1. 持続可能エネルギー
    経済学者が主張する「炭素の社会的費用」は気候変動への対応を進めるための強力な指針となる。正確な算出はいまだ困難だが、膨大なデータと高度なモデリングによって正確な値を計算する過程では、不平等な分配などの問題を浮き彫りにしつつある。 David Rotman14日前
  2. 持続可能エネルギー
    ゲイツもかつて提案した「ロボット税」、いまこそ導入すべき?
    ロボットに課税すべきだろうか? 賛成派は、人間の労働に課税しているのだから当然課税すべきだと主張し、反対派は、イノベーションが減速してしまうから課税すべきではないと主張する。 David Rotman36日前
  3. 持続可能エネルギー
    グリーン・ニューディールは
    新しい「産業政策」なのか?
    マッツカート教授に聞く
    米国民主党議員が発表した包括的な環境政策「グリーン・ニューディール」は、気候変動対策に取り組むカギになるのだろうか。産業政策の重要性についての著作を持つユニバーシティ・カレッジ・ロンドンのマリアナ・マッツカート教授に話を聞いた。 David Rotman60日前
  4. 知性を宿す機械
    この数十年、研究開発の分野において、一定の成果を挙げるために必要とされる研究者の数やコストは増加する一方だ。急速な進歩を遂げている人工知能(AI)の真価は、人間だけでは不可能な発見を可能にし、イノベーションのプロセスを変えることにある。 David Rotman84日前
  5. 知性を宿す機械
    家庭用ロボットの実用化には「常識」が必要だ——UCB助教授
    人工知能(AI)の飛躍的な進歩は大規模なデータ・セットを使った訓練によって実現されてきた。だが、さまざまな状況で活動できるロボットの実用化には、新たなアルゴリズムが必要だという。 David Rotman4カ月前
  6. 生命の再定義
    遺伝子データべースに格納されたゲノムデータが急増する一方で、格納されたデータの多くがヨーロッパ系の人々のものに偏っているという指摘がある。集団遺伝学の第一人者であるスタンフォード大学のカルロス・D・ブスタマンテ教授に、より多くの人を遺伝学研究の対象に加えることと、異なる集団の遺伝的特徴を理解することがなぜ非常に重要であるのかについて聞いた。 David Rotman9カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    かつて鉄鋼の街として栄えたピッツバーグはいま、急速な高齢化と人口減少にあえいでいる。ウーバーやアマゾンといったテック企業の誘致、製鉄所跡地の再開発などを通じてロボット工学の聖地として再生を目指す街の姿からは、AI経済全体の課題が見えてくる。 David Rotman12カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    経済指標が示すところによると、最近のテクノロジーの進歩やイノベーションは生産性の向上にさほど寄与していないという。様々な理由が考えられるが、一つの考え方として、人工知能(AI)などの新しいテクノロジーは「汎用技術」であり、マクロ経済の指標に影響が現れるのには何十年もかかるというものがある。 David Rotman13カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    STEM教育万能論は誤りだ——オバマ政権の経済アドバイザーが指摘
    オバマ政権の主任経済アドバイザーを務めたジェイソン・ファーマン教授は、米国の労働力率が先進国では最低レベルであることを指摘し、政府が打ち出すべき方針について語った。教育や再訓練は必要だが、全員にSTEM教育を施す必要はないとしている。 David Rotman13カ月前
  10. 知性を宿す機械
    ローラ・タイソンが語ったAI、自動化で本当に懸念すべきこと
    著名な経済学者であるカリフォルニア大学バークレー校のローラ・タイソン教授は、AIや自動化の導入による新たな格差を懸念しているという。 David Rotman16カ月前
  11. 知性を宿す機械
    AIに足りないのは「自律性」と「安全性」——キーパーソン語る
    今日のAIに足りないものとは何か?アレン人工知能研究所CEO、ニューヨーク大学教授、マイクロソフト研究員が語った。 David Rotman16カ月前
  12. 生命の再定義
    世界を救うのは遺伝子「編集」作物だ
    遺伝子組換え作物の安全性をめぐる対立は、長らく農業の進化を停滞させてきた。新たな遺伝子編集技術は、多種多様な特徴をもった作物を生み出し、農業の世界にイノベーションをもたらすだろう。 David Rotman17カ月前
  13. ビジネス・インパクト
    MITが選ぶ、2017年の
    若手イノベーター35人
    発表にあたって
    MITテクノロジーレビューは2017年版「35歳未満のイノベーター35人」を選出した。これから世界を変えていく若き発明家、開拓者、起業家、構想者、そして博愛家たちを紹介する。 David Rotman2年前
  14. ビジネス・インパクト
    生産性を強力に高める可能性を持つイノベーションを生み出し、今日は存在していない市場を創造する——MITテクノロジーレビューが選定した「2017年版スマート・カンパニー50」に日本企業は含まれていなかった。中国企業が8社選ばれたのとは対照的だ。スーパースター企業による世界的な支配が広がる背景を読み解けば、その理由も見えてくるはずだ。David Rotman2年前
  15. コネクティビティ
    思い通りの形に金属部材を生成できる3Dプリンターは、まだ存在しない。MITの4人の教授が関わるスタートアップ企業デスクトップ・メタルは、自社の装置で、金属部品を「プリント」する手頃で実用的な手段を近いうちに提示できると考えている。 David Rotman2年前
  16. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領の得票と強く相関しているのは、失業率よりも定型仕事の割合であることがわかった。大統領選挙の奥底にあった怒りの正体は、AIと自動化で人間らしい仕事を奪われた人の怨嗟だったのかもしれない。 David Rotman2年前
  17. 持続可能エネルギー
    気候変動で日本のGDPは35%減少、ロシアは419%増加
    気候変動による気温上昇は世界中の経済成長に強い影響があり、一部の国を豊かに、一部の諸国を貧しくする。 David Rotman3年前
  18. 持続可能エネルギー
    地球温暖化で得をするのは誰か? 南アジアやアフリカで何が起きるか?
    気候変動によって社会が混乱したり、世界のGDPの大幅な低下といった経済的な損失が発生することが、最新の研究で判明した。 David Rotman3年前
  19. 持続可能エネルギー
    資本主義の悪行
    気候変動や所得不平等のような大きな問題を解決するための政策を形成し支援する上で、政府が果たす役割を再考しなければならない時だ。 David Rotman3年前