KADOKAWA Technology Review
×
MIT Technology Review編集部 106 Stories
プロフィールを見る
  1. Unhackable internet
    YOSHI SODEOKA 2020年後半、オランダの研究者はデルフトとデン・ハーグを結ぶ量子インターネットを完成させる予定だ。 ハッキングされないインターネット ・なぜ重要か インターネットはハッキングに対してますます … MIT Technology Review Editors11日前
  2. Hyper-personalized medicine
      ある患者固有の遺伝子変異を治療する、新しい医薬品が開発されている。 超個別化医療 ・なぜ重要か ある1人の患者に向けた遺伝子医療は、治療法がない病気を患った人々に希望を与える。 ・キー・プレーヤー A-Tチ … MIT Technology Review Editors11日前
  3. Digital money
    デジタル通貨の台頭は、金融プライバシーに大きな影響を与える。 デジタルマネー ・なぜ重要か 物理的な現金の利用が減少するにつれ、仲介者がいない(売買の直接)取引の自由度も低下している。一方、デジタル通貨テクノロジーが、世 … MIT Technology Review Editors11日前
  4. Anti-aging drugs
    YOSHI SODEOKA 体内の自然な老化プロセスに狙いを定めた疾患治療を試みる薬は、将来有望なことが明らかになってきた。 アンチエイジング薬 ・なぜ重要か がん、心臓病、認知症など、さまざまな疾患が、老化を遅らせるこ … MIT Technology Review Editors11日前
  5. AI-discovered molecules
    科学者たちは有望な薬品に類似する化合物を見つけようと、人工知能(AI)を活用している。 人工知能が発見する分子 ・なぜ重要か 新薬を商品化するには、平均約25億ドルの費用がかかる。その理由の1つは、有望な分子の発見が難し … MIT Technology Review Editors11日前
  6. Satellite mega-constellations
      今や人工衛星を安価に製造して地球周回軌道に打ち上げ、数万基まとめて運用することができるようになっている。 人工衛星メガコンステレーション ・なぜ重要か 人工衛星メガコンステレーションを用いれば、世界中に高速 … MIT Technology Review Editors11日前
  7. Quantum supremacy
    YOSHI SODEOKA グーグルは、量子コンピューターが古典的なコンピューターを凌駕することを初めて明確に証明した。 量子超越性 ・なぜ重要か 最終的に、量子コンピューターが、古典的なコンピューターでは解決できない問 … MIT Technology Review Editors11日前
  8. Tiny AI
    今や強力な人工知能(AI)アルゴリズムを、手元のスマートフォンだけで実行できるようになった。 小さなAI ・なぜ重要か クラウドに接続することなく、最新のAI技術の恩恵を受けられるようになった。 ・キー・プレーヤー グー … MIT Technology Review Editors11日前
  9. Differential privacy
    重要なデータセットのプライバシーを測定する手法。 差分プライバシー ・なぜ重要か 米国国勢調査局が収集したデータを非公開にしておくことはますます難しくなっている。差分プライバシー技術が、この問題を解決し、信頼を築き、他国 … MIT Technology Review Editors11日前
  10. Climate change attribution
    異常気象と気候変動の関係を証明 MIT Technology Review Editors11日前
  11. 生命の再定義
    新型コロナ、住民の14%に抗体=ドイツ・ガンゲルト調査
    新型コロナウイルス感染症の感染者が多数発生したドイツのある町で住人の血液を調べたところ、14%がすでに抗体を持っていることがわかった。十分な割合の人々が抗体を持てばウイルスはそれ以上拡散できなくなるが、パンデミックの終息まではまだほど遠いことが明らかになった。 MIT Technology Review Editors85日前
  12. WHOが新型コロナの「パンデミック」を正式発表
    ジュネーブに本部を置く世界保健機関(WHO)は3月11日、世界各地で感染が広がる新型コロナウイルスについて、パンデミックの状態にあると正式に発表した。 MIT Technology Review Editors4カ月前
  13. 持続可能エネルギー
    進まぬ地球温暖化対策、
    「失われた10年」
    2010年代は地球温暖化にとって「失われた10年」となった。いったん頭打ちになったかに見えた二酸化炭素の排出量は、その後、急激に増加し、パリ協定の目標である気温上昇を1.5℃未満に食い止めるという夢はほぼ確実に砕かれている。 MIT Technology Review Editors7カ月前
  14. ニューヨーク市で初の自律走行バスが運行を開始
    ニューヨーク市では初となる「ドライバーのいない自動車」のサービスが始まった。6人乗りの自律走行バス6台が市内のブルックリン区にあるブルックリン海軍工廠の約1.6キロメートルを巡回する。乗車料は無料だ。 MIT Technology Review Editors11カ月前
  15. 「空飛ぶクルマ」のリーダーを目指す日本、NECが初飛行に成功
    世界中の企業が、自動飛行自動車を最初に発売するための競争を繰り広げている。 MIT Technology Review Editors11カ月前
  16. オキュラス創業者の軍事企業、日本の米軍基地にAI監視システム納入へ
    オキュラス・リフト(Oculus Rift)の創業者パルマー・ラッキーが設立したアンドゥリル(Anduril)は、独自の自律監視技術で米軍基地を監視する契約を獲得した。 MIT Technology Review Editors12カ月前
  17. アリババ「DAMO」のAIプログラム、言語理解で新記録を達成
    アリババが開発した人工知能(AI)プログラムが、読解力のテストで史上最高点を記録した。この結果から、機械による文章や話し言葉の処理能力が、着実に向上していることが伺える。 MIT Technology Review Editors12カ月前
  18. 宅配ドローンよりも注目すべき、アマゾンの「走るコンベア」
    アマゾンが、自社倉庫内で商品を移動させる2つの新しいロボットを開発した。 MIT Technology Review Editors13カ月前
  19. グーグルが肺がん検出AIを開発、精度で医師上回る
    グーグルの新しい研究は、いずれは機械学習を使って、肺がんの兆候をより早く発見できる可能性があることを示している。 MIT Technology Review Editors14カ月前
  20. Robot dexterity
    ニューラル・ネットワークの強化学習を用いて、複雑な現実世界への対処方法を自ら学べるロボットが登場した。やがては、工場や倉庫内の作業を学習したり、一般家庭での日常的な作業をこなしたりできるようなるかもしれない。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  21. New-wave nuclear power
    より安全で安価な次世代の原子炉として、第4世代核分裂炉や小型モジュール原子炉の開発が進んでいる。永遠に実現しないとすら言われていた核融合炉についても、進展が見られる。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  22. Predicting preemies
    スタンフォード大学のステファン・クエイク教授らのチームは、妊婦の血液中の無細胞RNAを分析することで、迅速かつ簡単に早産のリスクを予測する方法を見い出した。早産児として生まれる赤ん坊は毎年1500万人にのぼり、5歳未満の子どもたちの死因の第1位となっている。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  23. Gut probe in a pill
    幼児にも使える小型の経口機器が、麻酔なしで詳細な腸の画像を撮影する。 あまり知らないかもしれないが、環境腸管機能障害(EED)は極めて高い医療費がかかる病気の1つである。炎症を起こした腸壁から栄養が生体内に漏れやすくなる … MIT Technology Review Editors15カ月前
  24. Custom cancer vaccines
    患者のがん細胞の遺伝子配列を解析し、特定のがん細胞だけを破壊するように免疫細胞を活性化させる「個別化がんワクチン」の開発が進んでいる。従来の化学療法に比べて、健康な細胞へのダメージが少ないうえに、より効果的ながん治療が可能になるかもしれない。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  25. The cow-free burger
    実験室で作られた培養肉であろうが植物由来であろうが、代替肉は環境を破壊することなく、本物の食肉に近い味と栄養価を提供する。 牛のいらないハンバーガー なぜ重要か 畜産は、壊滅的な森林減少や水質汚染、温室効果ガス排出を引き … MIT Technology Review Editors15カ月前
  26. Carbon dioxide catcher
    大気中から二酸化炭素を回収するための効果的で手頃な方法は、過剰な温室効果ガス排出量の吸収だ。 二酸化炭素回収装置 なぜ重要か 大気からの二酸化炭素回収は、壊滅的な気候変動を食い止める実現可能な最終手段の1つとなる可能性が … MIT Technology Review Editors15カ月前
