KADOKAWA Technology Review
×
マーティン ジャイルズ 176 Stories
プロフィールを見る
  1. コネクティビティ
    グーグルが世界初の「量子超越性」を実証したとの報道を受けて様々な憶測が乱れ飛んだが、少なくともその一部は、今回の成果をひどく誇張したものに過ぎない。グーグルが同社の量子プロセッサーで達成したと思われること、量子超越性を取り巻く誤解について改めて説明しておこう。 Martin Giles10カ月前
  2. グーグル、ついに世界初の「量子超越性」実証か
    フィナンシャル・タイムズ(Financial Times)紙の報道によると、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のジョン・マルティニス教授率いるグーグルの研究チームが、初めて量子超越性を実証した。量子コンピューターは、従来の最も強力なスーパー・コンピュータでさえも不可能なタスクを実行できるということが示された瞬間だ。 Martin Giles10カ月前
  3. IBM、53キュービットの量子コンピューターをクラウドで提供へ
    IBMが来月発表する予定の新型量子コンピューターは、研究者や企業がクラウド経由でアプリケーションを実行できる。 Martin Giles10カ月前
  4. コネクティビティ
    ハッカー惑わし攻撃防ぐ
    ミシガン大の新型チップ
    ミシガン大学の研究者らが、幅広いサイバー攻撃に耐性を持つ「モーフィアス」テクノロジーを採用した新型プロセッサーのプロトタイプを開発した。米国防総省の資金援助により開発された同チップは、チップを制御するコードの重要な部分を繰り返し変更することで、ハッカーが脆弱性を悪用できないようにする。 Martin Giles10カ月前
  5. コネクティビティ
    ナノチューブ・チップ実用化へ、MITが16ビットプロセッサー開発
    シリコンチップに比べて高速かつ消費電力が低いカーボンナノチューブのプロセッサーの実現に目途が立ってきた。MITの研究チームは、新たな手法を用いて、これまでに実証された中ではもっとも複雑とされる1万4000個以上のカーボンナノチューブ・トランジスターを搭載し、実際にプログラムを実行できる16ビットプロセッサーを開発した。 Martin Giles11カ月前
  6. 元グーグル技術者、自動運転技術の窃盗で起訴
    アンソニー・レバンドフスキー(写真)は、グーグルから知的財産を盗み出し、競合企業ウーバー(Uber)に持ち込んだ罪に問われている。 Martin Giles11カ月前
  7. キュートリットで過去最大のデータ送信に成功、量子ネット実現へ前進
    「キュートリット(qutrit)」という一風変わった量子情報の単位を用い、過去最大量の量子状態のデータ送信に成功した。 Martin Giles11カ月前
  8. ウェイモ、自律自動車の運転データを研究者と一部共有へ
    アルファベット(グーグル)傘下の自律自動車会社であるウェイモ(Waymo)は、自社の車両から収集した情報の一部を、より広範な研究コミュニティに提供すると発表した。 Martin Giles11カ月前
  9. 世界最大級のAI向けメガチップ、米スタートアップが開発
    1.2兆個のトランジスタを搭載したセレブラス・システムズ(Cerebras Systems)の新しい半導体チップは、人工知能(AI)アプリケーションの開発を急速に加速するかもしれない。 Martin Giles11カ月前
  10. コネクティビティ
    人工知能(AI)の需要の高まりに伴い、機械学習アルゴリズムの訓練や実行などのAI関連ワークロードが消費する電力が急増していることに警鐘を鳴らす人々が増えている。しかし、一方では、AIの消費電力を削減するための取り組みもいくつか始まっており、今後、事態がどう転ぶかを予測するのは難しい。 Martin Giles12カ月前
  11. アップル、インテルの5Gモデム事業を10億ドルで買収
    アップルが取得するテクノロジーと人材は、同社の5G無線サービスへの参入を強力に推進するだろう。 Martin Giles12カ月前
  12. 米司法省が独禁法違反の疑いでGAFAなど調査開始
    アップル、アマゾン、グーグル、フェイスブックが、米司法省が新たに実施する広範にわたる調査の対象になっている。 Martin Giles12カ月前
  13. マイクロソフトがオープンAIに10億ドル投資、AGI開発へ
    オープンAI(OpenAI)は、マイクロソフトのスーパーコンピューターとクラウド・コンピューティングの能力を投入して、汎用人工知能(AGI)の開発に取り組む。 Martin Giles12カ月前
  14. インテルが新しいAIチップを発表、特定タスクを1000倍高速化
    インテルの新しいAIチップは、すでに義肢の性能向上などに使われている。 Martin Giles12カ月前
  15. コネクティビティ
    超高性能の量子コンピューターがもたらす新たな脅威からデータや通信を保護するため、「ポスト量子暗号」の開発が盛んになっている。なぜ量子コンピューターが従来の暗号に対する脅威となるのか? 将来の量子コンピューターによる攻撃に耐えられるポスト量子暗号とはどのようなものか? 解説する。 Martin Giles12カ月前
  16. サイバー攻撃の被害者によるハッカーの追跡を合法化する米国の新法案が議会に提出された。増え続けるサイバー攻撃への対策を強化するのが狙いだが、企業や個人に「反撃」を認める新法案には問題点も多い。 Martin Giles12カ月前
  17. 新疆の旅行客に中国官製スパイウェア、日本のバンドも監視対象に
    中国政府が作ったスパイウェアは、スマホに保存されたテキスト・メッセージから連絡先まであらゆるデータを収集するだけでなく、政府が脅威とみなすコンテンツを保有していないか調べるものだ。 Martin Giles13カ月前
  18. 高まる「宇宙依存」、軍事衛星へのサイバー攻撃に英RIIAが警鐘
    最新の報告によると、北大西洋条約機構(NATO)軍が利用する宇宙ベースの通信およびナビゲーション・サービスを妨害することで、ハッカーは大きな被害を与えることができるという。 Martin Giles13カ月前
  19. 米中貿易戦争、次の舞台は「スパコン」へ
    米国政府は、中国の大手コンピューター企業に対するスーパー・コンピューター向けテクノロジーの輸出を制限する。 Martin Giles13カ月前
  20. コネクティビティ
    中東襲った「殺人」マルウェア、米国・アジアの電力会社に照準か
    2017年に中東の石油化学プラントを操業停止に追い込んだマルウェア「トリトン」を操るハッキング集団が、米国やアジアの電力会社をターゲットとして調査を進めていることが明らかになった。 Martin Giles13カ月前
  21. スパコン世界トップ500が発表、8位の産総研ABCIに見る新潮流
    世界の最新スーパーコンピューターの最速トップ500のリストの発表とともに、6月17日、国際スーパーコンピューティング会議(ISC)がフランクフルトで開幕した。リストの1位と2位は米国のコンピューターが死守したものの、もっとも多くランクインしたのは中国だった(米国の116台に対し中国は219台)。 Martin Giles13カ月前
  22. 知性を宿す機械
    AIチップ大競争に新顔
    ゲイツらが出資する
    光チップベンチャーが始動
    プリンストン大学の研究者らによる光学チップの開発会社が、ビル・ゲイツやウーバーのCEOらから900万ドルの初期資金を調達した。大量データの並列処理を得意とし、エネルギー効率に優れた光学チップは、人工知能(AI)の新たなブレークスルーになるか。 Martin Giles13カ月前
  23. 米国税関・国境警備局がハッキング被害、旅行者の顔写真など漏洩
    今回のデータ漏洩は、政府が国民のデータを扱う上で、より厳格な管理が必要なことを強調する出来事だ。 Martin Giles13カ月前
  24. コネクティビティ
    2020米大統領選は「ロシアの介入」を防げるか?
    ロシアの干渉が認定された前回の大統領選挙に、米国は学んでいない。2020年の大統領選へ向けて、より強硬な対応策を勧告する研究結果が発表された。 Martin Giles13カ月前
  25. 「紙の投票用紙」やっぱり必要、米大手電子投票機メーカーの変節
    米国のエレクション・システムズ&ソフトウェア(Election Systems & Software)は、電子投票システムの普及を推進してきた。しかしいまでは、紙による投票記録の必要性について、考えを変えたようだ。 Martin Giles13カ月前
  26. ビジネス・インパクト
    「GAFA解体」が難しい3つの現実的な理由
    反トラスト法違反の疑いで米国の規制当局がGAFA4社の本格的な調査に乗り出した。大統領選を前に「GAFA解体論」の声も一部で高まっているが、その実現は極めて困難だ。 Martin Giles13カ月前
  27. コネクティビティ
    半導体チップの欠陥を修正するパッチの開発には一般に、ソフトウェアよりも長い期間を要する。だが、サーバーから携帯電話に至るまでの、あらゆるものにチップが搭載されている現在、ハッキングのリスクが高まっている。 Martin Giles13カ月前
  28. 米規制当局、グーグルとアマゾンへの監視体制を強化へ
    米国の規制当局が、2大テック企業の反競争的行為に関する疑惑の調査を分担することに同意した。 Martin Giles14カ月前
  29. 流出NSA製ハッキングツールが米国を標的に、市システムがダウン
    ソフトウェア・ツール「エターナルブルー(EternalBlue)」が、メリーランド州ボルチモアでコンピューターを人質にとっている。 Martin Giles14カ月前
  30. 米2大政党のハッキング対策はお粗末、セキュリティ企業が指摘
    米政界最大規模の政治団体におけるサイバー・セキュリティ環境の多くは、来年の大統領選を前にいまだにひどい状態のままだ。 Martin Giles14カ月前
  31. インテル製CPUに新たな脆弱性、2011年以降の「ほぼすべて」に影響
    サイバーセキュリティの専門家らにより、インテルのチップに新たに4つの脆弱性が発見された。同社が2011年以降に製造してきたほぼすべてのチップに影響する。 Martin Giles14カ月前
  32. コネクティビティ
    経済的利益を目的とした従来のサイバー攻撃とは異なり、従業員や地域住民の生命を危険にさらす国家ぐるみのサイバー攻撃のリスクが高まっている。2017年に中東の石油化学プラントを操業停止に追い込んだ「トリトン」は多くの関係者に衝撃を与えた。専門家らは産業用モノのインターネット(IIoT)時代の到来でさらなる被害が増えることを懸念している。 Martin Giles16カ月前
  33. 「GAFは解体を」米大統領選出馬のウォーレン議員が公約
    米大統領選の有力な候補者である民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員は、フェイスブックやアマゾンのような企業が力を持ちすぎていると主張している。そして、巨大企業を解体すべきときが来たという。 Martin Giles16カ月前
  34. 量子版「ムーアの法則」、IBMが性能評価で新指標を提案
    IBMによると、同社が売り込んでいる「量子ボリューム(quantum volume)」と呼ばれる指標は毎年倍増を続けているという。ちょうど従来のコンピューティングに対するムーアの法則に似ている。 Martin Giles17カ月前
  35. インテル、シリコン製量子プロセッサーの検査装置を共同開発
    インテルが新たに開発した極低温ウエハー・プローバー(上記写真)は、量子コンピューターの潜在的な能力の重要な要素である量子ビット(キュービット)の検査をスピードアップするのに役立つだろう。 Martin Giles17カ月前
  36. 米サイバー軍がロシアに対抗、IRAのWebアクセスをブロック
    米軍のハッカーたちはロシアのサンクトペテルブルに拠点を置く、インターネット・リサーチ・エージェンシー(Internet Research Agency:IRA)に狙いを定めた。IRAは、海外の選挙投票に影響を与えることを目的とした、フェイクニュースを放出することで悪名を轟かせている。 Martin Giles17カ月前
  37. 知性を宿す機械
    第二次世界大戦において暗号とレーダーが戦争の様相を変えたように、量子テクノロジーを用いた兵器が将来の戦争を大きく変える可能性がある。ステルス機を探知する量子レーダーや微弱な磁気の変位を検知できる量子コンパスなど、戦局を左右する量子兵器の開発競争が、米国と中国の間で始まっている。 Martin Giles17カ月前
