KADOKAWA Technology Review
×
【5/10まで】ひと月あたり1000円に。購読キャンペーン実施中!

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. A Chinese rocket is falling back to Earth—but we don't know where it will land
    長征5号コアブースター、9日に大気圏再突入か 中国の姿勢に批判
    中国が4月29日に打ち上げた長征5号のコアブースターが制御不能な状態で宇宙に放置されており、日本時間で5月9日に大気圏に再突入することが予測されている。地表に落下する時間帯や場所を正確に予測することは難しく、大惨事が起こる可能性も否定できないため、中国の無責任な行動に世界中が神経をとがらせている。
  2. 最近のテクノロジーの進歩は、都市に対するこれまでの一般通念を覆すようなさまざまな発見をもたらした。私たちは今や、古代都市がどのように作られ、そこに住む人々がどんな暮らしをしていたかについて、より深く、より正確に理解できるようになっている。
  3. 都市化が急速に進む中国では、政府が中心となって、複数の巨大都市群を計画的に構築していこうとしている。ひとつの都市群に1億人が住み、地域内で経済的にも生態的にも政治的にも協力し合うことで、効率的かつ持続的な経済成長を実現しようという考えだ。
  4. 主張:死者連日3000人越え「インドの危機」脱するために必要なこと
    新型コロナの第2波に襲われているインドでは、5月中旬までに1日あたりの死者は1万2000人を超え、8月までの死者は合計100万人に迫ると予測されている。新型コロナに対する政治家たちの時期尚早な勝利宣言で対策が緩和されたうえ、大量のワクチンを国内需要に回さずに輸出してきたことが被害を悪化させている。
  5. ついに始まった中国の宇宙ステーション建造、その狙いは?
    中国は4月29日、宇宙ステーション構築のための最初のモジュールである「天和」の打ち上げに成功した、中国が2022年末までの運用開始を目指す「中国宇宙ステーション」は、科学や地政学の見地から意味があることはもちろんだが、国内外に向けて威信を示すことに最たる狙いがあるようだ。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. Are you ready to be a techno-optimist again?
    MITテクノロジーレビューは毎年、世界を変える可能性のあるブレークスルー・テクノロジーを選んで発表しているが、それらのテクノロジーは本当に私たちは進歩をもたらしているのだろうか。テクノ・オプティミズム(技術楽観主義)がピークだった2001年に選ばれたブレークスルー・テクノロジーを20年後の今、見直して、そのことを検証する。
  2. Why it’s a mistake to bet against Silicon Valley
    シリコンバレー「終わりの始まり」説は信用できるか
    ムーアの法則が終わりを迎えたとはいえ、シリコンバレーはソーシャルメディアや機械学習といった技術で「世界の技術の中心」であり続けている。しかし今のところ、機械学習に次ぐ、シリコンバレーの成長をけん引する技術は見当たらない。いよいよシリコンバレーは終わりを迎えるのか。あるいは過去に何度もあったように、思わぬ幸運が訪れるのか。
  3. 10 Breakthrough Technologies 2021
    MITTRが選ぶ、
    世界を変える
    10大テクノロジー
    テクノロジーは好むと好まざるにかかわらず、私たちの生活やビジネスを変革していく。MITテクノロジーレビューは毎年、人類の未来を垣間見せてくれるような、その年の最も重要なテクノロジーを10個選んで紹介している。最新リストを発表する。
  4. In pictures: up close with transhumanists
    身体改造に魅せられた写真家が捉えたトランスヒューマニストたち
    身体を改造する理由はそれぞれだが、トランスヒューマニストたちが持つテクノロジーが新しい生き方を解き放つという理念は共通している。今は奇妙に見える行為でも、それが人類の最新の進化の例である可能性は否定できない。
  5. Hyper-accurate positioning is rolling out worldwide
    誤差わずか数センチ、超高精度位置情報測位が世界を包囲する
    人工衛星による位置情報測位システムは、人々の生活やビジネスを大きく変えてきた。今後、私たちは数センチメートルの精度で位置情報を得られるようになるだろう。
  6. How music about space became music about drugs
    スペース・ロック——時代を駆け抜けた音楽の隆盛と衰退
    20世紀における人類最大の偉業の一つである宇宙開発と、若者文化を変革したロックは、奇しくも平行する時間軸上に存在している。この話の主役となるのは、最もわかりやすく、わかりにくい人物である、デヴィッド・ボウイだ。
  7. How a tiny media company is helping people get vaccinated
    なぜワクチン予約まで手伝うのか? NYC地元メディアの取り組み
    米国では新型コロナワクチンの接種が進んでいるが、自分で予約を取れないなどの理由によって接種できていない人たちも多く残っている。ワクチン接種の予約を手助けしているニューヨーク市の地元メディアの発行人が、活動を始めたきっかけや取り組みの中身を語った。
  8. NASA's Perseverance rover has produced pure oxygen on Mars
    NASA、火星で酸素の生成に成功
    米国航空宇宙局(NASA)の火星探査車「パーサビアランス」に搭載された機器による実証実験で、二酸化炭素が豊富な火星の大気から酸素を抽出できることが確認された。酸素は、宇宙飛行士が呼吸するのに必要なだけでなく、ロケット燃料の重要な原料にもなる。
  9. NASA has just flown a helicopter on Mars for the first time
    NASAが火星でヘリ初飛行に成功「他の惑星でライト兄弟になった」
    NASAは、ドローンヘリコプター「インジェニュイティ」の火星での初飛行に成功した。地球の大気のわずか1%の密度しかない火星の薄い大気の中でヘリコプターを飛ばすことは、重要な技術的チャレンジであると考えられていた。
  10. The man who is building the "vehicle of the future"
    福澤知浩:「未来の乗り物」現実に 移動の自由を目指す先駆者
    「空飛ぶクルマ」といえば、映画や小説で未来を語るときに欠かせないアイテムだ。だが、それを日本で実現しようとしているイノベーターがいる。Innovators Under 35 Japanの一人に選ばれた、スカイドライブの福澤知浩だ。
  11. NASA has selected SpaceX’s Starship as the lander to take astronauts to the moon
    50年ぶりの月面再訪にスペースXの着陸船 ライバル逆転
    NASAは、2020年代に予定しているアルテミス計画において、月周回軌道と月面を往復する着陸船に、スペースXの「スターシップ」を使うことを明らかにした。NASAが昨年、月着陸船に関して3つのグループと締結した契約では、スペースXは受け取る金額が最も少なく、技術や管理面の評価も低かったが、「逆転」した。
  12. The man imagines a future where robots build cities on Mars
    中ノ瀬 翔:火星の街をロボットが造る。宇宙ビジネス界の異端児
    活況を呈する宇宙ビジネスの主役は今のところスペースXやブルーオリジンなどの輸送企業だ。だが、「輸送の次」を見据えて宇宙での活動に焦点を当てた汎用型ロボットを開発しているイノベーターが日本にいる。Innovators Under 35 Japanにも選ばれた、ギタイ(GITA)の中ノ瀬 翔だ。
  13. Got your covid shots? You might have to prove it.
    現実問題となってきた「ワクチン・パスポート」にどう向き合うか?
    一部の国で新型コロナワクチン接種が進み、「ワクチン・パスポート」が現実的な問題として認識されるようになってきた。技術面および倫理面での複雑な事情により、システム開発者や政府は今や、大きな困難に直面している。
  14. NASA’s next lunar rover will run open-source software
    宇宙にもオープンソースの波 NASAが最新月面探査車に活用
    宇宙へのミッションではこれまで、大金をつぎ込んで開発した独自仕様のソフトウェアを使用するのが一般的だった。しかし、宇宙産業が急成長を遂げるにつれて、より安価で利用しやすいオープンソース・ソフトウェアの利用が注目されるようになってきている。
  15. US covid contract details are a “trade secret”—according to the contractors
    米政府の新型コロナシステム構築、「企業秘密」理由に黒塗り回答
    米国政府は、新型コロナのパンデミック対策のために投入した何十億ドルもの資金について透明性を確保していると主張しているが、実際に政府から資金を受け取っている企業は、法律の適用除外事由を利用して、旅費や人件費、さらには業務を請け負う資格についても非開示としている。
  16. This man solves the problem of small satellites with water-powered thrusters
    浅川 純:水を使ったスラスターで小型衛星の課題を解決する開拓者
    小型人工衛星の増加に伴い、役目を終えた衛星が速やかに軌道から移動するためのテクノロジーが求められている。水を推進剤に使った推進機によって解決しようとしているのが、Innovators Under 35 Japanの1人にも選ばれた、浅川 純率いるペールブルー(PaleBlue)だ。
  17. The Innovation issue has now arrived
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.3刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.3/Spring 2021 Innovation Issue』を4月12日に発売した。今号の狙いと見どころを紹介する。
  18. You don’t get an invite to these weddings unless you’re vaccinated or have a negative covid test
    ワクチン接種必須、当日検査も——ニューノーマルの結婚式事情
    2020年にはコロナ禍で集会が制限され、結婚式を中止したり、延期したりせざるを得ないカップルが相次いだ。2021年には規制が緩和され、PCR検査やワクチンが普及しつつあることも手伝って、結婚式を開こうとするカップルが増えている。ただ、大切な日を安全に過ごすためには厄介な問題を切り抜けなければならない。
  19. How the pandemic is fueling the tech industry’s union push
    テック業界を支える労働者たちがコロナ禍で労組結成に動く理由
    3月末に、アマゾンで労組結成に対する従業員の意見を問う投票が実施された。多数の従業員を擁する巨大テック企業における労組結成の動きは何を意味するのか、他の企業にどんな影響をもたらすのか。
  20. How has the US pandemic response increased inequality? Look at New York’s nail salons.
    パンデミックで不平等はどう拡大したか?NYのネイルサロンの場合
    新型コロナウイルスのパンデミック期間中、ネイルサロンの従業員は危険を冒しても働き続けざるを得ず、感染率の高さに直面したにもかかわらず、政府からほとんど支援を受けられなかった。
  21. Astronomers thought comet Borisov was pretty boring. They were wrong
    ボリソフ彗星に新たな知見、実は原始のタイムカプセル
    2019年8月に発見され、当初はまったくありふれた彗星だと考えられていたボリソフ彗星について、新たな知見を示す論文が発表された。同論文によると、ボリソフ彗星は、これまで観測された中で、もっとも「原始の状態」を保っている彗星だというのだ。
  22. Why is it so hard to build government technology?
    コロナ禍で相次ぐトラブル、政府のシステム構築はなぜ難しいのか?
    新型コロナワクチンの配布や接触追跡など、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにおいて、大規模なテクノロジー・プロジェクトを成功させることの難しさが明らかになっている。状況を変えるには何をすべきか。専門家たちに話を聞いた。
  23. How lightning strikes could explain the origin of life—on Earth and elsewhere
    生命誕生、「落雷」きっかけか? 生命探索に新たな視点
    地球上の生命の誕生に落雷が関係している可能性が新たな研究によって示された。この研究は火星での生命探索にも影響を与えるかもしれない。
  24. First he held a superspreader event. Then he recommended fake cures.
    Xプライズ創設者主催のイベントで集団感染、ニセ治療薬も販売か
    シンギュラリティ大学やXプライズ財団の共同創設者であるピーター・ディアマンディスは、自身が主催の超富裕層向けイベントでクラスターが発生した後、ペプチド注射や羊水といった新型コロナウイルス感染症の偽治療を推奨していた。
  25. This is how (almost) anyone can train to be an astronaut
    たった数日で宇宙へ?
    民間主導で変わる
    宇宙飛行士の訓練
    かつては、宇宙飛行士になるには長期間の厳しい訓練に耐える必要があった。しかし、今年にも民間宇宙飛行士によるミッションが始まるようになり、宇宙飛行士が受ける訓練の様子は大きく様変わりした。
  26. This new image shows off magnetic fields swirling around a black hole
    周囲の磁場くっきり、初撮影チームがブラックホール最新画像を公開
    「イベント・ホライズン・テレスコープ」プロジェクトの科学者らは新たな画像を公開した。2019年に公開した超大質量ブラックホールの画像を鮮明化したもので、ブラックホールがどのように物質を吸い込んで成長するのかを解明するための手がかりとなるだろう。
  27. Distant jets are giving us clues to how supermassive black holes get so big
    宇宙ジェットが巨大ブラックホールの成長を促進、国際天文チーム
    超大質量ブラックホールは絶えず高エネルギー物質を放出しているにもかかわらず、なぜ急速に成長できるのだろうか。天文学者の国際チームは、宇宙ジェットがこうしたブラックホールの急速な成長を促す助けになっていることを示す証拠を発見した。
  28. What did the first selected U35 innovators have to say?
    日本発のU35イノベーターたちが語った「思い」とビジョン
    初開催となったMITテクノロジーレビュー「Innovators Under 35 Japan」の受賞者たちが、自らの活動への思いとビジョンを語った。
  29. Why reopening US schools is so complicated
    いまだ休校続く米国の学校、
    なぜ再開が難しいのか?
    2020年3月以降、ほとんどの学校が閉鎖された米国では依然として、学校を全面再開する見通しが立たずにいる。国が示す指針には限界があるうえ、学校を早急に再開することのリスクをどう判断するか、意見が割れている。
  30. What does progress mean to you?
    あなたにとって「進歩」とは何か?——8人の専門家に聞く
    私たちがよく耳にする「進歩」という言葉は、一体何を意味しているのだろうか。著名な活動家、起業家、歴史家、経済学者らに、この一見単純な言葉をどう定義するか尋ねてみた。
  31. How behemoth companies quash innovation
    テクノロジーの大きな飛躍は、小規模な新興企業からもたらされる傾向がある。だが、すでに地位を確立した巨大企業が保身に回り、費用対効果が高いロビー活動に注力すれば、イノベーションが起こりづらい状況になってしまう。
  32. Starship has finally stuck the landing
    スターシップが3度目の正直、高高度飛行後に垂直着陸に成功
    スペースXは宇宙船「スターチップ」の飛行試験で、10キロメートルの高度を飛行後に、垂直着陸させることに成功した(ただし、着陸後、機体は爆発)。同社は、スターシップを年内に宇宙に飛ばすという目標に確実に近づいている。
  33. Israel’s “green pass” is an early vision of how we leave lockdown
    接種先進国・イスラエルのワクチン・パスポートから何が学べるか
    新型コロナワクチン接種を証明することでレストランやコンサートへの入場を許可する「ワクチン・パスポート」プログラムが、イスラエルで始まった。多くの国で同様のプログラムが検討されているが、イスラエルの経験には大いに学ぶべき警告が含まれている。
  34. What giving birth during a pandemic taught me about progress
    コロナ禍での出産が、私に教えてくれたこと
    子どもを持つということは、本来は楽観的な行為だ。しかし、不況や賃金の低迷といった経済的な問題に加えて、昨年発生したパンデミックによって、米国のミレニアル世代はますます生まない選択肢を選ぶようになってきている。
  35. Rocket Lab could be SpaceX’s biggest rival
    ロケット・ラボが大型ロケットを発表、スペースXの最大のライバルへ
    ロケット・ラボは、スペースXの「ファルコン9」と直接競合する大型ロケット「ニュートロン」の建造計画を発表した。同社はこれまで小型ロケットに特化してきたが、人工衛星のメガコンステレーションやライドシェアの市場拡大を見据えて新たな方針を打ち出した。
  36. For years, I’ve tried to work my way back into the middle class
    ホームレスになったジャーナリストが、生活を取り戻すまで
    ホームレスになり、逮捕され、ストーキング被害に合った女性ジャーナリストが、安定した生活を取り戻すために学んだことは。
  37. Helen says, "A small group of people with passion can change the world
    「情熱ある小さな集団が世界を変える」iRobot共同創設者語る
    ルンバの大ヒットによって家庭用掃除ロボットの新市場を切り開いたiRobot(アイロボット)の共同創設者ヘレン・グライナーが語った、若きイノベーターたちへのメッセージ。
  38. Unleash the worldview of a younger generation that perceives innovation as usual
    イノベーションが「日常」のU35世代の世界観を解き放て
    課題先進国といわれる日本のイノベーターには何が期待され、若い世代はイノベーションに向けてどう取り組むべきか。「Innovators Under 35 Japan」の審査員たちが語り合った。
  39. This is how America gets its vaccines
    バイデン政権は就任後100日間で新型コロナワクチンを1億回分接種するという目標を立てている。目標達成には、ワクチンの割り当てや配布、追跡、接種に関与する寄せ集めのシステムや、一貫性のない政策を是正する必要がある。
  40. What went wrong with America’s $44 million vaccine data system?
    米でも「動かないシステム」
    ワクチン予約サイトで混乱
    米国疾病予防管理センター(CDC)は新型コロナワクチン接種を効率よく予約・管理するためのWebサイト「VAMS」を、総額4400万ドルで大手コンサルティング会社に発注した。だが、トラブルが多発し、システムの採用を見送る州や民間の別のシステムに切り替える動きも出てきた。
  41. Listen to the first sounds recorded from the surface of Mars
    パーサビアランスが火星着陸に成功、映像と「音」を公開
    米航空宇宙局(NASA)は探査車「パーサヴィアランス」の火星着陸の手に汗握る映像と、火星表面で録音された初めての音を公開した。
  42. NASA’s Perseverance rover is about to start searching for life on Mars
    火星探査車パーサビアランス
    着陸成功で期待される成果
    かつて火星の湖底であったジェゼロクレーターに着陸した米国宇宙局(NASA)のパーサビアランス探査車は、様々な機器を駆使して地球外生命の痕跡を探索することになっている。最大のチャレンジは、採掘機で収集した火星の土壌サンプルを地球に持ち帰ることだ。
  43. Predictive policing is still racist—whatever data it uses
    犯罪予測システムのバイアス、訓練データ変更でも改善効果なし
    米国の警察で採用されている犯罪予測システムの人種的偏見は、訓練データの変更で是正できると考えられてきた。だが、バイアスが少ないと見られるデータを用いても、ほぼ改善効果がないことが明らかになった。
  44. NASA’s Perseverance rover has landed on Mars
    NASA探査機「パーサビアランス」が火星に着陸、生命探索を開始へ
    NASAの探査機「パーサビアランス」は2月18日に火星に無事着陸し、火星の景観の最初の画像を送信してきた。今年の夏には探査車が着陸地付近の本格的な調査を開始し、太古の生命の痕跡を探す予定になっている。
  45. The first black hole ever discovered is more massive than we thought
    白鳥座X-1ブラックホール、従来推定よりはるかに巨大だった
    57年前に発見された「白鳥座X-1」のブラックホールの質量がこれまでの推定より50%も大きいことが、超長基線電波干渉計(VLBA)の新たな観測結果から分かった。天文学者は、恒星の進化やブラックホールの挙動について再考する必要に迫られるかもしれない。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る