KADOKAWA Technology Review
×

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. Here’s how just four satellites could provide worldwide internet
    わずか4基で世界中のネット接続をカバー、巨大衛星群不要の新提案
    インターネット接続サービスを世界規模で提供するために数万基の人工衛星で構成するメガコンステレーションを打ち上げようとする動きが盛んになっている。しかし、高軌道衛星を使用すれば、はるかに少ない数でグローバルな範囲をカバーするサービスを提供できるとする研究が発表された。
  2. 潮汐力は重力波の一種=南アフリカ研究チームの新論文
    2016年に物理学者は初めて、2つのブラックホールの衝突によって発生したとみられる重力波を検出した。だが、南アフリカの研究者によると、ありふれた現象である潮汐力も重力波の数学的な特徴を備えているという。
  3. 人口高齢化は日本だけの課題ではない。高齢化が押し寄せる「シルバー・ツナミ」が世界経済を破綻させ、人々の生活を惨めなものにするという脅しに対して、私たちはどのような準備をすべきなのだろうか。
  4. 読者からの質問:等加速度運動で重力を作り出せますか?
    宇宙船が1g(重力加速度)で等加速度運動をする場合、宇宙船の中にいる人間は、地球に居るのと同じような生活ができるのだろうか?
  5. 1970年代に打ち上げられた探査機「パイオニア」と「ボイジャー」の合計4機はすでに太陽系を離脱し、恒星間空間に向かって長い旅路についている。これらの探査機が今後いつ、太陽以外の恒星に接近遭遇するのか、天の川銀河の最新3Dマップを用いて予測した研究結果が発表された。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. SpaceX will test making Starlink satellites less shiny to appease angry astronomers
    スペースXが衛星に新塗装、天文観測への影響を回避できるか?
    大量の人工衛星の打ち上げを進めているスペースX(SpaceX)に対して、天文学者たちから苦情が寄せられている。スペースXは光の反射を抑えるために新しいコーティングを採用した衛星で対応したい考えだ。
  2. A star called Betelgeuse might be ready to explode into a giant supernova
    オリオン座のベテルギウスが急速に減光、超新星爆発の兆候か
    「冬の大三角形」の一角を占める一等星のベテルギウスが、昨年10月から約2.5倍も暗くなっていることが観測された。超新星爆発(スーパーノバ)を起こす恒星は、その寿命の最後に温度が下がり、膨張することが分かっているため、ベテルギウスは間もなく超新星爆発を起こすのではないかと考えられている。
  3. The seven most exciting space missions of 2020
    アルテミスから嫦娥5号まで
    2020年に注目の
    宇宙プロジェクト7つ
    2020年は宇宙関係者にとって2019年に負けず劣らず忙しい年になりそうだ。MITテクノロジーレビューが2020年に注目する7つのミッション/プロジェクトを紹介しよう。
  4. We’ve detected the most powerful gamma-ray bursts on record
    観測史上最も強力なガンマ線バースト、発生源は45億光年彼方
    かつて想像もしなかったほど強力なガンマ線バーストが観測された。これらのガンマ線バーストはそれぞれ、45億光年および60億光年の彼方に発生源があると考えられ、何十億年も前に宇宙の彼方で何が起こっていたのか、より明らかにするのに役立つだろう。
  5. The five biggest space failures of 2019
    2019年に「大失敗」した宇宙プロジェクト5つ
    中国の人類初の月裏側への宇宙船着陸から、日本の「はやぶさ2号」の小惑星リュウグウでの快挙まで、2019年には宇宙に関して数々の輝かしい成果があった。しかし一方で、大きな失敗もあった。この記事では、宇宙関連で2019年に起こった大失敗を5つ、紹介しよう。
  6. Future of Society Conference 2019 Event Report #1
    人工衛星をIoTのノードの1つに——Tellusが変える「地球」ビジネス
    「宇宙」はまだ多くの企業にとって遠い存在だと思うかもしれない。だが、2019年2月にサービスが始まった「Tellus」は、人工衛星から集めた膨大なデータを使い、地球上の既存のビジネスに新しい価値をもたらすプラットフォームだ。
  7. Future of Society Conference 2019 Event Report #2
    国産小型ロケット「イプシロン」は宇宙ビジネス時代をどう戦うか?
    世界的に人工衛星の打ち上げ需要が拡大する中、国産小型ロケット「イプシロン」はどう需要を取り込んでいくのか。IHIエアロスペースの湊部長がイプシロンの優位性と戦略を語った。
  8. Do satellite mega-constellations really have to be so big?
    人工衛星「数」競争、大量の打ち上げは本当に必要か?
    スペースXはインターネット・サービスを提供するために1万基以上の人工衛星の打ち上げを計画している。ワンウェブなど複数の企業がネット衛星を計画する中、大量の衛星打ち上げは必要なのだろうか?
  9. How a tabletop experiment could test the bedrock of reality
    素粒子物理学における「弦理論の父」と呼ばれるスタンフォード大学のレナード・サスキンド博士らが、重力と時空の量子的性質の解明に役立つ可能性のある思考実験を提唱し、研究室における量子重力の実験の実行可能性について考察した。
  10. Does tapping the bottom of a beer can really stop it fizzing over?
    缶ビールを叩くと泡が噴出しないとの噂は本当?1000缶で試した結果
    缶ビールを振ってしまい、蓋を開けたときに中身を噴出させてしまった経験はないだろうか。デンマークの研究者たちが、「ビールの缶を振っても、蓋を開ける前に缶を軽くたたけば泡の噴出を防げる」とする「タッピング理論」の真偽を、1000本の缶ビールを使った試験で確認した。
  11. How does time dilation affect aging during high-speed space travel?
    読者からの質問:高速の宇宙旅行で老化は遅れますか?
    高速で宇宙旅行をする人は、地球に留まっている人よりも年を取るのが遅いと聞きましたが、どの程度の違いがあるのですか?
  12. Astronauts will soon get to light a fire onboard the ISS
    国際宇宙ステーション(ISS)では、おびただしい数の風変わりな実験が実施されており、ここ数週間以内には、微小重力環境下で火がどのように燃えるかを調べる実験が予定されている。宇宙船内で火災が発生した際の燃え広がり方を予測することのほか、地球上で火災の拡大を防ぐために建物をどう設計すべきかの洞察が得ることが目的だ。
  13. There has never been a better time to start a small space agency
    かつて宇宙開発は、大国が国の威信をかけて取り組む、国家規模のプロジェクトだった。しかし、昨今の人工衛星の小型化・高性能化や打ち上げコストの低下により、これまで宇宙開発とは縁のなかった小国を含む多くの国々が、ビジネス・チャンスを求めて独自の宇宙機関を立ち上げ、成長する宇宙経済に食い込もうとしている。
  14. Is it safe to build a space elevator with so much junk in orbit?
    読者からの質問:宇宙まで行けるエレベーターは作れますか?
    地球の大気圏外の周回軌道まで直接行けるような「宇宙エレベーター」は作れるのだろうか。
  15. How to turn the complex mathematics of vector calculus into simple pictures
    若き日のリチャード・P・ファインマンが提唱した図式表記法「ファインマンダイアグラム」は、素粒子物理学に大変革をもたらした。同じような変革をベクトル解析にもたらす可能性のある図式表記法を、ソウル大学の研究者らが提唱している。
  16. Can Earth’s gravity really be affected by changes in the seasons?
    読者からの質問:地球の重力場には季節変動がありますか?
    軌道を周回している人工衛星に地球が及ぼす重力は、その人工衛星が通過する水域の質量の季節的および気候学的な変化に応じて変化するというのは本当だろうか。
  17. A falling rocket booster just completely flattened a building in China
    ロケットのブースターが中国農村部に落下、民家に被害
    中国では、ロケット打ち上げの際に、部品や破片が地上に落下して住民たちに被害をもたらす事故が幾度となく起こっている。こうした問題は決して新しいものではないが、宇宙産業が急速に成長している現在、各国は改めて対策を講じる必要がある。
  18. Can SpaceX and Blue Origin best a decades-old Russian rocket engine design?
    2000年から長きにわたって、軍事衛星やスパイ衛星の打ち上げをはじめとする米国の宇宙開発を支えてきた大型ロケットエンジン「RD-180」は、実はロシア製だ。しかし、最近になりようやく、米国製のロケットエンジンがRD-180に取って代わろうとしている。
  19. Listen to the sound of Earth’s magnetic field as it’s pummeled by a solar storm
    太陽嵐が地球磁場にぶつかる「音」、ESAが公開
    欧州宇宙機関(ESA)は、太陽嵐が地球の磁場と衝突した際に生まれる振動の録音を公開した。この奇妙な新しい音は、太陽嵐が地球の磁場と相互作用するプロセスの複雑性を浮き彫りにしており、今後の宇宙天気による脅威を予測する方法を見直す必要があるかもしれない。
  20. The landing site for NASA’s Mars 2020 rover might be home to fossilized life
    生命の痕跡見つかるか? マーズ2020着陸地に化石の可能性
    2020年に打ち上げ予定の米国航空宇宙局(NASA)の火星探査ミッション「マーズ2020」の探査機の着陸予定地に、古代の生命の痕跡を保存するのに適した鉱物が存在することが分かった。これらの鉱物を現地で分析したり、試料として持ち帰ったりすることで、古代の火星に生命が存在したかどうかが分かるかもしれない。