  38. コネクティビティ
    量子インターネットとは何か?中国が牽引する新技術の基礎知識
    量子物理学の法則を使うことで、従来のネットワークに比べて格段にセキュアな特性を持つ量子ネットワークの開発が進められている。開発競争の先陣を切っているのは中国だが、米国や欧州も追撃を開始した。期待される「量子インターネット」の基盤となる量子ネットワークの仕組みについて説明する。 Martin Giles17カ月前
  39. 知性を宿す機械
    量子コンピューターとは何か?ニュースを読む前に押さえたい基礎知識
    超強力なスーパーコンピューターの処理能力をはるかに凌ぎ、産業界全体に変革をもたらす可能性があるとして、量子コンピューターの研究・開発に多額の資金が投入されている。日々報じられる関連ニュースを読み解くために押さえておきたい基礎知識を説明する。 Martin Giles17カ月前
  40. 中国のハッカー集団、ノルウェーのクラウド企業を攻撃か
    90万人以上のユーザーを抱えるビスマ(Visma)への攻撃は、他のクラウド・コンピューティング企業へのサイバー攻撃の前兆となるかもしれない。 Martin Giles17カ月前
  41. 米司法省がファーウェイとCFOを起訴、詐欺や情報窃盗で
    米国による起訴状の集中砲火によって、中国最大手の通信機器会社はより一層深刻な打撃を受けている。 Martin Giles18カ月前
  42. フェイスブックが行動データを月20ドルで購入、VPN経由で収集
    フェイスブックに依頼された企業が売り込んでいるアプリが、子どもたちのテキスト・メッセージやEメールからアマゾンでの注文履歴に至るまで、あらゆる活動をを監視していることが明らかになった。 Martin Giles18カ月前
  43. コネクティビティ
    人工衛星を用いた超セキュアな量子ネットワークの構築に世界で初めて成功した中国は、情報科学の分野で新たに訪れつつある「量子の時代」で世界のリーダーとなるべく、国家規模で力を入れている。こうした取り組みの中心となる人物が、中国における「量子の父」と呼ばれる潘建偉教授である。 Martin Giles18カ月前
  44. アップルの「フェイスタイム」にバグ、応答前の音声がダダ漏れ
    アップルは、ビデオ通話アプリ「フェイスタイム(FaceTime)」のバグによる問題を解決するため、同アプリのグループフェイスタイム機能を無効にした。 Martin Giles18カ月前
  45. フェイスブックがインスタ、ワッツアップとメッセンジャー統合へ
    フェイスブックは、自社が所有するメッセージング・アプリをバックグラウンドで統合することにより、それらのアプリ間で共有するユーザーのデータをさらに増やそうとしている。 Martin Giles18カ月前
  46. 米国で参入相次ぐ「宅配ロボ」、アマゾンも実験開始
    電子商取引大手であるアマゾンは、荷物を配達するための新たな機械の実地試験を実施している。この機械は「アマゾン・スカウト(Amazon Scout)」と呼ばれている。 Martin Giles18カ月前
  47. 知性を宿す機械
    量子コンピューターはコンピューティングの進歩に次なる大きな飛躍をもたらすと期待されている。その一方で、研究者たちは製造に必要な一部の希少な部品を手に入れるのに苦労しており、部品調達の困難さが量子コンピューターの進歩の足かせとなっている可能性がある。 Martin Giles18カ月前
  48. コネクティビティ
    サウジ記者殺害後にネット検閲が急増、広がる「監視」の動き
    専制体制下の国々におけるネット検閲を監視するミシガン大学の新プロジェクトが、ジャーナリスト殺害事件後にサウジアラビアでのネット検閲の増加を確認した。プロジェクトは自動化されたツールを使い、170カ国の検閲状況の監視を続けている。 Martin Giles18カ月前
  49. IBMが商用量子コンピューターを発表、クラウドで提供
    まるでSF映画から飛び出してきたような光沢を帯びた物体。その正体は、ビジネスに十分安定して利用できるように設計されたIBMの量子コンピューター 「Qシステム・ワン(Q System One)」だ。 Martin Giles2年前
  50. コネクティビティ
    2018年はサイバーセキュリティ担当者にとって相当な厄年であったが、2019年はさらに脅威が増大する年になりそうだ。AIによるディープフェイクからクラウド・コンピューティングまで、企業が新たに注意を払うべき5つのサイバー脅威を紹介しよう。 Martin Giles2年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る