1. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手であり、米国最大の宅配便業者でもあるUPSは、最先端のテクノロジーを導入する「EDGE」プロジェクトを進めている。配送ミスを極限まで減らし、効率化を徹底することで、アマゾンとの全面対決に備える考えだ。 Elizabeth Woyke3年前
  2. 知性を宿す機械
    過去最高の「独身の日」に
    ひっそりとデビューした
    アリババのAIスタイリスト
    驚異的な売上を記録したアリババの「独身の日」セール。その裏側ではアリババがいま注力している、あるプロジェクトの成果がひっそりとデビューしていた。 Yiting Sun3年前
  3. 知性を宿す機械
    ファッション業界に衝撃、
    アマゾンがAIデザイナーを
    開発中
    アマゾンがファッション分野に力を入れている。最新のトレンドを取り入れたレコメンデーションに加え、トレンドから新たな商品をデザインするAIも開発中だ。 Will Knight3年前
  4. ビジネス・インパクト
    アリババのジャック・マー会長が米国の中小企業を口説いている。内需だけで事業が成り立つ米国の小売業に越境を促し、高品質な「メイド・イン・USA」商品を求める中国人の旺盛な需要に応えるのが目的だが、米国人に根強い「中国は生産地」との意識を変える必要がある。 Emily Parker3年前
  5. ビジネス・インパクト
    アマゾンの実店舗拡大戦略は、ネットの方法の焼き直しだ
    アマゾンは実店舗を拡大する方針を明確にしている。しかし、どうすれば実店舗を拡大できるのか、明確な戦略があるわけではない。ネットと同様、試行錯誤を繰り返し、正解を見つけようとしているのだ。 Jamie Condliffe4年前
  6. ビジネス・インパクト
    ネットスーパーが突きつける「雇用なしで経済は成長するか」問題
    倉庫、配送、販売の各工程で、eコマースと実店舗の融合が進んでいる。ネットスーパー各社が進める究極の効率化で小売業から労働者が消えたとき、消費者は残っているのだろうか? MIT Technology Review Japan4年前
  7. ビジネス・インパクト
    日本の小売り関係者がシアトルに行くべきたったひとつの理由
    アマゾンは、実験型の実店舗をシアトルで次々に立ち上げている。ネット上と同様、シアトル市民にはアマゾンを断固拒否する人もいるようだ。 Jamie Condliffe4年前
  8. ビジネス・インパクト
    アマゾンのお勧め商品は
    最安値とは限らない
    最安値で商品を買うには、アマゾンがどのように商品を勧めているのか、ちょっと気を付ける必要がある。 Jamie Condliffe4年前
  9. ビジネス・インパクト
    すべての小売業がeコマースだ
    小売りとeコマースはもう別物ではない。eコマース企業は実店舗に乗りだし、一等地に店舗を構えて小売業に君臨していた百貨店もネットに進出し、一等地を手に入れようと躍起になっている。 Antonio Regalado7年前