  27. An ECG on your wrist
    規制当局による承認や技術の進歩により、ウェアラブル機器を用いた継続的な心臓の監視が容易になってきた。活動量計(フィットネス・トラッカー)は、本格的な医療機器ではない。激しい運動をしたり、バンドが緩んでいたりすると、正確な … MIT Technology Review Editors15カ月前
  28. Sanitation without sewers
    世界ではまだ、約23憶人が衛生的なトイレ設備のない生活を送っており、子供たちの死亡原因の9人に1人は下痢である。研究者たちはこうした人たち向けに、排泄物を全てその場で処理できる、下水設備要らずの安価なトイレの開発を進めている。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  29. Smooth-talking AI assistants
    単語間の意味の関係性を捉える新しい手法は、人工知能(AI)の自然言語の理解能力を向上させている。 話し上手な人工知能アシスタント なぜ重要か 人工知能アシスタントは、ただ単に単純な命令に従うだけでなく、レストランの予約や … MIT Technology Review Editors15カ月前
  30. 揺らぐ死の定義、「死んだブタ」の脳の一部機能が回復
    生きている「瓶詰めの脳」。まるで出来の悪いSFで使い古されたイメージだが、イェール大学の科学者はこれを本当にやってみたという。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  31. 持続可能エネルギー
    テクノロジーが解決すべき「世界の10大課題」
    現在私たちが直面しているいくつかの深刻な課題は、テクノロジーのブレークスルーで解決できるかもしれない。実現には困難を伴うが、どれも解決が求められる重大な課題だ。 MIT Technology Review Editors16カ月前
  32. 知性を宿す機械
    セグウェイから電子たばこまで、「残念なテクノロジー」10選
    世の中をよりよくしようと思って作ったテクノロジーでも、時に悪用されたり、うまくいかなったりすることがある。「最悪なテクノロジー」のリストを作ってほしいと言われたら、何が思い浮かぶだろうか? MIT Technology Review Editors16カ月前
  33. 知性を宿す機械
    MITTRが選ぶ、世界を変えた「ローテクなイノベーション」10選
    世界の人々の生活をより良くする発明は、最先端のテクノロジーを使っている必要はない。むしろ、シンプルで安価なローテクこそが、役に立つ場面も少なくない。 MIT Technology Review Editors16カ月前
  34. 歩き方や操作の「クセ」で識別、米国防総省がスマホ認証を開発中
    ペンタゴン(米国防総省)が現在テスト中の技術を使えば、歩き方、スマートフォンの持ち方、画面をスワイプする癖などによって、個人を特定できるようになる。 MIT Technology Review Editors17カ月前
  35. 生命の再定義
    世界を震撼させた「遺伝子編集ベビー」誕生、おもな動きのまとめ
    MITテクノロジーレビューが、クリスパーによる遺伝子編集を受けた双子の女児が誕生したと報じてから3カ月。この間、米国の大物科学者の関与の疑いや遺伝子編集による知能向上の指摘などさまざまな動きがあり、騒動は思わぬ展開を見せている。 MIT Technology Review Editors17カ月前
  36. ウーバーが「日雇い派遣」参入を準備中、IPOへ向け事業多角化
    フィナンシャル・タイムズ紙の報道によると、配車サービスを手掛けるウーバー(Uber)の新ビジネス「ウーバー・ワークス」は、ウエイターや警備員などの臨時労働者を企業のイベントに派遣するビジネスだという。 MIT Technology Review Editors2年前
  37. コネクティビティ
    ブロックチェーン関連記事を読む前に押さえておきたい用語集
    難解な専門用語のせいで、テクノロジーが理解しがたい、あるいは退屈なものに思えてしまうことがある。ブロックチェーン関連記事を読むときに役立つ専門用語集を掲載する。 MIT Technology Review Editors2年前
  38. オキュラス創業者、VRとAIを駆使した国境警備会社を起業
    アンドゥリル・インダストリーズ(Anduril Industries)は人工知能(AI)と実質現実(VR)を駆使して、米とメキシコの国境を越える人間(もしくは物体)を認識しようとしている。 MIT Technology Review Editors2年前
  39. 3-D Metal Printing
    3Dプリンティングは数十年も前からあるテクノロジーだが、その多くは一部の愛好家やデザイナーの間で一度きりの試作品として使われているだけだった。また、プラスチック以外の材料を使った3Dプリンティングの中でも、特に金属プリン … MIT Technology Review Editors2年前
  40. Artificial Embryos
    生命創造を再定義するブレークスルーの1つとして、英ケンブリッジ大学の発生学者はマウスの幹細胞のみを使って本物の胚のようなものを成長させた。卵子も精子も使わず、別の胚から抽出した細胞だけでだ。 研究者は3次元の土台の上に注 … MIT Technology Review Editors2年前
  41. センシング・シティ
    スマートシティ建設の多くが遅れている。意欲的だった目標がトーンダウンするか、超富裕層以外の住民が閉め出されているのが現状だ。キーサイド(Quayside)と呼ばれるトロントの新しいプロジェクトでは、都市を徹底的に考え直し … MIT Technology Review Editors2年前
  42. AI for Everybody
    これまで人工知能(AI)は主にアマゾンやバイドゥ、グーグル、マイクロソフトなどの巨大テック企業や、一部のスタートアップのものだった。そのほかの多くの企業にとってAIシステムは高すぎるし、完全な実装が難しいのだ。 ではどう … MIT Technology Review Editors2年前
  43. Dueling Neural Networks
    AIの認識能力が向上している。100万枚の画像を見せれば、歩行者が横断する様などを異常な精度で解析する。だが、AI自身が歩行者の画像を作り出すことは絶望的だ。もしそれが可能ならば、さまざまな状況における大量の現実的な歩行 … MIT Technology Review Editors2年前
  44. Babel-Fish Earbuds
    人気SFラジオドラマ「銀河ヒッチハイク・ガイド」では、黄色いバベルフィッシュを耳の中に入れると一瞬で翻訳してくれる。現実の世界ではグーグルが、159ドルでピクセル・バッズ(Pixel Buds)というイヤホンを発売し、当 … MIT Technology Review Editors2年前
  45. Zero-Carbon Natural Gas
    天然ガスは当面、世界の主要エネルギー源としての地位が固定されている。安価で容易に手に入る天然ガスによる発電量は、米国電力の30%以上、世界の電力の22%を占める。石炭よりクリーンエネルギーだとはいえ、大量の二酸化炭素を排 … MIT Technology Review Editors2年前
  46. Perfect Online Privacy
    本当の意味のインターネット・プライバシーが、やっと実現した。たとえば、誕生日を明かすことなく18歳以上だと証明したり、銀行口座残高などの詳細を明かすことなく金融取引をするのに十分な財産を持っていることを証明したりできるの … MIT Technology Review Editors2年前
  47. Genetic Fortune-Telling
    いつか赤ん坊が出生時にDNA通知表をもらう日が来るかもしれない。通知表には、心臓病やがん、たばこ依存症などになるリスク、平均より優れた頭脳を持つかどうかなどが記されている。 100万人規模の遺伝子研究のおかげで、こういっ … MIT Technology Review Editors2年前
  48. Materials’ Quantum Leap
    高性能の新しい量子コンピューターへの期待が高まる一方、困惑も広がっている。量子コンピューターは現在のコンピューターとは比べものにならないほどの計算能力を持つが、この能力の活用方法が見い出せていないのだ。 魅力的で可能性の … MIT Technology Review Editors2年前
  49. コネクティビティ
    どうなる今年のテック動向
    いま読み返したい、
    2017年の記事ベスト13
    2017年も数々の興味深いエマージング・テクノロジーが生まれ、同時にさまざまな社会的課題を私たちに突きつけた。2017年にMITテクノロジーレビューが掲載した1000本以上の記事の中から、2018年のテクノロジー動向を展望するのにふさわしい、おすすめ記事を紹介しよう。 MIT Technology Review Editors3年前
  50. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビュー編集長にクオーツの創刊メンバーが就任
    米国で急成長を遂げた新興メディア「クオーツ(Quartz)」の創刊メンバーであるギデオン・リッチフィールドが、MITテクノロジーレビュー(米国版)編集長に就任する。 MIT Technology Review Editors3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る