1. ビジネス・インパクト
    ビル・ゲイツ選「ブレークスルー・テクノロジー10」発表にあたって
    MITテクノロジーレビューが毎年発表している「ブレークスルー・テクノロジー10」の2019年版では、ビル・ゲイツ氏に選考を依頼した。その背景を米国版編集長が解説する。 Gideon Lichfield4カ月前
  2. 知性を宿す機械
    ビル・ゲイツインタビュー「私が10大テクノロジーを選んだ理由」
    MITテクノロジーレビューが、今回の「2019年版ブレークスルー・テクノロジー10」の選出を依頼したビル・ゲイツ氏に、なぜそれらのテクノロジーが重要なのか、考えを聞いた。ゲイツ氏の未来観は総じて楽観的だった。 Gideon Lichfield4カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    空の移動革命へ向けた動きが慌ただしい。日本でも経済産業省が中心となり、「空飛ぶ車」の2023年の事業化を目指している。1月に開かれたダボス会議での専門家パネルでは、空飛ぶ車の実用化への見通しが語られた。 Gideon Lichfield6カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    フェイスブックの検閲マニュアルが流出、要注意人物のリストも
    社会は、オンライン上でのヘイト発言を止めさせるようフェイスブックに要求した。そして、まさに求めた通りのものを手にしたのだ。 Gideon Lichfield8カ月前
  5. 生命の再定義
    医療とテクノロジーの未来:「生命の不平等」とも向き合う覚悟を
    ヒトゲノムの解読に初めて成功してから20年が過ぎ、膨大な量の医療データが利用可能になり、分析ツールが揃ってきたことで、個人ごとにカスタマイズした「適確医療」が現実となる日が近づきつつある。MITテクノロジーレビューの適確医療特集に寄せる、米国版編集長からのエディターズ・レター。 Gideon Lichfield9カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    巨大な影響力を持ちながら、ヘイト発言やデマを防げないフェイスブックやグーグルに対して、規制や解体を求める声が米国で高まっている。だが、フェイスブックの前最高セキュリティ責任者であるアレックス・スタモスは「言論の自由を奪う危険な考えだ」という。 Gideon Lichfield10カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    創刊119年目を迎えたMITテクノロジーレビューの新しいミッション
    MITテクノロジーレビューはこのほど、新しいミッション・ステートメントを発表した。米国版のギデオン・リッチフィールド編集長がその背景と狙いを解説する。 Gideon Lichfield13カ月前
  8. コネクティビティ
    一大ブームとなった新規暗号通貨公開(ICO)は何が問題なのか。ICOを有益なものにするにはどうすればいいのか。MITメディアラボ デジタル通貨イニシアチブのロブレ・アリに聞いた。 Gideon Lichfield15カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    ブレークスルー・
    テクノロジー10
    2018年版発表にあたって
    MITテクノロジーレビューは「2018年版ブレークスルー・テクノロジー10」を発表した。17回目となる今年のポイントを米国版編集長のギデオン・リッチフィールドが解説する。 Gideon Lichfield17カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    ホーキング博士が76歳で死去、宇宙論の進歩に貢献
    ブラックホールの研究と、半世紀にわたってALS(筋萎縮性側索硬化症)を生き抜いて成功を成し遂げたことで知られる英国の宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士が死去した。76歳だった。 Gideon Lichfield18カ月前