KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. Why NASA should visit Pluto again
    新たな冥王星探査ミッション候補「ペルセポネ」が重要な理由
    米国の科学者チームは、新たな冥王星探査ミッションである「ペルセポネ」をNASAに提案している。目標は、前回のニュー・ホライズンズの調査で上がった太陽系形成に関する疑問と、有機物がかつて地球の外で存在していたのかという疑問に取り組むことだ。
  2. アマゾン創業者も宇宙へ、ブルーオリジンが商業宇宙旅行に成功
    アマゾンの創業者であるジェフ・ベゾスは7月20日、自身が所有する企業ブルーオリジンのロケットに乗り込んで宇宙旅行を成功させた。その10日前にはヴァージン・ギャラクティックの創業者が宇宙に到達しており、両社のフライトは宇宙旅行の未来に大きな足跡を刻んだ。
  3. NASAが被曝線量制限の緩和を検討、女性宇宙飛行士の機会開く
    全米アカデミーがNASAに提出した報告書は、宇宙飛行士の放射線被曝線量の新基準を提案している。背景には、NASAの月や火星への新しいミッションに、女性飛行士を参加させたいという強い願いがある。
  4. MITテクノロジーレビュー編集長に元バズフィードSF支局長が就任
    122年の歴史を持つMITテクノロジーレビューの新編集長が発表された。バズフィードで受賞歴のあるデジタル報道チームを構築・運営してきた実績を持つマット・ホーナンが就任する。
  5. ベンチャー起業家、投資家が語った宇宙ビジネスの課題と未来
    日本航空宇宙学会宇宙ビジネス共創委員会主催のシンポジウムにインターステラテクノロジズの稲川貴大代表、アクセルスペースの宮下直己CTOらが登壇。宇宙ビジネスを拡大する上での課題や可能性を議論した。

ビジネス・インパクトの記事一覧

  1. Quasi-Zenith Satellite lead Japan's way to hyper-accurate positioning
    準天頂衛星「みちびき」が導く「超高精度測位」日本の流儀
    現在、軌道上には測位衛星が140機ほど飛んでいる。「GNSS」と総称されるこのシステムは、受信端末の普及と実装が世界中で加速している。その半数がアジア太平洋地域となり、そこには巨大衛星網を抱える中国と、地域型で小規模ながらも無償の精密測位を提供しプレゼンスを築く日本がいる。
  2. New research maps the boundary of Earth’s heliosphere
    太陽圏の境界示す三次元地図、IBEXのデータから作成
    太陽圏観測衛星「IBEX」のデータを使用して新たに作成された、太陽圏の三次元全体地図が発表された。太陽圏は、宇宙から飛来する有害な放射線から地球を保護するシールドの役割を果たしており、その構造を博することは実用目的にも役立つ。
