KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. How Can We Have an Economy without Jobs? ネットスーパーが突きつける「雇用なしで経済は成長するか」問題
    倉庫、配送、販売の各工程で、eコマースと実店舗の融合が進んでいる。ネットスーパー各社が進める究極の効率化で小売業から労働者が消えたとき、消費者は残っているのだろうか?
  2. 闇市場を生み出した農業機械のソフトウェアライセンス
    農業機械用ソフトの闇市場を生んだのは、プラットフォーム指向の許諾契約のせいかもしれない。「修理する権利」を守るため、メーカーとの契約を無効化する法律が米国各州で審議中だ。
  3. アップル、「頑固すぎ」て中国市場での出荷台数が4位に後退
    アップルの中国市場での出荷台数が4位に後退した。高機能かつ低価格が人気の中国市場で、高価でスリムな製品ラインアップにこだわり過ぎ、消費者の好みの変化に追随できなかったのが原因と考えられている。
  4. 化学は、量子コンピューター応用の最初の有力分野
    化学は、数年以内に実現する量子コンピューティングで恩恵を受ける最初の分野になりそうだ。実用的な超伝導体と次世代バッテリーの研究が進めば、量子コンピューターの開発も加速する。
  5. 中国を恐れよ 米国第一主義だけで米国は中国製造業に勝てない
    イノベーションは製品企画と製造設計、製造工程が場所として近くにあることで促されるため、米国に工場を作るだけでは製造業は復活しない。製造業の深い知識や品揃え豊富なサプライチェーンが、中国の強みだ。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. Decryption Is Not the Right Use of Quantum Computing 量子コンピューターの使い道は暗号解読ではない
    量子コンピューターの使い道は暗号解読ではない。D-Waveシステムズによって商用化された量子アニーリング方式のコンピューターは、最適化問題やサンプリングで威力を発揮する。
  2. Intel’s $15 Billion Mobileye Buyout Puts It in the Autonomous Car Driver’s Seat インテルはなぜモービルアイを150億ドルで買収するのか?
    インテルは、自動運転テクノロジーの主要企業であるモービルアイを150億ドルで買収すると発表した。当面の狙いはもちろん自動運転だが、モービルアイの強化学習には、他の産業で利用できる大きな可能性がある。
  3. Synthetic Spider Silk for Sale in a $314 Necktie 合成したクモの糸でネクタイを作った? だから何?
    夢の新素材として期待された人工のクモの糸を使った314ドルのネクタイが限定発売中だ。素材の特徴を活かさない製品の登場に、何の意味があるのか?
  4. This Entrepreneur Dares You to Hack His Gadgets 欧米流の知財しか知らない日本企業は中国企業に絶対勝てない
    中国流の知財の概念は、野蛮・無法なのではなく、知財の別解釈だと捉えないと、勝てるはずがない。ムーアの法則の減速によって、産業界のルールを書き改める時機にあるのかもしれない。
  5. Hailing a Different Ride in Austin ウーバー、リフトが
    撤退した街で起きた
    配車サービスの奇跡
    ウーバーとリフトが市の規制に不服で撤退したオースティンで、非営利の配車サービスが支持されている。大手が展開するのとはまったく異なるビジネスの形があり得ることを教えてくれる、素晴らしい事例だ。
  6. The World’s Largest Shipping Company Trials Blockchain to Track Cargo 世界最大の海運企業マースク、ブロックチェーンで貨物を追跡中
    ブロックチェーンでコンテナ輸送の書類仕事を簡素にできないか、世界最大の海運企業マースクがIBMと協業で実証している。IBMはさまざまな業種でブロックチェーンの導入を進めており、ブロックチェーンのビットコイン以外の活用例が広がっている。
  7. Tech CEO Space Race Intensifies ベゾス、マスク、ブランソンが宇宙ビジネスを手掛ける理由
    ジェフ・ベゾス、イーロン・マスク、リチャード・ブランソンの3人は、先週相次いで各自の宇宙企業について発表した。各社の事業内容は異なるが、共通点がひとつある。成功すればばく大な富を生み出せるのだ。
  8. Targeted Ads Along the Highway 幹線道路沿いのデジタル・サイネージで車種のターゲティング広告
    走行中の車種を機械学習で識別し、適切な広告を表示する道路広告をロシアのアドテク企業が開発した。高級車の広告を年式の古い高級車のドライバーに表示する、といったWeb広告の方法を、現実世界で実現する。
  9. It’s Time for Uber to Grow Up ウーバーはやんちゃなテック企業から大人の会社になれるのか?
    ウーバーにとってトラブル続きの長い2月が終わったが、成長しなければならないのはカラニクCEO本人だ。ボイコット運動やセクハラの告発、技術情報の盗用など、創業期から成長期に差し掛かり、改めなければならない企業体質がそのまま残り、やんちゃなテック企業のままでは上場もできない。
  10. This Asian App Could Blunt Snapchat’s Global Ambitions 韓国製アプリ・スノーはスナップチャットの世界制覇を妨げるか?
    日中韓で大人気の画像アプリ「スノー」は、スナップチャットが攻めきれずにいる東アジア市場でスナップの成長を鈍化させる要因になっている。韓国製アプリだが、各国の嗜好に合わせるLINE同様の戦略が功を奏している。
  11. SpaceX Plans to Fly Tourists to the Moon—but 2018 Is Ambitious スペースXの月旅行は火星植民事業の資金源
    スペースXが発表した2018年中の最初の月旅行は、火星植民の資金源として、イーロン・マスクが何としても実現させたい事業だ。ただし、スペースXは予定どおりに事を進めるのが得意な会社ではない。
  12. Insect-Zapping Laser “Fence” Prepares for First Enemy Contact レーザー光線で
    柑橘類を害虫から守る
    「光学フェンス」
    カンキツグリーニング病(黄龍病、HLB)を媒介するミカンキジラミをレーザー光線で撃墜する「光学フェンス」の実験が今夏始まる。フロリダではオレンジの収穫量が減っており、殺虫剤や木の交換に多額の費用がかかっているだ。
  13. First Stretchable Holographic Display Unveiled 「メタ表面」で作る伸び縮みするディスプレイ
    「メタ表面」で作る伸び縮みするディスプレイが実証され、いよいよ製品化が期待できる段階に達した。材料はコンタクトレンズに使われる素材に近く、VRや平面ディスプレイ、光通信等の用途が考えられる。
  14. Big Banks Study Blockchain Not For the Digital Currency But For the Distributed Ledger 巨大銀行はなぜブロックチェーンを研究しているのか?
    巨大銀行や大企業は、デジタル通貨のためにブロックチェーンを研究しているわけではない。巨額の投資をせずに構築できる、信頼できる分散データベースの可能性に目を付けているのだ。
  15. Trump’s Tax Talk Sounds Less Than “Phenomenal” for Tech トランプの税制改革案は
    イノベーションを
    加速させるか?
    ワシントンDCで検討中の税制改革は、資金を米国に還流させようとしているが、イノベーションを促進する結果にはおそらくならないだろう。
  16. 10 Breakthrough Technologies 2017: Practical Quantum Computing 2017年版ブレークスルー・テクノロジー10:実用的な量子コンピューティング
    グーグルやインテルなどの研究グループの成果が、これまでにない力を秘めたコンピューターの開発に王手をかけている。
  17. 10 Breakthrough Technologies 2017: The 360-Degree Selfie 2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    360度自撮り
    360度カメラが全世界の出荷台数でカメラ全体に占める割合は、昨年の1%から今年は4%に伸びそうだ。研究や娯楽、報道にまで活用されそうで、360度映像に視聴者が慣れれば、VR産業の立ち上がりにもつながる。
  18. 10 Breakthrough Technologies 2017: Botnets of Things 2017年版
    ブレークスルー・テクノロジー10
    モノのボットネット
    家庭用ガジェットにネット接続機能が追加されて便利になるほど、ボットネットの攻撃性がさらに高まる副作用がある。
  19. 40 Years Ago: Electronic Money Is Too Easy 40年前に指摘された「電子マネーの危険な側面」を読み返す
    創刊118年目のMIT Technology Reviewは、テクノロジーに関する最新の動向を見続けてきた。40年前に書かれた電子マネーに関する記事は、未来を見てきたかのような書きっぷりだ。
  20. The Thinking Behind the 10 Breakthrough Technologies 2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって
    2017年版ブレークスルー・テクノロジー10の発表にあたって、米国版のジェイソン・ポンティン編集長が、選考の背景について説明する。
  21. Why Congress Can’t Seem to Fix This 30-Year-Old Law Governing Your Electronic Data MS対FBIの法廷闘争で注目のクラウド・サービスの捜査管轄
    「豊かな社会があって国家が強くなる」と考えれば、捜査機関の権限を一方的に強くすることは、自国企業の国際競争力を維持する上で得策でないことがわかる。
  22. Your Cubicle Has Ears—and Eyes, and a Brain パーティションに監視装置 オフィスの効率化にスマートデバイス
    創造的で効率的な職場を実現するため、米国ではスマート化した監視装置の普及が進んでいる。リスク対策になる一方で、不気味さはぬぐいきれない。
  23. An AI-Fueled Credit Formula Might Help You Get a Loan ゼストファイナンス、AIと機械学習で与信革命を起こしたと発表
    ゼストファイナンスは、従来の与信では使われてこなかったデータを機械学習で発掘し、信用データがなくても貸し倒れが起きにくい借り手を見つけられる、という。
  24. The Jeff Bezos Retail Laboratory—or Seattle, as the Locals Say 日本の小売り関係者がシアトルに行くべきたったひとつの理由
    アマゾンは、実験型の実店舗をシアトルで次々に立ち上げている。ネット上と同様、シアトル市民にはアマゾンを断固拒否する人もいるようだ。
  25. “The Relentless Pace of Automation” アメリカ経済は
    AIとロボットで
    再び偉大になるか?
    トランプ大統領の得票と強く相関しているのは、失業率よりも定型仕事の割合であることがわかった。大統領選挙の奥底にあった怒りの正体は、AIと自動化で人間らしい仕事を奪われた人の怨嗟だったのかもしれない。
  26. The U.S. Chip Industry Is Growing–in China 中国で成長するアメリカの半導体産業
    アメリカの半導体メーカーであるグローバルファウンドリーズは、トランプ大統領の方針に関わらず、100億ドルを投じて成都に工場を建設する計画を発表した。
  27. The Cost of Trump’s Wall Going Up Is Going Up メキシコ国境の壁は、全部作らなくてもトランプ政権の手柄になる
    メキシコ国境沿いの壁をすべて建設するにはばく大な費用と工期が必要だが、部分的に着工するだけでも政治的には勝利だ。費用も少なくて済み、政権一期目に成果を出せる妙案といえる。
  28. As Goldman Embraces Automation, Even the Masters of the Universe Are Threatened ゴールドマン・サックス、
    自動化でトレーダー大幅減
    3割がエンジニアに
    世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックスは金融取引の自動化を進め、全社員の3分の1がエンジニアになった。2000年には600人いたニューヨーク本社の株式トレーダーは、今では2人しかいない。
  29. Tech Companies Say Trump’s Immigration Ban Is Bad for Business グーグル、アップルはトランプ政権に反旗、IBM、シスコは沈黙
    トランプ政権によるイスラム系7カ国出身者の入国禁止令の即時停止を命じる仮処分に対して、グーグル、アップル等が移民労働者の必要を訴える意見書を裁判所に提出した。ただし、IBMやシスコ等、意見を表明したかった企業もある。
  30. Snap Is Going Public—Offering Ideas, Not Profits 会社も自己消滅型? スナップチャット上場資料の笑えない真実
    グーグルにサーバー使用料として年間4億ドルを支払う契約があり、投資家に与えられるのは利益よりもビジョン。それでもスナップは、自己消滅型メッセージや一人称動画、拡張現実(AR)によって、単なる赤字会社ではなく、ビジョナリーカンパニーとして上場するつもりだ。
  31. Inside the Far-out Glass Lab 1600℃の溶解炉で
    コーニングが研究中の
    未来のガラス
    将来のスマホやタブレットのデザインを決める新素材ガラスは、ゴリラガラスで有名なコーニングのガラス研究所で試作されている。軽くて曲げても壊れないガラス製の機器が登場するかどうかは、ニューヨーク州北部にあるコーニングの研究センターにかかっている。
  32. Amazon Looks to the Sky and Sea to Shake Up Shipping アマゾン、自前の陸海空の運輸事業を本格化
    超巨大な社内システムの運用ノウハウをAWSとして外販したように、アマゾンは陸海空の運事業まで外販しようとしている。空輸用の拠点新設や、海運事業の管理は複雑で費用もかかるが、最終的には10億ドル以上の節約になる、価値の高い事業だ。
  33. What Happens If Net Neutrality Goes Away? トランプ政権が
    FCCの規制撤廃で
    通信事業者の土管化を阻止
    トランプ政権がネットワーク中立性を撤廃した場合、巨大ISPによる新たなビジネスモデル、映像ストリーミング・サービスが登場するだろう。ネットフリックスはかろうじて競争にとどまれるが、新興サービスは厳しいかもしれない。
  34. This Is How Uber has Shaped the Taxi Labor Market ウーバー参入でタクシー・ドライバー数は増加、賃金は低下の研究
    配車サービスの登場で法人タクシーのドライバー数は減らなかったが、ドライバーの収入は減った。
  35. For $14,000, a Weeklong Firehose of Silicon Valley Kool-Aid シンギュラリティ大学は
    人類の未来について
    何を教えているのか?
    シンギュラリティ大学の短期講座「指数関数的リーダーシップ」は、人類の未来を危惧するグローバル・エリートを引き寄せている。
  36. Asia’s E-Waste Problem Is Getting Out of Hand アジア新興国の電子機器廃棄量、iPhone換算で1人30台分
    急成長するアジア諸国で廃棄される電子機器の量は欧米に比べてずっと少ない。しかし、廃棄された電気・電子機器を処理する施設がまったく足りないため、成長が続けば社会問題化する可能性もある。
  37. Will Science Have a Seat at President Trump’s Table? トランプ次期大統領には
    科学的思考が必要だ
    フランクリン・D・ルーズベルト元大統領以来、どの大統領にも科学顧問がいた。しかし、トランプ次期大統領は科学顧問をまだ指名しておらず、有力な候補者すら示されていない。
  38. Mathematical Model Reveals the Patterns of How Innovations Arise 数学者、ついにイノベーションを数理モデル化
    研究成果により、新しいアイデアが生まれる可能性がどれだけあり、既存のアイデアからどれだけのアイデアが生まれるかを研究する新手法が生まれるだろう。
  39. Robots Will Devour Jobs More Slowly Than You Think ロボットやAIで仕事がなくなるのは5%とマッキンゼーが予測
    作業の自動化は必然だが、予測できる範囲の未来で、人間は機械と協働するほうが経済的メリットがある。
  40. This Centrifuge Costs 20 Cents to Make and Can Be Used Anywhere へき地でのマラリア診断に製作費20セントの遠心分離機
    子どものおもちゃを参考に作られた紙製遠心分離機は、最大で毎分12万5000回転し、電力は不要だ。
  41. Obama’s Technology Legacy オバマ大統領が米国に残す
    テクノロジーに関する
    5つの政治的遺産
    オバマ政権の政策のよかったこと、うまくいかなかったことをMIT Technology Review編集部がまとめました。
  42. China’s Ride-Hailing Firm Didi Chuxing Heads to Brazil 滴滴出行(ディディ)、ブラジル99と提携でウーバーと再激突
    滴滴が、またしてもライバルのウーバーに立ち向かう
  43. The Man Selling Virtual Reality to China ディズニー出身のCG監督は
    中国のVR映画産業に
    何を教えているのか?
    アメリカ出身のアニメーターは、勃興する中国のVR界でどのようにリーダーになったのか。
  44. Finland Starts Handing Out a Basic Income フィンランド政府、ベーシック・インカム月額約587ドルを支給開始
    実験に参加することになったフィンランドの失業者は、毎月無条件に最低収入を得る。しかし、ベーシック・インカムが有効かどうかを、2000人の実験では判断できない。
  45. Dropbox Could Have One of 2017’s Most Interesting IPOs DropBox年内上場へ
    今後の製品ロードマップを
    1月30日に発表
    ドロップボックスは何億人ものユーザーに無料のクラウド・ストレージを提供し、いまやテック界で貴重な「ユニコーン企業」になった。今後は企業ユーザーを取り込むことで、順調にIPOができるだろうか。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント