KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. Uber Paid Off Hackers To Hide Massive Data Breach ウーバー大量情報漏洩の衝撃、ずさんなセキュリティ対策が原因か
    ウーバーを襲った最新スキャンダルは、このお騒がせ企業にとって最悪のものになるかもしれない。大量の個人情報の漏えいを隠ぺいしただけではなく、ハッカーに10万ドルも払って口止め工作までしていた。しかも、ずさんなセキュリティ対策が原因の可能性が指摘されている。
  2. MITテクノロジーレビュー編集長にクオーツの創刊メンバーが就任
    米国で急成長を遂げた新興メディア「クオーツ(Quartz)」の創刊メンバーであるギデオン・リッチフィールドが、MITテクノロジーレビュー(米国版)編集長に就任する。
  3. 日本の学生は世界でどう戦うか?
    先端テック企業トップがエール
    人工知能(AI)の研究開発と実社会への展開で注目を集めるテクノロジー企業2社のトップが、学生向けにAIテクノロジーの最新動向とこれからの働き方を語った。
  4. 機械式ナノデバイスが開く、量子インターネットへの道
    量子もつれを利用した「量子通信」では、完全な秘匿性を確保して情報のやり取りができる。光ファイバーを使う量子通信システムには通信距離に数百キロという制限があるが、新たに開発された機械式ナノデバイスを利用することで、大陸規模の量子通信が可能になる見通しだ。
  5. 自動化はメガシティへの一極集中を加速する
    小都市の仕事ほど、機械に奪われやすい。MITメディアラボの研究者はこう指摘する。メガシティへの一極集中は小都市を消滅させる可能性がある。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. Quantum Computers Pose Imminent Threat to Bitcoin Security ビットコインは量子コンピュータによる攻撃に耐えられるのか?
    暗号技術を基盤とするビットコインのセキュリティは、現存する従来型コンピュータを用いた攻撃に対してはほぼ完璧と言える。しかし近い将来、強大な処理能力を持つ量子コンピュータが登場したらどうなるだろうか。シンガポール大学の研究者が、量子コンピュータによる攻撃にビットコインが耐えられるかどうかを二つの観点から調べた。
  2. This Chatbot Will Help You Sue Anyone 大企業と戦うAI弁護士、次の目標は「離婚の自動化」
    これまで、企業から被害を受けた人が訴訟を起こしても、時間がかかるだけでメリットがなかった。しかし、誰でも簡単に訴訟が起こせるAIの弁護士の登場で、企業と戦って損害を取り戻せる可能性が増えるだろう。
  3. Big Data Poses Special Risks for Children, Says UNICEF ビッグデータのリスクから子どもたちをどう守るべきか
    子どもたちにとって、ビックデータを活用したデータサイエンスには未知のリスクが隠されている。なぜなら、これから将来にわたってデータが収集され、しかもそのデータの使い道が予想できないからだ。今こそ子どもたちの権利についてきちんと議論すべきだと、ユニセフの研究者は指摘している。
  4. Quantum Breakthrough Heralds New Generation of Perfectly Secure Messaging 量子もつれを利用する「量子暗号」の新手法、中国の研究者が実証
    原理的に完全な安全性を持つ「量子暗号」はこれまで、暗号化・復号化の鍵のやり取りにのみ量子的なプロセスを利用していた。しかし、中国の精華大学の研究者が「量子もつれ」を利用して、メッセージ自体を量子的なプロセスで送信する新たな手法の実証実験に成功した。
  5. How Tweets Translate into Votes ツイッターは票につながる、オックスフォードの研究で判明
    選挙にソーシャル・メディアを活用しても、他候補を応援している有権者を自陣営に取り込めないという評論家は多い。しかし、ツイッターの選挙に及ぼす影響を測定した研究者は、それは間違いだと反論している。
  6. In These Small Cities, AI Advances Could Be Costly AIやロボットが「仕事を奪う」のは小都市から、MITメディアラボ
    人工知能(AI)やロボットによる自動化の影響は大都市のほうが受けにくいことが、MITメディアラボの最新の研究で明らかになった。一方、ルーティン・ワークが多い小都市では、今後、雇用が減少していくだろうと予測している。
  7. The 5 Smartest Companies Analyzing Your DNA MITテクノロジーレビューが注目するDNA分析の最先端企業5選
    一般消費者向け、医療向け遺伝子事業の最先端企業を、MITテクノロジーレビューが選出したスマート・カンパニー50から抜粋して紹介しよう。
  8. A Different Story from the Middle East: Entrepreneurs Building an Arab Tech Economy 熱狂するドバイ、
    アラブテック経済は
    世界を変えるか?
