1. レイラ・ピラージ(リヴァイヴ・メッド)
    患者の体内の小分子を、より多く迅速に識別できるAIベースのシステムを開発。病気の特定や新たな治療法の発見に役立つ可能性がある。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  2. アンドレアス・プシュニク(チャン・ザッカーバーグ・バイオハブ)
    ウイルス性疾患の普遍的な治療法を模索する研究者のおかげで、人類は次のパンデミックに備えられるかもしれない。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  3. トニー・パン(モダン・エレクトロン)
    パンがCEOを務めるモダン・エレクトロンは、自宅で効率よく発電できるミニ発電所を作り、温室効果ガス排出量の削減に寄与しようとしている。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  4. モハメド・ダウアフィ(キュア・バイオニクス)
    高機能であるだけでなく、低所得国の人々も手に入れやすい価格の義肢を開発し、自身の創業したスタートアップ企業で間もなく販売しようとしている。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  5. リリー・ツァイ(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)
    エアコンの使い方を一変させるようなエネルギー効率の高い生地を開発。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  6. グレゴリー・エクチャン(マサチューセッツ工科大学)
    がん放射線療法の安全性と効果を高める方法を発明。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  7. リー・ジーウェイ(シャノン、浙江大学)
    グーグルとフェイスブックの両企業がリリースした新しいチャットボットでは、リーの手法が中核となっている。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  8. イニオルワ・デボラ・ラジ(AIナウ研究所)
    顔認識システムの訓練に使われるデータの人種的なバイアスを研究。ラジの研究は企業に変革を迫っている。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  9. シッダール・クリシュナン(マサチューセッツ工科大学)
    安く、すばやく、簡単な病気診断を実現する強力な小型センサー。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  10. アイメア・ドラン(アイルランド国立大学ゴールウェイ校)
    埋め込み型医療機器が上手くいかない主な原因のひとつである異物反応を起こさせない小型のロボット装置を開発し、「バイオ人工膵臓」の設計に取り組んでいる。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  11. カタリーナ・ヴォルツ(オッカムズレーザー)
    愛する人がパーキンソン病と診断されたことをきっかけに、機械学習を用いてその病の治療法を探究する企業を立ち上げた。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  12. レイラニ・バトル(メリーランド大学)
    従来よりも高速にデータを選別できるバトルのプログラムによって、科学者がより科学に集中できるようになる。 MIT Technology Review Editors4カ月前

  13. ミゲル・モデスティーノ(ニューヨーク大学)
    化石燃料の熱を使う代わりに、AIで分析して得られた電気パルスのパターンを使って化学反応を最適化することで、化学産業の二酸化炭素排出量の削減を目指している。MIT Technology Review Editors4カ月前

  14. アビナシュ・マンジュラ ・バサワンナ(ハーバード大学)
    プラスチックによる環境破壊を食い止めるために、商業規模で生産でき、多くの石油系プラスチックと同等の耐性があり、水中においてわずか2か月で分解するバイオプラスチックを開発した。MIT Technology Review Editors4カ月前

  15. アドリアナ・シュルツ(ワシントン大学)
    材料科学や工学を理解していなくても、誰でも製品を設計できるコンピューターベースのツールを開発している。MIT Technology Review Editors4カ月前

  16. デビッド・ワーシンガー(パデュー大学)
    淡水化の一般的な方法である逆浸透法を改良してエネルギー効率および抽出効率を高めることで、世界の水不足問題に対処しようとしている。MIT Technology Review Editors5カ月前

  17. ランドール・ジェフリー・プラット(チューリッヒ工科大学)
    遺伝子のスイッチのオン・オフの変化を映像で記録するツールを開発。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  18. ジェニファー・グリック(IBMクオンタム)
    量子コンピューターがうまく機能するなら、何に使えるのだろうか? グリックはその答えを探っている。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  19. ゲーナ・アルハナイ(南カリフォルニア大学)
    石油採掘施設や原子炉、淡水化プラントといったインフラへの過度の依存は、危機の際に惨事をもたらす可能性がある。アルハナイのデータ駆動型フレームワークは、国家が準備を整えるのに役立つ可能性がある。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  20. ローズ・ファギー(ヒューストン大学、マサチューセッツ工科大学)
    発汗活動の微小な変化を分析することで脳の状態を監視できるスマートウォッチを開発している。MIT Technology Review Editors5カ月前

  21. ボー・リー(イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校)
    人工知能(AI)を欺こうとする「敵対的攻撃」に対抗するための新たな手法を考案し、AIをより堅牢なものにしようとしている。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  22. アレックス・ル・ルー(アイコン)
    24時間で家全体の壁面を構築できる産業用3Dプリンターを開発し、低所得層50世帯を収容する世界初の3Dプリント・コミュニティを建設している。MIT Technology Review Editors5カ月前

  23. シーホン・ワン(シカゴ大学)
    あらゆる種類の新しいデバイスを可能にすることが期待される伸縮性のあるマイクロチップを開発。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  24. ベンカット・ビスワナサン(カーネギーメロン大学)
    バッテリーのリチウム電極間に配置するハイブリッド・セパレーターを開発し、よりエネルギー密度の高いバッテリー実現への道を開いた。MIT Technology Review Editors5カ月前

  25. ズラトコ・ミネフ(IBMトーマス・J・ワトソン量子研究所)
    ボーアとアインシュタインを悩ませた量子跳躍の課題を解決し、量子コンピューティングのエラーを減少させる可能性への道を開いた。MIT Technology Review Editors5カ月前

  26. アティマ・ルイ(ヌードメーター)
    どんな肌の色の人でも、その肌に合ったファンデーションカラーを選べるAIベースのアプリを開発し、化粧品業界における薄い色の肌の偏重を正そうとしている。MIT Technology Review Editors5カ月前

  27. ドンジン・ソ(ニューラリンク)
    脳・機械インターフェイス(BMI)開発の一環として、頭蓋骨に開けた孔に収まる低消費電力ワイヤレス・コンピューターチップを設計している。MIT Technology Review Editors5カ月前

  28. アンドレイ・カルパシー(テスラ)
    カメラの画像内で何が起こっているかを全体的に理解できるニューラルネットワーク構築手法を開発し、車の自動運転機能に適用している。MIT Technology Review Editors5カ月前

  29. アナスタシア・ボルコバ(フリューロサット)
    リモートセンシングやその他の技術を使用して作物の健康状態を監視し、農家が最も必要な部分に労力を集中できるように支援するプラットフォームを開発。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  30. レベッカ・セイヴ(トゥエンテ大学、ETCソーラー)
    太陽光パネル表面の金属線が太陽光を反射してしまう問題を解決し、発電性能を向上させる技術を開発した。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  31. ナディア・ピーク(ワシントン大学)
    人々が考えることがほぼすべて実行できるような新しいモジュール式コンポーネントを開発し、可能な限り低コストで入手しやすいものにしようとしている。MIT Technology Review Editors5カ月前

  32. マニュエル・ル・ガロ(IBM基礎研究所)
    より高速でエネルギー効率が高く、高精度なコンピューティング・アーキテクチャを開発し、AIモデルの訓練における電力消費量の削減に成功した。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  33. モーガン・ベラー(フェイスブック)
    フェイスブックに入社早々、暗号通貨事業への参入を上司に提案し、自ら同事業の主要人物となった。MIT Technology Review Editors5カ月前

  34. クリスティーナ・ボヴィレ(アラレズ・バイオ)
    製造に時間がかかる「非標準アミノ酸」を、たった数日で生産できる独自の酵素を開発した。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  35. オマー・アブディエ(マサチューセッツ工科大学)
    CRISPRを使った家庭用新型コロナウイルス検査キットの開発に挑戦している。 MIT Technology Review Editors5カ月前

  36. フアンピン・ジョウ(北京大学)
    シリコン太陽電池の安価で高効率な代替品を実現するイノベーション MIT Technology Review Editors3年前

  37. フムサ・ベンカテシュ(スタンフォード大学)
    新種の医薬品の開発につながる可能性があるがん増殖の秘密を発見した。 MIT Technology Review Editors3年前

  38. アリス・チャン(ヴァージ・ゲノミクス)
    機械学習を使って、パーキンソン病やアルツハイマー病を抑えるのに効果のある化合物を探している。MIT Technology Review Editors3年前

  39. ミンミン・イェン(ファージプロ)
    コレラは死に至る病であり、ワクチンは必ずしも有効ではない。イェンはワクチンより良い解決策を開発した。 MIT Technology Review Editors3年前

  40. メンノ・ヴェルドホースト(デルフト工科大学)
    量子回路をシリコン上に作る方法を考案し、キュービットを用いた演算ができることを実証した。シリコン上に作るのは、以前は不可能と考えられていた。 MIT Technology Review Editors3年前

  41. アルチャナー・カマル(マサチューセッツ大学ローウェル校)
    量子情報を伝送するコンポーネントを縮小することで、量子コンピューティングの難題を解決した。 MIT Technology Review Editors3年前

  42. プリネハ・ナラン(ハーバード大学)
    原子レベルでの材料設計という科学者の長年の目標が手の届くところに近づきつつあり、新世代のテクノロジーにつながる可能性がある。 MIT Technology Review Editors3年前

  43. ムスタファ・スレイマン(ディープマインド)
    AIを通じて、人間の苦しみの軽減に取り組む。 MIT Technology Review Editors3年前

  44. ジョン・シュルマン(オープンAI)
    AIエージェントが訓練で得た知識を新しい状況に適応できるように、自ら試行錯誤するという重要なアルゴリズムを開発している。 MIT Technology Review Editors3年前

  45. ナビハ・サクライェン(セリノ・バイオテック)
    安価なレーザーを用いて遺伝子を編集する方法を開発した。 MIT Technology Review Editors3年前

  46. アダム・マーブルストーン(カーネル)
    脳内の個々のニューロンを記録する方法に関する基本的戦略として知られる論文を執筆した。 MIT Technology Review Editors3年前

  47. マナン・スリ(インド工科大学)
    人間の脳の仕組みを模倣したコンピューター・チップを開発した。 MIT Technology Review Editors3年前

  48. シャール・バーノ(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)
    国家検閲と戦い、テクノロジーの解明で検閲を回避できるようにした。 MIT Technology Review Editors3年前

  49. アレッサンドロ・キエーザ(カリフォルニア大学バークレー校)
    ゼロ知識証明を使った暗号通貨Zキャッシュは、すでに時価総額10億ドルを超えている。 MIT Technology Review Editors3年前

  50. ション・シュー(カリフォルニア大学サンディエゴ校)
    電子回路に伸縮性を与える。 MIT Technology Review Editors3年前

  51. マルジエ・ガセミ(トロント大学)
    人工知能(AI)を利用して、厄介な病院データを解明。 MIT Technology Review Editors3年前

  52. ニキ・バヤト(エスキュラテック)
    失明しないように眼の傷口をふさぐ化学物質を開発。最終目的は、より良い緑内障治療法の考案だ。 MIT Technology Review Editors3年前

  53. ブレンダン・レイク(ニューヨーク大学)
    膨大なサンプルが不必要な深層学習方法を開発。機械が人間と同様に柔軟に学べるようにした。 MIT Technology Review Editors3年前

  54. チー・シュー(アリペイ)
    1日10億件を処理できるオンライン決済を、誰でも使える金融サービスにまで拡張した立役者。 MIT Technology Review Editors3年前

  55. ナタリヤ・ベイリー(アクシオン・システムズ)
    電気エネルギーを利用して小型の人工衛星を推進するシステムを開発した。 MIT Technology Review Editors3年前

  56. ジュリアン・シュリットヴィーザー(ディープマインド)
    世界最強の囲碁棋士に勝利した「アルファ碁」を打ち負かしたプログラムの設計に携わった。 MIT Technology Review Editors3年前

  57. アレクサンダー・ロバート(フォーオールセキュア)
    コンピュータ自身が、ハッキングを受けたときに修復を始めたらどうだろうか。後手に回るセキュリティに新風を吹き込む。 MIT Technology Review Editors3年前

  58. ジョイ・ブォロムウィニ(MITメディア・ラボ/アルゴリズム・ジャスティス・リーグ)
    自分の顔をAIが認識できなかったのをきかっけに、AIの偏見に立ち向かう運動を開始した。 MIT Technology Review Editors3年前

  59. チェルシー・フィン(バークレー人工知能研究所)
    フィンのロボットは幼児のようだ。大人を見て、真似して学ぶ。 MIT Technology Review Editors3年前

  60. シンジニ・クンドゥ(カーネギーメロン大学)
    医療画像は詳細すぎて、人間が読み解くのは困難な場合がある。クンドゥのプログラムは、目に見えないほど微細な初期段階の病気のパターンを発見できる。 MIT Technology Review Editors3年前

  61. シュレイヤ・デイヴ(ヴィア・セパレーション)
    実用的ではないと思っていた分子濾過膜が、工業プロセスにおけるエネルギー削減に役立つかもしれない。 MIT Technology Review Editors3年前

  62. バルバリータ・ララ(エマーコム)
    母国の大地震をきっかけに、デジタルとアナログ技術を融合した災害警報発信システムを発明。 MIT Technology Review Editors3年前

  63. ジェームズ・ダールマン(ジョージア工科大学)
    体内で薬剤を運ぶナノ粒子にDNAバーコードでラベル付けをすることで、300種類ものナノ粒子が狙った部位に到達しているかどうかを一度に検査できる。 MIT Technology Review Editors3年前

  64. ジョナス・クリーブランド(コージー・ロボティクス)
    近未来型買い物ロボットの創造を支援。 MIT Technology Review Editors3年前

  65. ヘラ・フサイン(チャイアン)
    クラウドソーシングを駆使した非営利団体は、女性への暴力や抑圧に立ち向かう。 MIT Technology Review Editors3年前

  66. イン・チー(メグヴィー)
    顔認識プラットフォームは中国のビジネスを変えた。 MIT Technology Review Editors3年前

  67. ウィル・マクリーン(フリークエンシー・セラピューティクス)
    人間の難聴はこれまでずっと不可逆的なものだった。マクリーンのイノベーションがその状況に変化をもたらすかもしれない。 MIT Technology Review Editors3年前

  68. ウィリアム・ウッドフォード(フォーム・エナジー)
    次世代の送電網を支えるリチウムイオン電池に勝る材料を探究している。 MIT Technology Review Editors3年前

  69. アシュトシュ・サクセナ(ブレイン・オブ・シングス)
    スマートスピーカーが期待したほどうまく機能しなかったことを受け、サクセナは自らより良いシステムを開発した。 MIT Technology Review Editors3年前

  70. エリザベス・ナイコ(モジュラリティ・グリッド)
    アフリカのための小規模送電網が、世界中の電力網の効率アップにつながるかもしれない。MIT Technology Review Editors3年前
  71. 知性を宿す機械
    ハーバード大学の著名教授が量子アルゴリズムを提供するスタートアップ企業を共同創業した。量子コンピューティング時代の幕開けが喧伝される中、量子アルゴリズムを作成できる技術者の数は極めて少なく、支配的な地位を築ける可能性がある。 Martin Giles3年前
  72. コネクティビティ
    「ネットの社会問題」はテクノロジーの力で解決できるのか?
    アルファベット傘下のジグソーのヤスミン・グリーン研究開発部長は、世界をよりよい場所にできるかもしれないという希望を抱いて、テクノロジーを活用している。それは簡単なことではない。Rachel Metz4年前
  73. コネクティビティ
    トレイシー・チョウ(プロジェクト・インクルード)
    データを通じてテック業界に欠けていた「多様性」の視点を吹き込んだプログラマー。 MIT Technology Review Editors4年前
  74. コネクティビティ
    オルガ・ロッサコフスキー(プリンストン大学)
    クラウドソーシングを利用して、コンピューター・ビジョンを進化させた。 MIT Technology Review Editors4年前
  75. コネクティビティ
    フィリッパ・ジル(マサチューセッツ大学アーマスト校)
    インターネット検閲を判定する手法を編み出し、イエメンで実証した研究者。 MIT Technology Review Editors4年前
  76. コネクティビティ
    ガン・ワン (アリババ)
    消費者向けAIの製品化で最前線に立つ研究者。 MIT Technology Review Editors4年前
  77. コネクティビティ
    ビル・リウ(ロイヤル)
    フレキシブルなオールインワンのコンピューティング・デバイスで人々に新しい体験を与える。 MIT Technology Review Editors4年前
  78. コネクティビティ
    ラーダ・ボヤ(マンチェスター大学グラフェン研究所)
    世界で最も狭い通路は水やガスのろ過を一新するかもしれない。 MIT Technology Review Editors4年前
  79. コネクティビティ
    アブディガニ・ディリエ(イノベート・ベンチャーズ、IBMアフリカ研究所)
    ソマリアでスタートアップ企業を支援し養成する初の団体を創立した、IBMのコンピューター科学者。 MIT Technology Review Editors4年前
  80. コネクティビティ
    タリス・ゴメス(シヌー)
    美容版ウーバーでネイリストは弁護士並みの収入が得られる。 MIT Technology Review Editors4年前
  81. コネクティビティ
    シャオ・ジアンシャオ(オートX)
    オートXのシャオCEOの自律自動車は、夜間や悪天候でも自律走行できる。 MIT Technology Review Editors4年前
  82. コネクティビティ
    キャサリン・テイラー(ケスワークス)
    3倍の効率を持つ灌漑用ポンプは、インドの何百万人もの農民の生活を変えるかもしれない。 MIT Technology Review Editors4年前
  83. コネクティビティ
    アンカ・ドラガン(カリフォルニア大学バークレー校)
    人間の行動をロボットに理解させ、共同作業を促進する。 MIT Technology Review Editors4年前
  84. コネクティビティ
    キャシー・ゴン(ワファ・ゲーム)
    恐れを知らない中国の若手テクノロジー系起業家の中で急速に頭角を現したゴンの次のターゲットは中東だ。 MIT Technology Review Editors4年前
  85. コネクティビティ
    イアン・グッドフェロー(グーグル・ブレイン)
    ラベル付けした訓練用データを使わずにニューラルネットワークの学習を改善する方法を考案した。 MIT Technology Review Editors4年前
  86. コネクティビティ
    ジーン・ベルディチェフスキー(シラ・ナノテクノロジーズ)
    より優れたリチウムイオン電池を作るための新材料を探求している。 MIT Technology Review Editors4年前
  87. コネクティビティ
    ヴィクター・アダルシュタインソン(ブロード研究所)
    がんの診断や治療の向上に取り組んでいる。 MIT Technology Review Editors4年前
  88. コネクティビティ
    Angela Schoellig(University of Toronto)
    シェリグのアルゴリズムが自律自動車や自律飛行機の移動の安全性を高める一助になる。 MIT Technology Review Editors4年前
  89. コネクティビティ
    レイチェル・ハウルウィッツ(カリブー・バイオサイエンシズ)
    有望な遺伝子編集法であるクリスパー(CRISPR)の商業化を推進。 MIT Technology Review Editors4年前
  90. コネクティビティ
    アドリエンヌ・フェルト(グーグル・クロム)
    より安全なインターネットを実現するための活動を率いる。 MIT Technology Review Editors4年前
  91. コネクティビティ
    ジョシュア・ブラウダー(ドゥノットペイ)
    法律違反の罰金の回避にチャットボットを使用。 MIT Technology Review Editors4年前
  92. コネクティビティ
    ジェナ・ウィーンズ (ミシガン大学)
    機械学習によるアプローチで、致死性感染症のリスクを防ぐ。 MIT Technology Review Editors4年前
  93. コネクティビティ
    ヴォロジーミル・ムニ(ディープマインド)
    AIがビデオゲームでも人間を超える可能性を導く研究者。 MIT Technology Review Editors4年前
  94. コネクティビティ
    マイケル・サライバ(スイス連邦工科大学)
    前途有望なペロブスカイト型の太陽電池の実用化に貢献する研究者。 MIT Technology Review Editors4年前
  95. コネクティビティ
    ファビアン・メンゲス(IBMチューリッヒ研究所)
    マイクプロセッサー内部などナノスケールの部品の温度を測定する方法を発明した。 MIT Technology Review Editors4年前
  96. コネクティビティ
    エヤド・ジャネ(フィールド・レディ)
    戦争地域で、人命を救助するため、現地調達できる材料で作れるツールを考える。 MIT Technology Review Editors4年前
  97. コネクティビティ
    ネハ・ナルケーデ(コンフルーエント)
    ビジネスの世界に溢れかえるデータを集計し、意味を見い出すのを支援する。 MIT Technology Review Editors4年前
  98. コネクティビティ
    ジェシカ・ブリルハート(インデペンデント・フィルムメ―カー)
    VRによって新たな映像を作り出す映像制作のパイオニア。 MIT Technology Review Editors4年前
  99. コネクティビティ
    オースティン・ラッセル(ルミナー)
    スタンフォード大学を中退し、自動運転車の基幹部品ライダーの開発・製造企業を設立。 MIT Technology Review Editors4年前
  100. コネクティビティ
    ハンギング・ウー(アリババ・クラウド)
    低コストでDDoS攻撃に対抗できる新しい対策方法を開発した。 MIT Technology Review Editors4年前
  101. コネクティビティ
    フランチスカ・ローズナー(ワシントン大学)
    拡張現実がハッカーに乗っ取られる脅威に備える研究者。 MIT Technology Review Editors4年前
  102. コネクティビティ
    スーチ・サリア(ジョンズ・ホプキンズ大学)
    敗血症になる危険性を、既存の医療データに基づいて正確に予測するアルゴリズムを作成した。 MIT Technology Review Editors4年前
  103. コネクティビティ
    アマンダ・ランドルス(デューク大学)
    人体を流れる血液をシミュレーションして、がん細胞の転移を予測する。 MIT Technology Review Editors4年前
  104. コネクティビティ
    グレゴリー・ウェイン(ディープマインド)
    さらに洗練された機械を創造するための、脳についての知識の利用。 MIT Technology Review Editors4年前
  105. コネクティビティ
    スヴェンヤ・ヒンダラー(フラウンホーファー研究所)
    生物分解性で再手術の必要性を無くす心臓弁のデザイン。 MIT Technology Review Editors4年前
  106. コネクティビティ
    グレッグ・ブロークマン(オープンAI)
    AIに羞恥心を与えようと考えている研究者。 MIT Technology Review Editors4年前