1. ビジネス・インパクト

    MIT発ベンチャー・キャピタルが手ごわい技術に投資する理由

    投資家は一般に、社会にとって非常に重要な分野であっても、成果を出すのに時間がかかる技術への投資は敬遠しがちだ。こうした「手ごわい」技術を手掛けるスタートアップ企業への投資に、マサチューセッツ工科大学(MIT)発のベンチャー・キャピタル・ファンドが名乗りをあげた。同社CEOに、投資にあたっての課題や投資先の最初の7社を選んだ理由を聞いた。 Elizabeth Woyke4日前
  2. ビジネス・インパクト

    トランプ大統領の移民規制で
    儲ける意外なビジネス

    スタートアップ企業の移民創業者を専門とするベンチャー・キャピタルは、資金提供だけではなく就労のビザの取得や弁護士の紹介まで面倒を見る。皮肉なことに、トランプ政権の移民政策が追い風となって、着々と利益を上げている。 Elizabeth Woyke25日前
  3. コネクティビティ

    音声認識で絵本を進化 「音の拡張現実」がやってきた

    音声認識を活用することで、本の世界とデジタルの世界を融合させる、音の拡張現実とも言えるアプリが登場。子どもたちがわくわくしながら本を読むようになるかもしれない。 Rachel Metz32日前
  4. コネクティビティ

    「Androidの父」の高級スマホはどこがエッセンシャルなのか?

    699ドルのスマホはゴージャスで一通りの機能を備える。しかし、同じような機能を持つスマホはもっと安く買えるし、それを超えるものもすぐに出てくるだろう。 Rachel Metz33日前
  5. コネクティビティ

    未来のデスクトップがやってくる!

    拡張現実スタートアップ企業「メタ」が描く未来のワークスペースには、空中に貼り付ける付箋や、たくさんのジェスチャーが登場する。MITテクノロジーレビューの編集者が実際に体験してきた。 Rachel Metz4カ月前
  6. コネクティビティ

    オープンソースでカワイイ♥音声アシスタントが登場

    アマゾン・エコーのようなホームアシスタントが米国で人気だ。あるスタートアップ企業が手掛ける「かわいい」音声アシスタントの狙いは、デバイスへの組み込みにある。 Rachel Metz4カ月前
  7. コネクティビティ

    ワイ・コンビネーター、スタートアップ向けのオンライン講座

    ワイ・コンビネーターは、ベイエリアに事業所のないスタートアップ企業が、業界の最新動向に接触できる機会をバーチャルに提供するスタートアップ・スクールを始めました。すでに3000社が利用しています。 Rachel Metz5カ月前
  8. ビジネス・インパクト

    1兆ドル産業の海運業界にはIoTの巨大なビジネスチャンスが転がっている

    国際貿易業界で、貨物の出荷は最も複雑な作業だが、最もネット接続が遅れた分野でもある。 Nanette Byrnes11カ月前
  9. ビジネス・インパクト

    治安最悪のメキシコで
    起業家が感じる成功の危険性

    メキシコ市場には、モバイルテクノロジーが成功する絶好の機会があるが、リスクもつきまとう。 Adam Popescu14カ月前
  10. ビジネス・インパクト

    狙いは適確医療の独占?
    途上国のゲノム情報を収集

    遺伝子配列の決定が遅れているアジアに注目し、適確医療を進めようとするスタートアップ企業がある。 Elizabeth Woyke14カ月前
  11. コネクティビティ

    「VRを3日分出しますね」
    痛み止めに実質現実処方

    研究段階ではあるが、実質現実(VR)が鎮痛剤と同じ効果を発揮する場合があるとわかった。 Rachel Metz14カ月前
  12. ビジネス・インパクト

    スマートトースターに投資?
    目を覚ませ、トースターだ

    どの業界もソフトウェア産業のように成長するはずがない。 Nanette Byrnes15カ月前
  13. ビジネス・インパクト

    買い物代行インスタカートが
    ビックデータで黒字化へ

    事業化は困難と思われていた日用雑貨品の配達を、インスタカートはデータ解析でマネタイズしつつある。 Tom Simonite15カ月前
  14. コネクティビティ

    絵文字を人工知能で推薦
    人気サービスを支えるDango

    今の気持ちを完璧に表す絵文字をAndroidでは人工知能が予測してくれる。 Rachel Metz15カ月前