    世界有数の観光地として知られるドバイはいま、中東におけるスタートアップの聖地として急速に変貌を遂げている。政府によるブロックチェーンの導入、建築物への3Dプリンターの活用などが進むドバイに、若く優秀な才能が集積しているのだ。配車サービスからビットコインまで、中東のスタートアップ企業5社がなぜ成功できたのか? 米国の起業家で、投資家のクリストファー・M・シュレーダーがレポートする。
  9. This Chinese Startup Wants to Know Everything about Your Body 世界最大級ゲノム解析企業を
    作った男、次なる野望は
    究極のAIヘルステック
    世界最大級のゲノム解析企業である北京ゲノミクス研究所(BGI)の元CEOが、大量の身体データを分析して、人工知能(AI)による個別健康管理を提供するスタートアップ企業を設立した。患者たちのオンラインフォーラムを運営する企業に出資したり、イスラエルの医療IT企業を買収したりして準備を進めている。
  10. Colleges Are Marketing Drone Pilot Courses, but the Career Opportunities are Murky 米国で過熱する
    ドローン操縦士の育成
    ところで仕事はあるの?
    米国で、ドローン操縦士の養成課程を提供するコミュニティ・カレッジが増えている。米連邦航空局がドローンを商業的に操縦するには「遠隔操縦士」の資格を取得しなければならないとしたのを受けてのことだが、課程を修了したからと言って関連する仕事に就けるかどうかは不透明だ。
  11. Slack CEO: How We’ll Use AI to Reduce Information Overload スラックCEOインタビュー
    AIの導入で働き方を
    もう一度変える
    メールや電話が飛び交っていた職場にチャットという新しいコミュニケーション手段を浸透させたスラック(Slack)。コミュニケーションの活性化や生産性の向上といった効果をもたらす一方で、大量の情報がリアルタイムにやり取りされることで、集中力の低下や目的の情報が探せないといった課題も指摘されている。スラックのスチュワート・バターフィールドCEOに、今後解決しようとしている課題について聞いた。
  12. Developing a Tough, Time-Consuming Technology? This Investor Is Interested MIT発ベンチャー・キャピタルが手ごわい技術に投資する理由
    投資家は一般に、社会にとって非常に重要な分野であっても、成果を出すのに時間がかかる技術への投資は敬遠しがちだ。こうした「手ごわい」技術を手掛けるスタートアップ企業への投資に、マサチューセッツ工科大学(MIT)発のベンチャー・キャピタル・ファンドが名乗りをあげた。同社CEOに、投資にあたっての課題や投資先の最初の7社を選んだ理由を聞いた。
  13. This Year’s 35 Innovators Under the Age of 35 MITが選ぶ、2017年の
    若手イノベーター35人
    発表にあたって
    MITテクノロジーレビューは2017年版「35歳未満のイノベーター35人」を選出した。これから世界を変えていく若き発明家、開拓者、起業家、構想者、そして博愛家たちを紹介する。
  14. Why 500 Million People in China Are Talking to This AI 利用者は5億人超、謎のAI企業の音声アプリが変える中国の風景
    中国では新しいテクノロジーがものすごいスピードで日常生活に溶け込んでいく。アイフライテックが開発した音声による自然言語処理もその1つだ。音声入力アプリのユーザー数は5億人を超え、自動車や医療などの分野でも使われ始めている。
  15. The Truth about China’s Cash-for-Publication Policy ネイチャー掲載で年収20倍、中国の報奨金制度の実態が判明
    「ネイチャー」なら最高16万5000ドル、「米国科学アカデミー紀要」なら3513ドル——。論文掲載によって中国の科学者が得られる報奨金制度が調査によって明らかになった。金銭を動機とする研究について、欧米の科学者からは嫌悪と懸念の声が上がっている。
  16. Machine Vision Decodes Honeybee Waggle Dances ニューラルネットで「ミツバチのダンス」解読、大量死の謎解明へ
    マシン・ビジョンやニューラル・ネットワークでミツバチの尻振りダンスを解読する研究が進んでいる。食物供給に影響するミツバチの行動をより正確に把握できるようになりそうだ。
  17. Criminals Thought Bitcoin Was the Perfect Hiding Place, but They Thought Wrong ビットコインは「マネロンの温床」の汚名を返上できるか
    中国の規制強化、JPモルガンCEOの「詐欺」発言など、ビットコインをめぐる動きが騒がしい。一方で、資金洗浄や薬物販売といった犯罪目的でのビットコインの利用を追跡する捜査当局の動きも加速している。
  18. Giving the Dry-Erase Whiteboard a High-Tech Makeover 会議室のホワイトボードを未来化する無料Webサービス
    ビデオ会議で見づらいホワイトボードを使って議論するのはストレスだ。ホワイトボードをもっと見やすく共有できれば、会議の生産性ははるかに向上するはずだ。
  19. Secret Ultrasonic Commands Can Control Your Smartphone, Say Researchers 最新研究で判明、超音波で「スマホ乗っ取り」の恐れ
    音声による制御機能を備えた機器は基本的に、不特定多数の人の音声による命令を実行する。中国の研究チームは、超音波を用いることで、人間の耳には聞こえない命令でスマホを操作できることを実験で確認した。
  20. How Mushrooms Could Repair Our Crumbling Infrastructure 老朽インフラに希望、ひび割れを修復する魔法のマッシュルーム
    社会を支えるコンクリート製のインフラは劣化が進み、ゆっくりと崩壊しつつある。ラトガース大学の研究チームは、コンクリート上でも育つある種のマッシュルームが炭酸カルシウムの生成を促し、道路や橋の修理に役立つ可能性があることを見い出した。
  21. The Myth of the Skills Gap スキル・ギャップ神話で
    労働問題は解決しない
    米国では労働者のスキルが企業が求めるレベルに達していない「スキル・ギャップ」が労働市場における問題だと指摘する人は多い。イリノイ大学のアンドリュー・ウィーバー准教授はそうした先入観を持たずに議論することが必要だと訴える。
  22. What the Hell Is an Initial Coin Offering? VALU騒動でも注目された「ICO」とは何か?
    日本では仮想株式のバリュー(VALU)が話題だが、ICO(新規仮想通貨公開)による資金調達は世界的なブームだ。米国では詐欺の危険性が指摘され、中国ではついに当局によってICOが禁止された。だが、さまざまな問題点を抱えても、ICOは次のイノベーションにつながる可能性を秘めている。
  23. How Blockchain Is Kickstarting the Financial Lives of Refugees ブロックチェーンが変えた
    フィンランドの難民支援
    身分証明がない、銀行口座が作れない——。そんな難民の課題を、フィンランドはブロックチェーンを活用した新しいシステムで解決しようとしている。
  24. Can WeChat Thrive in the United States? 「超キャッシュレス社会」を
    制した最強の中国企業が
    世界市場を攻略できない理由
    もはや「現金はいらない」とまで言われる、急激なキャッシュレス化が進む中国。中国のスマホ決済で4割のシェアを占めるウィーチャット(WeChat)はグローバル市場を攻略しようとしているが、いまのところ大きな成功は得られていない。
  25. Femto-Spacecraft Could Travel to Alpha Centauri わずか23グラムの極小宇宙探査機は兄弟惑星にたどり着けるか
    太陽系に最も近い恒星の1つ、ケンタウルス座アルファ星系に惑星が発見され、大いに注目されている。中でも、同星系に直接、極小の宇宙探査機を送り込もうという野心的な計画は、科学的な見返りはともかく、魅力的な提案に思える。
  26. Investors Go Where Trump Won’t: To Immigrant Entrepreneurs トランプ大統領の移民規制で
    儲ける意外なビジネス
    スタートアップ企業の移民創業者を専門とするベンチャー・キャピタルは、資金提供だけではなく就労のビザの取得や弁護士の紹介まで面倒を見る。皮肉なことに、トランプ政権の移民政策が追い風となって、着々と利益を上げている。
  27. Bitcoin Transactions Aren’t as Anonymous as Everyone Hoped ビットコインの匿名性はどこまで信頼できるのか
    ビットコインを使った取引は匿名性が担保されていると考えられている。ところが、ビットコインを利用できるショッピングサイトを調べたところ、Webトラッカーによる取引データの漏洩から、特定の個人とビットコインアドレスは結びつけられることがわかった。犯罪を追求する司法当局に注目される可能性がある。
  28. Zipline Expands Drone Delivery of Medical Supplies アフリカでドローン配送が拡大、医薬品の在庫切れ解消へ
    シリコンバレーのドローン配送企業、ジップラインは、ルワンダでの事業を経てタンザニアでもドローン配送を始める。緊急に必要なワクチンの輸送や、60年間、世界が手をこまねいたきた、医薬品の在庫切れの問題を一気に解決できるかもしれない。
  29. Blood from the Sky: Zipline’s Ambitious Medical Drone Delivery in Africa 現地ルポ:ドローンが変える
    アフリカ救急医療の現場
    先進国ではドローンを使った宅配サービスの実験が始まっているが、インフラがまだ整っていないアフリカ・ルワンダではすでにドローンが救急医療に欠かせない血液輸送の役割を担っている。ルワンダ政府とジップラインが始めた最新の取り組みと課題を現地で聞いた。
  30. The Enduring Legacy of Zork テキストアドベンチャーの不朽の名作「ゾーク」から学べること
    開発から40年経ったテキスト・アドベンチャー・ゲーム『ゾーク』は、入力されたテキストを解析するという、現代のAIには欠かせない技術をすでに使っていた。当時の制作者が語るその誕生秘話や、今でも科学技術者に及ぼしている影響を、貴重な多数の資料とともに紹介する。
  31. Can China and the Internet Save American Small Business? 内需完結の米国企業に
    開国を迫る
    アリババ会長の真意
    アリババのジャック・マー会長が米国の中小企業を口説いている。内需だけで事業が成り立つ米国の小売業に越境を促し、高品質な「メイド・イン・USA」商品を求める中国人の旺盛な需要に応えるのが目的だが、米国人に根強い「中国は生産地」との意識を変える必要がある。
  32. This New Squad of Internet Experts Will Try to Bring Order to Global Cyber Conflict 無法地帯化するサイバー空間に国際法は適用できるのか
    サイバー空間に国際法をどう適用するのか、国連の政府専門家会合では合意に達せず。新団体の設立で議論は仕切り直しへ。
  33. THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2017 TOKYO Event Report #2 ブロックチェーンは仮想通貨バブルを乗り越えられるか
    ビットコインの価値は大きく膨らんでいるが、有識者が集うカンファレンスではまだブロックチェーンの技術研究を深めるべきだとの発言が相次いだ。法制度や規制に関する議論もこれからだ。
  34. THE NEW CONTEXT CONFERENCE 2017 TOKYO Event Report #1 ブロックチェーンはどう進化するか?伊藤穣一氏らが予測する未来
    MITメディアラボの伊藤穣一所長、ブロックストリーム社のインフラ技術エンジニアであるラスティ・ラッセル氏が、ビットコインのこれからを、インターネットの進化とレイヤー構造、Linuxの開発と普及の歴史になぞらえて占う。
  35. The Business Issue 2017年版
    スマート・カンパニー50
    選定にあたって
    MITテクノロジーレビューは、革新的なテクノロジーと効果的なビジネスモデルを組み合わせた企業を「スマート・カンパニー50」として選定した。米国版ビジネス担当上級編集者のナネット バーンズが2017年版の傾向を解説する。
  36. It Pays to Be Smart 日本企業がMITの
    スマート・カンパニーに
    ランクインしなかった理由
    生産性を強力に高める可能性を持つイノベーションを生み出し、今日は存在していない市場を創造する——MITテクノロジーレビューが選定した「2017年版スマート・カンパニー50」に日本企業は含まれていなかった。中国企業が8社選ばれたのとは対照的だ。スーパースター企業による世界的な支配が広がる背景を読み解けば、その理由も見えてくるはずだ。
  37. Neural Networks Face Unexpected Problems in Analyzing Financial Data ニューラル・ネットワークは金融取引に革命を起こすのか?
    金融分野にニューラル・ネットワークを適用すれば驚くような利益をあげられると考えられがちだが、現実にそういった話を耳にすることはほとんどない。内実を覗き見ることは困難だが、スタンフォード大学の研究結果がその理由の一端を明らかにした。
  38. Amazon May Be the Next Tech Giant Muscling Into Health Care アマゾンがついに保健医療分野に参入か
    アマゾンが保険医療分野への参入をもくろんでいる。先行して参入したハイテク巨大企業、グーグルやアップルはまだ同分野で存在感を示せずにいるが、アマゾンに勝算はあるのだろうか?
  39. Trump Talk Aside, Auto Manufacturing and Automation Are Booming in Mexico 自動化と低賃金労働者が支える
    メキシコ自動車産業の未来
    米国のトランプ大統領は大手自動車メーカーを非難し、メキシコへの工場建設計画の撤退を迫ってきた。だが、メキシコのバヒオ地区を訪ねると、安い人件費と自動化を背景に躍進を続ける自動車エコシステムの姿を見ることができる。
  40. The Startup Behind NYC’s Plan to Replace Phone Booths with 7,500 Connected Kiosks グーグルが進める大都市のデジタル化が着実に進捗中
    グーグルのイノベーションはスマート・シティの実現にまで及んでいる。まずはグループ会社のインターセクションが手がける電話ボックスのスマート化からだ。
  41. Why Tesla Is Worth More Than GM ビッグ5が支配する
    デジタル・エコノミーは
    何をもたらしたのか
    デジタル・エコノミーのビッグファイブである、アップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックによる「寡占的」な市場支配は経済成長の停滞を招いたとの見方がある。ビッグファイブの支配力が一層強まっていく中、私たちになすすべはないのだろうか?
  42. First Large-Scale Analysis of the Ripple Cryptocurrency Network ビットコインに続く暗号通貨「リップル」に死角はないか
    ビットコインに次ぐ規模にまで成長した暗号通貨ネットワーク「リップル(Ripple)」。分析から、ネットワークの強みと弱みが明らかになってきた。
  43. New Report Suggests a Way to Treat Gig Economy Workers Fairly クラウドソーシングはブラック? 英国で待遇改善の動き
    ギグ・エコノミー(日雇い経済)に対する英国政府の調査報告によると、ギグ労働者は100万人を突破し、企業に利用されるだけの存在だそうだ。彼らは従業員ではないと主張する企業に対して、英国政府は待遇を改善するための小さな一歩を踏み出そうとしている。
  44. Another Price Slash Suggests the Oculus Rift Is Dead in the Water オキュラスがまた値下げ、VRはビジネスになるか
    オキュラス・リフト(Oculus Rift)が期間限定でまた値下げされた。プレイステーションVRよりも安くなったものの、これで売れるようになるのだろうか。
  45. A Reality Check for IBM’s AI Ambitions IBMのワトソンは
    結局何がすごかったのか?
    米国のクイズ番組ジョパディ!で優勝して以来、IBMの機械学習システム「ワトソン」は注目を浴びている。しかし最近、ジャーナリズムでのワトソンの評判は良くない。アナリストたちは、ワトソンが実際に多くの利益を生むのだろうかと疑問を呈するようになっている。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント