KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
エネルギー/持続可能性
Vichhika Tep
35歳未満のイノベーター35人 2023エネルギー/持続可能性
気候危機は多様な角度からの回答を求めている。イノベーターたちは、二酸化炭素回収、電池製造、送電網の管理といった問題を解決しようと取り組んでいる。

David Mackanic デイビッド・マッカニック (30)

所属: アンソロ・エナジー(Anthro Energy)

自身が開発した不燃性のポリマー電解質を利用して、折り曲げ可能な柔らかいバッテリーを開発。バッテリー組み込みの家電製品などをより自由に設計できるようにする。

デイビッド・マッカニックは、折り曲げられる柔かいバッテリーを開発し、エレクトロニクスの新たな可能性の扉を開こうとしている。

多くの家電製品に使われているリチウムイオンバッテリーは、硬くてかさばる傾向にあるため、新製品の設計や機能に大きな制約を与えている。問題の大部分はバッテリーに含まれている電解質にある。電解質は、電荷がバッテリーの電極間を通過するのを可能にする化学的成分だ。ほとんどの電解液は可燃性の高い液体でできているため、リチウムイオンバッテリーは発火を防ぐためにずっしりとしたケースで保護する必要がある。

シリコンバレーを拠点とするスタートアップ、アンソロ・エナジー(Anthro Energy)の創業者であるマッカニックは、よい解決策があると考えている。彼がスタンフォード大学で博士課程の学生として開発した合成ポリマーから作った電解質である。従来のポリマー電解質はもろいか導電性が低かったが、マッカニックが開発したポリマー電解質は性能を損なうことなく折り曲げられるほど丈夫だ。ポリマーは不燃性であるため、ポリマー電解質を使用したバッテリーは頑丈なケースを必要とせず、家電製品に組み込むこともより容易になる。「バッテリーは家電製品の設計の中心ではなく、一部となるのです」とマッカニックは言う。

マッカニックが2021年に立ち上げたアンソロ・エナジーは現在いくつかの企業と提携して、自社のバッテリーをウェアラブル機器やVR(実質現実)ヘッドセット、電気自動車など、さまざまな電子機器に搭載し、テストしている。長期的には、自身が開発したバッテリーによって、自動車メーカーは限られたスペースにより多くのバッテリーセルを搭載できるようになり、電気自動車(EV)の航続距離を30%向上させられるとマッカニックは考えている。

(ジョナサン・W・ローゼン)

人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  3. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
  4. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  3. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
  4. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る