KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます
2017年版
ブレークスルー・テクノロジー10
細胞アトラス
10 Breakthrough Technologies 2017: The Cell Atlas

細胞アトラス

人間の体はどんな細胞でできているのか? 約37兆個の細胞ひとつひとつを詳細に解明し、位置に番号を割り当てる「細胞アトラス」プロジェクトが進行中だ。 実現時期: 5年後 by Steve Connor2017.02.23

1665年、ロバート・フックは顕微鏡を覗き込んでコルク片を観察し、そこに、修道院の部屋を思わせるような、小さな並んだ箱を発見した。細胞について初めて記録した科学者のフックが、現代生物学の次の巨大プロジェクトを知ったら驚くだろう。最新のゲノミクス・細胞生物学における最も強力なツールを使い、何百万個もの細胞の様子をひとつひとつとらえ、精査する構想があるのだ。   

プロジェクトの目的は、初の包括的な「細胞アトラス」つまり、人間の細胞の全図を作ることだ。実現すれば、テクノロジー史に残る偉業だ。人体が実際は何でできているのか、総合的な形で初めて明らかになれば、医薬品の探索を加速させるような、生物学における高度な新モデルを科学者に提供してくれるはずだ。

人体にある37.2兆個の細胞をカタログ化するため、米国や英国、スウェーデン、イスラエル、オランダ、日本の科学者による国際コンソーシアムが結成されつつある。コンソーシアムが目指すのは、各細胞に固有の分子署名「細胞固有の遺伝子発現様式」を特定するとともに、各種類の細胞に、私たちの体の中における3次元位置情報を表す郵便番号を割り当てることだ。

「予想通 …

こちらは会員限定の記事です。
無料登録すると1カ月10本までご利用いただけます。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント