1. 知性を宿す機械
    アリババのCTOがMITテクノロジーレビューの単独取材に応じ、AIチップ子会社の設立、量子コンピューター開発の狙いを語った。 Yiting Sun2年前
  2. 知性を宿す機械
    ムーアの法則の終焉とともに米国が半導体チップにおける競争力を失ってしまうことを懸念するDARPAは、予算15億ドルの5カ年計画を始めた。半導体産業の復興をかけ、新たなチップ設計・開発手法の発見を目指す。 Martin Giles2年前
  3. 知性を宿す機械
    アームが初の機械学習専用チップ、AIでも世界を制するか
    アーム(ARM)がモバイル機器向けの人工知能(AI)専用チップを発表した。AIの処理に必要な線型代数の演算をより少ない電力で実行でき、メモリーへのデータの入出力も速い。2019年初めには各社のスマホに搭載されて、市場に登場するだろう。 Jamie Condliffe3年前
  4. 知性を宿す機械
    国を挙げて世界一のAI大国を目指す中国の動きが活発だ。米国に大きな遅れをとる半導体の分野でもAIに照準を合わせ、「2020年までにニューラル・ネットワーク処理チップを量産する」との目標へ向けて開発を急ぐ。インテルやグーグルといった強豪もひしめく中、「AIで一発逆転」はなるか。 Yiting Sun3年前
  5. コネクティビティ
    メルトダウン/スペクター問題、30億個のCPUに脆弱性か
    チップの欠陥による「メルトダウン」「スペクター」脆弱性を有するプロセッサーの数を見積もったところ、全世界のスマホやパソコン、サーバーなどが搭載する約30億個以上に達することがわかった。リスクを軽減するために、修正ソフトやOSのアップグレードが出たら迅速に適用する必要がある。 Martin Giles3年前
  6. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)アプリケーション向けの専用チップを開発するスタートアップ企業が増えている。AIアプリの実行に特化することで、従来のチップよりも数倍から100倍程度の性能を達成するとしているが、大手との競合や市場の移り変わりに伴うリスクも指摘されている。 Martin Giles3年前
  7. コネクティビティ
    「IoTチップ1兆個供給」
    ARMの研究者に聞く、
    孫正義構想の課題
    ARMを買収し、「1兆個のIoT機器にチップを供給する」とぶち上げたソフトバンクの孫正義CEO。そのビジョンを実現するために解決すべき課題とは何か。ARM研究所の幹部に話を聞いた。 Jamie Condliffe3年前
  8. ビジネス・インパクト
    中国で成長するアメリカの半導体産業
    アメリカの半導体メーカーであるグローバルファウンドリーズは、トランプ大統領の方針に関わらず、100億ドルを投じて成都に工場を建設する計画を発表した。 Jamie Condliffe4年前
  9. 知性を宿す機械
    アメリカの半導体産業は、有利な新戦略を編み出せるか?
    半導体産業の専門家による作業部会設置により、米国の半導体企業が海外の競争相手を打ち負かす新戦略を策定し、補助金をばらまいて米国の優位を維持しようとしている。 Jamie Condliffe4年前
  10. 知性を宿す機械
    ムーアの法則終了後の
    半導体業界はどうなるか
    半導体チップの大きさは以前ほど重視されなくなり、AI用、人工知能用、低消費電力用など、用途別に業界が再編されつつある。 Jamie Condliffe4年前
  11. 知性を宿す機械
    ムーアの法則終了
    米半導体業界団体が認める
    あと5年でムーアの法則はそれ以上の微細化を進めるとコストが割に合わなくなるが、メーカーは別の方法で半導体基板を進化させようとしている。 Jamie Condliffe4年前