KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

倫理/政策 2020年8月の記事

  1. The UK exam debacle reminds us that algorithms can’t fix broken systems
    「くたばれ、アルゴリズム」成績予測システムのひいきに英国学生が怒りの猛抗議
    コロナ禍にある英国で、実質的な大学入学試験の代わりにアルゴリズムによる成績予測評価が取り入れられた。公平性の担保が狙いだが、アルゴリズムが労働者階級やマイノリティに属する生徒に不利な評価を下すことが分かり、問題となっている。 by Karen Hao2020.8.31
  2. 世界の新型コロナ対策、6カ国の担当者に聞く
    世界各国の新型コロナウイルス対策を紹介する特別シリーズ。現時点で成功した国はどう取り組んだのか。6カ国の担当者に聞いた。 by Krithika Varagur2020.8.28
  3. 強力な接触追跡で感染を抑え込む、ドイツの新型コロナ戦略
    ドイツの新型コロナウイルス対策では、接触追跡が大きな柱の1つとなっている。ロベルト・コッホ研究所のラース・シャード副所長にドイツ政府の戦略について聞いた。 by Krithika Varagur2020.8.28
  4. 接触追跡アプリは「銀の弾丸」ではない、エビデンス必要=英新研究
    ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが実施した新たな研究により、接触追跡アプリだけでは新型コロナウイルス感染症のパンデミックを抑えられないことが改めて示された。 by Patrick Howell O'Neill2020.8.27
  5. スウェーデンが「ロックダウンなし」の独自路線を続ける理由
    集団免疫を達成するために緩慢なロックダウン(都市封鎖)をするというスウェーデンの新型コロナ対策は、世界中で物議を醸している。同国の対策を主導する疫学者に、集団免疫戦略を推進し続ける理由について聞いた。 by Krithika Varagur2020.8.27
  6. Vietnam’s covid hospital
    徹底した隔離で死者ゼロを維持していたベトナムの新型コロナ対策
    ベトナムでは新型コロナウイルス感染症に対して政府が厳しい隔離措置を実施することで8月の初めまで死者数をゼロに抑え込んだ。これまでに新型コロナウイルスに感染した医療従事者はわずか2人だ。by Krithika Varagur2020.8.27
  7. How Ebola helped Liberia prepare for covid
    エボラを経験したリベリアが直面する「新型コロナ陰謀論」問題
    5年前にエボラ出血熱のパンデミックを経験したリベリアは、新型コロナを巡って他国とは異なる問題に直面したという。 by Krithika Varagur2020.8.25
  8. No more maté sharing
    新型コロナを抑え込んだ南米ウルグアイ、数百年続く伝統にも変化
    異例の新型コロナ対策で感染を抑え込んだ南米ウルグアイ。政府チームの顧問が成功の理由と数百年続く伝統が変わった様子について語る。 by Krithika Varagur2020.8.25
  9. How Mongolia has kept the coronavirus at bay
    死者ゼロ、モンゴルの新型コロナ対策を聞く
    モンゴルは中国と世界最長の陸の国境を接し、中国からの人の流入も多いが、新型コロナウイルス感染症による死者は1人も出ていない。ウランバートルにある国立公衆衛生センターの担当者に隔離・検査体制を敷いた経緯について聞いた。 by Krithika Varagur2020.8.25
  10. There is a crisis of face recognition and policing in the US
    顔認識テクノロジーには深刻な人種差別的な偏向があることが判明し、製品開発から撤退するベンダーや使用を禁止する大都市が相次いでいる。しかし警察では、世間のあずかり知らぬところで導入が進められているようだ。 by Tate Ryan-Mosley2020.8.23
  11. The EU is launching a market for personal data. Here’s what that means for privacy.
    欧州連合(EU)は2月、個人データの保護を重視する従来のデータガバナンス戦略を転換し、市民の個人データの共有と収益化を促進するトラスト・プロジェクトを2022年までに立ち上げることを発表した。 by Anna Artyushina2020.8.18
  12. England has started testing a contact tracing app—again
    イングランドの接触者追跡アプリ、アップル/グーグル型で再始動
    技術的な問題を理由に接触者追跡アプリの運用を中止していた英国イングランドは、アップルとグーグルのAPIを利用する新アプリを開発し、試験運用を開始した。 by Charlotte Jee2020.8.18
  13. A guide to the TikTokish apps that want to be the next TikTok
    フェイスブックも参戦、「ポスト・ティックトック」アプリはこれだ
    トランプ大統領の「ティックトック排除」方針を受けて、その地位を競合アプリが虎視眈々と狙っている。ティックトックの競合アプリ4つの違いを紹介しよう。 by Abby Ohlheiser2020.8.13
  14. Is a successful contact tracing app possible? These countries think so.
    接触者追跡アプリを「期待外れ」で終わらせないための5つの助言
    新型コロナウイルスとの戦いにおいて鳴り物入りで登場した接触者追跡アプリに対する評価は今や、「幻滅期の底」にある。しかし、アプリを早期に導入してある程度の成功を収めているアイルランドとドイツの担当者の助言は、今後の方針を立てるのに役立つはずだ。 by Charlotte Jee2020.8.12
  15. The problems AI has today go back centuries
    ディープマインドの研究者が問う「AI界の植民地」問題
    人工知能(AI)の最も厄介な問題点であるアルゴリズム的差別や「ゴーストワーク」は偶然の産物ではない。問題の背景にあるのは、過去に植民地化した者とされた者との間の力の不均衡であり、長く忌むべき歴史を理解することが問題解決の第一歩となる。 by Karen Hao2020.8.6
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る