KADOKAWA Technology Review
×
発表!MITテクノロジーレビューが選ぶ
2022年のイノベーター14人。
【12/15 Summit開催】
jonathan.ocallaghan 7 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    NASAより安くて早い民間初の金星探査ミッション、23年打ち上げへ
    生命の存在可能性が注目される金星をいち早く調べようと、ロケット・ラボやMITが民間初の探査ミッションの準備を進めている。NASAやESAも金星探査ミッションを計画中だが、それよりもずっと早く、低コストだ。 Jonathan O'Callaghan3カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡の最初の写真、130億年前の銀河も
    ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡(JWST)が撮影した画像が初めて公開された。天空の小さな一部を切り取ったこの赤外線画像には、130億年以上前のものと思われる銀河も写っている。Jonathan O'Callaghan5カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    スペースX、通信衛星40基を失う 磁気嵐の影響で
    スペースXが2月3日に打ち上げたインターネット通信サービス「スターリンク」用の人工衛星40基が、太陽活動の活発化に伴う磁気嵐の影響を受けて高度が低下し、大気圏に突入しつつある。Jonathan O'Callaghan10カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    スペースXの「スターシップ」の試験打ち上げを目前に控え、海王星への飛行から惑星防衛にいたるまで、科学者はスターシップが秘める可能性に思いを馳せている。その最も大きな理由は、スターシップが従来の宇宙ロケットに比べて桁外れの積載量を誇ることだ。 Jonathan O'Callaghan12カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    史上初、スペースX「民間人だけ」の宇宙旅行始まる
    民間人による民間人だけの宇宙旅行計画「インスピレーション4」がいよいよ始まった。人類が長らく夢見た、有人宇宙旅行の時代はついに開くのか。 Jonathan O'Callaghan15カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    小惑星衝突を防ぐNASA実験で思わぬ影響か、新研究で指摘
    宇宙探査機を小惑星にぶつけて軌道を逸らす実験である「DART」ミッションが年内にも打ち上げられる。主な目的は小惑星の公転周期を変化させることだが、シミュレーションによると衝突の衝撃で小惑星の自転にも大きな影響が出る可能性が分かった。 Jonathan O'Callaghan15カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    ヴァージン創業者の初飛行が開く、宇宙旅行時代の扉
    ヴァージンの創業者であるリチャード・ブランソンは、ヴァージン・ギャラクティックの宇宙飛行機に搭乗し、自身初の宇宙飛行をした。宇宙への一番乗りを目指す億万長者たちの競争は子どもじみているが、商業宇宙旅行の幕開けとなるかもしれない。Jonathan O'Callaghan17カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る