KADOKAWA Technology Review
×
Next-Generation Nuclear Power? Not Just Yet

西側諸国の規制厳格化で、次世代原子炉は中国が大幅リード

原子力産業の発展のため、原発の安全基準を最小限まで撤廃しよう、とはいかないのが民主主義国の悩みであり強みだ。手続きによって権力の暴走を食い止めるのが民主主義の根幹であり、科学のために安全を犠牲にはできない。 by Jamie Condliffe2017.02.06

The Tricastin Nuclear Power Plant in France uses generation II pressurized water reactors.
第2世代の加圧水型炉を採用したフランスのトリカスタン原子力発電所

従来よりも安全で単純な原子炉の実現は、西洋諸国では困難な状況にある。

ブルームバーグによると、原子力産業は現在、第三世代プラス型(Generation III+)の新型加圧水型ウラン核分裂炉を設置する発電所の建設がうまくいっていない。1996年から使われている第三世代の原子炉の改良版である「プラス」型原子炉には安全機能が追加されており、作業員の操作が簡略化される。

しかし問題もある。第三世代プラス型の原子炉の建設は、実際かなり複雑だとわかったのだ。フランス(三菱重工がアレバに出資して、プラス型の原子炉開発に関わっている)やフィンランド、米国のプロジェクトは計画から遅延しており、予算超過の状態だ。また、英国のヒンクリーポイント等、新規に承認されたプロジェクトには、驚くほど高額な予算が割り当てられている。

何が原因で? 米国原子力規制員会のレイク・バレット元職員はブルームバークの取材に対して「予算超過は、社会が猛烈に原子力のリスクを避けているのが原因です。極度に厳しい規制のせいで建設は複雑になり、原子力業界のノウハウでは対処できなくなったのです」と述べた。

一方、世界最大の原子力発電産業国を目指す中国は順調だ。以前の記事に取り上げたように、中国は従来型原子炉の建設だけでなく、従来になかった次世代原子炉(トリウム溶融塩原子炉や超高温原子炉、ナトリウム冷却高速炉等)への投資でも活気付いている。

昨年の夏、米国エネルギー省は高度な原子炉の研究開発予算として8200万ドルを割り当てると発表した。潤沢とはいえない予算額だが、原子炉の研究開発が真剣に考えられている証にはなる。ただし、新大統領がホワイトハウス入りし、米国エネルギー省の研究予算が大幅に削減される可能性が高まっているため、米国では新原子炉の将来展望はまったく立たない

(関連記事:Bloomberg, “イギリス政府 巨大原発の新設を許可,” “安全で安価な原子力発電 米国が中国に「無償提供」,” “U.S. Government Wants to Jump-Start Next-Generation Nuclear Reactors”)

人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
タグ
クレジット Photograph by Philippe Desmazes | Getty
ジェイミー コンドリフ [Jamie Condliffe]米国版 ニュース・解説担当副編集長
MIT Technology Reviewのニュース・解説担当副編集長。ロンドンを拠点に、日刊ニュースレター「ザ・ダウンロード」を米国版編集部がある米国ボストンが朝を迎える前に用意するのが仕事です。前職はニューサイエンティスト誌とGizmodoでした。オックスフォード大学で学んだ工学博士です。
Innovators Under 35 Japan 2020

MITテクノロジーレビューが主催するグローバル・アワード「Innovators Under 35」が2020年、日本に上陸する。特定の分野や業界だけでなく、世界全体にとって重要かつ独創的なイノベーターを発信していく取り組みを紹介しよう。

記事一覧を見る
人気の記事ランキング
  1. Singapore’s police now have access to contact tracing data シンガポールの接触追跡アプリが方針転換、犯罪捜査でも利用可に
  2. The winners of Innovators under 35 Japan 2020 have been announced MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
  3. Don’t panic about the latest coronavirus mutations, say drug companies 新型コロナ「変異種」を過度に恐れる必要がないこれだけの理由
  4. Don’t worry, the earth is doomed 人類を滅亡に導く、15の破壊的リスク
  5. The kitchen of the future is here, it’s just not evenly distributed 電子レンジ、真空調理器超える「キッチン・テクノロジー」の未来
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020
MITテクノロジーレビュー[日本版] Vol.2/Winter 2020SDGs Issue

今、世界中の企業や機関の技術者・研究者たちが各地で抱える社会課題を解決し、持続可能な世界の実現へ向けて取り組んでいる「SDGs(持続可能な開発目標)」。
気候変動や貧困といった地球規模の課題の解決策としての先端テクノロジーに焦点を当て、解決に挑む人々の活動や、日本企業がSDGsを経営にどう取り入れ、取り組むべきか、日本が国際社会から期待される役割について、専門家の提言を紹介します。

詳細を見る
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る