  3. Richard Branson just flew to the edge of space. Here’s what it means for space travel.
    ヴァージン創業者の初飛行が開く、宇宙旅行時代の扉
    ヴァージンの創業者であるリチャード・ブランソンは、ヴァージン・ギャラクティックの宇宙飛行機に搭乗し、自身初の宇宙飛行をした。宇宙への一番乗りを目指す億万長者たちの競争は子どもじみているが、商業宇宙旅行の幕開けとなるかもしれない。
  4. The 10 Breakthrough Technologies has now arrived
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.4刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.4/Summer 2021 10 Breakthrough Technologies』を7月12日に発売した。今号の狙いと主な内容を紹介する。
  5. What being a physician taught one astronaut about living in space
    ISSで200日過ごした宇宙飛行士が医師として宇宙で学んだこと
    カナダの宇宙飛行士であるデイビット・セイント・ジャックスは、エンジニア、天体物理学者、医師という異なるキャリアの道を歩んできた。そのすべてが宇宙飛行士としての任務を達成するのに役立ったという。
  6. Startup Phantom Space wants to head into orbit against the grain
    宇宙の「フォード」目指す
    ファントム・スペースの
    型破りなビジネスモデル
    アリゾナ州に本拠を置くロケット打ち上げ企業のファントム・スペースは、「宇宙のヘンリー・フォード」となってロケットを量産し、年間100回の打ち上げを目指している。スペースXの創業メンバーが率いる同社は、ライドシェアのトレンドに反して成功を収めることができるか。
  7. Innovation in the space business
    「X-NIHONBASHI」が地上で育む
    宇宙ビジネスのイノベーション
    宇宙ビジネスの一大拠点が、東京の中心エリア、日本橋に形作られようとしている。主導するのは、三井不動産が展開する宇宙関連領域におけるビジネス活性化促進プロジェクト「X-NIHONBASHI(クロス・ニホンバシ)」だ。拠点づくりを進め、集まる多彩なプレーヤーと協業しながら、宇宙ビジネスにおけるイノベーション創出を目指す取り組みについて、同社の川瀬康司氏に話を伺った。
  8. How technology might finally start telling farmers things they didn't already know
    大穀倉地帯からはずれた「米国のサラダボウル」と呼ばれるサリナスは、レタスやカリフラワーといった野菜の栽培が盛んな地域だ。天候や病気などの不確定要素が多く、激しく変動する価格の影響を受ける農家に対して、テック企業は機械学習やリモートセンシングなどの「アグテック」を売り込んでいる。テック企業の売り込みは役に立たないと一蹴する農家もいるが、アグテックは最終的に農家に役に立つ情報をもたらせるのか。
  9. Venus doesn’t have enough water in its clouds to sustain life
    金星の雲、生命維持には水が足りない? 期待裏切る新研究
    金星に生命体が存在する可能性はあるのだろうか。「水分活性」の観点から金星の雲における生物の居住可能性について調べた新たな研究論文によると、木星の雲のほうがまだ、生物の居住に適しているという。
  10. Radio waves from Earth have reached dozens of stars
    地球はもう、宇宙人に見つかっているかもしれない=新研究
    コーネル大学の研究者らが、約1700の恒星が地球上の生命体を発見可能な位置にあり、そのうち7つは生命が居住可能かもしれない惑星を持っているとする研究結果を発表した。そこには、私たちが地球外生命体を探しているのと同様に、私たちを探している知的生命体が存在するかもしれない。
  11. How astronauts deal with the boring parts of being in space
    ありふれた作業が難しい、NASA元宇宙飛行士のアドバイス
    将来、民間人が宇宙旅行をする機会は増えていくだろう。宇宙に行く前にどんな訓練をすべきか、NASAの元宇宙飛行士がアドバイスした。
  12. Scientists might have spotted tectonic activity inside Venus
    金星で地殻活動が継続か=新研究
    マゼラン探査機による30年前の観測記録を新たに分析した研究者らは、金星で地球と異なるタイプの地殻活動が起こっている可能性があると発表した。2020年代に打ち上げ予定の3つの金星探査ミッションで、さらなる証拠が見つかるかもしれない。
  13. Why people still starve in an age of abundance
    テクノロジーの進歩はなぜ飢餓を根絶できないのか?
