1. コネクティビティ
    米国では人口の5分の1近くの人がアマゾン・アレクサのような家庭用AI(人工知能)アシスタントを使っている。口頭での様々な指示や命令に応えるのような家庭用AIアシスタントは今後、一層普及が進むだろうが、家庭に入り込んだAIアシスタントが、子どもたちの成長にどんな影響を与えるのかはあまりわかっていない。 Rachel Metz2年前
  2. コネクティビティ
    アップルがAIアシスタント市場参入、ただし売りは「スピーカー」
    アマゾンやグーグルが先行するホーム・アシスタント市場についにアップルが参入した。ただし、アップルが訴求するのはあくまでも音楽再生機能だ。 Rachel Metz2年前
  3. コネクティビティ
    オープンソースでカワイイ♥音声アシスタントが登場
    アマゾン・エコーのようなホームアシスタントが米国で人気だ。あるスタートアップ企業が手掛ける「かわいい」音声アシスタントの狙いは、デバイスへの組み込みにある。 Rachel Metz2年前
  4. 知性を宿す機械
    フェイスブックが約1万人限定で提供中のチャットボット「M」は、映画のチケット予約や企業への問い合わせなど、アレクサやSiriができないことでも回答できる。しかし、高度な賢さには秘密がある。 Tom Simonite2年前
  5. コネクティビティ
    イヤホンだってスマートになれる!「ヒア・ワン」製品レビュー
    シンプルな外見に、左右3つずつのマイクとタッチ・センサーを内蔵したスマート・イヤホンが新発売された。改善点は多いが、イヤホンでこれだけスマートにできるなら、イノベーションはあらゆる製品で起こせそうだとわかる。 Rachel Metz3年前
  6. コネクティビティ
    Siriの会話力、強化学習で大幅改善へ
    強化学習版のSiriが開発されていることがわかった。アレクサに対抗するために、既存ユーザーとSiriとの会話は、強力なリソースになる。 Will Knight3年前
  7. ビジネス・インパクト
    再利用可能ロケット、免疫工学、テスラのオートパイロットなど、昨年選んだ新しいアイデアは、どこまで世界を変えただろうか? Tom Simonite3年前
  8. コネクティビティ
    アマゾンとグーグルはなぜスピーカーで戦っているのか?
    グーグルとアマゾンは、家庭内バーチャルアシスタントの必要性を証明しようと、しのぎを削っている。両社の争いは、スマートスピーカーにとっては最高の状況かもしれない。 Tom Simonite3年前
  9. コネクティビティ
    グーグルアシスタントは検索ビジネスを破壊するか?
    グーグルのチャットボットで検索は便利になるが、ビジネスモデルを破壊してしまう可能性もある。 Tom Simonite3年前
  10. コネクティビティ
    Siri開発元が次に目指すのは感情を読み取るボット
    人間のイライラを検出するとゆっくり話して人間に寄り添うバーチャルアシスタントが開発されている。 Signe Brewster3年前
  11. コネクティビティ
    アップル、人工知能で苦戦
    原因は秘密主義と成功体験
    アップルが崇拝される元にもなっている秘密主義と徹底した製品改良の姿勢は、機械学習分野でアップルに人材が集まらない原因かもしれない。 Will Knight3年前
  12. コネクティビティ
    アマゾンの音声アシスタント
    Amazon Echoの実力と限界
    アマゾンは、アプリこそ音声認識スピーカーEcho成功の鍵だとわかっている。 Stacey Higginbotham3年前
  13. 持続可能エネルギー
    機器別に消費電力を計測
    本当に賢いスマートメーター
    配電盤で取り付けて、電機製品の消費電力を個別に計測できる計測機「センス」が299ドルで販売中。 David Talbot3年前
  14. ビジネス・インパクト
    ビジネス向けSiri型
    人工知能サービス
    アップルのSiriやマイクロソフトのコルタナが注目される一方で、ビジネスパーソン向けのAIを搭載したアシスタントやソフトウェアがあり、人気を獲得している。 Elizabeth Woyke4年前