1. ビジネス・インパクト
    2017年版
    スマート・カンパニー50
    選定にあたって
    MITテクノロジーレビューは、革新的なテクノロジーと効果的なビジネスモデルを組み合わせた企業を「スマート・カンパニー50」として選定した。米国版ビジネス担当上級編集者のナネット バーンズが2017年版の傾向を解説する。 Nanette Byrnes2年前
  2. ビジネス・インパクト
    MITテクノロジーレビューがアップルのティム・クックCEOへ独占インタビュー。シリコンバレーのジェンダー問題、トランプ大統領の環境および移民政策、そしてアップルの人工知能が批判を受ける理由について語った。 Nanette Byrnes2年前
  3. ビジネス・インパクト
    ティム・クックCEO独占インタビュー
    「アップルはすでにAIを活用している」
    アップルのティム・クックCEOがMITで1日を過ごし、人工知能や最新のテクノロジーに関する研究について意見交換した。訪問後、クックCEOはMITテクノロジーレビューの取材に応じた。 Nanette Byrnes2年前
  4. ビジネス・インパクト
    ドラッグや鎮痛剤の依存症は、米国で深刻な社会問題だ。依存症患者向けの社会復帰支援アプリ「トリガー・ヘルス」は、セラピー集会のグループ活動になじめない患者には有効そうだが、FDAの認可を受けたわけではない。 Nanette Byrnes2年前
  5. ビジネス・インパクト
    イノベーションは製品企画と製造設計、製造工程が場所として近くにあることで促されるため、米国に工場を作るだけでは製造業は復活しない。製造業の深い知識や品揃え豊富なサプライチェーンが、中国の強みだ。 Nanette Byrnes3年前
  6. ビジネス・インパクト
    幹線道路沿いのデジタル・サイネージで車種のターゲティング広告
    走行中の車種を機械学習で識別し、適切な広告を表示する道路広告をロシアのアドテク企業が開発した。高級車の広告を年式の古い高級車のドライバーに表示する、といったWeb広告の方法を、現実世界で実現する。 Nanette Byrnes3年前
  7. ビジネス・インパクト
    ゼストファイナンスは、従来の与信では使われてこなかったデータを機械学習で発掘し、信用データがなくても貸し倒れが起きにくい借り手を見つけられる、という。 Nanette Byrnes3年前
  8. ビジネス・インパクト
    ゴールドマン・サックス、
    自動化でトレーダー大幅減
    3割がエンジニアに
    世界最大級の投資銀行ゴールドマン・サックスは金融取引の自動化を進め、全社員の3分の1がエンジニアになった。2000年には600人いたニューヨーク本社の株式トレーダーは、今では2人しかいない。 Nanette Byrnes3年前
  9. ビジネス・インパクト
    ティム・クックCEOの
    新年の抱負を妄想する
    2017年、アップルのティム・クックCEOがしたはずの決意について、テクノロジーレビューのナネット・バーンズ上級編集者(ビジネス担当)が推測した。 Nanette Byrnes3年前
  10. ビジネス・インパクト
    ビル・ゲイツが声をかければ10億ドルは集まるが、投資先はあるのか?
    ビル・ゲイツが率いる画期的クリーンエネルギーのための基金設立計画で困難となるのは、資金提供先を判断することだ。 Nanette Byrnes3年前
  11. コネクティビティ
    EU離脱や米大統領選の敗者はソーシャルメディアの有力アカウントだった
    EU離脱とドナルド・トランプへの票は、世論調査会社の調査結果と矛盾したが、一部の研究グループは、ツイッターは初めからずっと、正確な兆候を示していたという。 Nanette Byrnes3年前
  12. ビジネス・インパクト
    デパートよりアマゾン? 年末セールのネット販売が米国で絶好調
    米国では、ホリデー・シーズンの買い物に占めるオンライン購入の割合が大きくなっている。大売り出しを控える小売業者は、サイバー・マンデーまで待っていられない。 Nanette Byrnes3年前
  13. ビジネス・インパクト
    中国での失敗を教訓に、アマゾンはインドでライバル企業を追撃中
    中国での失敗を教訓に、アマゾンはインドで成功しつつある。 Nanette Byrnes3年前
  14. ビジネス・インパクト
    自動車所有ゼロを目指すヘルシンキの実証実験
    ヘルシンキで実証実験中の交通プラットフォームは、公共交通機関と民間交通手段を組み合わせた最適な移動手段を提案してくれる。 Nanette Byrnes3年前
  15. ビジネス・インパクト
    大統領選ツイートは約20%がボット、約75%はトランプ支持
    選挙関連の全ツイートのうち約20%は、ロボットアカウントだ。 Nanette Byrnes3年前
  16. コネクティビティ
    大統領選挙の不正や妨害はFacebook、Twitterで検出できるか?
    数百人のチームが投票者への脅威や投票をさばけない投票所の兆しをWeb上で探し回る。 Nanette Byrnes3年前
  17. ビジネス・インパクト
    国際貿易業界で、貨物の出荷は最も複雑な作業だが、最もネット接続が遅れた分野でもある。 Nanette Byrnes3年前
  18. ビジネス・インパクト
    後発の自動運転車メーカーは、ライバルとどう差別化するのか?
    ネクストEV米国支社のパドマスリー・ウォリアCEOは、競合相手のひしめく分野でチャンスを狙う。 Nanette Byrnes3年前
  19. ビジネス・インパクト
    ロボット化率99%の工場で、人間はどんな仕事をしているのか?
    サウスカロライナ州の都市グリーンビルは、自らの未来をハイテク製造業に賭けた。加速度的に自動化が進んでいく経済の中、勝つのは誰か、そして負けるのは誰か? Nanette Byrnes3年前
  20. ビジネス・インパクト
    巨大組織がイノベーティブであるため、GEは工場に研究所を作った
    巨大メーカーは、48年前に操業のタービン工場の隣に、研究開発施設を7300万ドル投じて新設した。目標はより優れたイノベーションの加速だ。 Nanette Byrnes3年前
  21. コネクティビティ
    テレビ局対ネットメディア 米国初の本格的ネット選挙
    大統領候補による公開討論は党派主義ばかりが目立ち、ますます分裂が深まった。 Nanette Byrnes3年前
  22. ビジネス・インパクト
    借金してでも課税回避
    アップルの愛国心
    超優良企業が海外に何百億ドルもの資金を退避させることは、母国経済に悪影響がある。 Nanette Byrnes3年前
  23. ビジネス・インパクト
    ビジネスモデルの欠陥?
    ウーバー、中国市場で敗北
    中国市場で数十億ドルを失ったウーバーは、配車サービスアプリの先駆者として、新しいテクノロジーの開発に目を移した。 Nanette Byrnes3年前
  24. ビジネス・インパクト
    人口130万人のエストニア
    目標居住者1000万人
    エストニアは1000万人の「バーチャル国民」で、世界最大の国家を目指す。 Nanette Byrnes3年前
  25. ビジネス・インパクト
    勝つのは誰か?
    適確医療イノベーション
    ヒトゲノムの塩基配列が決定して13年がたち、目覚ましい成果をあげる治療法が開発されだした。 Nanette Byrnes3年前
  26. ビジネス・インパクト
    スマホで健康管理
    究極は「自撮り型医療」
    心臓専門医でゲノム医療の専門家でもあるエリック・トポル教授は自身の取り組みを「自撮り型医療」と呼ぶ。 Nanette Byrnes3年前
  27. ビジネス・インパクト
    投資家と難病患者が注目
    遺伝子編集エディタス
    数億ドルの資金を得て、エディタスは投資家が遺伝子編集に熱中することは証明した。次は会社が、難病治療にテクノロジーが役立つことを証明する番だ。 Nanette Byrnes3年前
  28. ビジネス・インパクト
    大きな利益は失敗の証拠
    Amazonプライムデー本当の狙い
    昨年を上回る勢いのプライムデー2016で、アマゾンは利益を失い、勝利する。 Nanette Byrnes3年前
  29. ビジネス・インパクト
    スマートトースターに投資?
    目を覚ませ、トースターだ
    どの業界もソフトウェア産業のように成長するはずがない。 Nanette Byrnes3年前
  30. 知性を宿す機械
    人工知能は数学的処理でも
    アルゴリズムの偏向は不可避
    アルゴリズムは公平で、開発者である人間よりも客観的だと考えがちだが、研究者は、偏見や差別があることを証明した。 Nanette Byrnes3年前
  31. ビジネス・インパクト
    気候変動のリスクに
    保険業界が動き始めた
    気候変動のリスクとコストに最初に気付いたのは保険業界だ。 Nanette Byrnes3年前
  32. ビジネス・インパクト
    気候変動対策は事業戦略
    先進企業が取り組み始めた
    気候変動を事業戦略に取り入れる企業はまだ少ない。だが、少数の先進企業は、売上を守り、損失を防ぐために、本気で対応を始めている。 Nanette Byrnes3年前
  33. ビジネス・インパクト
    温暖化でコーヒー豆激減
    スターバックスの対策
    スターバックスは気候変動に耐えられるコーヒー豆を農家に配布する一方で、温室効果ガスの排出量は増えている。 Nanette Byrnes3年前
  34. ビジネス・インパクト
    人工知能で勝つ方法、教えます
    ツイッターのAI研究のリーダーであり、ハーバード大学で学術研究にも従事したライアン・アダムスは、さらに多くの産業が機械学習を利用するようになると見ている。だが、業界をリードするのは、より多くのデータと計算能力のある企業だ。 Nanette Byrnes4年前
  35. ビジネス・インパクト
    人工知能に差別されても
    人間は気づけない
    人工知能が私たちの生活に溶け込んできた。しかし、人工知能の仕組みについて、私たちは知らないことばかりだ。仕組みを知ったとき、人間はどう感じるだろうか? Nanette Byrnes4年前
  36. ビジネス・インパクト
    人工知能、いよいよ表舞台へ
    より多くの産業が、人工知能の使用方法を模索している。テクノロジーはどう進化するだろうか? Nanette Byrnes4年前
  37. ビジネス・インパクト
    ウーバーには、人間以外にリストラする要素がない
    ベンチャーキャピタリストのスティーブ・ジャーベトソンは今から500年後、この星の人口の10%以下の人しか給料を受け取る仕事をしないだろうという。来年はどうか? Nanette Byrnes4年前
  38. ビジネス・インパクト
    人工知能とロボットは人間の仕事をどう変えるのか?
    デジタルテクノロジーは私たちの働き方を変えている。このことは、仕事の将来の何を意味しているのだろう? Nanette Byrnes4年前