KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
AI Begins to Understand the 3-D World

人工知能は二次元を卒業し、三次元のモノに興味を持ちだした

人工知能に関する研究は、二次元を超えて三次元を理解させるステージに移行—ロボット工学や自動運転の分野での大きな進歩につながる可能性を秘めた動き by Will Knight2016.12.12

人工知能は近年、見事に盛り上がっているが、その実態はまったく平坦だ。

現在、AI研究者は二次元画像とピクセルの世界から抜け出そうとしている。その代わりにAI研究者が構築しているのは、三次元で世界を理解し、行動できるシステムだ。研究が成果を出せば、ロボット工学や自動運転車に大きな影響を与え、現実世界の中でより賢く行動する方法を学習する機械を開発しやすくするだろう。

「学習に基づく視覚システムが二次元の画像を解析するだけの段階から三次元空間にあるモノを認識する段階に移行するのは、将来が楽しみで重要なトレンドです」とマサチューセッツ工科大学(MIT)のジョシュ・テネンバウム教授(脳・認知科学学部)はいう。

「奥行きを伴ってモノを視認し、形を完全にモデル化するのです。単にピクセルのパターンを、犬とネコ、椅子とテーブルに認識させるのではありません」

テネンバウム教授が率いる研究チームが最近注目の機械学習手法「競争式生成モデル(GAM:Generative Adversarial Modeling)」を使って、コンピューターに現実のモノを参考に、三次元世界の特性を学習させたところ、写実的かつ物理的に正確に新しいモノを生成できるようになった。研究チームは、先週スペインのバルセロナで開かれたNITS (神経情報処理システム) カンファレンスで研究成果を発表した。

競争式生成 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント