KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. Current spacesuits won’t cut it on the moon. So NASA made new ones.
    アルテミス計画を支える
    「宇宙服」のイノベーション
    人類を再び月面に送り込むNASAのアルテミス計画へ向けて、次世代宇宙服の開発が進められている。アプロ計画から得られた教訓を反映した宇宙服のイノベーションを紹介しよう。
  2. 新型コロナ対策だけじゃない
    2020年に最低だった
    テクノロジーの失敗9選
    新型コロナウイルスのパンデミックによって、2020年はテクノロジーに大いに頼る年となった。だが一方で役に立たないテクノロジーや、テクノロジーを使った失態も目立った。以下に、9つの例を上げてみよう。
  3. 世界のチョコ原料の1%を100人で生産する工場
    チョコレート発祥の地であるメキシコでは、世界的な需要の拡大を受け、カカオ加工製品を「ほぼ自動」で生産している。チョコレート原料メーカー大手、イーコムのメキシコ工場長がここ20年間の変化を語った。
  4. 2021年注目の
    宇宙ミッション11
    (成功確率つき)
    NASAによる人類の月面再訪への期待の高まりや民間宇宙企業の急速な成長を受けて、2021年にも多くの宇宙開発計画が控えている。こうした中から、主要な11のミッションについて、成功の確率を添えて紹介しよう。
  5. 米国で新型コロナウイルスのワクチン接種が始まった。限りあるワクチンの優先順位をどのように決定するのかを巡って、スタンフォード大学が揺れている。大学は明らかに不公平なワクチン配分計画の責任は「非常に複雑なアルゴリズム」にあるという。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. Technology can help us feed the world, if we look beyond profit
    露呈した食の脆弱性、
    食料システムの再構築で
    次の世界的危機に備えよう
    遺伝子組み換えをはじめとする食料テクノロジーは、決して持続可能性と人類の幸福を脅かすものではない。新型コロナウイルスの流行で食料危機を経験した今こそ、技術がたもらす利益の分配を改める時だ。
  2. 40 more states target Google with its third antitrust lawsuit in two months
    グーグルまた訴訟、「ネット検索を独占」米40州・準州が提訴
    米国40の州・準州が、グーグルを反トラスト法違反で提訴した。同社が非競争的行為によってインターネット検索において無制限の力を有しているとして、あらゆる優位性を解消することや資産を売却することを求めている。
  3. What's the deal with Texas suing Google?
    フェイスブックと「密約」、テキサス州など10州がグーグルを提訴
    テキサス州など10州によるグーグルに対する新しい訴訟には、フェイスブックと相互に恩恵を受けようとする密約や暗号化されたワッツアップのメッセージの閲覧許可といった、物議を醸す多くの主張が盛り込まれている。
  4. Congress wants answers from Google about Timnit Gebru’s firing
    AI倫理研究者の解雇についてグーグルに説明を要求、米連邦議員ら
    米連邦議会の議員たちは、著名なAI倫理研究者をグーグルが解雇した件について説明を求める書簡を同社に送った。連邦議会では、法整備や監督権限を通じて、AIの研究や説明責任、多様性を強化しようとする動きが強まっており、この書簡もその一環である。
  5. A Guide to Implementing the SDGs for Japanese Companies
    日本企業はSDGsにどう取り組むべきか
    SDGsを社会に対する義務と捉えて「対策」するのか。あるいはビジネスを抜本的にサステナブルなものに変革する機会と捉えて「対応」していくのか。企業経営者は今、決断を迫られている。グローバル企業の取り組みを熟知し、戦略コンサルティングの最前線に立つモニターデロイトの藤井剛ジャパンリーダーに、世界の潮流を踏まえた日本企業の取り組み方について、寄稿いただいた。
  6. China just brought moon rocks back to Earth for the first time in 44 years
    中国「嫦娥5号」が月の石の持ち帰りに成功、44年ぶり
    中国の月探査ミッション「嫦娥(じょうが)5号」は12月17日、月の岩石と塵を地球に持ち帰ることに成功した。中国の月探査計画である「嫦娥計画」はこれまで成功を続けており、将来のより大掛かりな月探査計画の基礎を構築している。
  7. This spacecraft is being readied for a one-way mission to deflect an asteroid
    太陽系内に無数にある小惑星の一つでも地球に衝突したら、人類に壊滅的な被害をもたらす可能性がある。そうした小惑星が地球に接近してくるのが分かったときに、宇宙探査機をぶつけることで軌道をそらして衝突を防げるのかどうか実証するDARTミッションの打ち上げが来年7月に予定されている。
