KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

カルチャー 2020年11月の記事

  1. How election results get certified
    トランプ抵抗でも変わらない、米大統領選の認定プロセス
    トランプ大統領はいまだに敗北を認めず、法廷闘争に持ち込もうとしている。だが、選挙結果認定プロセスは変わらず、淡々と進んでいる。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.24
  2. 「大統領は選挙管理人の仕事に敬意を」米選挙支援委員会トップ語る
    トランプ大統領は今回の大統領選挙では大規模な不正投票があったと主張し続けており、選挙の偽情報を暴いたサイバーセキュリティ部門のトップは解任に追い込まれた。米選挙支援委員会のホブランド委員長に、選挙後に起こったことやトランプ大統領の主張について語った。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.19
  3. 大統領選はまだ終わらない——異例づくしで強くなった米国の選挙
    今回の大統領選挙は、おおむね想定通りに進んでいる。懸念されていたパンデミックは逆説的にシステムを強くし、安全性や完全性、投票率という面で、2020年の選挙は近年のどの選挙よりも優秀だったと総括できるだろう。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.10
  4. 激戦のペンシルベニア州、バイデン当確に時間がかかった理由
    集計作業が続く米大統領選でバイデン候補の当選確実が報じられた。決め手となったペンシルベニア州ではまだ集計が続いている。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.9
  5. あなたが大統領選のデマ拡散者になるのを防ぐ7つのアドバイス
    今回の大統領選挙をめぐっては、かつてないほどの量のデマや誤情報がネットに流され、人々に害をおよぼしている。こうしたネット上の危険から身を守り、激動の選挙週間を乗り切るためには、どのように過ごしたらよいだろうか。 by Abby Ohlheiser2020.11.7
  6. Everyone knew that Trump would declare a premature victory. Social platforms still stumbled.
    「想定内」のトランプ勝利宣言、ソーシャルメディアの対応は?
    トランプ大統領の早すぎる勝利宣言は完全に想定内の行動だった。ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアはすぐに対応に動いたが、すべてに対応できたわけではない。 by Will Douglas Heaven2020.11.6
  7. America’s technological leadership is at stake in this election
    誰が次の大統領になっても、米国は中国との競争力を取り戻さなければならない。「米国が発明して、中国が製造する」という古い固定概念はすでに時代遅れだ。 by David Rotman2020.11.5
  8. It’s 2020 and anti-Semitism is an electoral tactic again
    選挙戦術に利用される「反ユダヤ主義」、分断・対立の標的に
    今回の大統領選挙では、ユダヤ人コミュニティが反ユダヤ主義的なネット広告や、Qアノンのような陰謀論のターゲットにされている。ユダヤ人有権者を他の人種や民族的マイノリティと対立させようとする動きが目立つ。 by Tate Ryan-Mosley2020.11.5
  9. How social media sites plan to handle premature election declarations
    大統領選の「早すぎる」勝利宣言にSNS各社はどう対処しているか
    米国の大統領選挙では、勝敗は投票日当日には決まらず、票を集計して正式に確定するプロセスは投票日の後も続く。投票の結果が確定する前にいずれかの陣営が早まった勝利宣言をして混乱を起こさないようにするために、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアは対応している。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.5
  10. Five Supreme Court rulings that signal what to expect next
    米大統領選「投票日以降」の行方を占う5つの判決
    今回の大統領選挙では、郵便の遅延が起こっていることを受けて、複数の州が郵送票の集計の規定を見直している。最高裁判所がどのような判決を下すかが、選挙結果の行方を決める可能性がある。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.4
  11. What to expect on Election Day
    大統領選当日に起こること、分かること、分からないこと
    11月3日の大統領選当日に何が起こるのか? 何が分かって、何が分からないのか? 専門家たちの見立ては。 by Patrick Howell O'Neill2020.11.3
  12. Congress was warned over QAnon. Hours later, Trump boosted it.
    「Qアノン? 知らない」公聴会の夜にトランプ大統領が語ったこと
    下院諜報活動常任特別委員会が主催した公聴会で、専門家は「危険な」陰謀論に関する現状への警告や対策について証言した。しかし、その夜の全国テレビ放送に登場したトランプ大統領は、陰謀論を知らないとしつつも、その一部を認め、称賛するような発言をした。 by Tate Ryan-Mosley2020.11.3
  13. Voters should resist blaming every election glitch on political interference
    主張:開票トラブルをすべて「不正」扱いするべきではない
    新型コロナウイルスのパンデミックに加えて期日前投票がかつてないほど多いことから、一般的なトラブルまでも、敗北した陣営から「不正」と非難される口実に使われる可能性がある。 by Edward Perez2020.11.2
  14. “It’s been really, really bad”: How Latinx voters are being targeted by disinformation
    勝敗の鍵握るラテン系米国人熾烈なデマ工作の標的に
    2020年の米大統領選において最大のマイノリティ集団となるのが、ラテン系有権者だ。ネット上ではラテン系コミュニティを標的にしたデマ工作が横行している。 by Tate Ryan-Mosley2020.11.2
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る