢を開発し、自身の創業したスタートアップ企業で間もなく販売しようとしている。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  18. リリー・ツァイ(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)
    エアコンの使い方を一変させるようなエネルギー効率の高い生地を開発。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  19. グレゴリー・エクチャン(マサチューセッツ工科大学)
    がん放射線療法の安全性と効果を高める方法を発明。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  20. リー・ジーウェイ(シャノン、浙江大学)
    グーグルとフェイスブックの両企業がリリースした新しいチャットボットでは、リーの手法が中核となっている。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  21. イニオルワ・デボラ・ラジ(AIナウ研究所)
    顔認識システムの訓練に使われるデータの人種的なバイアスを研究。ラジの研究は企業に変革を迫っている。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  22. シッダール・クリシュナン(マサチューセッツ工科大学)
    安く、すばやく、簡単な病気診断を実現する強力な小型センサー。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  23. アイメア・ドラン(アイルランド国立大学ゴールウェイ校)
    埋め込み型医療機器が上手くいかない主な原因のひとつである異物反応を起こさせない小型のロボット装置を開発し、「バイオ人工膵臓」の設計に取り組んでいる。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  24. カタリーナ・ヴォルツ(オッカムズレーザー)
    愛する人がパーキンソン病と診断されたことをきっかけに、機械学習を用いてその病の治療法を探究する企業を立ち上げた。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  25. レイラニ・バトル(メリーランド大学)
    従来よりも高速にデータを選別できるバトルのプログラムによって、科学者がより科学に集中できるようになる。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  26. ミゲル・モデスティーノ(ニューヨーク大学)
    化石燃料の熱を使う代わりに、AIで分析して得られた電気パルスのパターンを使って化学反応を最適化することで、化学産業の二酸化炭素排出量の削減を目指している。MIT Technology Review Editors8カ月前
  27. アビナシュ・マンジュラ ・バサワンナ(ハーバード大学)
    プラスチックによる環境破壊を食い止めるために、商業規模で生産でき、多くの石油系プラスチックと同等の耐性があり、水中においてわずか2か月で分解するバイオプラスチックを開発した。MIT Technology Review Editors8カ月前
  28. アドリアナ・シュルツ(ワシントン大学)
    材料科学や工学を理解していなくても、誰でも製品を設計できるコンピューターベースのツールを開発している。MIT Technology Review Editors8カ月前
  29. デビッド・ワーシンガー(パデュー大学)
    淡水化の一般的な方法である逆浸透法を改良してエネルギー効率および抽出効率を高めることで、世界の水不足問題に対処しようとしている。MIT Technology Review Editors8カ月前
  30. ランドール・ジェフリー・プラット(チューリッヒ工科大学)
    遺伝子のスイッチのオン・オフの変化を映像で記録するツールを開発。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  31. ジェニファー・グリック(IBMクオンタム)
    量子コンピューターがうまく機能するなら、何に使えるのだろうか? グリックはその答えを探っている。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  32. ゲーナ・アルハナイ(南カリフォルニア大学)
    石油採掘施設や原子炉、淡水化プラントといったインフラへの過度の依存は、危機の際に惨事をもたらす可能性がある。アルハナイのデータ駆動型フレームワークは、国家が準備を整えるのに役立つ可能性がある。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  33. ローズ・ファギー(ヒューストン大学、マサチューセッツ工科大学)
    発汗活動の微小な変化を分析することで脳の状態を監視できるスマートウォッチを開発している。MIT Technology Review Editors8カ月前
  34. ボー・リー(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)
    人工知能(AI)を欺こうとする「敵対的攻撃」に対抗するための新たな手法を考案し、AIをより堅牢なものにしようとしている。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  35. アレックス・ル・ルー(アイコン)
    24時間で家全体の壁面を構築できる産業用3Dプリンターを開発し、低所得層50世帯を収容する世界初の3Dプリント・コミュニティを建設している。MIT Technology Review Editors8カ月前
  36. シーホン・ワン(シカゴ大学)
    あらゆる種類の新しいデバイスを可能にすることが期待される伸縮性のあるマイクロチップを開発。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  37. ベンカット・ビスワナサン(カーネギーメロン大学)
    バッテリーのリチウム電極間に配置するハイブリッド・セパレーターを開発し、よりエネルギー密度の高いバッテリー実現への道を開いた。MIT Technology Review Editors8カ月前
  38. ズラトコ・ミネフ(IBMトーマス・J・ワトソン量子研究所)
    ボーアとアインシュタインを悩ませた量子跳躍の課題を解決し、量子コンピューティングのエラーを減少させる可能性への道を開いた。MIT Technology Review Editors8カ月前
  39. アティマ・ルイ(ヌードメーター)
    どんな肌の色の人でも、その肌に合ったファンデーションカラーを選べるAIベースのアプリを開発し、化粧品業界における薄い色の肌の偏重を正そうとしている。MIT Technology Review Editors8カ月前
  40. ドンジン・ソ(ニューラリンク)
    脳・機械インターフェイス(BMI)開発の一環として、頭蓋骨に開けた孔に収まる低消費電力ワイヤレス・コンピューターチップを設計している。MIT Technology Review Editors8カ月前
  41. アンドレイ・カルパシー(テスラ)
    カメラの画像内で何が起こっているかを全体的に理解できるニューラルネットワーク構築手法を開発し、車の自動運転機能に適用している。MIT Technology Review Editors8カ月前
  42. アナスタシア・ボルコバ(フリューロサット)
    リモートセンシングやその他の技術を使用して作物の健康状態を監視し、農家が最も必要な部分に労力を集中できるように支援するプラットフォームを開発。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  43. レベッカ・セイヴ(トゥエンテ大学、ETCソーラー)
    太陽光パネル表面の金属線が太陽光を反射してしまう問題を解決し、発電性能を向上させる技術を開発した。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  44. ナディア・ピーク(ワシントン大学)
    人々が考えることがほぼすべて実行できるような新しいモジュール式コンポーネントを開発し、可能な限り低コストで入手しやすいものにしようとしている。MIT Technology Review Editors8カ月前
  45. マニュエル・ル・ガロ(IBM基礎研究所)
    より高速でエネルギー効率が高く、高精度なコンピューティング・アーキテクチャを開発し、AIモデルの訓練における電力消費量の削減に成功した。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  46. モーガン・ベラー(フェイスブック)
    フェイスブックに入社早々、暗号通貨事業への参入を上司に提案し、自ら同事業の主要人物となった。MIT Technology Review Editors8カ月前
  47. クリスティーナ・ボヴィレ(アラレズ・バイオ)
    製造に時間がかかる「非標準アミノ酸」を、たった数日で生産できる独自の酵素を開発した。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  48. オマー・アブディエ(マサチューセッツ工科大学)
    CRISPRを使った家庭用新型コロナウイルス検査キットの開発に挑戦している。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  49. ビジネス・インパクト
    2020年版35歳未満のイノベーター35人
    MITテクノロジーレビューが選出した2020年の「35歳未満のイノベーター」の顔ぶれを紹介する。 MIT Technology Review Editors8カ月前
  50. コネクティビティ
    EUがハッカーに初の制裁措置、ロシア・中国・北朝鮮が対象
    欧州連合が、ロシア・中国・北朝鮮のグループを対象として、ランサムウェアと企業スパイ行為に対する初の制裁を実施した。制裁対象には、史上もっとも破壊的なサイバー攻撃であるナットペトヤとワナクライによる事案に関与したグループも含まれている。MIT Technology Review Editors14カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る