KADOKAWA Technology Review
×

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. This new fabric will automatically cool you down when you get hot and sweaty
    職場の「エアコン温度戦争」に画期的解決策、体熱に適応する新素材
    メリーランド大学の研究者グループが、体の熱と湿気に反応し、絶えず快適な温度を維持してくれる生地を開発した。スポーツ選手のほか、乳児や高齢者など、快適に過ごすために絶えず気配りや介護が必要な人々の役に立つ可能性がある。
  2. セキュリティ専門家であっても個々のビットコインの動きを追跡できないことは、暗号通貨が「マネロンの温床」と呼ばれる一因となっている。しかし、ビットコインによる資金洗浄の隠れたパターンを解明する新しいアルゴリズムが開発されたことで、状況が変わる可能性がある。
  3. 産業用制御システムに対する深刻なサイバー攻撃がたびたび発生し、脆弱性に対する関心が高まっている。しかし、こうした状況にも関わらず、多くの産業用制御システムが依然として、ハッキングや盗聴の恐れがあるデータをインターネット上で送受信していることが新たな研究で明らかになった。
  4. Wi-Fi電波の電磁場の歪みを計測することで、建物や部屋の壁の向こう側にいる人間の動きをスマホ1台で判別する手法をカリフォルニア大学の研究者が開発した。Wi-Fi送信機がいたるところに設置されている現在、私たちのプライバシーは重大なリスクに晒されている。
  5. ユーモアが認知心理学者の研究対象になるのであれば、人工知能(AI)を利用してユーモアを作り出せるかもしれない。そう考えたスイス連邦工科大学と米マイクロソフトの研究者らは、クラウドソーシングを使って、風刺新聞の面白い見出しをまじめな見出しに変えたデータベースを構築し、ユーモアの源泉がどこにあるのかを探った。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. Where you live in the US can tell you how likely your job is to be automated
    テクノロジーによる自動化は「若者」と「地方」を襲う
    米国のシンクタンクが、自動化によって人々が職を失う可能性について、地域やグループごとに分析した結果を示す報告書を新たに発表した。それによると、自動化のあおりを受ける確率がもっとも高いのは、地方の小都市と若者たちであることが明らかになった。
  2. The US and China aren’t in a “cold war” so stop calling it that
    米中問題を「冷戦」と片付けるのは時代遅れだ
    米中の対立を「冷戦」という言葉で表すのは、時代遅れであるだけでなく有害でもある。米ソ対立の時代と違い、サプライチェーンで密接につながった2大国関係は、そう簡単に割り切れるものではないからだ。
  3. New York’s new wage law for Uber drivers is a lesson for cities around the world
    2018年にニューヨーク市は、全米で初めて、配車サービスのドライバーに最低賃金を設定する決定を下した。ウーバーのドライバーたちとともに約8000キロを移動したテクノロジー民族誌学者であるアレックス・ローゼンブラットに、今回の決定の意味することを聞いた。
  4. How UPS uses AI to outsmart bad weather
    米総合物流最大手のUPSは、吹雪や嵐など輸送の障害となる事象が発生したときに最適な輸送ルートを再設定するオンライン・プラットフォームを稼働させた。機械学習と最新の分析システムを組み合わせたプラットフォームの導入により、年間1億ドルから2億ドルのコストを削減できるとみている。
  5. At least 15 central banks are serious about getting into digital currency
    ビットコインをはじめとする暗号通貨の人気は下落しつつあるが、物理的な紙幣から国家が後ろ盾となる電子通貨へと時代が向かっていることは間違いない。現金の役割は急速に縮小しており、世界の中央銀行のうち少なくとも15行が国家による電子通貨について真剣に検討している。
  6. Universal basic income had a rough 2018
    シリコンバレーの起業家や投資家が熱心に訴えるユニバーサル・ベーシック・インカム(UBI)の実現が進まない。データを取るための社会実験は相次いで中止され、導入までのハードルはいまだ高いままだ。
  7. China vs. the US: Who wins and who loses
    MIT教授に聞く、中国vs.米国「テクノロジー競争」の行方
    人工知能(AI)や量子コンピューティングなど、さまざまなテクノロジー分野で中国の存在感が急激に高まる一方で、知的財産に関する問題などを巡って米国との対立は激しさを増している。中国のテクノロジー事情に詳しい、北京出身の経済学者ヤーシャン・ホアン教授に話を聞いた。
  8. A bot disguised as a human software developer fixes bugs
    ソフトウェアのバグを見つけて質の高い修正パッチを高速かつ自動的に生成するボットが作れたら、開発者にとってこの上ない朗報であろう。スウェーデン王立工科大学の研究チームは、「リペアネーター」と呼ぶボットを開発し、GitHub上で修正パッチの作成を人間と競うテストを実施した。
  9. How beer-related tweeting climaxed during the World Cup
    サッカーの試合とビールの間にある関連性を、ツイッターへの投稿数に基づいて調査した結果が発表された。その内容は、両者の関連性に興味を抱いたことのある人にとって、納得できるものとなった。
  10. The 10 most intriguing inventions of 2018
    MITTRが2018年に紹介した「arXiv発」のユニークな発明ベスト10
    MITテクノロジーレビューの記事で2018年に取り上げたエマージング・テクノロジーの中から、とりわけ奇抜なものトップ10をご紹介しよう。近々の実用化は難しいかもしれないが、将来の可能性を秘めたテクノロジーの数々である。
  11. The biggest technology failures of 2018
    MITTRが選ぶ、
    最低な破壊的テクノロジー
    5選【2018年版】
    MITテクノロジーレビューは、毎年、世間を騒がせた最低なテクノロジー利用法のリストを発表してきた。その内容は年々ひどくなっているようだ。2018年版のリストを発表する。
  12. Cryptocurrencies crashed in 2018. Now they’re right where they should be.
    たった1年で7割が溶けた
    暗号通貨業界の2018年
    ビットコインの価格はわずか1年で70%も下落した。ビットコインだけではない。すべての暗号通貨が暴落した2018年、暗号通貨の世界で何が起こったのか。
  13. How much money would you want to quit Facebook for a year? Most people say $1,000
    いくらなら「フェイスブックをやめる」か?新研究で金額明らかに
    プライバシーに関するスキャンダルが相次いだフェイスブックへの不信感はかつてないほど高まっている。それにも関わらず、依然としてフェイスブックを使い続けるのはなぜか?矛盾した事実を説明できるかもしれない研究が新たに発表された。
  14. I 3D-printed every bit of my wedding—including my bouquet
    「私たち、3Dプリンターで結婚式しました」MITTR編集者からの報告
    「3Dプリント好き」を自認するMITテクノロジーレビューの女性編集者が、自分の結婚式で必要なブーケやケーキのトッピングなどの小物のほとんどすべてを3Dプリンターで自作した。これはその編集者による奮闘の記録である。
  15. 6 of the most amazing things that were 3D-printed in 2018
    2018年に3Dプリンターで製造された「驚きのプロダクト」5+1
    2018年は3Dプリンターの活用がさらに広がる1年となった。歩道橋から自動車部品に至るまで、2018年に3Dプリントで作られた「傑作」を紹介しよう。
  16. Data analysis could help locate the missing Malaysian MH370 plane
    2014年3月に不可解な状況で行方不明になったマレーシア航空MH-370便は、航空史上最大のミステリーとされている。航空史上最高の費用をかけて広範にわたる捜索が実施されたにもかかわらず機体は発見されておらず、2017年1月に捜索は中止された。ここに来て、捜索チームが間違った場所を捜索していたことを示唆する新しい数学モデルが発表された。
  17. China is racing ahead in 5G. Here’s what that means.
    中国は次世代モバイル通信「5G」の展開に本気だ。中国通信機器メーカー大手ファーウェイ幹部の拘束も、背景には5Gを巡る米中の覇権争いがあると見られている。中国の5G展開は何を意味するのか? 5つの視点で読み解く。
  18. Meet the astronaut trainer getting billionaire space tourists ready for liftoff
    夢を追い続ける男が就いた
    「宇宙飛行士トレーナー」
    という新しい仕事
    本格的な「宇宙旅行」時代の到来を前に、富裕層に対して宇宙飛行士に必要な訓練を実施する企業がある。トレーニングを担当するのは、何度も宇宙飛行士候補に選ばれながらも、宇宙への切符を手にできなかった人物だ。
  19. Universal income vs the robots: Meet the presidential candidate fighting automation
    2020年の米大統領選候補者として名乗りを上げた、アンドリュー・ヤン。ユニバーサル・ベーシック・インカムの導入やテクノロジー省の創設など、その政策はいかにも「西海岸的」だ。
  20. The 6 reasons why Huawei gives the US and its allies security nightmares
    米国が「ファーウェイ排除」を求める6つの理由
    ファーウェイ幹部がカナダで逮捕された事件が波紋を呼んでいる。米国はなぜファーウェイを排除し、日本を含む同盟国に対して圧力をかけているのか?
  21. These charts show how Asia is dominating industrial robot adoption
    ロボット導入が進む東南アジア、欧米は「出遅れ」
    欧米のロボット労働者の数は、実は東南アジアに比べてはるかに少ない。賃金水準を基にして補正したロボット採用率から意外な結果が見えてきた。
  22. Alibaba already has a voice assistant way better than Google’s
    アリババは、複雑な人間同士の会話に対処する音声アシスタントを提供している。1日につき何百万件ものリクエストを扱うその実力はグーグルをも上回る。
  23. Blockchain smart contracts can finally have a real world impact
    スマート・コントラクトの実用化を長年妨げてきた「オラクル問題」を解決する1つの方法をあるスタートアップ企業が発表した。ブロックチェーンと現実世界との「接続」は実現するか。
  24. How gender bias influences Nobel Prizes
    なぜノーベル賞受賞者には女性が少ないのか?
    科学の分野で女性がノーベル賞を受賞する確率は、科学の分野における女性研究者の比率から予測される確率よりもはるかに低い。そこには女性に対する偏見ではなく、女性の研究環境における制約が影響しているようだ。
  25. An electric plane with no moving parts has made its first flight
    MIT教授が開発した「可動部のない」夢の航空機、初飛行に成功
    MIT教授がプロペラもジェットエンジンも使わない航空機を開発し、飛行実験に成功した。実用化は容易ではないが、より静かで排気の少ない航空機の登場につながるかもしれない。
  26. Ford’s self-driving taxi passengers may share rides with packages and ads
    21年に「半額」タクシー、
    自動運転で脱メーカー目指す
    フォードの野心的計画
    自律運転自動車の実用化を見据え、フォードはビジネスモデルの再構築に挑む。2021年には自動運転タクシーを事業展開し、広告モデルの導入や貨客混載などによって格安のサービスを提供する計画だ。
  27. Here’s what a manufacturing skills gap of more than 2 million people will look like
    米国でも製造業の人手不足が深刻化、デロイトが指摘する3つの処方箋
    製造業の人手不足は日本だけの問題ではない。米国でも今後10年間で240万人分の不足が予想されるという。
  28. Is the law an enemy of innovation?
    「規制不要論」ではイノベーションは生まれない
    イノベーション推進派は規制のない「自由な世界」を求める。だが、政府のAIガイドライン策定などにも関わる慶應義塾大学法学部の大屋雄裕教授は、「規制がまったくない状態を考えてみたほうがいい」という。
  29. Human translators are still on top—for now
    機械学習の目覚ましい進歩によって、機械翻訳はすでに人間に近い精度を持つとされている。だが、機械翻訳の実力を正しく比較するには、評価方法の変更が必要だという。
  30. Asteroid mining might actually be better for the environment
    小惑星における資源採掘は、白金などの希少な資源を地球に持ち帰ることによって得られる利益に目が向けられがちだ。しかし今回、フランスの研究者たちが、小惑星で資源を採掘すると、地球上で資源を採掘するより温室効果ガスの排出量を削減できることを示した。
  31. Your boss is now more likely to train you up, thanks to a dwindling talent pool
    「採る」から「育てる」へ
    AI自動化で訪れる
    米国労働市場の変化
    好景気に沸く米国の企業ではいま、従業員のつなぎとめに必死だ。人工知能(AI)やロボットによる自動化の影響を回避したい従業員の思惑とも合致し、従業員に対して職能訓練プログラムを提供する企業が増えてきているのだ。
  32. Ethereum founder Vitalik Buterin says his creation can’t succeed unless he takes a step back
    イーサリアム開発者が語った「表舞台から去る」理由
    イーサリアム開発者であるヴィタリック・ブテリンは、コミュニティにおける自身の役割を小さくしていくことに取り組んでいるという。
  33. Video doorbell firm Ring says its devices slash crime—but the evidence looks flimsy
    アマゾンが巨額買収した
    スマート・ドアホンが訴える
    「犯罪激減」の謎
    アマゾンが10億ドルで買収したテレビドアホン機器メーカーの「リング」。同社のドアホンを設置すると地域の犯罪を劇的に減らすことができるという。だが、その根拠は不明だ。
  34. Facebook’s ex security boss: Asking Big Tech to police hate speech is “a dangerous path”
    巨大な影響力を持ちながら、ヘイト発言やデマを防げないフェイスブックやグーグルに対して、規制や解体を求める声が米国で高まっている。だが、フェイスブックの前最高セキュリティ責任者であるアレックス・スタモスは「言論の自由を奪う危険な考えだ」という。
  35. Stablecoins will help cryptocurrencies achieve world domination—if they actually work
    暗号通貨業界で「ステーブルコイン」が過熱する理由
    暗号通貨は決済にはほとんど使われておらず、現時点では「通貨」とは呼べない。そこで、暗号通貨業界ではステーブルコイン(安定通貨)が急増している。だが、価格を安定させるための技術や手法は初期段階にあり、過大な期待は危険だと識者は警告する。
  36. Actors are digitally preserving themselves to continue their careers beyond the grave
    CGI(Computer Generated Imagery)の進歩は、著名な俳優が年齢や死に縛られなくなることを意味している。デジタルで復活した俳優たちが、本人の死後も稼ぎ続けることになりそうだ。
  37. A cyber-skills shortage means students are being recruited to fight off hackers
    「AIと学生のペア」で
    セキュリティ人材不足に挑む
    テキサスA&M大学はサイバーセキュリティの知識に乏しい学生とAIソフトウェアにペアを組ませ、サイバー攻撃から守っている。学生はサイバーセキュリティのスキルを身につけられ、大学はセキュリティ人材を確保できるのがメリットだ。
  38. How acting as Carrie Fisher’s puppet made a career for Rogue One’s Princess Leia
    ハリウッドへの道を開いた
    「ゴースト女優」
    レイア姫15秒間の奇跡
    リメイク映画が流行しているハリウッドでは、若手俳優たちに新たなチャンスを与えているようだ。最新のテクノロジーによって、往年のスターをデジタルで再現できるようになったからだ。
  39. Meet the blockchain for building better widgets, cheaper and faster
    製造業とブロックチェーンの「出会い」で何が起きるのか?
    製品設計者と製造業者がブロックチェーンによって「信頼税」の軽減を図ろうとしている。製造部門の未来へ向けた小さな一歩が動き出した。
  40. There’s no Google Maps for self-driving cars, so this startup is building it
    完全自律運転の実現に必要とされる高精度3Dマップで覇権を狙う米国のスタートアップ企業がある。ウーバーやリフトといった配車サービスのドライバーと契約し、どこよりも早く世界中の都市を網羅した地図データをサブスクリプション・モデルで提供するという。将来はグーグル・マップのように個人の開発者に提供することも視野に入れているというが、地図会社に勝ち目はあるか。
  41. NASA is using HoloLens AR headsets to build its new spacecraft faster
    ロッキード・マーチンは宇宙船の組み立て工程にARヘッドセットの導入を進めている。数千ページにも及ぶ紙のマニュアルからの脱却によって、製造業の未来は着実に変わりつつある。
  42. Future robo-taxis could charge themselves and help balance the electric grid
    電気自動車(EV)の充電時にケーブルを接続する必要がないワイヤレス給電システムが注目されている。世界中の大手自動車メーカーとの提携を進めるワイトリシティは、駐車中のクルマに充電するだけでなく、走行中のクルマに充電したり、都市の移動型電力バンクとして電気自動車を活用したりすることを目指している。
  43. A big tech company is working to free the internet from big tech companies
    現在のインターネットは実質上、Webサイトなどへのアクセスの制御権がアマゾンやグーグルと言った一部の大企業に握られた中央集権型の構造になっている。しかし、新たに登場したハイパーメディア分散プロトコルである「インタープラネタリー・ファイル・システム(IPFS)」がこの状況を変え、非中央集権型の新たなインターネットの世界を生み出すかもしれない。
  44. US election campaign technology from 2008 to 2018, and beyond
    最初に選挙のテクノロジー革命が起こったのは、2008年のオバマの大統領選挙だった。それから10年、ソーシャル・メディアの勃興と共にテクノロジーが選挙運動に担う役割は変化してきた。この秋の中間選挙、2020年の大統領選挙ではどのように変化するのだろうか。
  45. We need a cyber arms control treaty to keep hospitals and power grids safe from hackers
    高まるリスク、国家レベルのサイバー攻撃から守るのは誰か?
    国家レベルでのサイバー攻撃を抑制すべく、国際的な取り組みが進みつつある。米国や英国政府がサイバー攻撃に対するより積極的な対応策を準備する一方で、マイクロソフトなどテック企業はサイバー攻撃から顧客を守るための企業連合を立ち上げた。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る