KADOKAWA Technology Review
×
35歳未満のイノベーター35人
Chad Hagen
35歳未満のイノベーター35人2022
年恒例のコンテスト「イノベーターズ・アンダー35」は、少数のスマートな若者を紹介することだけが目的ではない(もちろん、それも目的の一つではあるが)。このコンテストは、テクノロジーがこれから向かう先をお伝えすることが目的だ。今年の受賞者が解決しようと試みた問題について知ることができるだけでなく、近い将来に実現するであろう人工知能(AI)やバイオテック、材料、コンピューティングや気候変動対策についても垣間見ることができるだろう。全体のイメージを掴むため、当コンテストの審査員や過去の受賞者の中から5人の専門家に、それぞれの分野で最も有望視していることと、最大の障害になりうることについて短いエッセイを書いてもらった。みなさんには、このリストから刺激を受け、これからの数年間で期待されるものを感知していただければ幸いだ。
AI/ロボット工学
人工知能(AI)の分野は目覚ましく進展している。しかし、だからといって機械に人間の知能を持たせることができるというわけではないことに注意すべきだ。
医学/生物工学
バイオテクノロジーの可能性を書き換える。
気候変動
今後10年間で、温室効果ガスの排出量をギガトンレベルで削減するには、何十もの画期的な気候テクノロジーが必要になる。
コンピューター/電子機器
あたらしい材料やアプローチがコンピューターのあり方を一変させようとしている。その日は予想より早く来るかもしれない。
材料科学
ナノスケールのコンポーネントで設計・製造された材料が、科学と工学のあらゆる分野の可能性を変える
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る