1. 知性を宿す機械

    AIはバブル、汎用人工知能はまだ先——MIT教授らが指摘

    人工知能(AI)分野において近年、多くの飛躍的な進歩があったにもかかわらず、現在のAIの知能は依然として人間レベルにはほど遠い。マサチューセッツ工科大学(MIT)やスタンフォード大学の研究者たちが、現在のAIの状況を定量化して評価し、問題点を指摘する報告書を作成した。 Will Knight12日前
  2. ビジネス・インパクト

    パワポで授業は時代遅れ、
    次世代オンラインツールで
    社内研修が変わる

    セールスフォースが研修プラットホーム、トレイルヘッドの販売を開始する。短期間で楽しくスキルを上げられるトレイルは、従業員の職種変更や昇進には欠かせないツールとなっている。だが、他の大企業にも必要なツールなのか、中小企業で使いこなせるツールなのかは、まだ分からない。 Elizabeth Woyke17日前
  3. コネクティビティ

    ARヘッドセットを装着して働いて分かった、未来のデスクトップの課題

    拡張現実(AR)デバイスを大々的に売り出そうとする企業が相次いでいるが、なかなか市場が立ち上がらないのが現状だ。そこで、実際に職場でARヘッドセットを数日間かぶって日常業務をして、どこに問題があるのか確かめてみた。 Rachel Metz39日前
  4. ビジネス・インパクト

    スラックCEOインタビュー
    AIの導入で働き方を
    もう一度変える

    メールや電話が飛び交っていた職場にチャットという新しいコミュニケーション手段を浸透させたスラック(Slack)。コミュニケーションの活性化や生産性の向上といった効果をもたらす一方で、大量の情報がリアルタイムにやり取りされることで、集中力の低下や目的の情報が探せないといった課題も指摘されている。スラックのスチュワート・バターフィールドCEOに、今後解決しようとしている課題について聞いた。 Elizabeth Woyke79日前
  5. ビジネス・インパクト

    パーティションに監視装置 オフィスの効率化にスマートデバイス

    創造的で効率的な職場を実現するため、米国ではスマート化した監視装置の普及が進んでいる。リスク対策になる一方で、不気味さはぬぐいきれない。 Jamie Condliffe10カ月前
  6. ビジネス・インパクト

    ウーバー参入でタクシー・ドライバー数は増加、賃金は低下の研究

    配車サービスの登場で法人タクシーのドライバー数は減らなかったが、ドライバーの収入は減った。 Jamie Condliffe11カ月前
  7. ビジネス・インパクト

    ロボットやAIで仕事がなくなるのは5%とマッキンゼーが予測

    作業の自動化は必然だが、予測できる範囲の未来で、人間は機械と協働するほうが経済的メリットがある。 Jamie Condliffe11カ月前
  8. ビジネス・インパクト

    ベーシック・インカムは有効? 結果は2017年に判明

    生きるために働かなくてもよくなったとき、人生は幸福になり、より生産的に過ごすようになるのだろうか? Jamie Condliffe12カ月前
  9. ビジネス・インパクト

    ベーシック・インカム:ネット世論頼みの危うい正義感

    全国民に収入を保証する制度は、シリコンバレーや西欧諸国で賛同者を増やしている。詳細に検討しない限りは、とてもいいアイデアに思える。 David H. Freedman2年前
  10. ビジネス・インパクト

    適正な評価で労働者の格差は拡大する

    労働者の生産性や価値を表すテクノロジーが賃金格差にも影響すると、タイラー・コーウェンが主張する。 Tyler Cowen2年前