KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!
The cow-free burger

牛のいらないハンバーガー

実験室で作られた培養肉であろうが植物由来であろうが、代替肉は環境を破壊することなく、本物の食肉に近い味と栄養価を提供する。 牛のいらないハンバーガー なぜ重要か 畜産は、壊滅的な森林減少や水質汚染、温室効果ガス排出を引き … 実現時期: 植物ベースの代替肉は実現済み。培養肉は2020年頃 by MIT Technology Review Editors2019.04.22

ブルース・ピーターソン/スタイリング:モニカ・マリアーノ

実験室で作られた培養肉であろうが植物由来であろうが、代替肉は環境を破壊することなく、本物の食肉に近い味と栄養価を提供する。

牛のいらないハンバーガー

なぜ重要か
畜産は、壊滅的な森林減少や水質汚染、温室効果ガス排出を引き起こす。
キー・プレーヤー
ビヨンド・ミート(Beyond Meat)、インポシブル・フーズ(Impossible Foods)
実現時期
植物ベースの代替肉は実現済み。培養肉は2020年頃。

国連の予想では、2050年までに世界の人口は98億人になるという。その頃には、人々はさらに豊かになっているだろう。気候変動にとっては良くない兆候だ。人間は貧困から脱却すると、より多くの肉を食べる傾向があるからだ。

国連の予想によれば、食肉消費量は2050年までに2005年比で70%増加するという。つまり、人間の食肉消費のために動物を飼育することが、環境に最も悪影響を与えるのだ。

動物からタンパク源を摂取する場合、西洋の工業化された畜産方法で450グラムの食肉タンパク質を作るには、植物性タンパク質と比べて、4~25倍の水と6~17倍の土地、6~20倍の化石燃料が必要になる。

問題は、人間は簡単には肉を食べるのを止めそうにないことだ。つまり、培養肉や植物ベースの代替肉が、環境破壊を抑えるための最善の方法なのかもしれない。

培養肉とは、動物から筋肉組織を取り出しバイオリアクターで培養したものだ。研究者は味の向上に取り組んでいるが、最終製品の味は、動物の食肉と極めて似ている。培養肉を大規模に生産しようとしているオランダのマーストリヒト大学の研究者は、2020年までに培養肉のハンバーガーを市場に投入できると考えている。培養肉の欠点は、環境面の利点が小さいことだ。最近の世界経済フォーラムの報告によれば、培養肉の温室効果ガス排出量は、牛肉の生産による排出量より7%少ないだけだという。

ビル・ゲイツが出資しているビヨンド・ミート(Beyond Meat)やインポシブル・フーズ(Impossible Foods)などが作る植物由来の代替肉は、もっと環境に優しいかもしれない。これらの代替肉は、ピープロテイン(エンドウ豆由来プロテイン)や大豆、小麦、じゃがいも、植物油を使って食感や味を模倣している。
ビヨンド・ミートは、カリフォルニア州に2400平方メートルの新工場を持ち、すでに3万もの店舗やレストランを通して2500万個以上のハンバーガーを販売している。ミシガン大学のサステナブル・システム・センター(Center for Sustainable Systems)の分析によれば、ビヨンド・ミートのパテを作ることで排出される温室効果ガスは、牛から作られた従来のハンバーガーよりもおそらく90%少ないという。

(マーカス・ロヴィート)

人気の記事ランキング
  1. Can Japan’s Green Hydrogen lead the global trend? 技術で先行する日本の「グリーン水素」は世界の潮流に乗れるか
  2. Cheaper solar PV is key to addressing climate change 太陽光発電、コスト激減でクリーンエネの主役に まだ安くなる?
  3. The fracking boom is over. Where did all the jobs go? 消えた幻想「シェールガス革命」とは何だったのか?
  4. What are the ingredients of Pfizer’s covid-19 vaccine? ファイザーの新型コロナワクチンの成分は?専門家が解説
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る