KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

ビジネス・インパクト

優れたスタートアップ企業や新しいテクノロジーに基づく新しいビジネス・モデル、テクノロジーによる失業や不平等、仕事の未来について。

  1. Tim Cook: Apple Isn’t Falling Behind, It’s Just Not Ready to Talk About the Future 「アップルは未来を語らない」
    ティム・クック独占インタビュー
    MITテクノロジーレビューがアップルのティム・クックCEOへ独占インタビュー。シリコンバレーのジェンダー問題、トランプ大統領の環境および移民政策、そしてアップルの人工知能が批判を受ける理由について語った。
  2. 機械は偏見を持つのか?
    犯罪者予測システムの
    是非を問う
    米国の裁判所や金融機関では多くの場面で、被告人や顧客に対する意志決定に自動化システムを使っている。機械を使えば、人間の持つ偏見をなくして公平な判断を下すことが可能になるのだろうか。
  3. IT企業トップをトランプ大統領が招集、グダグダ会議の中身
    アップル、グーグル、アマゾン、マイクロソフトのトップらがホワイトハウスに招集された。トランプ大統領は新たなインフラ構築やサービス開発への協力を要請したが、具体的な計画は見えてこない。
  4. 中国に登場した近未来の無人コンビニ
    米国ではアマゾンが大手スーパーを傘下に収める中、中国ではレジもなければ店員もいない24時間営業の移動型店舗がオープンした。進化した無人販売は仕事を奪うのか、それとも買い物難民を救うのか。
  5. ティム・クックCEO独占インタビュー
    「アップルはすでにAIを活用している」
    アップルのティム・クックCEOがMITで1日を過ごし、人工知能や最新のテクノロジーに関する研究について意見交換した。訪問後、クックCEOはMITテクノロジーレビューの取材に応じた。

ビジネス・インパクトの最新ニュース

  1. A “Bug Fix” That Could Unlock the Web for Millions Around the World 機会損失は甚大、ネット企業が知らない「小さなバグ」
    ECでモノを買うときや会員登録をするときにメールアドレスをはじかれた経験は誰でもあるはずだ。古い常識で作られたシステムには、非英語圏のユーザーを締め出すバグが含まれている。
  2. Exiting Paris, Trump Cedes Global Leadership on Climate Change パリ協定離脱をトランプ大統領が発表、再交渉も要求
    もはや誰も驚かないことだが、トランプ大統領はパリ協定から米国が離脱すると発表した。米国に有利な条件での再交渉も求めている。
  3. Uber Freight Is the First Step to Automating Away Truckers ウーバー新サービスはトラック輸送業界の終わりの始まりか
    トラック運転手に仕事を仲介するウーバーの新サービスは、将来、自律運転トラックを普及させるための第一歩となる。
  4. Patching the Electric Grid 進化する送電網で増す
    サイバー攻撃のリスク
    送電網に対するサイバー攻撃の危険が増大している。より早い段階で警告を発する新たなテクノロジーの開発が急がれる。
  5. How Encrypted Weather Data Could Help Corporate Blockchain Dreams Come True 「信頼できる情報」で
    ブロックチェーンの
    スマート契約は実用化するか
    ブロックチェーン上でのさまざまな取引を自動化する「スマート・コントラクト」の実用化を後押しする新技術が開発された。ブロックチェーン経済は拡大するか。
  6. Google Reveals a Powerful New AI Chip and Supercomputer グーグル、高性能な新型AIチップとスーパーコンピューターを発表
    新型チップとクラウドベースの機械学習スーパーコンピューターは、AIに特化したハードウェアメーカーとしてのグーグルの地位を確かなものにする。
  7. What It’s Like To Be a Worker in Tesla’s Car Factory テスラの自動車工場はブラックか? ホワイトか?
    テスラモーターズの工場は「自動車工場労働者の天国」と話す人がいる一方、「過去の時代の労働環境」だと話す人もいる。実態はどうか。
  8. Can Amazon and Twitter Kill Off TV by Streaming Live Events? ライブ配信戦争勃発 アマゾンとツイッターはテレビを倒せるか?
    米国で人気のNFLの試合の配信権をアマゾンが獲得。ツイッターは新しい生放送番組のラインナップを発表した。ネットがテレビと同等の訴求力を持てるか、試金石になる。
  9. Using Brainwaves to Guess Passwords パスワードは「脳波」で推測できることが判明
    悪意あるソフトウェアが脳波を読み取り、パスワードや個人データを盗み出すようになるかもしれない。
  10. Digital Advertising Takes a Hit ネット広告は割に合わない
    P&Gがフェイスブック広告
    削減を決めた理由
    費用対効果のよさを訴えてきたネット広告が曲がり角を迎えている。大手広告主はターゲティング広告の見直しへ動き出した。
  11. Apple’s $1 Billion Manufacturing Boost Will Likely Bring Robots, Not Factory Jobs アップルの10億ドル基金はトランプの「製造業復活」に応えるか?
    アップルが発表した先進製造プロセス企業への10億ドル投資は、トランプ大統領が掲げる米国の製造業復活と雇用創出につながるのだろうか。
  12. Tencent’s New Lab Shows It’s Serious about Mastering AI AI研究で存在感を増す中国企業、米国進出の理由
    日本ではなじみのないテンセントは、8億8900万人が利用する「WeChat」を運営する中国の大手テック企業だ。豊富な資金とビッグデータを武器に、人工知能の分野での存在感を急速に高めている。
  13. Treating Addiction with an App ドラッグや鎮痛剤の
    依存症患者用支援アプリは
    役立つか?
    ドラッグや鎮痛剤の依存症は、米国で深刻な社会問題だ。依存症患者向けの社会復帰支援アプリ「トリガー・ヘルス」は、セラピー集会のグループ活動になじめない患者には有効そうだが、FDAの認可を受けたわけではない。
  14. Why GE Wanted to Become a Software Company? And What Is the Outcome? GEが始めたIoT革命は何をもたらしたか?
    GEがソフトウェア企業に転換するために始めた「インダストリアル・インターネット」は、IoTの流れを生みだし、多くの産業を変革させている。IoTが何を目指し、何をもたらしたのか振り返る。
  15. Quantum Biometrics Exploits the Human Eye’s Ability to Detect Single Photons 【論文紹介】個人を正確に識別できる量子バイオメトリクス
    人間の目が光子を検出する方法で個人を識別することは、量子力学の法則によって保証される非常に正確なバイオメトリクスの第一歩かもしれない。
  16. Wikipedia’s Founder Wants to Fix Fake News ウィキペディアの創設者、ねつ造ニュース対策に乗り出す
    プロのジャーナリストの原稿がボランティアに編集され、クラウド・ファンディングで報酬を支払われれば、ねつ造ニュースは防げるのだろうか?
  17. Make America Great Again MIT編集長が考える、アメリカを再び偉大な国にする方法
    トランプ大統領が議会に要求した予算構想どおりに米国政府の研究助成金が削減されれば、アメリカでイノベーションの動きが止まる可能性がある。研究開発費は増やすべきで、減らしてはいけないのだ。
  18. Google’s Massive Health Study Seeks 10,000 Volunteers to Give Up Their Medical Secrets グーグル、アメリカ人1万人対象に予算1億ドルの大規模保健研究
    グーグルの医療研究子会社ベリリが、1万人を対象に今後4年間で想定1億ドルの予算をかけた大規模な医療研究プロジェクトを立ち上げた。ゲノムはもちろん、唾や涙、排せつ物まで詳細に調べて、病気の予測因子を探る。
  19. Blockchain Is Helping to Build a New Kind of Energy Grid ブロックチェーンで余剰電力をご近所で売買
    ビットコインを支えるテクノロジー「ブロックチェーン」で、ブルックリン・マイクログリッドの加入者は近所で発電された再生可能エネルギーを、ピア・トゥ・ピアのネットワークで売買している。
  20. How Blockchain Can Bring Financial Services to the Poor ブロックチェーンは世界の貧困層を金融システムに取り込む仕掛け
    ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、分散型元帳テクノロジーにより、銀行口座のない20億人を金融システムに組み込もうとしている。
  21. Central Bankers Have Their Eyes on Blockchain ボストン連邦準備銀行副総裁、ブロックチェーンの問題点を指摘
    MITのロブレ・アリ研究員(イングランド銀行電子通貨部元部長)とボストン連邦準備銀行のジェイムズ・クーニャ副総裁は、ブロックチェーンが金融システムを揺るがすには、まだ多くの課題があると指摘した。
  22. Can Bitcoin Be the Foundation of a Fairer Financial System? ビットコインは先進国で、貧困層向けのフィンテックになる
    MITスローン経営大学院のサイモン・ジョンソン教授は、暗号通貨が、金融システムをより安全させ、貧困層にも利用しやすい金融サービスの実現につながると考えている。
  23. Blockchain’s Weak Spots Pose a Hidden Danger to Users 「ブロックチェーンのぜい弱性に気を付けろ」と研究者が指摘
    1990年代のインターネットがそうであったように、急成長するシステムには安定性や安全性が心配だ。コーネル大学のエミン・グン・シアー准教授は、潜在的危険性や技術的問題を認識するべきだという。
  24. The Technology Behind Bitcoin Is Shaking Up Much More than Money ブロックチェーンの最新動向は#bizofblockchainで
    ブロックチェーンは、紛争地域で産出されたダイヤモンドを区別し、医療記録を検証し、サプライチェーンのセキュリティーを確保するために使われようとしている。
  25. A Self-Driving Bus That Can Speak Sign Language AIで空席案内、忘れ物自動検出の障害者向けハイテクバス
    IBMと独立系自動車メーカーのローカル・モーターズが、視覚・聴覚・身体・認知障害者用に、人工知能、拡張現実、スマホアプリを組み合わせた自律運転の電気シャトルバスを開発中だ。将来的には、マシン・ビジョンで空席を検出して案内したり、AIと手話で話せるようになるかもしれない。
  26. How to Keep the Government from Breaking the Internet 米国の暗部:インターネット格差とトランプ政権
    新体制の米国連邦通信委員会がインターネットの公共インフラ扱いを停止したことに、通信政策の専門家であるハーバード大学法科大学院のスーザン・クロフォード教授が、どうすれば米国社会に高速インターネット・アクセスを普及できるかを説明している。
  27. A Man Who Builds a Financial System from Scratch in Mozambique モザンビークから
    金融システムの
    革命を目論む日本人
    資源が増える時代、富の再配分の公平さはそれほど問題にはならない。しかし現在、すでに資源生産が増えない時代に入っているとすれば、再配分する仕組みを調整しなければ、やがて共同体は崩壊し、暴力的な形で調整されてしまう。モザンビークでこの問題に挑んでいるのが日本植物燃料の合田真社長だ。
  28. Me and My Troll コメント機能再考
    ジェイソンポンティン編集長
    荒らしと戦う
    MIT Technology Reviewのジェイソン・ポンティン編集長が、荒らしとの長年の戦いとコメント機能運用ルールの改定について説明している。日本版はまだユーザー数が少なく、日本の文化もあってコメントはあまりつかないが、米国版同様に運用する。
  29. 3-D-Printed Sneakers, Tailored to Your Foot アディダス、3Dプリンター製シューズを年内発売へ
    アディダスは、3Dプリント企業カーボンとの協業で、ミッドソールを3Dプリンターで生成した靴を年内に市販しようとしている。初めは個人向けではありませんが、個人の足の形に合わせた特注品の製造も計画中だ。
  30. 3-D Knitting Brings Tech to Your Sweaters—for a Price 島精機製作所、3D編み物で繊維産業革命
    横編み機で世界首位の島精機製作所の「ホールガーメント(全服編み)」が注目されている。生地からではなく、衣服を3Dプリントするため、顧客ひとりひとりにカスタイムメイドできるだけでなく、オンデマンドで製造すれば、在庫リスクを最小化できるメリットもある。
  31. SpaceX Has a Reusable Rocket, and Now the Race Is on to Perfect Them 「商用宇宙旅行」時代の再利用型ロケット開発競争
    軍事と研究用途で始まった宇宙開発は、スペースXの再利用型ロケットの打ち上げ・回収成功で「商用宇宙旅行」時代を迎えた。ただし、スペースXの成功は1回だけ。独自の方法を目指す競合他社もあり、実際には再利用型ロケットの開発競争が始まったばかりの段階だ。
  32. Insurers Scramble to Put a Price on a Cyber Catastrophe なぜ損保会社は
    サイバー災害保険の商品化に
    苦慮しているのか?
    損害保険会社が、企業向けサイバー保険の保険料算定に苦慮している。情報漏えいと異なり、被害額が巨大で、リスク管理の手法も確立しているとはいえないからだ。
  33. Self-Driving and Electric Cars Are Going to Have Tons of Strange Effects on Society ガソリンスタンドも駐車場も不要になる自動運転革命の衝撃的未来
    自動運転は事故やドライバーだけでなく、駐車場や公共交通機関まで消してしまうかもしれない。電気自動車でガソリンスタンドがなくなるだけでなく、都市の景観まで変えてしまう可能性がある。
  34. Uber Is Engaged in Psychological Warfare with Its Drivers 心理トリックでドライバーをこき使うウーバーの手口
    ウーバーのドライバー用アプリが心理トリックなどを駆使してドライバーに長時間乗車を仕向けていることがわかった。労働ではなく請負なので違法とはいえないが、長時間の乗車は事故につながりかねず、今後改善される可能性もある。
  35. Uganda’s “Uber for Motorcycles” Focuses on Safety 「ウガンダ版ウーバー」は
    バイク配車サービスで
    現地に特化
    ウーバー型サービスにはさまざまな形態があり得る。ウガンダでは、渋滞が多く、危険な道路事情に適応し、便利で安全なドライバーと乗客をマッチングさせるアプリで利用者を増やしている。
  36. SpaceX Has Reused Its First Rocket スペースX、次は24時間以内のロケット再発射に挑戦
    スペースXが次に目指すのは、24時間以内のロケット再発射だ。ペイロード(積載物)の重量や衛星を投入する軌道にもよるが、ロケット本体は打ち上げコストの3割を占めるるため、再利用型ロケットにより、商用ロケット市場に大きな変化が起きる可能性がある。
  37. The Algorithm Expanding the Science of Color マティス風、ゴッホ風に写真を加工するアルゴリズム
    インスタグラムのフィルターのように画面の色合いを全部書き換えてしまうのではなく、色の組み合わせをクラスター化し、クラスター単位で画像の色を変換できるアルゴリズムの誕生だ。新しい画像フィルター機能など、画像アプリに応用できる。
  38. These Tiny Microphones Will Make It Okay to Spill Beer on Your Amazon Echo アマゾン・エコーが採用?
    防水防塵低電力な
    MEMSマイク
    防水防塵低電力なMEMSマイクをアマゾン・エコーが年内に採用するかもしれない。バッテリー駆動機器の場合、常に電力を消費し、悪環境に弱いするコンデンサー・マイクは、用途を限定させる要因だった。
  39. Baidu’s Plan for Artificial Intelligence without Andrew Ng バイドゥのスター研究者が相次いで退職 検索広告事業は低迷
    中国の検索エンジン大手バイドゥは先週、AIラボを率いる花形研究者を失なった。人工知能テクノロジーに重点を置く長期的な経営方針に変わりはないとはいえ、検索広告事業は低迷しており、ばく大な投資に見合う新規事業を何としても育てようとしている。
  40. LEXUS Visionary Conference Event Report #2 アーティスト、工場労働者、
    介護スタッフは、
    ロボット/AIで
    どんな影響を受けるか?
    アーティスト、工場労働者、介護スタッフは、ロボット/AIでどんな影響を受けるのだろうか? アーティストでもあるQosmoの徳井直生社長、ロボットメーカー、ライフロボティクスの尹祐根CEO&CTO、介護とAIを結びつけようとしているデジタルセンセーションの石山洸顧問が語り合った。
  41. Actually, Steve Mnuchin, Robots Have Already Affected the U.S. Labor Market ロボットは米国の雇用を実際に奪っていることが判明
    ロボットが雇用を奪いかねないことは定性的にはわかっても、定量的なデータがほとんどなかった。しかし、全米経済研究所の研究で、ロボット1台の導入で労働者1000人あたり5.6人分の雇用が失われることが初めてわかった。
  42. Next Up for Amazon’s Mall Takeover: Furniture and Home Appliances アマゾンの実店舗拡大戦略は、ネットの方法の焼き直しだ
    アマゾンは実店舗を拡大する方針を明確にしている。しかし、どうすれば実店舗を拡大できるのか、明確な戦略があるわけではない。ネットと同様、試行錯誤を繰り返し、正解を見つけようとしているのだ。
  43. LEXUS Visionary Conference Event Report #1 暦本純一×平野啓一郎対談
    「機械が進化しても、
    人間もテクノロジーで進化」
    東京大学の暦本純一教授と作家の平野啓一郎さんの対談。人工知能の飛躍的進化で人間の領域が脅かされているようで、テクノロジーで進化するのは人間であり、AIもロボットも進化を支える道具でしかない。欧米の「テクノロジー脅威論」とはひと味違った議論だ。
  44. How Can We Have an Economy without Jobs? ネットスーパーが突きつける「雇用なしで経済は成長するか」問題
    倉庫、配送、販売の各工程で、eコマースと実店舗の融合が進んでいる。ネットスーパー各社が進める究極の効率化で小売業から労働者が消えたとき、消費者は残っているのだろうか?
  45. A Fight Over Tractors in America’s Heartland Comes Down to Software 闇市場を生み出した農業機械のソフトウェアライセンス
    農業機械用ソフトの闇市場を生んだのは、プラットフォーム指向の許諾契約のせいかもしれない。「修理する権利」を守るため、メーカーとの契約を無効化する法律が米国各州で審議中だ。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント