KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!
イェティン サン 36 Stories
プロフィールを見る
  1. 知性を宿す機械
    アリババのCTOがMITテクノロジーレビューの単独取材に応じ、AIチップ子会社の設立、量子コンピューター開発の狙いを語った。 Yiting Sun2年前
  2. AI企業への転換急ぐバイドゥ、初の専用チップを発表
    バイドゥは、7月3日に開催された年次イベント「バイドゥ・クリエイト(Baidu Create)」で、「クンルン(Kunlun)」という名前の人工知能(AI)チップを発表した。バイドゥは、機械学習向けハードウェアの設計で、他の中国企業の仲間入りを果たした。 Yiting Sun2年前
  3. コネクティビティ
    昨年9月に行われた中国政府の暗号通貨に対する規制は、中国の起業家たちにイノベーション創出の機会を与えた。一方で政府の目的は、単なる暗号通貨の抑制ではなさそうだ。 Yiting Sun3年前
  4. アリババもAIチップを開発へ、米国依存を下げるのが狙いか
    中国の電子商取引大手は、他のハイテク企業と同じように、社内の機械学習タスク向けにあつらえた独自プロセッサーを設計しようとしている。中国が自国の独自チップを使おうとする機運の高まりを示すものと言えそうだ。 Yiting Sun3年前
  5. アリババが自律自動車を開発中、輸送事業参入へ
    中国のハイテク大手のアリババ(Alibaba)は、自動運転の競争ではライバルのバイドゥ(Baidu)やテンセント(Tencent)に後れをとっている。だが、自律自動車の開発に向けて完全なエコシステムを作るつもりだとしている。 Yiting Sun3年前
  6. 中国が自律自動車のガイドラインを策定、全都市で試験可能に
    中国が新たに発表したガイドラインは、無人自動車の開発競争で米国と張り合おうとする意思を明確に示している。 Yiting Sun3年前
  7. 中国がスマート・ハイウェイを試作、道路から情報と電力を供給
    中国のスマート・ハイウェイの新たな区域は、通りを走っている自動車に対して、道路がデータとエネルギーをどのようにして供給できるようになるかを示している。 Yiting Sun3年前
  8. 米関税制裁は火に油? 中国の知財窃盗が増加の恐れ
    伝えられるところによると、米国の知的財産に対するハッキングは、トランプ大統領が中国に対して関税を課す前から起こっているようだ。 Yiting Sun3年前
  9. 知性を宿す機械
    西側諸国に比べて圧倒的に医師の数が足りない中国は、医師不足をAIによって補おうとしている。4年後の市場規模は約9億ドルに達するとの予測もあり、多くのテック企業が自動化ツールを開発中だ。 Yiting Sun3年前
  10. 中国当局が人気サイトにコンテンツ削除を命令、ネット浄化へ
    中国政府は、人気が高い2つのオンライン・プラットホームに掲載されている不快なコンテンツを厳しく取り締まるための大きな一歩を踏み出した。 Yiting Sun3年前
  11. 「中国人はプライバシーに鈍感」バイドゥCEOの発言が炎上
    バイドゥ(百度)のロビン・リー最高経営責任者(CEO)は、中国の国民は個人情報の扱いについて無頓着だと発言して槍玉に上がっている。 Yiting Sun3年前
  12. バイドゥが北京で自動運転車の公道試験、当局が初の許可
    テック大手企業であるバイドゥは、中国の首都で自律自動車の初の試運転の許可を得た。 Yiting Sun3年前
  13. バイドゥ、量子コンピューターの研究開発に参入へ
    中国テック界の巨人は、量子コンピューティングの分野では同業他社に後れを取っている。だが、今後5年間で自社のビジネスに組み入れたい考えだ。 Yiting Sun3年前
  14. 中国自動車メーカーがダイムラーの筆頭株主へ、EV首位目指す
    テクノロジーの進歩に伴い、内燃機関の時代に終わりが近づきつつあるいま、自動車メーカーは新たなパートナーシップを形成して競争力をつけようとしている。Yiting Sun3年前
  15. 給油も買い物もアプリで、アリババが仕掛けるガソスタの技術革新
    ガソリンスタンドへ車で乗りつけ、車内の画面をタップして待ち、あとは走り去るだけでOK。そんな未来の燃料補給へ向けた動きが中国で進んでいる。Yiting Sun3年前
  16. 知性を宿す機械
    エヌビディアが機械学習の「パラダイムを覆す」新手法を研究中
    機械学習アルゴリズムを訓練するには膨大なデータが必要だ。少量のデータで訓練できるようになれば現在のパラダイムはひっくり返る。精度を損なうことなくアルゴリズムを小型化する研究を進めていることをエヌビディアの主任科学者が明かした。 Yiting Sun3年前
  17. 知性を宿す機械
    国を挙げて世界一のAI大国を目指す中国の動きが活発だ。米国に大きな遅れをとる半導体の分野でもAIに照準を合わせ、「2020年までにニューラル・ネットワーク処理チップを量産する」との目標へ向けて開発を急ぐ。インテルやグーグルといった強豪もひしめく中、「AIで一発逆転」はなるか。 Yiting Sun3年前
  18. ソフトは無料でハードで稼ぐ、バイドゥの自律運転の事業モデル
    中国のテクノロジー大手のバイドゥ(Baidu)は、自動車を自律化する簡単な方法を探している企業向けに、すぐに購入して使えるハードウェアを販売する予定だ。Yiting Sun3年前
  19. 中国でも芽生えたプライバシー意識、消費者団体がバイドゥを提訴
    バイドゥ(百度)がユーザーの情報をひそかに監視している疑いで訴えられた。中国の市民が監視に疑問を抱き始めていることを示す最新の兆候だ。Yiting Sun3年前
  20. 米当局がアリババ子会社の米国送金サービス企業買収に「待った」
    米国当局は、アリババ傘下のデジタル決済会社であるアント・フィナンシャル(Ant Financial)による米国の送金サービス、マネーグラム(Moneygram)の買収を認めないとす決定を下した。Yiting Sun3年前
  21. 自動運転技術をめぐってバイドゥが元幹部を提訴
    中国の検索エンジン巨大企業バイドゥ(Baidu)が、無人自動運転車の技術を盗んだとして、前上席副社長のジン・ワンを訴えている。ワンはバイドゥの自動運転部門を先導していたが、2017年3月に退職し、ジンチィ(Jingchi:景驰)という自身の無人自動運転会社を立ち上げた。Yiting Sun3年前
  22. 北京市街地でも自動運転のテスト始まる
    北京を走るドライバーは気をつけたほうがいい。もうすぐ、自律自動車と一緒に街を走ることになる。Yiting Sun3年前
  23. 世界一のAI大国を目指す中国、3年以内に実現する計画を発表
    人工知能(AI)に関する中国の国家的な野望は、7月に発表された大雑把な計画から、詳細な3カ年の行動計画へと進展した。Yiting Sun3年前
  24. 知性を宿す機械
    過去最高の「独身の日」に
    ひっそりとデビューした
    アリババのAIスタイリスト
    驚異的な売上を記録したアリババの「独身の日」セール。その裏側ではアリババがいま注力している、あるプロジェクトの成果がひっそりとデビューしていた。 Yiting Sun3年前
  25. 知性を宿す機械
    3年で150億ドル投資、アリババCTOが語る桁違いの研究開発の狙い
    アリババは、新しく立ち上げたIoT、フィンテック、量子コンピューティング、AIなどの新興技術を研究する組織を立ち上げ、150億ドル以上を投資すると発表した。責任者に任命されたジェフ・チャンCTOが、DAMOのビジョンを語った。 Yiting Sun3年前
  26. ビジネス・インパクト
    中国では新しいテクノロジーがものすごいスピードで日常生活に溶け込んでいく。アイフライテックが開発した音声による自然言語処理もその1つだ。音声入力アプリのユーザー数は5億人を超え、自動車や医療などの分野でも使われ始めている。 Yiting Sun3年前
  27. 知性を宿す機械
    中国では顔認識の利用が進んでいる。もっとも成功している顔認識プラットフォームFace++は Webインフラとの統合によって、あらゆる業界を変えようとしている。 Yiting Sun3年前
  28. 知性を宿す機械
    中国で音声アシスタントが
    大ブレイクする可能性
    日本はどうなる?
    日本が出遅れている音声アシスタントの分野で中国が急速に米国を追い上げている。アリババやバイドゥから続々と製品が登場し始めた。しかし、英語などに比べて中国語は複雑であり、自然な会話を実現するには課題も多い。 Yiting Sun3年前
  29. ビジネス・インパクト
    米国ではアマゾンが大手スーパーを傘下に収める中、中国ではレジもなければ店員もいない24時間営業の移動型店舗がオープンした。進化した無人販売は仕事を奪うのか、それとも買い物難民を救うのか。 Yiting Sun3年前
  30. 知性を宿す機械
    アルファ碁の引退試合が中国で開かれた理由
    世界最強の棋士との対局を制したアルファ碁は、囲碁からの引退を表明した。囲碁サミットは熱狂する中国のAIシーンを象徴している。 Yiting Sun3年前
  31. ビジネス・インパクト
    バイドゥのスター研究者が相次いで退職 検索広告事業は低迷
    中国の検索エンジン大手バイドゥは先週、AIラボを率いる花形研究者を失なった。人工知能テクノロジーに重点を置く長期的な経営方針に変わりはないとはいえ、検索広告事業は低迷しており、ばく大な投資に見合う新規事業を何としても育てようとしている。 Yiting Sun4年前
  32. ビジネス・インパクト
    アメリカ出身のアニメーターは、勃興する中国のVR界でどのようにリーダーになったのか。 Yiting Sun4年前
  33. コネクティビティ
    偽物だらけの中国で、なぜ独身の日にモノが売れるのか?
    中国のネット販売は売上額を急増させているが、消費者は欠陥商品や偽物を警戒している。そこで、中国のネット販売業者は顧客に買い物保険を提供している。 Yiting Sun4年前
  34. ビジネス・インパクト
    中国で陽子線治療が投資対象
    医者の習熟が追いつかず
    中国の陽子線治療ブームには、中国医療の進歩というより、投資家の事情で生まれた歪みがある。 Yiting Sun4年前
  35. 持続可能エネルギー
    飲料水不足の中国で
    耐水化計画が頓挫
    中国の深刻な水不足を解消するはずの淡水化計画は、コスト増と技術不足、官僚主義により頓挫している。 Yiting Sun4年前
  36. ビジネス・インパクト
    ウーバーが作り出す、シェアリングエコノミーの勝者と敗者
    中国のウーバー・ドライバーは1日100万件の乗車をこなし、顧客を喜ばせる一方で、従来のタクシードライバーを廃業の危機にさらしている。 Yiting Sun5年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る