KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. Trump Talk Aside, Auto Manufacturing and Automation Are Booming in Mexico 自動化と低賃金労働者が支える
    メキシコ自動車産業の未来
    米国のトランプ大統領は大手自動車メーカーを非難し、メキシコへの工場建設計画の撤退を迫ってきた。だが、メキシコのバヒオ地区を訪ねると、安い人件費と自動化を背景に躍進を続ける自動車エコシステムの姿を見ることができる。
  2. グーグルが進める大都市のデジタル化が着実に進捗中
    グーグルのイノベーションはスマート・シティの実現にまで及んでいる。まずはグループ会社のインターセクションが手がける電話ボックスのスマート化からだ。
  3. ビッグ5が支配する
    デジタル・エコノミーは
    何をもたらしたのか
    デジタル・エコノミーのビッグファイブである、アップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックによる「寡占的」な市場支配は経済成長の停滞を招いたとの見方がある。ビッグファイブの支配力が一層強まっていく中、私たちになすすべはないのだろうか?
  4. ビットコインに続く暗号通貨「リップル」に死角はないか
    ビットコインに次ぐ規模にまで成長した暗号通貨ネットワーク「リップル(Ripple)」。分析から、ネットワークの強みと弱みが明らかになってきた。
  5. オキュラスがまた値下げ、VRはビジネスになるか
    オキュラス・リフト(Oculus Rift)が期間限定でまた値下げされた。プレイステーションVRよりも安くなったものの、これで売れるようになるのだろうか。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. A Reality Check for IBM’s AI Ambitions IBMのワトソンは
    結局何がすごかったのか?
    米国のクイズ番組ジョパディ!で優勝して以来、IBMの機械学習システム「ワトソン」は注目を浴びている。しかし最近、ジャーナリズムでのワトソンの評判は良くない。アナリストたちは、ワトソンが実際に多くの利益を生むのだろうかと疑問を呈するようになっている。
  2. First “Virtual” Unrolling of Ancient Scroll Buried by Vesuvius Reveals Early Text 2000年前のローマの巻物、X線と画像処理で「広げず」に解読
    紀元79年、ベスビオ火山によって埋められてた古代の巻物から、古代哲学や古典文学の新しい視野を人類にもたらすのは、巻物をバーチャルに広げる現代の画像解析技術だ。
  3. The Gaping, Dangerous Hole in the Trump Administration 政策決定に科学的助言は不要!トランプ政権の危機対応能力が危機
    ホワイトハウス科学技術政策局の科学を担当する部門は現在、完全に職員のいない状態になっている。トランプ大統領が科学顧問を持たずに国を治めようとしていることは、自身の政治的目標の実現だけでなく、危機に直面した時のホワイトハウスの対応能力にも支障をきたす可能性がある。
  4. Google Stakes Its Future on a Piece of Software グーグルの未来はテンソルフローにある
    グーグルが2年前に公開した「テンソルフロー」はAIへの熱狂的な関心を背景に、グーグルに多大な利益をもたらそうとしている。グーグルはアマゾンとマイクロソフトからシェアトップを奪うつもりだ。
  5. Twitter’s Glass Ceiling Revealed for Women and Minority Races 「ネットは平等」か? ツイッター調査でわかった格差の実態
    社会は不平等に溢れている。人々の新しいやり取りの手段であるソーシャルメディア・ネットワーク上では、ジェンダーと人種といった最も明らかな不平等は、どの程度、広がっているのだろうか?
  6. Uber’s Other Big Problem: Driverless Cars Aren’t Ready Yet 暴走するユニコーン企業
    ウーバーの見た夢
    ウーバーのカリスマ創業者がCEOの職から追放された。破壊的イノベーションで成長してきたユニコーン企業の今後を担う次期CEOは、多くの難題を引き継ぐこととなる。ウーバーは運転手を自動運転へ置き換えることを前提としているが、実現への道は険しい。
  7. Tesla’s First Affordable Car Is Finally Entering Production 400万円のテスラが出荷間近も、8月の生産台数はたった100台
    テスラ初となる低価格な「モデル3」の生産が始まる。だが、生産設備が追いつくのか、それとも計画倒れなのか、マスクCEOの真価が問われる。
  8. The Unaffordable Urban Paradise スタートアップの聖地で
    深刻化する都市問題
    解決のための3つの処方箋
    日本でもスタートアップ企業による活性化に期待する地方都市は多い。しかし、いまや聖地となったサンフランシスコなどの米国のスタートアップ都市では、都市問題が深刻化している。トロント大学のリチャード・フロリダ教授の提言から学べることはあるはずだ。
  9. The President of Search Giant Baidu Has Global Plans 「ライバルは米国よりも中国企業」
    バイドゥ社長インタビュー
    バイドゥのチャン・ヤーチン社長は、人工知能などのテクノロジーへの投資が、バイドゥを世界的なリーダーに変えるのに役立つと確信している。モバイル中心で競争が激しい中国市場で戦う企業は、米国企業よりも有利な立場にあるという。
  10. Why Waymo’s Partnership with Avis Makes Sense グーグルの自動運転車はなぜレンタカー会社と提携するのか
    自律運転テクノロジーの開発企業は、自動車のメンテナンスには手を出さない。一方でレンタカー会社は車の所有形態が変化する中、自らの存在意義を探すのに必死だ。
  11. Before They Hit the Road, Driverless Vehicles Will Take Over Warehouses 完全無人倉庫の時代がもうすぐやってくる
    十分に管理され、交通規則もない倉庫こそ、自律自動運転車の実験場所にぴったりだ。近い将来、人手不足にあえぐ物流業界の救世主となるはずだ。
  12. A Job Plan for Robots and Humans ロボットは仕事を奪う、
    でも新しい雇用も生む
    ロボットスタートアップのフェッチ・ロボティクスでは、約50人のスタッフと125体以上のロボットが働いている。ワイズCEOは、人間とロボット、どちらに対しても雇用の機会を増やしていくつもりだ。
  13. General Electric Builds an AI Workforce AI企業へ脱皮するGE
    鍵はハイブリッド研究者
    GEはAI技術によって、2020年までに世界トップのソフトウェア・プロバイダーの一社になることを目指している。実現のカギを握るのは、2つのキャリアを持つ研究者だ。
  14. Get Hacked and Your Cybersecurity Company May Pay 身代金被害に100万ドル、「保証つき」セキュリティ製品が人気
    相次ぐサイバーセキュリティ攻撃を背景に、企業向けのサイバーセキュリティ保険が活況だ。最近では「保証つき」のセキュリティ製品を売り出すベンダーも現れた。
  15. Autonomous Grocery Vans Are Making Deliveries in London 食料品は自動運転車がお届け、ロンドンで実験中
    日本では配達員の不足が社会問題化しているが、ロンドンでは小型の自動運転車による食料品の配送が実験中だ。
  16. SpaceX Is Making Commercial Space Launches Look like Child’s Play スペースXが連続打ち上げに成功 「再利用型」でロケットスタート
    スペースXは2017年6月23日、2度目のロケット再利用に成功した。「ある航空会社が何回も飛べる航空機を販売しているのに、他社はどこも1度しか飛べない航空機を販売しているとしたらどうでしょう」。イーロン・マスクCEOは自信満々だ。
  17. Google Just Got Hit with a $2.7 Billion Antitrust Fine from the EU グーグル、独禁法違反でEUから270億ドルの制裁金
    EU規制当局によると、グーグルは商品比較サービスの検索結果に細工をして、競合企業が不利になるようにしたという。
  18. How to Protect IoT Devices from Cyber Attacks 拡大するサイバー犯罪で求められるIoTのセキュリティ
    地球規模のランサムウェア攻撃でサイバーセキュリティへの関心が高まっている。だが、増え続けるIoT機器のセキュリティ対策はいまだ不十分だ。
  19. Virtual Reality’s Missing Element: Other People なぜVRはつまらないのか?
    実質現実(VR)テクノロジーのブレイクスルーには、ユーザーが使い続けたくなるような「交流」が必要だ。かつて一世を風靡したセカンド・ライフの失敗からも学べることがある。
  20. Scientific Panel Concludes ARPA-E Is Working. Will It Matter? クリーンエネ研究は順調、全米アカデミーズがトランプ政権に反旗
    全米アカデミーズは、米国エネルギー省による大型クリーンエネルギー研究プログラムについて2年に渡る分析の結果を発表した。このプログラムは、共和党が長年にわたって批判し続け、最近ではトランプ政権が打ち切りを勧告している。
  21. Tim Cook: Apple Isn’t Falling Behind, It’s Just Not Ready to Talk About the Future 「アップルは未来を語らない」
    ティム・クック独占インタビュー
    MITテクノロジーレビューがアップルのティム・クックCEOへ独占インタビュー。シリコンバレーのジェンダー問題、トランプ大統領の環境および移民政策、そしてアップルの人工知能が批判を受ける理由について語った。
  22. Inspecting Algorithms for Bias 機械は偏見を持つのか?
    犯罪者予測システムの
    是非を問う
    米国の裁判所や金融機関では多くの場面で、被告人や顧客に対する意志決定に自動化システムを使っている。機械を使えば、人間の持つ偏見をなくして公平な判断を下すことが可能になるのだろうか。
  23. Trump Promises a Federal Technology Overhaul to Save $1 Trillion IT企業トップをトランプ大統領が招集、グダグダ会議の中身
    アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフトのトップらがホワイトハウスに招集された。トランプ大統領は新たなインフラ構築やサービス開発への協力を要請したが、具体的な計画は見えてこない。
  24. In China, a Store of the Future—No Checkout, No Staff 中国に登場した近未来の無人コンビニ
    米国ではアマゾンが大手スーパーを傘下に収める中、中国ではレジもなければ店員もいない24時間営業の移動型店舗がオープンした。進化した無人販売は仕事を奪うのか、それとも買い物難民を救うのか。
  25. Tim Cook: Technology Should Serve Humanity, Not the Other Way Around ティム・クックCEO独占インタビュー
    「アップルはすでにAIを活用している」
    アップルのティム・クックCEOがMITで1日を過ごし、人工知能や最新のテクノロジーに関する研究について意見交換した。訪問後、クックCEOはMITテクノロジーレビューの取材に応じた。
  26. A “Bug Fix” That Could Unlock the Web for Millions Around the World 機会損失は甚大、ネット企業が知らない「小さなバグ」
    ECでモノを買うときや会員登録をするときにメールアドレスをはじかれた経験は誰でもあるはずだ。古い常識で作られたシステムには、非英語圏のユーザーを締め出すバグが含まれている。
  27. Exiting Paris, Trump Cedes Global Leadership on Climate Change パリ協定離脱をトランプ大統領が発表、再交渉も要求
    もはや誰も驚かないことだが、トランプ大統領はパリ協定から米国が離脱すると発表した。米国に有利な条件での再交渉も求めている。
  28. Uber Freight Is the First Step to Automating Away Truckers ウーバー新サービスはトラック輸送業界の終わりの始まりか
    トラック運転手に仕事を仲介するウーバーの新サービスは、将来、自律運転トラックを普及させるための第一歩となる。
  29. Patching the Electric Grid 進化する送電網で増す
    サイバー攻撃のリスク
    送電網に対するサイバー攻撃の危険が増大している。より早い段階で警告を発する新たなテクノロジーの開発が急がれる。
  30. How Encrypted Weather Data Could Help Corporate Blockchain Dreams Come True 「信頼できる情報」で
    ブロックチェーンの
    スマート契約は実用化するか
    ブロックチェーン上でのさまざまな取引を自動化する「スマート・コントラクト」の実用化を後押しする新技術が開発された。ブロックチェーン経済は拡大するか。
  31. Google Reveals a Powerful New AI Chip and Supercomputer グーグル、高性能な新型AIチップとスーパーコンピューターを発表
    新型チップとクラウドベースの機械学習スーパーコンピューターは、AIに特化したハードウェアメーカーとしてのグーグルの地位を確かなものにする。
  32. What It’s Like To Be a Worker in Tesla’s Car Factory テスラの自動車工場はブラックか? ホワイトか?
    テスラモーターズの工場は「自動車工場労働者の天国」と話す人がいる一方、「過去の時代の労働環境」だと話す人もいる。実態はどうか。
  33. Can Amazon and Twitter Kill Off TV by Streaming Live Events? ライブ配信戦争勃発 アマゾンとツイッターはテレビを倒せるか?
    米国で人気のNFLの試合の配信権をアマゾンが獲得。ツイッターは新しい生放送番組のラインナップを発表した。ネットがテレビと同等の訴求力を持てるか、試金石になる。
  34. Using Brainwaves to Guess Passwords パスワードは「脳波」で推測できることが判明
    悪意あるソフトウェアが脳波を読み取り、パスワードや個人データを盗み出すようになるかもしれない。
  35. Digital Advertising Takes a Hit ネット広告は割に合わない
    P&Gがフェイスブック広告
    削減を決めた理由
    費用対効果のよさを訴えてきたネット広告が曲がり角を迎えている。大手広告主はターゲティング広告の見直しへ動き出した。
  36. Apple’s $1 Billion Manufacturing Boost Will Likely Bring Robots, Not Factory Jobs アップルの10億ドル基金はトランプの「製造業復活」に応えるか?
    アップルが発表した先進製造プロセス企業への10億ドル投資は、トランプ大統領が掲げる米国の製造業復活と雇用創出につながるのだろうか。
  37. Tencent’s New Lab Shows It’s Serious about Mastering AI AI研究で存在感を増す中国企業、米国進出の理由
    日本ではなじみのないテンセントは、8億8900万人が利用する「WeChat」を運営する中国の大手テック企業だ。豊富な資金とビッグデータを武器に、人工知能の分野での存在感を急速に高めている。
  38. Treating Addiction with an App ドラッグや鎮痛剤の
    依存症患者用支援アプリは
    役立つか?
    ドラッグや鎮痛剤の依存症は、米国で深刻な社会問題だ。依存症患者向けの社会復帰支援アプリ「トリガー・ヘルス」は、セラピー集会のグループ活動になじめない患者には有効そうだが、FDAの認可を受けたわけではない。
  39. Why GE Wanted to Become a Software Company? And What Is the Outcome? GEが始めたIoT革命は何をもたらしたか?
    GEがソフトウェア企業に転換するために始めた「インダストリアル・インターネット」は、IoTの流れを生みだし、多くの産業を変革させている。IoTが何を目指し、何をもたらしたのか振り返る。
  40. Quantum Biometrics Exploits the Human Eye’s Ability to Detect Single Photons 【論文紹介】個人を正確に識別できる量子バイオメトリクス
    人間の目が光子を検出する方法で個人を識別することは、量子力学の法則によって保証される非常に正確なバイオメトリクスの第一歩かもしれない。
  41. Wikipedia’s Founder Wants to Fix Fake News ウィキペディアの創設者、ねつ造ニュース対策に乗り出す
    プロのジャーナリストの原稿がボランティアに編集され、クラウド・ファンディングで報酬を支払われれば、ねつ造ニュースは防げるのだろうか?
  42. Make America Great Again MIT編集長が考える、アメリカを再び偉大な国にする方法
    トランプ大統領が議会に要求した予算構想どおりに米国政府の研究助成金が削減されれば、アメリカでイノベーションの動きが止まる可能性がある。研究開発費は増やすべきで、減らしてはいけないのだ。
  43. Google’s Massive Health Study Seeks 10,000 Volunteers to Give Up Their Medical Secrets グーグル、アメリカ人1万人対象に予算1億ドルの大規模保健研究
    グーグルの医療研究子会社ベリリが、1万人を対象に今後4年間で想定1億ドルの予算をかけた大規模な医療研究プロジェクトを立ち上げた。ゲノムはもちろん、唾や涙、排せつ物まで詳細に調べて、病気の予測因子を探る。
  44. Blockchain Is Helping to Build a New Kind of Energy Grid ブロックチェーンで余剰電力をご近所で売買
    ビットコインを支えるテクノロジー「ブロックチェーン」で、ブルックリン・マイクログリッドの加入者は近所で発電された再生可能エネルギーを、ピア・トゥ・ピアのネットワークで売買している。
  45. How Blockchain Can Bring Financial Services to the Poor ブロックチェーンは世界の貧困層を金融システムに取り込む仕掛け
    ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、分散型元帳テクノロジーにより、銀行口座のない20億人を金融システムに組み込もうとしている。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント