1. 持続可能エネルギー
    気候変動が
    「差し迫った脅威」に
    変わった日
    大気中に排出した二酸化炭素が完全な温暖化効果を得るには何年もかかるが、その効果は数千年にわたって持続する。二酸化炭素排出量の削減によって気候変動を解決しようとしても、すでに手遅れなのかもしれない。 James Temple2年前
  2. 持続可能エネルギー
    繰り返される山火事の悲劇
    「減災」はなぜ進まないのか
    カリフォルニア州で発生した大規模森林火災は、多くの犠牲者(少なくとも56人)を出す大惨事となった。土地の利用法、建築規制、森林に燃料となる木材が蓄積されないよう管理すること、火の元となりうる電力供給網を強風時に停止することなど、これまでのやり方を再発明する決意で臨まなければならない。 James Temple2年前
  3. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州で、2045年末までに州の電力を100%カーボンフリーとする法案が成立する。50%達成は比較的容易と見られているが、残り50%の達成ははるかに難しくコストがかかるとされており、エネルギー貯蔵システムへの大規模投資や送電インフラの拡張、新たな技術革新が必要になる可能性がある。 James Temple2年前
  4. 持続可能エネルギー
    火力発電や原子力発電に代わる「主力電源」として、太陽光や風力などの再生可能エネルギーに対する期待は大きい。だが、安定的な電力供給に必要な蓄電システムの構築にかかるコストは、現時点では2.5兆ドル(米国の場合)にも上る。脱炭素社会へ向けた現実的なシナリオが必要だ。 James Temple2年前
  5. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州議会で、米国西海岸各地に広がる送電網を統合する法案の検討が進められている。しかし、エネルギー政策の異なる他の州と契約を結ぶことで、カリフォルニア州がこれまで進めてきたクリーン・エネルギー政策が阻害されてしまう恐れがある。 James Temple2年前
  6. 持続可能エネルギー
    高すぎるコスト、カリフォルニア州の太陽光パネル義務付けに疑問
    米カリフォルニア州で新築住宅に太陽光パネルの設置が義務付けられた。太陽光発電所に比べて発電コストが高く、温室効果ガスの削減政策として疑問の声が上がっている。 James Temple2年前
  7. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州で過去最悪の山火事、気候変動も影響か
    米カリフォルニア州で発生した大規模な山火事は甚大な被害をもたらした。原因はまだ特定されていないが、長引く干ばつと記録的な猛暑の影響を指摘する声がある。 James Temple3年前
  8. 持続可能エネルギー
    再生可能エネルギーの需要は高いが、供給能力は低い。浮体式洋上風力発電は環境への影響は小さいとされるが、コストが高く中止に追い込まれたこともある。しかし、行政による再生可能エネルギーの後押しもあり、高コストでもビジネスになる可能性がでてきた。しかし、地元住民にすれば、自分の海ではやめてくれということになる。結局のところ、誰が再生可能エネルギーを推進するのか、難しい問題が洋上を漂うことになる。 James Temple3年前
  9. 持続可能エネルギー
    パリ協定離脱でも
    カリフォルニア州が目指す
    クリーンエネ推進策の中身
    カリフォルニア州議会で提案された新しいキャップ・アンド・トレード法案は、トランプ政権がパリ協定離脱を決め、予算削減を進める中で、クリーンエネルギー研究のために何億ドルもの資金を割り当てる野心的な計画だ。 James Temple3年前
  10. 持続可能エネルギー
    テスラ、カリフォルニア州で2500世帯分の蓄電設備を構築
    素晴らしい発明だが、巨大リチウムイオン電池はおそらく将来的なエネルギー供給を担う存在ではないだろう。 Jamie Condliffe4年前
  11. ビジネス・インパクト
    Calexit:トランプ当選とシリコンバレーの動揺
    カリフォルニア州を米国から独立させる主張は、メキシコとの国境に壁を作ると述べたドナルド・トランプの計画と同じくらい現実味がない。 Jamie Condliffe4年前
  12. 持続可能エネルギー
    カリフォルニア州2030年に
    二酸化炭素排出量40%削減へ
    カリフォルニア州で野心的な二酸化炭素排出量削減法が成立。2030年までに40%削減。 Michael Reilly4年前