1. コネクティビティ

    ネット企業はスマホで洗脳、
    元グーグルのデザイン
    倫理学者が主張する理由

    テック業界の内側でスマホやソーシャルの負の側面に目を向ける人は多くない。だが、元グーグルの「デザイン倫理学者」は、スマホ利用の長時間化は公衆衛生の危機であり、テック企業はインターネットで社会を操っているという持論を展開している。インターネットをもっと社会的に貢献できるように使えないのだろうか。 Rachel Metz11日前
  2. コネクティビティ

    ARヘッドセットを装着して働いて分かった、未来のデスクトップの課題

    拡張現実(AR)デバイスを大々的に売り出そうとする企業が相次いでいるが、なかなか市場が立ち上がらないのが現状だ。そこで、実際に職場でARヘッドセットを数日間かぶって日常業務をして、どこに問題があるのか確かめてみた。 Rachel Metz17日前
  3. コネクティビティ

    マイクロソフトのMR撮影スタジオで記者が踊ってみた

    マイクロソフトは「ホログラム」の普及のために、大がかりなスタジオの設置を進めている。数年以内には普通の人がホログラム撮影ができるようになるとのことだが、記者が一足先に体験してみた。 Rachel Metz21日前
  4. ビジネス・インパクト

    熱狂するドバイ、
    アラブテック経済は
    世界を変えるか?

    世界有数の観光地として知られるドバイはいま、中東におけるスタートアップの聖地として急速に変貌を遂げている。政府によるブロックチェーンの導入、建築物への3Dプリンターの活用などが進むドバイに、若く優秀な才能が集積しているのだ。配車サービスからビットコインまで、中東のスタートアップ企業5社がなぜ成功できたのか? 米国の起業家で、投資家のクリストファー・M・シュレーダーがレポートする。 Christopher M. Schroeder30日前
  5. ビジネス・インパクト

    MIT発ベンチャー・キャピタルが手ごわい技術に投資する理由

    投資家は一般に、社会にとって非常に重要な分野であっても、成果を出すのに時間がかかる技術への投資は敬遠しがちだ。こうした「手ごわい」技術を手掛けるスタートアップ企業への投資に、マサチューセッツ工科大学(MIT)発のベンチャー・キャピタル・ファンドが名乗りをあげた。同社CEOに、投資にあたっての課題や投資先の最初の7社を選んだ理由を聞いた。 Elizabeth Woyke64日前
  6. ビジネス・インパクト

    トランプ大統領の移民規制で
    儲ける意外なビジネス

    スタートアップ企業の移民創業者を専門とするベンチャー・キャピタルは、資金提供だけではなく就労のビザの取得や弁護士の紹介まで面倒を見る。皮肉なことに、トランプ政権の移民政策が追い風となって、着々と利益を上げている。 Elizabeth Woyke85日前
  7. コネクティビティ

    音声認識で絵本を進化 「音の拡張現実」がやってきた

    音声認識を活用することで、本の世界とデジタルの世界を融合させる、音の拡張現実とも言えるアプリが登場。子どもたちがわくわくしながら本を読むようになるかもしれない。 Rachel Metz3カ月前
  8. コネクティビティ

    「Androidの父」の高級スマホはどこがエッセンシャルなのか?

    699ドルのスマホはゴージャスで一通りの機能を備える。しかし、同じような機能を持つスマホはもっと安く買えるし、それを超えるものもすぐに出てくるだろう。 Rachel Metz3カ月前
  9. コネクティビティ

    未来のデスクトップがやってくる!

    拡張現実スタートアップ企業「メタ」が描く未来のワークスペースには、空中に貼り付ける付箋や、たくさんのジェスチャーが登場する。MITテクノロジーレビューの編集者が実際に体験してきた。 Rachel Metz6カ月前
  10. コネクティビティ

    オープンソースでカワイイ♥音声アシスタントが登場

    アマゾン・エコーのようなホームアシスタントが米国で人気だ。あるスタートアップ企業が手掛ける「かわいい」音声アシスタントの狙いは、デバイスへの組み込みにある。 Rachel Metz6カ月前
  11. コネクティビティ

    ワイ・コンビネーター、スタートアップ向けのオンライン講座

    ワイ・コンビネーターは、ベイエリアに事業所のないスタートアップ企業が、業界の最新動向に接触できる機会をバーチャルに提供するスタートアップ・スクールを始めました。すでに3000社が利用しています。 Rachel Metz7カ月前
  12. ビジネス・インパクト

    1兆ドル産業の海運業界にはIoTの巨大なビジネスチャンスが転がっている

    国際貿易業界で、貨物の出荷は最も複雑な作業だが、最もネット接続が遅れた分野でもある。 Nanette Byrnes13カ月前
  13. ビジネス・インパクト

    治安最悪のメキシコで
    起業家が感じる成功の危険性

    メキシコ市場には、モバイルテクノロジーが成功する絶好の機会があるが、リスクもつきまとう。 Adam Popescu16カ月前
  14. ビジネス・インパクト

    狙いは適確医療の独占?
    途上国のゲノム情報を収集

    遺伝子配列の決定が遅れているアジアに注目し、適確医療を進めようとするスタートアップ企業がある。 Elizabeth Woyke16カ月前
  15. コネクティビティ

    「VRを3日分出しますね」
    痛み止めに実質現実処方

    研究段階ではあるが、実質現実(VR)が鎮痛剤と同じ効果を発揮する場合があるとわかった。 Rachel Metz16カ月前
  16. ビジネス・インパクト

    スマートトースターに投資?
    目を覚ませ、トースターだ

    どの業界もソフトウェア産業のように成長するはずがない。 Nanette Byrnes17カ月前
  17. ビジネス・インパクト

    買い物代行インスタカートが
    ビックデータで黒字化へ

    事業化は困難と思われていた日用雑貨品の配達を、インスタカートはデータ解析でマネタイズしつつある。 Tom Simonite17カ月前
  18. コネクティビティ

    絵文字を人工知能で推薦
    人気サービスを支えるDango

    今の気持ちを完璧に表す絵文字をAndroidでは人工知能が予測してくれる。 Rachel Metz17カ月前