KADOKAWA Technology Review
×
「宇宙ビジネスの時代」を先取りするテクノロジー・カンファレンス 
お得な「超早割」は10/15まで!
「宇宙への切符」を安くする
5つの計画、5つの失敗
Illustrations by John MacNeill
ビジネス・インパクト 無料会員限定
Five schemes for cheaper space launches—and five cautionary tales

「宇宙への切符」を安くする
5つの計画、5つの失敗

ここ数十年間にわたり、1キロの物体を地球周回軌道に乗せるためのコストは高止まりしていた。だが、再利用可能なロケット「ファルコンヘビー」の登場により、宇宙船の打ち上げコストのより一層の低下と、さらなるイノベーションの兆しが見えてきている。 by Konstantin Kakaes2019.06.28

20世紀後半から21世紀初頭の数十年間、1キログラムの物を打ち上げて地球の周回軌道に到達させるのにかかる平均コストはほとんど変わらなかった。コストは1万ドルから下がる気配をまったく見せず、次々と生まれる新しいアイデアも行き詰まりを打破するには至らなかった。

そのことはイノベーションを妨げてきた。結局のところ、打ち上げに高額の費用がかかるのであれば、他のリスクを冒すことが難しくなる。だが、意見は分かれていた。停滞を招いたのはアイデアを実現に導くのに十分な資金がなかったからなのか。あるいは、たとえば材料科学や自律航法など、他の技術の進歩が不十分だったからなのか。

ここ数年ですべての事情は一変した。新しい宇宙船、とりわけスペースX(Space X)の「ファルコンヘビー(Falcon Heavy)」が行き詰まりを打開したのだ。ファルコンヘビーの1キログラムあたりの打ち上げコストは、競合企業のおよそ10分の1で済む。

現在問われているのは、これが新しい停滞期の始まりなのか、それともイーロン・マスクが望んでいるように、今後の打ち上げコストのさらなる低下と宇宙におけるさらなるイノベーションの兆しなのかということだ。以下に挙げるシステムの成功または失敗は、その問いに対する答えを見つけるヒントになるだろう。

5つの新たな計画

XS-1

1960年代以降、エンジニアは、宇宙船を何度も再利用可能にすることで、宇宙旅行を空の旅のように簡便にすることを夢見てきた。まだ誰もその夢の実現に近づいていない。ペンタゴン(米国防総省)の研究機関である国防高等研究計画局(DARPA)向けにボーイングが製造しているXS-1は、10日間で10回の飛行が可能で、500万ドル以下で最大5000ポンド(2268キログラム)の貨物を地球周回軌道に投入できるという。試験飛行は2020年に予定されている。

スターホッパー(Starhopper)

スターホッパーはスペースXが計画しているビッグ・ファルコン・ロケット(BFR)の1段目の試作機である。スペースXはBFRを利用して人間を火星に送ったり、ニューヨークや上海などの都市を結ぶ30分間の航空シャトルサービスを運航したりすることを計画している。BFRの最大積載量はファルコンヘビーの最大積載量の約3倍だが、イーロン・マスクはBFRの方が建造コストが安くなるだろうと述べている。スターホッパーの初期バージョンは、4月にテキサス州でテザード・ホップ試験(エンジンの地上燃焼試験)を無事に完了している。

ニューグレン(New Glenn)

ニューグレンのロケットは、ファルコン …

こちらは会員限定の記事です。
メールアドレスの登録で続きを読めます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
こちらは有料会員限定の記事です。
有料会員になると制限なしにご利用いただけます。
有料会員にはメリットがいっぱい!
  1. 毎月150本以上更新されるオリジナル記事で、人工知能から遺伝子療法まで、先端テクノロジーの最新動向がわかる。
  2. オリジナル記事をテーマ別に再構成したPDFファイル「eムック」を毎月配信。
    重要テーマが押さえられる。
  3. 各分野のキーパーソンを招いたトークイベント、関連セミナーに優待価格でご招待。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る