  21. Why space business has been attracting attention?
    宇宙ビジネスが注目される理由——異業種参入の背景と世界動向を知る
    「宇宙ビジネス」がいま注目される背景には何があるのか?大きく変わろうとしている世界の宇宙産業の動向を解説する。
  22. How to fight a war in space (and get away with it)
    「宇宙戦争」の始め方——
    人工衛星軌道上の危ない現実
    社会的インフラや軍の行動が軌道上の人工衛星に大きく頼っている現在、それらが攻撃されれば大混乱を引き起こしかねず、戦争行為とみなされるかもしれない。多くの人々は、そうした宇宙戦争が未来に起こったら大変なことになるだろうと考えているが、人工衛星への攻撃はすでに始まっている可能性がある。
  23. A natural biomolecule has been measured acting in a quantum wave for the first time
    量子力学では、すべての物質は波と粒子の両方の性質を備えるが、巨視的な物質では波としての性質を測定することは難しい。ウィーン大学の研究者らは、生体分子が示す波としての性質を実証する自己干渉パターンの測定に初めて成功した。この実証実験は量子生物学の新時代に道を開くものとなるだろう。
  24. Future of Society Conference 2019
    キヤノン電子・酒巻社長がFSC2019に登壇、「総合宇宙企業」への挑戦語る
    MITテクノロジーレビュー[日本版]が11月29日に開催するテクノロジー・カンファレンス・イベント「Future of Society Conference 2019—宇宙ビジネスの時代—」に、キヤノン電子 代表取締役社長の酒巻 久氏の基調講演が決定した。
  25. Will the universe’s expansion mean planets no longer orbit stars?
    読者からの質問:宇宙が膨張したら重力が機能しなくなりますか?
    宇宙が膨張を続けているのなら、やがては天体間の距離が引き離されて重力が機能しなくなってしまい、たとえば、惑星が星の周りを公転しなくなる可能性はないのだろうか。
  26. Why America isn’t equipped for the new rules of war
    空母や戦闘機のような従来型の兵器に多額の予算を投じるのは誤りだ——。元空挺兵でもある国防大学の教授は「戦争の新しいルール」を説く。
  27. A neural net solves the three-body problem 100 million times faster
    重力を及ぼし合う3つの物体の動きを正確に予測することは、昔も今も、解決困難な問題の一つだ。エディンバラ大学の研究者たちは、機械学習を利用することで、最先端のシミュレーションで得られる解とほぼ一致する解を、最大1億倍も速いスピードで導き出せることを示した。
  28. “The West is divided. This is the worst of all worlds.”
    元NATO軍司令官が語る
    「戦争」と「テクノロジー」
    元NATO軍司令官でもある英国のデービッド・リチャーズ将軍は現在の核拡散をめぐる世界の状況やテクノロジーの進化をどう捉えているのか?
  29. Five things we’ve learned since Voyager 2 left the solar system
    ボイジャー2号が太陽圏離脱
    有終の美を飾る5つの成果
    米航空宇宙局(NASA)の無人探査機「ボイジャー2号」は2018年11月に、太陽圏を離脱し、恒星間空間に入った史上2番目の人工物となった。2019年11月3日にネイチャー・アストロノミー誌に掲載されたボイジャー2号の成果を記した一群の論文から、重要なポイントを5つ紹介する。
  30. NASA will use a robot to listen out for danger on the ISS
    NASAとボッシュは、国際宇宙ステーション(ISS)内で発生した危険の兆候を検出するために、マイク一式を搭載した音響監視システムを開発した。ISS内を飛び回って宇宙飛行士の作業を支援する自律型小型ロボットに搭載し、気になる異音がないか耳をそばだてる。
  31. 16 million Americans will vote on hackable paperless machines
    2020米大統領選
    脱「ペーパーレス」加速も
    残るセキュリティ不安
    2020年の米大統領選に向けたセキュリティ対策の焦点の1つが、「脱ペーパーレス」だ。投票結果を改ざんできる可能性があるとして、メーカー最大手はペーパーレス投票機の販売を中止。だが、ペーパーレス投票機を使い続ける州も多く残る。
  32. SpaceX just filed a request to run 30,000 more Starlink satellites in orbit
    スペースX、3万基追加申請
    大量の衛星打ち上げ、なぜ?
    スペースXが人工衛星3万基分の周波数割り当てを申請した。計画が実現すれば合計4万基あまりものおよぶメガコンステレーション(衛星群)を低軌道へ投入することになるが、その目的ははっきりしない。
  33. Are there any realistic spaceflight technologies from Star Wars?
    読者からの質問:「スター・ウォーズ」の技術は実現しますか?
