KADOKAWA Technology Review
×

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. To solve space traffic woes, look to the high seas
    求められる宇宙の交通整理、解決のヒントは「海」にあり
    人工衛星の大量打ち上げによって、将来の衝突事故の可能性が懸念されている。宇宙・航空政策の専門家は、宇宙交通の安全を確保する最善の方法は、海事法の考え方を取り入れることだという。
  2. 史上初、スペースX「民間人だけ」の宇宙旅行始まる
    民間人による民間人だけの宇宙旅行計画「インスピレーション4」がいよいよ始まった。人類が長らく夢見た、有人宇宙旅行の時代はついに開くのか。
  3. 小惑星衝突を防ぐNASA実験で思わぬ影響か、新研究で指摘
    宇宙探査機を小惑星にぶつけて軌道を逸らす実験である「DART」ミッションが年内にも打ち上げられる。主な目的は小惑星の公転周期を変化させることだが、シミュレーションによると衝突の衝撃で小惑星の自転にも大きな影響が出る可能性が分かった。
  4. 米大統領が大企業にワクチン接種義務化、アメからムチへ方針転換
    米国のバイデン大統領は大企業を対象に、従業員にワクチン接種を受けさせることを求める大統領令に署名した。停滞する接種率を踏まえ、これまでの「アメ」から「ムチ」に方針を転換した。
  5. まるで広告? スペースXの民間人宇宙飛行を描くネトフリ作品
    ネットフリックスのドキュメンタリー作品「宇宙へのカウントダウン」が現在配信中だ。史上初の民間人だけによる宇宙飛行に迫る作品で、スペースXの広告ような内容だが、見どころもある。

ビジネス・インパクトの記事一覧

  1. Who is Starlink really for?
    4万基で地球を覆うスペースXの衛星ネット、顧客はどこに?
    スペースXが、大量の通信衛星群によるインターネット接続サービス「スターリンク」のベータサービスの提供を開始した。だが、当面の間、対象は経済的に余裕のある顧客に限られ、同サービスが発展途上国にどのような影響を与えるかは不明だ。
  2. NASA’s Perseverance rover finally scooped up a piece of Mars
    NASA火星探査車が岩石のサンプル採取に成功、史上初
    NASAの火星探査車「パーサビアランス」は、ジェゼロクレーターから岩石と砂のサンプルを採取するのに成功した。同クレーターは火星古代の三角州の跡であり、生き物の化石が見つかる可能性がある。
  3. How to navigate covid news without spiraling
    行き過ぎた「煽り記事」から距離を、新型コロナ報道の読み方
    デルタ株感染者の急増などパンデミックの様相が目まぐるしく変化する中で、日々さまざまな報道が飛び交っている。MITテクノロジーレビューのパンデミック報道担当記者自身が、本当に役に立つ情報を手に入れるために掛けていることを紹介しよう。
  4. I taught myself to lucid dream. You can too.
    夢であることを自覚できる夢、「明晰夢」をめぐる秘密
    夢であることを自覚し、自分の思い通りになる夢である「明晰夢」についてはまだ分かっていないことが多い。その一方で、明晰夢が、脳の働きについてより詳しく知るための手がかりになると考える研究者も存在する。
  5. The genius programmer says, Innovation is born from playfulness
    登 大遊「イノベーションは“いんちき遊び”から生まれる」
    「デジタル敗戦」という言葉が確定した事実かのように語られる日本のICTの現状に対し、天才プログラマーの登 大遊氏は「あまり心配する必要はない」と話す。日本に必要なのは大企業の「遊び」だと言う。
  6. The Taliban, not the West, won Afghanistan’s technological war
    主張:技術力に劣るタリバンがイノベーションで勝利した理由
    カラシニコフ銃、弾薬、ラジオといったシンプルな装備しか持っていなかったタリバンが、宇宙からの監視をはじめとする世界一流のテクノロジーを利用でき、火力、装備、資金で優勢な西側諸国に勝利したのはなぜなのだろうか。
  7. Afghanistan’s looming cash crisis threatens to worsen a humanitarian disaster
    アフガンに迫る現金危機、
    銀行デジタル化も水泡に
    米国の撤退前、アフガニスタンは銀行業システムを現代化する寸前まで来ていたが、タリバンの支配により、すべてが台無しになってしまった。今、現地の金融情勢は混沌の真っ只中にある。
  8. Which US vaccine plans actually helped hard-hit communities?
    打ちたくても打てない、ワクチンであぶり出された米健康格差の深刻度
    人種や経済状況、地域によって、社会的に弱い人々へのワクチン接種が遅れている。接種会場までの交通手段がない、会場が遠い、休みが取れないといった根本的な問題に目を向け、健康格差解消の取り組みを継続すべきだ。
  9. What went so wrong with covid in India? Everything.
    無計画な封鎖、ワクチン輸出
    相次ぐ失策が招いた
    「インドの危機」
    新型コロナウイルス感染症で大量の死者を出したインドは、数多くの失策を重ねていた。首相が突然宣言したロックダウンは都市労働者の帰郷を促す混乱につながり、国産ワクチンの海外輸出を進めたことで国民のワクチン接種は出遅れた。
  10. Chinese astronomers want to build an observatory in the Tibetan Plateau
    中国がチベットに天文台を計画 天文学の勢力図に影響か?
