KADOKAWA Technology Review
×
「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
ボビー・ジョンソン 15 Stories
プロフィールを見る
  1. 生命の再定義
    アストラゼネカ製ワクチンの接種が欧州で一時停止、その理由は
    ドイツやスペイン、イタリア、フランスをはじめとする欧州諸国で、アストラゼネカ製ワクチンの接種が一時的に停止されている。当局は、血栓が生じる可能性を懸念しての「予防的措置」と説明しているが、疑念と混乱が広がっている。Bobbie Johnson3カ月前
  2. コネクティビティ
    米通信品位法230条、民主党改正案が裏目に出る可能性
    プラットフォームの法的責任を免除することを規定した通信品位法230条を改正すべきだとする声が米国内で高まっている。米民主党が発表した改正案には支持する声がある一方、逆効果との声も上がっている。 Bobbie Johnson4カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    ビジネスから医学、気候に至るまで、あらゆる分野において未来を予測することは複雑かつ重要な仕事だ。未来をどう予測すればいいのだろうか。次に訪れるものは何だろうか。7人の専門家に聞いた。 Bobbie Johnson5カ月前
  4. コネクティビティ
    登場から半年、世界の接触者追跡アプリはどう変わったか?
    新型コロナウイルス感染拡大を防ぐ有力な手段となった接触者追跡アプリをめぐる状況は刻々と変化している。実質的な義務化に舵を切る国もあれば、批判を受けて透明性の向上に取り組む国もある。 Bobbie Johnson6カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    米国で接触者追跡アプリ規制法案、アップル・グーグルを事実上追認
    接触者追跡アプリを規制する法案が米国議会に提出された。ただし、その内容はアップルとグーグルのポリシーのほぼ焼き直しだ。 Bobbie Johnson13カ月前
  6. コネクティビティ
    接触者追跡ってどんな仕事?米国の最前線で働く3人に聞いた
    新型コロナウイルス感染症患者への濃厚接触者を追跡するため、米国では多くの人を雇っている。図書館員や元医療関係者など、その職歴はさまざまだ。 Bobbie Johnson13カ月前
  7. コネクティビティ
    普及率世界一のアイスランド、追跡アプリは決め手になったか?
    アイスランドが新型コロナウイルス感染症対策に用いている自動接触者追跡アプリは、国民全体の40%近くがダウンロードし、世界一高い普及率を達成している。しかし、追跡対策を監督している調査官によると、感染症封じ込め対策の決め手にはならなかったという。 Bobbie Johnson13カ月前
  8. コネクティビティ
    「新型コロナ追跡アプリ」追跡プロジェクト ご協力のお願い
    MITテクノロジーレビューが立ち上げた「コビッド・トレーシング・トラッカー(Covid Tracing Tracker)」プロジェクトではさらなる情報を求めています。 Bobbie Johnson13カ月前
  9. コネクティビティ
    世界各国の取り組みを比較
    「接触者追跡アプリ」
    追跡プロジェクト始めます
    新型コロナウィルス感染症が確認された人と接触した人を追跡するアプリが続々と登場している。国によってアプリの仕組みやポリシーに違いがあることから、MITテクノロジーレビューはこのほど、「コビッド・トレーシング・トラッカー」プロジェクトを開始した。 Bobbie Johnson13カ月前
  10. 生命の再定義
    国別グラフで見る、新型コロナのパンデミックはどう拡大したのか?
    新型コロナウィルス感染症(COVID-19)のパンデミックの様子をアニメーション・チャートで見てみよう。中国の症例数が初期の数週間で何万人にも急増したにもかかわらず、他の国々で深刻なアウトブレイクが起こる前には収まっている。 Bobbie Johnson15カ月前
  11. 知性を宿す機械
    誰がテクノロジーを「規制」するのか?
    テクノロジーが社会に大きな影響が及ぼすようになった現在、テック企業をいかに規制すべきかが大きな課題になっている。専門家たちが、テック業界が適正な義務を果たすために負うべき責任について語った。 Bobbie Johnson2年前
  12. 知性を宿す機械
    軍事AI、研究者は「拒否」よりも「関与」を 元国防官僚が訴え
    AIの軍事利用をめぐって、研究者らの反発が目立っている。だが、元米国防総省高官はむしろ「建設的な関与」がよい結果をもたらすと主張する。 Bobbie Johnson2年前
  13. 知性を宿す機械
    高すぎる創薬コスト、
    「イールームの法則」は
    機械学習で覆せるか?
    飛躍的に増加する創薬コストを抑えるために、機械学習の活用が注目されている。だが、患者のプライバシー保護のためにデータの共有が著しく制限されており、機械学習に必要な規模の良質なデータを手に入れるのは困難な状態にあるという。 Bobbie Johnson2年前
  14. 知性を宿す機械
    テック企業は「シャローフェイク」に対処を、人権活動家ら訴え
    人工知能(AI)を利用して偽の画像や映像を合成する「ディープフェイク」の問題が注目されている。だが人権活動家らはその前に「シャローフェイク」によるデマがすでに社会に蔓延していることに注目すべきだという。 Bobbie Johnson2年前
  15. 知性を宿す機械
    「AI研究者はもっと他分野と協働を」 コーネル大研究者が訴える理由
    人工知能(AI)が社会のさまざまな分野で使われているにもかかわらず、AIの研究者と実際に使う人の間には大きな隔たりがある。AIが社会に貢献するためには、研究者はAI導入で影響を受けるコミュニティや社会科学の専門家たちともっと協働する必要があるという。 Bobbie Johnson2年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る