KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!

気候変動/エネルギー 2023年10月の記事

  1. 2023 Climate Tech Companies to Watch: Commonwealth and its compact tokamak
    MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」の1社であるコモンウェルスは、長年の夢だった「核融合」発電の実用化を目指す企業だ。2030年代初頭には同社の核融合炉が送電網に電力を供給し始める可能性がある。by Mark Harris2023.10.31
  2. 未来の仕事:企業の排出量を評価する「炭素会計士」とは?
    気候変動への対応が企業の重要な課題になったのに伴い、新しい職業が登場した。気候会計士は、「温室効果ガスプロトコル」と呼ばれる基準に基づいて、クライアント企業の気候問題への貢献度合いを評価し、開示する。by Allison Arieff2023.10.30
  3. 熱電池で重工業を脱炭素化、スタートアップが初の大規模製造施設
    熱電池スタートアップ企業のアントラ・エナジーが初の大規模製造施設をサンノゼに建設し、モジュラー式熱電池の生産を開始する。世界のエネルギー需要の約20%を占める重工業の脱炭素化を推進する一歩だ。by June Kim2023.10.30
  4. 広く利用可能な材料で安価な電池を作ることは、送電網の再生可能エネルギーへの移行に有効だ。MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」の1社であるフォーム・エナジーの鉄ベース電池は、送電網のエネルギー貯蔵にはもってこいかもしれない。by Casey Crownhart2023.10.27
  5. MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」の1社であるゴゴロは、バッテリー・メーカーとしてスマートなバッテリー交換ステーションのネットワークを構築すると同時に、電動スクーターを販売。東アジアでの新興勢力になりつつある。 by Mat Honan2023.10.26
  6. 2023 Climate Tech Companies to Watch: Sublime Systems and its clean cement
    セメントの製造過程では、大量の温室効果ガスが排出される。MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」の1社であるサブライム・システムズは、電気化学反応を用いることで、排出を抑えようとしている。 by Casey Crownhart2023.10.25
  7. Introducing MIT Technology Review’s 2023 list of 15 Climate Tech Companies to Watch
    MITテクノロジーレビュー「気候テック企業15」2023発表にあたって
    MITテクノロジーレビューは今年から、有望な気候テック企業を選ぶ年次企画「気候テック企業15」を開始する。なぜ、新たな企画を始めるに至ったのか、企画に込めた狙いを説明する。 by James Temple2023.10.24
  8. 2023 Climate Tech Companies to Watch: Ørsted and its offshore wind factories
    風力発電は再生可能エネルギーの重要な供給源の一つだが、建設には困難がつきまとう。MITテクノロジーレビューの「気候テック企業15」の1社であるオーステッドは、プロジェクトやサプライチェーンに投資し、世界で最も多くの洋上風力発電所を建設してきた。 by Maddie Stone2023.10.24
  9. 2023 Climate Tech Companies to Watch: NotCo and its plant-based foods
    MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるノットコ(NotCo)は、マヨネーズやミルクなどの動物由来食品を模倣したヴィーガン食品を開発し、15カ国で販売している企業だ。 by Muriel Alarcón2023.10.23
  10. 2023 Climate Tech Companies to Watch: GEM and its battery recycling factories
    EV電池の原材料となる鉱物の採掘は環境を汚染し、労働者搾取や人権侵害の原因になることも多い。MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるGEMの電池リサイクル技術は、世界のエネルギー転換を推進する。 by Zeyi Yang2023.10.20
  11. 2023 Climate Tech Companies to Watch: BYD and its affordable EVs
    MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるBYD(比亜迪)は、低価格で安全なリン酸鉄リチウム電池技術で優位性を発揮。手頃な価格で多様な電気自動車を市場に提供している。 by Zeyi Yang2023.10.19
  12. 2023 Climate Tech Companies to Watch: NuScale and its modular nuclear reactors
    電力産業の脱炭素化には、再生可能エネルギーを補うベースロード電源が必要となる。MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるニュースケール・パワーが開発する小型モジュール式原子炉は、その有力な候補となる可能性がある。by Mark Harris2023.10.18
  13. The quest for equitable climate solutions
    気候対策の恩恵をコミュニティにどう届けるか? 米エネ省幹部語る
    米インフレ抑制法によって気候問題解決に資金が流れ始めるにつれて、その恩恵を受けられないコミュニティから不満の声が上がっている。米エネルギー省の局長が、同省の気候変動と不平等解消への取り組みについて語った。by Casey Crownhart2023.10.17
  14. 2023 Climate Tech Companies to Watch: H2 Green Steel and its steel made with renewable energy
    鉄鋼を製造する工程では、大量の二酸化炭素を排出する。MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるH2グリーン・スチールは、再生可能エネルギーと水素を活用して、排出量を最大95%削減する新しい製鉄所を建設中だ。 by James Temple2023.10.16
  15. 2023 Climate Tech Companies to Watch: Blue Frontier and its energy-efficient AC
    気候変動の影響により、空調システムの需要が世界的に高まっている。MITテクノロジーレビューが選ぶ「気候テック企業15」の1社であるブルー・フロンティアは、代替冷媒と乾燥剤を活用して、より効率的な空調システムを提供するスタートアップ企業だ。 by Amy Nordrum2023.10.16
  16. Europe is working to slow down the global expansion of Chinese EVs
    欧州委員会が中国の電気自動車(EV)メーカーに対する調査を開始すると発表した。欧州は中国政府からの不当な補助金がメーカーに流れ、競争が阻害されていると主張しており、調査の結果次第では自動車産業に大きな影響を与えそうだ。 by Zeyi Yang2023.10.11
  17. Underground thermal energy networks are becoming crucial to the US’s energy future
    温暖化対策に熱エネルギー・ネットワーク、全米で取り組み相次ぐ
    廃熱や地熱を利用して地域に冷暖房や温水を提供する熱エネルギー・ネットワークのプロジェクトが米国内で立ち上がり始めた。こうしたプロジェクトには、炭素排出量の削減だけにとどまらないメリットがある。by June Kim2023.10.9
  18. Why the dream of fusion power isn't going away
    究極の「大穴」技術、核融合を諦めるべきでない理由
    地球温暖化対策の切り札とも目されている核融合発電は、依然として「未来のエネルギー」の域を出ていない。だが最近、いくつかのマイルストーンを達成したことを考えると、実現を諦めるべきではない。by Casey Crownhart2023.10.3
  19. How electricity could clean up transportation, steel, and even fertilizer
    「あらゆるものを電化する」は何を意味するのか?
    気候変動の話題では「あらゆるものを電化する」という言葉がよく登場する。考え方はシンプルだが、よく考えると「あらゆるもの」とはどこまでを指すのかといったことなど、よく分からないことが多い。 by Casey Crownhart2023.10.1
アーカイブ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る