    中国がチベット高原における大型望遠鏡の建設計画を進めている。同高原の天体観測所としての条件は、すでに大型望遠鏡が設置されているチリやハワイに匹敵し、天文学における中国台頭の可能性を示唆している。
  11. The engineer has a vision that goes beyond the speed record
    義足エンジニア・遠藤 謙が「人類最速」の先に見据えるもの
    MITテクノロジーレビュー主催の世界的なアワード「Innovators Under 35」を2012年に受賞した義足エンジニアの遠藤 謙さんは、イノベーターに最も必要な資質を「しつこさ(Grit)」だと語った。
  12. Why it’s so hard to make tech more diverse
    嫌がらせ、ストーカー被害
    女性テック起業家が語る
    「多様性」の難しさ
    「35歳未満のイノベーター35人」にかつて選出されたエンジニアのトレイシー・チョウは、ネット嫌がらせに対処するツールを開発しているテック起業家だ。自身が直面してきた数々の問題について、包み隠さず語った。
  13. This company delivers packages faster than Amazon, but workers pay the price
    ほぼすべての注文が24時間以内に届くと謳う韓国の電子商取引大手クーパン(Coupang)が驚異的な成長を遂げている。だが、その華々しい成功は、労働者の犠牲の上に成り立っている。
  14. Saturn's insides are sloshing around
    土星内部に「揺れ動くコア」が存在か=米最新研究
    カリフォルニア工科大学の研究によると、土星内部には岩石や氷のような物質が密集した明確なコアは存在せず、ぼんやりと拡散したコアが存在するという。NASAのミッションで収集された土星の環の地震計データからモデル化した。
  15. The dangerous appeal of technology-driven futures
    主張:テクノロジーが主導する未来の危険な魅力
    テクノロジーが私たちにもたらす変化は魅力的だが、同時に都合の悪い現実をも引き起こしている。私たちは直線的話術に潜む欠陥を認識し、未踏の道の先にある未来を想像する必要がある。
  16. Zoox CEO Aicha Evans on how autonomy will change our habits
    昨年夏、アマゾンに12億ドルで買収された自動運転車のスタートアップ企業「ズークス」。同社が目指すところや、チーム作りに関する多様性についてCEOが語った。
  17. What you need to know about New York City’s new vaccine proof
    米国初、ニューヨーク市で屋内施設利用時のワクチン証明が義務化
    ニューヨーク市は、各種屋内施設を利用する際には新型コロナワクチン接種証明を義務付けると発表した。9月13日以降、バーやレストラン、ジムなどを利用する際には、ワクチンを少なくとも1回接種した証明を提示する必要がある。
  18. The voices of women in tech are still being erased
    主張:テック業界はもっと女性の声を聞くべきだ
    コンピューター業界において、女性の功績はこれまで不当に低く評価されてきた。女性は、話を聞いてもらえることより沈黙させられることがほとんどで、それは現在でも変わっていない。
  19. The best vaccine incentive might be paid time off
    無料ドーナツに野球観戦 ワクチンの接種拡大に本当に必要なもの
    米国で新型コロナワクチンの接種が進む中、時給制で働く何百万人もの現場労働者たちがを接種を受けられずにいる。ワクチン接種を推進するためにさまざまな奨励策が設けられているが、本当に必要なのは有給休暇と信頼性の高い情報かもしれない。
  20. Boeing’s second Starliner mission to the ISS is a make-or-break moment
    ボーイングの新型宇宙船、背水の陣で2度目の打ち上げへ
    ボーイングは8月3日、自社開発の宇宙船「スターライナー」で国際宇宙ステーションへ向かう無人ミッションを打ち上げる予定だ。2019年12月の同様の試験飛行は失敗に終わっており、宇宙開発における同社の命運を賭けたミッションとなるだろう。
  21. The change chronicles
    人間はいつの時代も変化に弱いものである——MITTRの誌面から
    コンピューターやネットワークの急速な発達や気候変動問題など、私たちに大きく変化することを迫る要因はいくつもある。しかし、人間という生き物は変化に弱いものだ。MITテクノロジーレビューの過去の記事を読み返すと、人間が変化に弱いということはいつの時代も変わらない事実であることがわかる。
  22. We just got our best-ever look at the inside of Mars
    火星のコアは意外と大きかった? NASA探査機の測定で明らかになる
    NASAの火星着陸船インサイトから届けられた地震計のデータから、火星の内部構造が以前に考えられていたよりも複雑であることが分かった。継続して調査すれば、地球との違いがさらに明らかになりそうだ。
  23. What a collapsed trial says about US claims of Chinese high-tech spying
    崩れたシナリオ、
    中国人教授を狙い撃ちにした
    FBI捜査はどこで誤ったか
    テネシー大学のフー准教授の起訴は、中国系米国人の経済スパイを摘発する目的で始まった米国の「チャイナ・イニシアチブ」に勝利をもたらすはずだった。しかし、裁判は評決不能となり、訴訟の継続すら危うい事態に陥った。FBIの強引な捜査への注目が高まり、司法省の責任を問う声も上がっている。
  24. Why NASA should visit Pluto again
    新たな冥王星探査ミッション候補「ペルセポネ」が重要な理由
    米国の科学者チームは、新たな冥王星探査ミッションである「ペルセポネ」をNASAに提案している。目標は、前回のニュー・ホライズンズの調査で上がった太陽系形成に関する疑問と、有機物がかつて地球の外で存在していたのかという疑問に取り組むことだ。
  25. Blue Origin takes its first passengers to space
    アマゾン創業者も宇宙へ、ブルーオリジンが商業宇宙旅行に成功
    アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスは7月20日、自身が所有する企業ブルーオリジンのロケットに乗り込んで宇宙旅行を成功させた。その10日前にはヴァージン・ギャラクティックの創業者が宇宙に到達しており、両社のフライトは宇宙旅行の未来に大きな足跡を刻んだ。
  26. New NASA radiation rules could open up space missions to more women
    NASAが被曝線量制限の緩和を検討、女性宇宙飛行士の機会開く
    全米アカデミーがNASAに提出した報告書は、宇宙飛行士の放射線被曝線量の新基準を提案している。背景には、NASAの月や火星への新しいミッションに、女性飛行士を参加させたいという強い願いがある。
  27. MIT Technology Review names Mat Honan its new Editor in Chief
    MITテクノロジーレビュー編集長に元バズフィードSF支局長が就任
    122年の歴史を持つMITテクノロジーレビューの新編集長が発表された。バズフィードで受賞歴のあるデジタル報道チームを構築・運営してきた実績を持つマット・ホーナンが就任する。
  28. Venture entrepreneurs and investors talk about the challenges and future of space business
    ベンチャー起業家、投資家が語った宇宙ビジネスの課題と未来
    日本航空宇宙学会宇宙ビジネス共創委員会主催のシンポジウムにインターステラテクノロジズの稲川貴大代表、アクセルスペースの宮下直己CTOらが登壇。宇宙ビジネスを拡大する上での課題や可能性を議論した。
  29. Quasi-Zenith Satellite lead Japan's way to hyper-accurate positioning
    準天頂衛星「みちびき」が導く「超高精度測位」日本の流儀
    現在、軌道上には測位衛星が140機ほど飛んでいる。「GNSS」と総称されるこのシステムは、受信端末の普及と実装が世界中で加速している。その半数がアジア太平洋地域となり、そこには巨大衛星網を抱える中国と、地域型で小規模ながらも無償の精密測位を提供しプレゼンスを築く日本がいる。
  30. New research maps the boundary of Earth’s heliosphere
    太陽圏の境界示す三次元地図、IBEXのデータから作成
    太陽圏観測衛星「IBEX」のデータを使用して新たに作成された、太陽圏の三次元全体地図が発表された。太陽圏は、宇宙から飛来する有害な放射線から地球を保護するシールドの役割を果たしており、その構造を博することは実用目的にも役立つ。
  31. Richard Branson just flew to the edge of space. Here’s what it means for space travel.
    ヴァージン創業者の初飛行が開く、宇宙旅行時代の扉
    ヴァージンの創業者であるリチャード・ブランソンは、ヴァージン・ギャラクティックの宇宙飛行機に搭乗し、自身初の宇宙飛行をした。宇宙への一番乗りを目指す億万長者たちの競争は子どもじみているが、商業宇宙旅行の幕開けとなるかもしれない。
  32. The 10 Breakthrough Technologies has now arrived
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.4/Summer 2021 10 Breakthrough Technologies』を7月12日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。
  33. What being a physician taught one astronaut about living in space
    ISSで200日過ごした宇宙飛行士が医師として宇宙で学んだこと
    カナダの宇宙飛行士であるデイビット・セイント・ジャックスは、エンジニア、天体物理学者、医師という異なるキャリアの道を歩んできた。そのすべてが宇宙飛行士としての任務を達成するのに役立ったという。
  34. Startup Phantom Space wants to head into orbit against the grain
    宇宙の「フォード」目指す
    ファントム・スペースの
    型破りなビジネスモデル
    アリゾナ州に本拠を置くロケット打ち上げ企業のファントム・スペースは、「宇宙のヘンリー・フォード」となってロケットを量産し、年間100回の打ち上げを目指している。スペースXの創業メンバーが率いる同社は、ライドシェアのトレンドに反して成功を収めることができるか。
  35. Innovation in the space business
    「X-NIHONBASHI」が地上で育む
    宇宙ビジネスのイノベーション
    宇宙ビジネスの一大拠点が、東京の中心エリア、日本橋に形作られようとしている。主導するのは、三井不動産が展開する宇宙関連領域におけるビジネス活性化促進プロジェクト「X-NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」だ。拠点づくりを進め、集まる多彩なプレーヤーと協業しながら、宇宙ビジネスにおけるイノベーション創出を目指す取り組みについて、同社の川瀬康司氏に話を伺った。
  36. How technology might finally start telling farmers things they didn't already know
    大穀倉地帯からはずれた「米国のサラダボウル」と呼ばれるサリナスは、レタスやカリフラワーといった野菜の栽培が盛んな地域だ。天候や病気などの不確定要素が多く、激しく変動する価格の影響を受ける農家に対して、テック企業は機械学習やリモートセンシングなどの「アグテック」を売り込んでいる。テック企業の売り込みは役に立たないと一蹴する農家もいるが、アグテックは最終的に農家に役に立つ情報をもたらせるのか。
  37. Venus doesn’t have enough water in its clouds to sustain life
    金星の雲、生命維持には水が足りない? 期待裏切る新研究
    金星に生命体が存在する可能性はあるのだろうか。「水分活性」の観点から金星の雲における生物の居住可能性について調べた新たな研究論文によると、木星の雲のほうがまだ、生物の居住に適しているという。
  38. Radio waves from Earth have reached dozens of stars
    地球はもう、宇宙人に見つかっているかもしれない=新研究
    コーネル大学の研究者らが、約1700の恒星が地球上の生命体を発見可能な位置にあり、そのうち7つは生命が居住可能かもしれない惑星を持っているとする研究結果を発表した。そこには、私たちが地球外生命体を探しているのと同様に、私たちを探している知的生命体が存在するかもしれない。
  39. How astronauts deal with the boring parts of being in space
    ありふれた作業が難しい、NASA元宇宙飛行士のアドバイス
    将来、民間人が宇宙旅行をする機会は増えていくだろう。宇宙に行く前にどんな訓練をすべきか、NASAの元宇宙飛行士がアドバイスした。
  40. Scientists might have spotted tectonic activity inside Venus
    金星で地殻活動が継続か=新研究
    マゼラン探査機による30年前の観測記録を新たに分析した研究者らは、金星で地球と異なるタイプの地殻活動が起こっている可能性があると発表した。2020年代に打ち上げ予定の3つの金星探査ミッションで、さらなる証拠が見つかるかもしれない。
  41. Why people still starve in an age of abundance
    テクノロジーの進歩はなぜ飢餓を根絶できないのか?
    食料供給システムは近代世界で最も優れたテクノロジーの成功物語の1つとなっている。農業の生産性は何倍にも向上し、サプライチェーンでも驚異的な革新が起きている。にもかかわらず、なぜ飢餓の問題は解決できないのか。
  42. The best places to find extraterrestrial life in our solar system, ranked
    宇宙記者が選ぶ、太陽系で地球外生命体が見つかりそうな場所10選
    広大な宇宙で生命体が居住している天体は地球だけであり、人類は孤独な存在なのだろうか。太陽系内で生命の痕跡が見つかる可能性の高そうな場所を10カ所、存在した場合の発見のしやすさを考え合わせて順位付けした。
  43. From the archives
    食の技術革新は人類に利益をもたらすか?MITTRの誌面から
    この進歩は私たちにとって利益以上に害になるのではないか?——新たな食のテクノロジーの登場は、いつも同じ疑問を生む。 過去のMITテクノロジーレビュー誌面に掲載された、食の進歩にまつわる記事を紹介しよう。
  44. In pictures: the factory where candy gets its colors
    写真で見る、鮮やかなキャンディの色ができるまで
    ニュージャージー州リンデンでIFCソリューションズが運営している工場では、キャンディーなどの食品の着色に使われる色が作られている。
  45. The coming productivity boom
    米国の労働生産性が転換点、20年ぶりの上昇気流がやってきた
    米国労働統計局は、2021年第1四半期の米国の労働生産性が5.4%上昇したと発表した。この伸びは一時的なものではなく、今後の好景気の到来を告げるものだと考えられる。スタンフォード大学デジタルエコノミーラボ所長による特別寄稿。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る