KADOKAWA Technology Review
×
【3/14】MITTR主催「アクセシビリティとテクノロジー 」開催 申込受付中

気候変動/エネルギー 2023年5月の記事

  1. These deep-sea “potatoes” could be the future of mining for renewable energy
    再エネ特需で熱視線、海底に眠る宝の山は誰のもの?
    ハワイからメキシコにかけて広がる海域の海底には、レアアースや銅を含有する多金属団塊が転がっている。この塊を採掘して材料を抽出して売り出そうとする企業が現れ始めたが、生態系を壊すなどの悪影響を懸念する声もある。 by Casey Crownhart2023.5.31
  2. 研究室育ちの人工「和牛」肉バーガーを試食してみた
    気候変動問題が深刻さを増す中で、生産過程で二酸化炭素を大量に排出する牛肉の代わりになる「代替肉」に対する関心が高まっている。研究室で培養したという和牛で作ったハンバーガーを試食してみた。 by Casey Crownhart2023.5.31
  3. EV満タンわずか5分、バッテリー交換ステーションは普及するか
    電気自動車(EV)向けのバッテリー交換ステーションを構築する企業「アンプル(Ample)」は、新型のバッテリー交換システムを発表した。ガソリン補給の手軽さと速さに匹敵するとアピールする。by Casey Crownhart2023.5.29
  4. 中国テック事情:トルコ悲願の国産EVにも中国製バッテリー
    トルコ市場は、中国テック企業にとって欧州市場参入へ向けた第一歩となっている。米中対立の激化で、米国における展開が難しくなっている中国テック企業は、トルコ市場をきっかけに欧州へ足を伸ばそうとしている。 by Zeyi Yang2023.5.23
  5. 新空港の建設を途中で打ち切り、10億ドルをかけて広大な公園都市にするというメキシコの計画は、都市設計の新しいパラダイムを反映している。生態系を元に戻すのではなく、空港の遺構を再利用した未来の都市における生態系の構築を目指している。 by Matthew Ponsford2023.5.23
  6. Why your iPhone 17 might come with a recycled battery
    リサイクル電池材料、iPhoneには使えてEVには使えない理由
    アップルは、2025年から自社製品に搭載する電池に再生コバルトを100%使用すると発表した。電気自動車も同じリチウムイオン電池を使用しているが、自動車メーカーが今すぐにアップルに追随することは不可能だ。その理由を解説する。 by Casey Crownhart2023.5.22
  7. This startup says its first fusion plant is five years away. Experts doubt it.
    オープンAIのサム・アルトマンCEOらが出資する核融合発電のスタートアップ「ヘリオン・エナジー」は、発電所の2028年の稼働開始を見込んでおり、第1号顧客としてマイクロソフトへの電力供給契約をすでに取り付けた。by James Temple2023.5.19
  8. Inside the conference where researchers are solving the clean-energy puzzle
    ARPA-Eサミットで見た、ハイリスク・ハイリターンな気候技術3つ
    米エネルギー高等研究計画局(ARPA-E)がこの春開催した「ARPA-Eエネルギー・イノベーション・サミット」の展示の中から、気候担当記者が注目した3つのプロジェクトを紹介しよう。 by Casey Crownhart2023.5.17
  9. How chemists could give new life to old wind turbine blades
    使用済み風力タービンの羽根がゴミの山に? 再生可能にする新手法
    風力タービンのブレードは極めて堅牢であるため、寿命を迎えたとき、どう処分するかが問題となっている。新しいケミカル・リサイクル手法により、埋め立てられる運命の材料が再利用可能になるかもしれない。 by Casey Crownhart2023.5.16
  10. This abundant material could unlock cheaper batteries for EVs
    中国企業が続々発表、ナトリウムイオンはEV電池の主流になるか?
    ナトリウムイオン電池を搭載した電気自動車(EV)が、中国で相次いで発表された。材料が豊富にあり安価なナトリウムイオン電池は、材料価格が高騰し、入手が困難になりつつあるリチウムイオン電池の代替品になり得るのだろうか。by Casey Crownhart2023.5.12
  11. Everything you need to know about the wild world of heat pumps
    欧米の冷暖房事情に異変、ヒートポンプの時代がやってきた
    ヒートポンプは、気候変動への対処と消費者のコスト削減に役立つ可能性がある。その仕組み、テクノロジー、将来性を概観してみよう。by Casey Crownhart2023.5.9
  12. These aircraft could change how we fly
    「空飛ぶクルマ」はいつ離陸できるか?
    「空飛ぶクルマ」とも呼ばれるeVTOL(電動垂直離着陸機)の商用運航開始に向けて、複数のスタートアップがテスト飛行を繰り返している。 だが、商用化への課題は決して少なくない。 by Casey Crownhart2023.5.5
  13. The runway for futuristic electric planes is still a long one
    電動航空機にはまだ滑走路が必要、eVTOL企業が計画見直し
    「空飛ぶクルマ」と呼ばれることもあるeVTOL(電動垂直離着陸機)が注目されている。だが、規制や技術的な障壁により、従来型の飛行機を電動化した機体が先に空を飛ぶことになりそうだ。 by Casey Crownhart2023.5.4
  14. This Nigerian EV entrepreneur hopes to go head to head with Tesla
    テスラに挑む:産油国ナイジェリア、若きEV起業家の夢
    アフリカ最大の石油産出国であるナイジェリアのムスタファ・ガジボは大学を3年で中退し、電気自動車(EV)のスタートアップを立ち上げた。太陽光パネルを搭載した同社の電気自動車に、今や、国や自治体も注目している。by Valentine Benjamin2023.5.1
  15. These companies want to go beyond batteries to store energy
    蓄電池だけじゃない、送電網向けエネルギー貯蔵の選択肢
    再生可能エネルギーの占める割合が増えるにつれ、送電網向けエネルギー貯蔵の必要性が高まっている。最近になって、さまざまなエネルギー貯蔵のアプローチが企業から提案されている。 by Casey Crownhart2023.5.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る