  8. Why is now the time for a "Great Reset"?
    須賀千鶴氏:求められる「グレート・リセット」の視点
    SDGsが掲げる世界規模の社会課題の解決へ向けて、大きな壁となるのが、課題認識に対するグローバル・ギャップの存在だ。ギャップ解消へ日本にはどのような役割が期待されているのか? テクノロジーの社会実装に伴う課題についての国際議論をリードする、世界経済フォーラム第四次産業革命日本センターの須賀千鶴センター長に話を聞いた。
  9. This is the most precise 3D map of the Milky Way ever made
    史上最も詳細な天の川銀河の3Dマップ、ESAが公開
    欧州宇宙機関の宇宙望遠鏡「ガイア」が収集したデータで作成された、新しい3D星図が公開された。
  10. This is what NASA wants to do when it gets to the moon
    人類を再び月へ、NASAがアルテミス計画で目指す科学的成果
    人間が再び月に降り立つことを目指すNASAの「アルテミス」ミッションでは、かつて実施されたことのないさまざまな観測や実験が予定されている。どんなことが計画されており、そこから何が分かるのかを説明しよう。
  11. The researcher says the SDGs is an investment for the future
    「SDGsは未来への投資」 蟹江憲史教授が語る日本企業への提言
    SDGs(持続可能な開発目標)に関する学術研究の第一人者は、日本国内の産業界の現状と課題をどう捉えているか。慶應義塾大学SFC研究所xSDG・ラボ代表を務める蟹江憲史教授に話を聞いた。
  12. SpaceX's Starship has flown a record 12.5 km into the air
    スペースX、「スターシップ」試作機で高度12.5キロの記録達成
    スペースX(SpaceX)は、同社の宇宙船「スターシップ(Starship)」の8代目試作機を、これまでの最高高度まで打ち上げることに成功した。同試作機は12.5キロメートルの高度に達した後、降下して垂直着陸を試みたが、地面に激突して爆発した。
  13. How did the on-orbit service come into being?
    衛星を「宇宙で修理」、軌道上サービスはどう生まれたのか?
    新たな宇宙ビジネスとして成長が期待される「軌道上サービス」はどのようにして生まれたのか? その背景を解説する。
  14. A capsule carrying asteroid rocks collected by Hayabusa-2 has successfully landed on Earth
    リュウグウの岩石サンプルが無事帰還、JAXAで分析へ
    宇宙探査機「はやぶさ2」が地球からおよそ2億9000万キロメートル離れた小惑星「リュウグウ」から採取した岩石サンプルは、12月6日に無事、地球に帰還した。サンプルは12月8日にJAXA相模原キャンパスに到着しており、太陽系がいかにして形成されたのかを明らかにするための分析が始められる。
  15. Magazine Vol. 2 has now arrived
    MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2刊行に寄せて
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は『Vol.2/Winter 2020 SDGs Issue』を12月10日に発売した。今号の狙いと見どころを紹介する。
  16. Japan is about to bring back samples of an asteroid 180 million miles away
    おかえり「はやぶさ2」、リュウグウのサンプルが地球に到着
    日本時間の12月6日、はやぶさ2が投下する小惑星リュウグウのサンプルを詰めたカプセルがオーストラリアに到着する。太陽系の成り立ちの解明に資するだけではなく、今後の日本の宇宙ミッションにも大きく貢献するだろう。
  17. China launches its first mission to bring moon rocks back to Earth
    中国の「嫦娥5号」、44年ぶりに月の石を持ち帰れるか
    中国が11月24日に打ち上げた月探査機「嫦娥(じょうが)5号」のミッションは順調に進んでいる。嫦娥5号は月面に着陸して岩石サンプルを収集した後、12月17日までに地球に帰還する予定になっており、うまくいけば、44年ぶりに月の試料が地球にもたらされることになる。
  18. Rocket Lab has successfully recovered a booster for the first time ever
    3Dプリントのロケット・ラボ、初のブースター回収に成功
    ニュージーランドの企業であるロケット・ラボは、主力ロケットのブースターを海上に軟着水させ、回収することに成功した。同社は3Dプリンターで製作したロケットで小型人工衛星を打ち上げるビジネスを手掛けており、ブースターを回収して再利用できるようになれば、より頻繁な打ち上げが可能となる。
  19. The second-largest radio telescope in the world is shutting down
    世界で2番目に大きい電波望遠鏡、修復不能で57年の歴史に幕
    プエルトリコにあるアレシボ天文台は、直径約305メートルの電波望遠鏡を支えるケーブルが破断したため、57年間におよぶ観測の歴史に幕を下ろすこととなった。
  20. How election results get certified
    トランプ抵抗でも変わらない、米大統領選の認定プロセス
    トランプ大統領はいまだに敗北を認めず、法廷闘争に持ち込もうとしている。だが、選挙結果認定プロセスは変わらず、淡々と進んでいる。
  21. How materials you’ve never heard of could clean up air conditioning
    代替フロンが不要に、「熱量材料」が実現する新冷却システム
    圧力を利用して大量の熱を放出・伝達できる「熱量材料」の研究が大きな進歩を遂げている。エアコンや冷蔵庫の冷媒として使われている温室効果ガスが不要になるだけでなく、冷却器のエネルギー効率を大幅に高められる可能性もある。
  22. Senior US election official: Trump's misinformation is "insulting"
    「大統領は選挙管理人の仕事に敬意を」米選挙支援委員会トップ語る
    トランプ大統領は今回の大統領選挙では大規模な不正投票があったと主張し続けており、選挙の偽情報を暴いたサイバーセキュリティ部門のトップは解任に追い込まれた。米選挙支援委員会のホブランド委員長に、選挙後に起こったことやトランプ大統領の主張について語った。
  23. A private company has a private crew going to the ISS next year
    トム・クルーズがクルー?ISSへ向かう初の民間ミッション
    アクシオム・スペースは、国際宇宙ステーション(ISS)へ向かう初の民間ミッション「Ax-1」に参加する3人の民間宇宙飛行士と契約を交わしたと発表した。2021年第4四半期の打ち上げを目指すとしており、ISSの民間活用に向けた重要な節目のミッションとなるだろう。
  24. We just found a source for one of the most mysterious phenomena in astronomy
    謎の天文現象「高速電波バースト」の発生源、最新研究で明らかに
    短時間で極めて大きなエネルギーを放出する天文現象である高速電波バーストの発生源はこれまで謎とされてきたが、強い磁場を持つ中性子星である「マグネター」が関連している可能性が高いことが、電波及びX線による同時観測から明らかになった。
  25. What Biden means for Big Tech—and Google in particular
    GAFAにとってバイデン新政権の誕生は何を意味するのか?
    次期大統領であるジョー・バイデンは、選挙期間中、巨大テック企業への規制についてあまり口にしなかった。実際のところ、テクノロジー政策は次期大統領の最優先課題ではなさそうだが、グーグルに対する政府の訴訟は今後も続くだろう。
  26. Microbes could be used to extract metals and minerals from space rocks
    微生物を使って岩石からレアアースを抽出、ISSの実験で成功
    国際宇宙ステーションでの実験により、ある種のバクテリアは、微小重力環境でも岩石からレアアースを抽出できることが分かった。将来、宇宙での採鉱において有用資源を抽出するための効率の良い方法となる可能性がある。
  27. Half the Milky Way’s sun-like stars could be home to Earth-like planets
    「地球2.0」候補、天の川銀河に3億個以上存在か? 最新研究
    天の川銀河には、太陽類似星を周回している居住可能な惑星が最低3億個存在している可能性が、新たな研究によって示された。NASAのケプラー宇宙望遠鏡の完全なデータセットとESAの宇宙望遠鏡ミッション「ガイア計画」のデータを使用することで、不確実性が少ない、より正確な推定が可能となった。
  28. Don't worry, the earth is doomed
    人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
    異常気象や気候変動をはじめとして、生物化学兵器、未発見の病原体によるパンデミック、食糧危機、核戦争、民主主義の崩壊など、人類は常に破滅の危機に直面している。短期的なものから、長期的、最終的な運命まで、破滅の要因となり得る15の壊滅的リスクを紹介する。
  29. The five biggest effects Trump has had on the US space program
    月への回帰、宇宙軍——
    トランプ政権の宇宙政策とは
    何だったのか?
    派手好きなトランプ大統領は4年間で米国の宇宙開発計画にさまざまな影響を与えた。以前の政権からの流れを踏襲するものも少なくないが、そうした流れを加速させ、宇宙開発計画に勢いをつけたことは間違いない。
  30. America’s technological leadership is at stake in this election
    誰が次の大統領になっても、米国は中国との競争力を取り戻さなければならない。「米国が発明して、中国が製造する」という古い固定概念はすでに時代遅れだ。
  31. “It’s been really, really bad”: How Latinx voters are being targeted by disinformation
    勝敗の鍵握るラテン系米国人
    熾烈なデマ工作の標的に
    2020年の米大統領選において最大のマイノリティ集団となるのが、ラテン系有権者だ。ネット上ではラテン系コミュニティを標的にしたデマ工作が横行している。
  32. Why did we launch Innovators Under 35 Japan?
    GoogleやFB創業者も受賞した国際アワード、日本初開催の狙い
    日本版編集長が語る、Innovators Under 35 Japanをローンチする狙いとは?
  33. It's time to rethink the legal treatment of robots
    主張:「節税」目的の自動化は社会の利益にならず、中立的な税制を
    現在の米国の税法は人よりもAIを優遇している。資本よりも労働力の方が重く課税されているからだ。企業が節税を目的としてAIを導入するのであれば、生産性が向上することもないし、消費者や社会の利益にもならないだろう。書籍『The Reasonable Robot: Artificial Intelligence and the Law(合理的なロボット:人工知能と法)』からサリー大学法学部教授のライアン・アボットの主張を紹介する。
  34. Data should enfranchise people, says the Democrat's head of technology
    間近に迫った米大統領選ではデータの活用が大きなカギのひとつとなりそうだ。民主党全国委員会の最高技術責任者(CTO)を務めるネルウィン・トーマスに、同党のテクノロジー戦略と今後の計画などについて聞いた。
  35. Water on the moon should be more accessible than we thought
    「月の水」に到達できる日は意外と近い?新研究で明らかに
    月面に水が存在することはこれまでも示唆されていたが、どこにどのくらいあるのかといったことは分かっていなかった。ネイチャー・アストロノミー誌の掲載された2つの新たな研究論文によると、月面の水はこれまで考えられていたよりも手に入れやすい場所にあるという。
  36. Inside the information war on Black voters
    激化する情報戦の内幕、
    黒人有権者たちの戦い
    2020年の米大統領選は、黒人有権者の投票を阻止したいトランプ陣営と、黒人の投票率を上げたいバイデン陣営の争いでもある。オンラインにおける有権者に対する欺瞞行為は前回の大統領選から劇的に増加しており、黒人コミュニティは投票阻止を目的とした行為の標的になっている。
  37. Interview to Judges of Innovators Under 35 Japan #3
    宇宙飛行士・山崎直子さん「行動できる人こそイノベーター」
    エンジニアとしてキャリアをスタートさせ、宇宙飛行士として2010年にスペースシャトル・ディスカバリー号に搭乗した山崎直子氏がとらえる宇宙ビジネスの現在、イノベーション、そして未来像。
  38. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away
    NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は小惑星ベンヌ表面からのサンプル採取に成功した。しかし、予定をはるかに超える量のサンプルを採取したため、採取容器のふたがきちんと閉まらなくなり、採取した物質が宇宙に漏れ出すという事態に見舞われている。
  39. Election result delays mean "the system is working" says cybersecurity chief
    選挙結果の遅れは「正常」なプロセス、米セキュリティ高官
    米大統領選の選挙結果が確定するまでには通常でも時間がかかる。「不正があったから遅れた」というデマに今から備えるべきだ。
  40. Mainstream media is the biggest amplifier of White House disinformation
    トランプ大統領発のデマ、中立謳うマスコミが拡散に加担
    「郵便投票は不正につながる」とのトランプ大統領発のデマが拡散されている。新たな研究によると、中心的役割を果たしているのはソーシャル・プラットフォームや外国勢力ではなく、大統領のツイートを無批判に報じる米国のマスメディアだという。
  41. The DoJ says Google monopolizes search. Here’s how.
    米司法省がグーグルを独禁法違反で提訴、その中身とは?
    グーグルが、米司法省から反トラスト法違反として提訴された。約20年ぶりの大型提訴となるその中身とは。
  42. OSIRIS-REx survived its touchdown on asteroid Bennu—now we wait to see if it got a sample
    NASA探査機が小惑星ベンヌとの接触に成功、岩石サンプルを採取
    NASAの探査機「オサイリス・レックス」は10月20日、ミッションの最大の目的である小惑星「ベンヌ」表面のサンプル採取作業を実施した。探査機は現在、ベンヌから安全な距離までを離れており、十分な量のサンプルを採取できたかどうかを調べることになっている。
  43. A Message from a Japanese Innovator Who Changed the World
    挑戦し続ける義足エンジニア・遠藤 謙がIU35の受賞で学んだこと
    MITテクノロジーレビュー主催の世界的なアワード「Innovators Under 35」を2012年に受賞した義足エンジニアの遠藤 謙さんから、若手イノベーターへのメッセージをいただいた。
  44. Capitalism is in crisis. To save it, we need to rethink economic growth.
    崩壊する「経済成長」神話、
    資本主義の危機を
    テクノロジーは救えるか
    新型コロナによって世界経済は大きな打撃を受けたが、それ以前から資本主義は危機に瀕していた。人々は資本主義の基本的な考え方である「経済成長」に疑問を持つようになっている。
  45. The 2020 election could permanently change how America votes
    大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
    今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る