    食料供給システムは近代世界で最も優れたテクノロジーの成功物語の1つとなっている。農業の生産性は何倍にも向上し、サプライチェーンでも驚異的な革新が起きている。にもかかわらず、なぜ飢餓の問題は解決できないのか。
  14. The best places to find extraterrestrial life in our solar system, ranked
    宇宙記者が選ぶ、太陽系で地球外生命体が見つかりそうな場所10選
    広大な宇宙で生命体が居住している天体は地球だけであり、人類は孤独な存在なのだろうか。太陽系内で生命の痕跡が見つかる可能性の高そうな場所を10カ所、存在した場合の発見のしやすさを考え合わせて順位付けした。
  15. From the archives
    食の技術革新は人類に利益をもたらすか?MITTRの誌面から
    この進歩は私たちにとって利益以上に害になるのではないか?——新たな食のテクノロジーの登場は、いつも同じ疑問を生む。 過去のMITテクノロジーレビュー誌面に掲載された、食の進歩にまつわる記事を紹介しよう。
  16. In pictures: the factory where candy gets its colors
    写真で見る、鮮やかなキャンディの色ができるまで
    ニュージャージー州リンデンでIFCソリューションズが運営している工場では、キャンディーなどの食品の着色に使われる色が作られている。
  17. The coming productivity boom
    米国の労働生産性が転換点、20年ぶりの上昇気流がやってきた
    米国労働統計局は、2021年第1四半期の米国の労働生産性が5.4%上昇したと発表した。この伸びは一時的なものではなく、今後の好景気の到来を告げるものだと考えられる。スタンフォード大学デジタルエコノミーラボ所長による特別寄稿。
  18. The next Venus missions will tell us about habitable worlds elsewhere
    金星探査の次期ミッションが示唆する太陽系外惑星の居住可能性
    30年ぶりの金星探査ミッションとしてNASAが採択した「ダヴィンチ・プラス」と「ヴェリタス」は、金星にかつて水が存在したかどうかを調査することで、太陽系外惑星における生命の居住可能性について新たな知見をもたらしてくれる可能性がある。
  19. This is the first new close-up picture of Jupiter's moon Ganymede in more than 20 years
    NASA探査機が20年ぶりに最接近した「ガニメデ」最新画像
    NASAのジュノー探査機は6月7日、木星最大の衛星であるガニメデの近傍を通過し、これまでで最も近い距離から同衛星を撮影した高解像度の画像を送ってきた。ガニメデに探査機が接近するのは、2000年のガリレオ探査機以来、約20年ぶりだ。
  20. NASA is ending its 30-year Venus drought with two new missions
    NASAが2つの金星探査ミッションを採択、30年の冷遇に終止符
    NASAは6月2日、2件の金星探査ミッションを新たに採択したと発表した。2件のミッションをほぼ同時期に実施することで、金星が現在のような過酷な環境になった経緯と理由が明確になることが期待される。
  21. The most detailed dark matter map of our universe is weirdly smooth
    宇宙の暗黒物質の詳細マップ公開で、予想外の問題が浮上
    国際プロジェクト「ダークエネルギー・サーベイ(DES)」が、宇宙の暗黒物資の分布を詳細に表した最新マップを公開した。今回の結果は、ビッグバンを起源とする「標準的宇宙論モデル」と概ね整合性が取れたものであるが、予想外の問題もいくつか浮かび上がってきた。
  22. Covid killed UBI; Long live guaranteed income
    自動化やAIにより雇用喪失を招いたとして批判されているテック業界の億万長者たちが主張する「ユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)」の概念は、新型コロナのパンデミックを経て、経済的および人種的な不平等を是正するための「保証所得」へと重点がシフトしてきている。
  23. The US worried about vaccine tourists. Now it’s encouraging them.
    需給逆転で外国人「歓迎」、
    米でワクチン観光活況の兆し
    新型コロナワクチンの供給が需要を上回っている米国では、ワクチン接種が受けられることをうたって観光客を呼び込もうとする「ワクチン観光」に乗り出す州が増えつつある。しかし、こうした取り組みは、公衆衛生面でも倫理面でも大きな問題がある。
  24. Virgin Galactic's SpaceShipTwo has flown to the edge of space
    ヴァージンが2年ぶり、3度目の有人飛行に成功 「年400便」へ前進
    ヴァージン・ギャラクティックが2019年2月以来、人類を宇宙との境界まで送り込むことに成功した。2021年はヴァージン・ギャラクティックにとって年間400便の商用宇宙飛行実現を目指す、勝負の年になる。
  25. Politics and the pandemic have changed how we imagine cities
    SF小説で描かれる未来都市はどう変わったか
    SF小説では実在する有名都市を下敷きにして新たな都市を描くことが多い。想像上の都市は、パンデミックや政治体制の変更といった社会的な影響を受けてどう変化してきたのか。
  26. How space weather could wreck NASA’s return to the moon
    アルテミス計画に黄信号、延期なら「宇宙天気現象」のリスク
    宇宙飛行士を再び月に送り込むNASAの「アルテミス計画」は、2020年代後半にずれ込む可能性が高まっている。だが、英レディング大学の新しい研究によると、2020年代後半は異常な太陽嵐が起きるリスクが高いという。
  27. China has landed a rover on Mars for the first time—here's what happens next
    中国の探査車が火星着陸に成功 宇宙大国としての地位を確立
    中国の火星探査車「祝融」が火星表面への着陸に成功した。火星へ探査車を送り込むのに成功したのは米国に続く2番目であり、中国が世界有数の宇宙開発国であることが実証された。
  28. How will Japanese companies take on the space debris problem?
    日本企業はスペースデブリ問題にどう取り組むか?キープレイヤーが議論
    大量の人工衛星の打ち上げなど、宇宙利用が加速するにつれて、スペースデブリ(宇宙ゴミ)に対する懸念が高まっている。日本企業はこの問題にどう取り組むのか。関係各社が議論した。
  29. Can “democracy dollars” keep real dollars out of politics?
    シアトルが導入した「民主主義クーポン」で金権選挙は変えられるか
    有権者の半数以上は、米国の政治システムはお金と権力を持つ人のためだけに動いていると考えている。シアトルが導入した「デモクラシー・バウチャー」制度は、金権選挙を変えるのに役立つかもしれない。
  30. How to build freestanding public restrooms that are clean and safe
    自動丸洗い機能も付いた、世界のハイテク公衆トイレ
    オレゴン州ポートランドとカナダのモントリオールの最新式の公衆トイレは、より清潔で安全にするためにさまざまな工夫が取り入れられている。
  31. Five bridges that show how technology is changing
    テクノロジーの進歩を示す最新スペックの「橋」5選
    都市をつなぐ「橋」はずっと姿を変えていないように見える。だが、テクノロジーや建設手法の進歩によって、安全性や耐久性は高まり、寿命も延びている。
  32. A Chinese rocket is falling back to Earth—but we don't know where it will land
    長征5号コアブースター、9日に大気圏再突入か 中国の姿勢に批判
    中国が4月29日に打ち上げた長征5号のコアブースターが制御不能な状態で宇宙に放置されており、日本時間で5月9日に大気圏に再突入することが予測されている。地表に落下する時間帯や場所を正確に予測することは難しく、大惨事が起こる可能性も否定できないため、中国の無責任な行動に世界中が神経をとがらせている。
  33. How technology helped archaeologists dig deeper
    最近のテクノロジーの進歩は、都市に対するこれまでの一般通念を覆すようなさまざまな発見をもたらした。私たちは今や、古代都市がどのように作られ、そこに住む人々がどんな暮らしをしていたかについて、より深く、より正確に理解できるようになっている。
  34. What’s bigger than a megacity? China’s planned city clusters
    都市化が急速に進む中国では、政府が中心となって、複数の巨大都市群を計画的に構築していこうとしている。ひとつの都市群に1億人が住み、地域内で経済的にも生態的にも政治的にも協力し合うことで、効率的かつ持続的な経済成長を実現しようという考えだ。
  35. What India needs to get through its covid crisis
    主張:死者連日3000人越え「インドの危機」脱するために必要なこと
    新型コロナの第2波に襲われているインドでは、5月中旬までに1日あたりの死者は1万2000人を超え、8月までの死者は合計100万人に迫ると予測されている。新型コロナに対する政治家たちの時期尚早な勝利宣言で対策が緩和されたうえ、大量のワクチンを国内需要に回さずに輸出してきたことが被害を悪化させている。
  36. Here’s what China wants from its next space station
    ついに始まった中国の宇宙ステーション建造、その狙いは?
    中国は4月29日、宇宙ステーション構築のための最初のモジュールである「天和」の打ち上げに成功した、中国が2022年末までの運用開始を目指す「中国宇宙ステーション」は、科学や地政学の見地から意味があることはもちろんだが、国内外に向けて威信を示すことに最たる狙いがあるようだ。
  37. What progress means
    エディターズ・レター:「進歩」とは何を意味するのか?
    新型コロナのパンデミックが続く中、恒例の「ブレークスルー・テクノロジー10」の2021年版を発表するにあたって考えたのは、「進歩とは何か?」をより深く考えてみる必要があるのではないか、ということだ。米国版編集長からのエディターズ・レター。
  38. Are you ready to be a techno-optimist again?
    MITテクノロジーレビューは毎年、世界を変える可能性のあるブレークスルー・テクノロジーを選んで発表しているが、それらのテクノロジーは本当に私たちは進歩をもたらしているのだろうか。テクノ・オプティミズム(技術楽観主義)がピークだった2001年に選ばれたブレークスルー・テクノロジーを20年後の今、見直して、そのことを検証する。
  39. Why it’s a mistake to bet against Silicon Valley
    シリコンバレー「終わりの始まり」説は信用できるか
    ムーアの法則が終わりを迎えたとはいえ、シリコンバレーはソーシャルメディアや機械学習といった技術で「世界の技術の中心」であり続けている。しかし今のところ、機械学習に次ぐ、シリコンバレーの成長をけん引する技術は見当たらない。いよいよシリコンバレーは終わりを迎えるのか。あるいは過去に何度もあったように、思わぬ幸運が訪れるのか。
  40. 10 Breakthrough Technologies 2021
    MITTRが選ぶ、
    世界を変える
    10大テクノロジー
    テクノロジーは好むと好まざるにかかわらず、私たちの生活やビジネスを変革していく。MITテクノロジーレビューは毎年、人類の未来を垣間見せてくれるような、その年の最も重要なテクノロジーを10個選んで紹介している。最新リストを発表する。
  41. In pictures: up close with transhumanists
    身体改造に魅せられた写真家が捉えたトランスヒューマニストたち
    身体を改造する理由はそれぞれだが、トランスヒューマニストたちが持つテクノロジーが新しい生き方を解き放つという理念は共通している。今は奇妙に見える行為でも、それが人類の最新の進化の例である可能性は否定できない。
  42. Hyper-accurate positioning is rolling out worldwide
    誤差わずか数センチ、超高精度位置情報測位が世界を包囲する
    人工衛星による位置情報測位システムは、人々の生活やビジネスを大きく変えてきた。今後、私たちは数センチメートルの精度で位置情報を得られるようになるだろう。
  43. How music about space became music about drugs
    スペース・ロック——時代を駆け抜けた音楽の隆盛と衰退
    20世紀における人類最大の偉業の一つである宇宙開発と、若者文化を変革したロックは、奇しくも平行する時間軸上に存在している。この話の主役となるのは、最もわかりやすく、わかりにくい人物である、デヴィッド・ボウイだ。
  44. How a tiny media company is helping people get vaccinated
    なぜワクチン予約まで手伝うのか? NYC地元メディアの取り組み
    米国では新型コロナワクチンの接種が進んでいるが、自分で予約を取れないなどの理由によって接種できていない人たちも多く残っている。ワクチン接種の予約を手助けしているニューヨーク市の地元メディアの発行人が、活動を始めたきっかけや取り組みの中身を語った。
  45. NASA's Perseverance rover has produced pure oxygen on Mars
    NASA、火星で酸素の生成に成功
    米国航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサビアランス」に搭載された機器による実証実験で、二酸化炭素が豊富な火星の大気から酸素を抽出できることが確認された。酸素は、宇宙飛行士が呼吸するのに必要なだけでなく、ロケット燃料の重要な原料にもなる。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る