    映画「スター・ウォーズ」には、はるか彼方の銀河系で発明されたさまざまな技術が登場する。実現する可能性が高そうなものはあるだろうか?
  34. A brief history of the US Navy’s dolphins
    最高性能のソナーをしのぐ、「軍用イルカ」の知られざる歴史
    米海軍が50年以上に開始した海洋哺乳類プログラムでは、イルカの並外れた反響定位能力を利用して、海中の危険物を除去する活動をしている。イルカが効率よく、正確に機雷を発見する能力は、世界最高性能のソナーシステムをはるかにに凌駕しており、イラク戦争における機雷除去でも大きな成果をあげた。
  35. Google contract workers voted to unionize. The law may make next steps tricky.
    グーグルの業務委託者が労組加盟、「制度の壁」破れるか
    グーグルを支える業務委託の技術者たちが、正社員と同等の待遇を求めている。一部の業務委託者は労働組合への参加を決めたが、現在の米国の法制度では組合への参加を理由に契約の解除も可能だという。
  36. Why explosives detectors still can’t beat a dog’s nose
    トランプ大統領が過激派組織「イスラム国」(IS)の指導者殺害で言及した軍用犬をはじめとして、米軍には多くの軍用犬がいる。科学者は長い間、犬の鼻よりも優れた装置を作成しようと試みてきたが、犬は現在も、微量の化学物質を検出するに当たって、電子式の装置よりもはるかに有用だ。
  37. Can we use powerful lights to propel spacecraft at the speed of light?
    読者からの質問:強力な光を使えば光速で宇宙旅行できますか?
    強力な光源を宇宙船に搭載して後方に向けて光を照射すれば、その反作用により、宇宙船を光速で前進させられないだろうか?
  38. Ever wondered why your wine is weeping? Blame shock waves.
    グラスの内側をワインの雫が滴り落ちる神秘現象「ワインの涙」は多くの科学者の関心を惹き付けてきた。カリフォルニア大学の研究チームは、ワインの涙は衝撃波によって作られるとの仮説を発表した。
  39. Is there anything we can do to tackle space debris?
    読者からの質問:増え続ける「宇宙ゴミ」の解決策はありますか?
    地球の周回軌道上には、たくさんのスペース・デブリ(宇宙ゴミ)が存在し、その多くは追跡・監視されていない。何らかの対処方法はあるのだろうか。
  40. Could a habitable planet orbit a supermassive black hole?
    SF映画『インターステラー』では、人類の移住先候補として、超大質量ブラックホールの周囲を公転する惑星が取り上げられたが、こうした惑星は本当に居住可能なのだろうか。NASAの科学者によると、超巨大ブラックホールは生命体の足がかりとなり得る様々なエネルギー源を提供するが、その近くに居住可能な環境が存在することは難しいという。
  41. How the asteroid-mining bubble burst
    7年前、小惑星資源採掘ブームの火付け役となった2つのスタートアップ企業はいまや存在しない。宇宙産業における「ゴールドラッシュ」ともてはやされたバブルの崩壊は、何を残したのだろうか。
  42. Soon, satellites will be able to watch you everywhere all the time
    商用の人工衛星画像の解像度は年々向上し、撮影頻度も増加している。米国の規則では商業衛星によって撮影された画像の地上解像度を25センチメートルに制限して匿名性を確保しているが、いずれどこにいても四六時中人工衛星に監視される日がやってくるかもしれない。
  43. Virgin Orbit says it wants to send tiny spacecraft to Mars in 2022
    ヴァージンが民間初の火星無人ミッション、空中発射で2022年にも
    米国の人工衛星企業であるバージン・オービット(Virgin Orbit)は、火星に向かう3つのミッションを発表した。計画通りに事が運べば、バージン・オービットは火星に向かう初の営利企業となる。
  44. Rocket ride-shares could make going to space like catching a bus
    ロケットの「相乗り」で
    宇宙はもっと近くなる
    複数の積載物をロケットに相乗りさせる「ライドシェア」による人工衛星打ち上げが、宇宙産業を大きく変えようとしている。小型人工衛星を地球周回軌道に乗せることが、従来よりもはるかに安価で容易になることに加えて、小型人工衛星では到達不可能だった静止軌道に投入することも可能になるからだ。
  45. Three threats posed by deepfakes that technology won’t solve
    ディープフェイクがより巧妙化する中、企業は検知テクノロジーの開発を急いでいる。しかし、社会や法律による解決策なしに、その潜在的な被害をなくしていくことはほとんど不可能だ。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る