KADOKAWA Technology Review
×
動画、ロボット、マルチモーダル——生成AIの次のトレンドは?
【6/26開催】イベント申込受付中!

カルチャー 2020年10月の記事

  1. How Wisconsin’s slowed-down mail could decide the election
    郵便配達の遅れが結果を左右する? 大統領選の深刻な「故障」
    大統領選における激戦区であるウィスコンシン州で、郵送票の集計のために追加の時間を与えることに対する最高裁判所の判決は、民主党員の敗北に終わった。郵送票の扱いについては今後、大統領選挙全体を左右する大きな問題になる可能性がある。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.31
  2. 米大統領選、ランサムウェア攻撃の成功よりも怖い本当の脅威
    投票日前夜にランサムウェアを選挙システムに感染させ、大統領選を混乱させるかもしれないという悪夢のシナリオを防ぐために、当局は対策に追われている。だが、真の脅威はランサムウェアそのものではない。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.31
  3. 「不正選挙」デマにソーシャルメディアは対処できるか
    米大統領選挙を前に、選挙を非合法化するための情報戦が繰り広げられている。こうしたデマは、他の陰謀や偽情報が易々とそこにはめ込まれてしまうため、対処が特に難しい。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.28
  4. 激化する情報戦の内幕、 黒人有権者たちの戦い
    2020年の米大統領選は、黒人有権者の投票を阻止したいトランプ陣営と、黒人の投票率を上げたいバイデン陣営の争いでもある。オンラインにおける有権者に対する欺瞞行為は前回の大統領選から劇的に増加しており、黒人コミュニティは投票阻止を目的とした行為の標的になっている。 by Tate Ryan-Mosley2020.10.27
  5. 選挙結果の遅れは「正常」なプロセス、米セキュリティ高官
    米大統領選の選挙結果が確定するまでには通常でも時間がかかる。「不正があったから遅れた」というデマに今から備えるべきだ。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.26
  6. Trump’s data-hungry, invasive app is a voter surveillance tool of extraordinary power
    2020年の米大統領選挙のデジタル戦略の柱となっているのが、スマホアプリだ。トランプ、バイデンの両陣営とも専用アプリを支持者にダウンロードさせ、データを収集しているが、両者の戦略には違いがある。 by Samuel Woolley2020.10.26
  7. Mainstream media is the biggest amplifier of White House disinformation
    トランプ大統領発のデマ、中立謳うマスコミが拡散に加担
    「郵便投票は不正につながる」とのトランプ大統領発のデマが拡散されている。新たな研究によると、中心的役割を果たしているのはソーシャル・プラットフォームや外国勢力ではなく、大統領のツイートを無批判に報じる米国のマスメディアだという。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.25
  8. The 2020 election could permanently change how America votes
    大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
    今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.21
  9. Why security experts are braced for the next election hack-and-leak
    ロシアの関与許した「漏洩合戦」、4年前の反省を生かせるか?
    2016年の米大統領選では漏洩情報がタイミングよく公開され、選挙結果に大きな影響を与えた。情報の出所や公開の意図を見極める必要がある。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.20
  10. The Outcome: A newsletter about making the election safe again
    MITテクノロジーレビューが米大統領選を報じる理由
    MITテクノロジーレビュー[米国版]編集長から、11月に迫った米大統領選に関するニュースレター創刊のご案内。 by Gideon Lichfield2020.10.20
  11. Explainer: What "poll watching" really means
    トランプ大統領が呼びかける選挙監視「軍団」は何が問題か?
    トランプ大統領は大統領選挙を前に、同選挙を監視する「軍団」を作るよう支持者たちに呼びかけている。しかし、同大統領の呼びかけは、有権者に対して暴力の脅威をちらつかせる脅迫であり、私兵団による投票所や有権者登録所付近での活動は違法行為である。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.18
  12. Texas' war on drop-off votes gets almost everything wrong
    テキサス州が郵便投票の回収所を削減、知事の主張は「誤り」
    「郵便投票は不正の温床」と訴えるトランプ大統領にテキサス州知事が加勢。だが、その主張は大きな誤りだ。 by Patrick Howell O'Neill2020.10.15
  13. How much more abuse do female politicians face? A lot.
    女性や有色人種の政治家に誹謗中傷が集中、ツイッター分析で判明
    女性および有色人種の政治家の発言や行動に言及するツイートには他の政治家に比べて多くの誹謗中傷が含まれることが明らかになった。 by Abby Ohlheiser2020.10.12
  14. Trump’s antibody treatment was tested using cells from an abortion
    トランプ大統領に投与の抗体薬、開発過程で中絶胎児起源の細胞
    トランプ政権は、中絶胎児の細胞を利用する研究に強く反対してきた。しかし、トランプ大統領の治療に用いられた抗体医薬品は、過去に中絶された胎児の組織から樹立された細胞株を利用して開発されたものだった。 by Antonio Regalado2020.10.10
  15. What's next for Trump? Ten days of isolation or the campaign trail?
    トランプ大統領が退院、新型コロナガイドライン「無視」確実か
    新型コロナウイルス感染症で入院していたトランプ大統領が退院した。11月の選挙が近く中、米国疾病予防管理センターが推奨する隔離ルールが守られるのか疑問だ。 by Antonio Regalado2020.10.8
  16. What drug treatments will President Trump get?
    トランプ大統領が受けた「特別治療」、今後の承認にも影響か
    高齢かつ肥満のトランプ大統領は重症化のリスクが高いが、最先端の実験的な治療法を自ら選べる権限を持っている。今後の治療法の承認や普及にも影響を与えそうだ。 by Antonio Regalado2020.10.6
  17. Explainer: What do political databases know about you?
    間近に迫った米大統領選はトランプ、バイデン両陣営の「データ戦」の様相を呈している。米国の政治団体はデータベンダーから入手した膨大なデータセットを使って、有権者の情報をほぼ確実に把握している。 by Tate Ryan-Mosley2020.10.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る