1. コネクティビティ
    アイフォーン誕生から10年
    ワンモアシングでも
    発表されなかったこと
    おなじみの「One more thing」のフレーズとともに発表された新型アイフォーン「アイフォーンX(iPhone X)」には、顔認識やワイヤレス充電など、これまでのアップル製品にはないテクノロジーが搭載されている。だが、10年を迎えたアイフォーンの発表としては物足りない。 Rachel Metz2年前
  2. コネクティビティ
    ARがついにブレイク?99ドルのホロレンズ風スマホゴーグル
    99ドルで購入できるスマホ装着型の拡張現実(AR)ヘッドセットが登場する。ホロレンズのように現実にバーチャルの物体を重ねることもできる。ARヘッドセットとして初のヒット商品となるのだろうか。 Rachel Metz2年前
  3. ビジネス・インパクト
    2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    360度自撮り
    360度カメラが全世界の出荷台数でカメラ全体に占める割合は、昨年の1%から今年は4%に伸びそうだ。研究や娯楽、報道にまで活用されそうで、360度映像に視聴者が慣れれば、VR産業の立ち上がりにもつながる。 Elizabeth Woyke3年前
  4. コネクティビティ
    Galaxy Note 7発火問題で、サムスンは何を説明しなかったか?
    お粗末な電池設計と問題のある製造工程が原因だが、経営文化によって、真の原因が検査の目に引っかからなかった可能性もある。 Jamie Condliffe3年前
  5. コネクティビティ
    スマートフォンの逆襲
    2017年注目のガジェット
    2017年注目のスマホやVRゴーグル、スマートウォッチを6つ紹介。 Elizabeth Woyke3年前
  6. コネクティビティ
    MITTRが選ぶ
    最低テクノロジー9選
    2016年版
    ねつ造ニュースを拡散させるアルゴリズムから、輝かないのに輝くほど目立った植物まで、2016年の失敗テクノロジー・ワースト9を紹介する。 Antonio Regalado3年前
  7. コネクティビティ
    リコール費用6800万ドル以上のサムスン、真の問題はブランドの炎上対策
    市場価格の急落や、セールスの失敗は、サムソンを待ち受ける大損害の幕開けに過ぎない。 Jamie Condliffe3年前
  8. コネクティビティ
    米国「5G」戦略で
    映像ビジネスの覇権維持
    FCCが解放した広範囲の周波数帯と、先進的無線通信テクノロジーによって、かつてないほど高速なデータ通信時代が数年後には訪れる。 David Talbot3年前
  9. コネクティビティ
    「VRを3日分出しますね」
    痛み止めに実質現実処方
    研究段階ではあるが、実質現実(VR)が鎮痛剤と同じ効果を発揮する場合があるとわかった。 Rachel Metz3年前