KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
What’s Next for AI Home Assistants

アマゾンやグーグルのAIアシスタントは電話・テレビと融合へ

音声入力のAIアシスタントが日本以外の世界で大ヒット中だ。今後の機能追加で、固定電話やテレビとの融合まで見えてきた。 by Jamie Condliffe2017.02.17

世界中の人が、アマゾン・アレクサやグーグル・アシスタントといった、人工知能(AI)の家庭内アシスタントに夢中だ。では、次はどうなるだろうか?

アマゾン・エコーやグーグル・ホームのスマート・スピーカー(アレクサやアシスタントのソフトウェアが動作する物理的な入れ物)を使ったことがあれば、その体験に抗えない魅力があるとわかっているはずだ。夕食の間、特定の曲を流してと頼んだり、寝室に行くまでの間にスマート電灯を消したり、料理中にタイマーをセットしたりすると、生活が少し快適になる。モルガン・スタンレーが、アマゾンが1100万台ものアレクサ内蔵機器を販売したと試算したのも当然に思える。

しかし、AI音声アシスタントのある生活を何カ月か続けると、限界があることにも気付く。大手テック企業は機能追加により、AIアシスタントを便利にしようとしている。

ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事によれば、アマゾンとグーグルは、消滅の危機にある固定電話を、スマート・アシスタントで置き換えられると考えている。記事は、両社が音声通話発信機能を開発中と報じており、ユーザーのデジタル電話帳を使って、スカイプのような通話を、完全にハンズフリーで可能にするのが狙いだという。しかし現時点では、両社ともプライバシー関連の懸念(AIスピーカーは原理的に装置のマイクが常にオンの状態だ)や受話器を使わず、スピーカー・フォンで会話が周囲に聞こえてしまう電話の使い勝手をどうすれば快適にできるかに奮闘しているという。

サード・パ …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント