1. ビジネス・インパクト
    米総合物流最大手であり、米国最大の宅配便業者でもあるUPSは、最先端のテクノロジーを導入する「EDGE」プロジェクトを進めている。配送ミスを極限まで減らし、効率化を徹底することで、アマゾンとの全面対決に備える考えだ。 Elizabeth Woyke3カ月前
  2. コネクティビティ
    トランプ以後の政治的分断の解消を目指す、報道×AIプロジェクト
    ソーシャル・メディアによる「反対意見封じ」を、既存報道機関はAIの助けを借りて打ち破る、とツイッターの主任メディア科学者は講演した。 Martin Giles7カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    デジタル・エコノミーのビッグファイブである、アップル、アルファベット、マイクロソフト、アマゾン、フェイスブックによる「寡占的」な市場支配は経済成長の停滞を招いたとの見方がある。ビッグファイブの支配力が一層強まっていく中、私たちになすすべはないのだろうか?James Surowiecki10カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    米国の裁判所や金融機関では多くの場面で、被告人や顧客に対する意志決定に自動化システムを使っている。機械を使えば、人間の持つ偏見をなくして公平な判断を下すことが可能になるのだろうか。 Matthias Spielkamp11カ月前
  5. コネクティビティ
    個人情報の宝庫であるにも関わらず、スマホのプライバシー・ポリシーや個人設定を確認しないユーザーは多い。カーネギーメロン大学の研究者が作ったアプリは、そうした状況を変える可能性がある。 Mike Orcutt13カ月前
  6. コネクティビティ
    人工知能とビッグデータによる右派のプロパガンダはこけおどし?
    トランプ政権誕生を後押ししたとされるケンブリッジ・アナリティカのターゲティング広告とビックデータ解析に基づく心理分析には、威力を裏付けるデータがない。 Jamie Condliffe15カ月前
  7. コネクティビティ
    暴徒が街から出なくても、暴動が国中に伝播していく現象をモデル化できた。「暴動の波」は通信手段が発達した現代でさえ、地理的な近さで発生するのだ。 Emerging Technology from the arXiv16カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    米テック企業、AIへの政府補助金の増額と規制延期を米議会で要請
    人工知能について、業界の有力者は、テクノロジーの開発を具体化させることに米国政府がもっと大きな影響力を発揮すべきと述べた。Mike Orcutt18カ月前
  9. コネクティビティ
    「医師の助言」はウェアラブル・デバイスで事業化できるか?
    米国政府が資金を提供したMD2Kプロジェクトで生まれたテクノロジーによって、消費者向け製品がリアルタイムで健康情報を提供できるようになる。 Elizabeth Woyke2年前
  10. コネクティビティ
    消費者のプライバシー保護を
    諦めるな、と米FTC委員長
    米国FTCのエディス・ラミレス委員長は、テクノロジーが複雑に絡まり合う現在、消費者のプライバシー保護を不可能と決めつけるわけにはいかない、という。 Mike Orcutt2年前
  11. 知性を宿す機械
    FBIの人種差別的な
    顔認識システム
    顔認識システムは人種によって精度が異なることが判明。 Mike Orcutt2年前
  12. 知性を宿す機械
    未来のトヨタ車は
    乗る前に行き先を知っている
    トヨタ自動車の新設子会社はコネクテッド・カーが収集するデータを運用することになる。 Will Knight2年前