1. ビジネス・インパクト
    伊藤穰⼀、レッシグらとデータ活用の未来を考えるカンファレンス
    MITメディアラボの伊藤穰⼀所長をホストに、世界中から第一線で活躍する研究者、起業家、有識者らが集まる大規模なカンファレンスイベントが今年も開催される。「データエコシステム」が今回のテーマだ。 MIT Technology Review Japan4カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    トヨタと東京海上日動が自動運転で提携、AI訓練に事故データ活用
    自律自動車の実現へ向けて、自動車メーカーの動きが慌ただしくなってきた。ウーバーへの出資に続き、ソフトバンクとの電撃的な提携を発表したばかりのトヨタが、今度は損害保険大手と提携する。 MIT Technology Review Japan11カ月前
  3. ビジネス・インパクト
    世界トップ級の専門家が集うセキュリティ会議、開催迫る
    情報セキュリティの国際会議「CODE BLUE」が10月29日から、東京都内で開催される。世界トップクラスの専門家が集い、最新のセキュリティ動向を発表する予定だ。 MIT Technology Review Japan11カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    CERN研究者から量子コンピューターとブロックチェーンを学ぶWS
    世界トップレベルの研究者からブロックチェーンと量子コンピューターの最新動向を学ぶ国際ワークショップが京都府宮津市で開催される。 MIT Technology Review Japan12カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    日本の製造業が飛躍する鍵とは?
    デジタル化時代の「攻め」のセキュリティ
    製造業のデジタル・トランスフォーメーションが急速に進んでいる。製造工程をデジタル化し、データをセンサーや通信でつないで生産性を高める——2010年代にドイツで始まった動きが、世界中に広がっているのだ。 MIT Technology Review Japan13カ月前
  6. ビジネス・インパクト
    トヨタがウーバーに5億ドル出資、自動運転車を2021年に投入へ
    苦境に立たされているウーバーに、久々に明るい話題だ。 MIT Technology Review Japan13カ月前
  7. ビジネス・インパクト
    「中国のイノベーション戦略を読み解く」イベント開催のお知らせ
    面積では世界第2位、人口13億人を抱える巨大国家・中国が世界のイノベーションの中心地に変わろうしている。MITテクノロジーレビューは、富士通総研経済研究所の趙 瑋琳上級研究員を招き、中国のイノベーション政策を読み解くイベントを開催する。 MIT Technology Review Japan15カ月前
  8. ビジネス・インパクト
    伊藤穰一氏らとこれからのテクノロジーと規制の関係を考える1日
    世界中から最先端の研究者や起業家らが集まり、「技術革新を生み出す企業やスタートアップがレギュレーションとどう向き合うか」をテーマに語り合う大規模なカンファレンスイベントが開催される。 MIT Technology Review Japan16カ月前
  9. ビジネス・インパクト
    「スポーツ医科学と健康の未来」イベント開催のお知らせ
    MITテクノロジーレビューは「スポーツ医科学と健康の未来〜」を開催する。ゲストには、世界のスポーツ医科学の最新潮流に精通している牧田総合病院の朝本俊司氏を招き、スポーツ医科学の現状と日本の課題について議論する。 MIT Technology Review Japan17カ月前
  10. ビジネス・インパクト
    新サービス「eムック」リリースのお知らせ
    MITテクノロジーレビューは、「特定のテーマについてもっと知りたい」「印刷してじっくり読みたい」との読者のご要望にお応えして、このたび新サービス「eムック」をリリースいたしました。MIT Technology Review Japan2年前
  11. ビジネス・インパクト
    「JAXA × 宇宙ビジネスの現在・未来」イベント開催のお知らせ
    MITテクノロジーレビューは「JAXA × 宇宙ビジネスの現在・未来」を開催する。宇宙航空研究開発機構(JAXA)の松浦直人・新事業促進部長をお迎えし、「日本や世界の宇宙ビジネスの現状とは?」「宇宙ビジネスが進むと我々の生活はどう変わるのか」など、宇宙ビジネスをめぐる動きをお届けする。 MIT Technology Review Japan2年前
  12. ビジネス・インパクト
    パナソニックはAIで世界をどう変える?Tech Forum開催
    世界中の人々のくらしを変え続けてきたパナソニック。次はAIテクノロジーで移動、ビジネス、くらしにイノベーションを起こそうとしている。 「ものづくり×AI」の難しさと楽しさをキーマンたちが語る。 MIT Technology Review Japan2年前
  13. ビジネス・インパクト
    学生限定:PFNとIndeedのトップがテクノロジーの社会実装を語る
    Preferred Networksの岡野原氏、Indeedの出木場氏が登壇する、学生限定セミナーを開催する。注目企業2社のトップが「テクノロジーの社会実装の最前線」をテーマに議論を交わす。 MIT Technology Review Japan2年前
  14. ビジネス・インパクト
    機械学習でクルマはどう進化するか?第一人者が集う技術セミナー
    カーネギーメロン大学の金出武雄教授、東大大学院の杉山 将教授、中部大学の藤吉弘亘教授ら、トップ研究者と技術者が集い、新しいモビリティ社会を実現する機械学習などの先端テクノロジーを紹介する技術セミナーが開催される。 MIT Technology Review Japan2年前
  15. ビジネス・インパクト
    なぜ今、磁気テープなのか?
    IoT時代に躍進する
    データストレージ
    社会のデジタル化が加速し、データ駆動型社会への転換が進んでいる。IoTが急速に普及し始めたこともあり、収集データの増加ぶりは爆発的といっていい。2025年には、全世界のデータ生成量が163ゼタバイト(ZB=1021)を超えると予想される中、膨大なデータを保存するストレージとして磁気テープが注目を集めている。 MIT Technology Review Japan2年前
  16. ビジネス・インパクト
    伊藤穰一氏らと「バイオ」「ブロックチェーン」を語り合う2日間
    世界中から最先端の研究者や起業家らが集まり、「IT+バイオテクノロジー」「ブロックチェーン」をテーマに語り合う大規模なカンファレンスイベントが間もなく開催される。 MIT Technology Review Japan2年前
  17. ビジネス・インパクト
    GEが始めたIoT革命は何をもたらしたか?
    GEがソフトウェア企業に転換するために始めた「インダストリアル・インターネット」は、IoTの流れを生みだし、多くの産業を変革させている。IoTが何を目指し、何をもたらしたのか振り返る。 MIT Technology Review Japan2年前
  18. ビジネス・インパクト
    ネットスーパーが突きつける「雇用なしで経済は成長するか」問題
    倉庫、配送、販売の各工程で、eコマースと実店舗の融合が進んでいる。ネットスーパー各社が進める究極の効率化で小売業から労働者が消えたとき、消費者は残っているのだろうか? MIT Technology Review Japan3年前
  19. ビジネス・インパクト
    「アフリカ発インターネット金融革命」イベント開催のお知らせ
    MITテクノロジーレビューはアフリカで金融事業を手がける合田真氏をゲストに迎え、「アフリカ発インターネット金融革命」を開催する。「エネルギーと金融経済」をテーマに、これからの持続可能ビジネスについて議論する。 MIT Technology Review Japan3年前
  20. ビジネス・インパクト
    巨大銀行はなぜブロックチェーンを研究しているのか?
    巨大銀行や大企業は、デジタル通貨のためにブロックチェーンを研究しているわけではない。巨額の投資をせずに構築できる、信頼できる分散データベースの可能性に目を付けているのだ。 MIT Technology Review Japan3年前
  21. ビジネス・インパクト
    2017年版
    ブレークスルー
    テクノロジー10
    MIT Technology Reviewが選んだ10のテクノロジーの共通点は、持続性だ。経済や政治に影響を与え、医学を改善し、文化すら変える力がある。一部はすでに利用可能だが、実用化までに10年以上かかるテクノロジーもある。しかし、どのテクノロジーもいま知っておく価値があるものばかりだ。 MIT Technology Review Japan3年前
  22. ビジネス・インパクト
    40年前に指摘された「電子マネーの危険な側面」を読み返す
    創刊118年目のMIT Technology Reviewは、テクノロジーに関する最新の動向を見続けてきた。40年前に書かれた電子マネーに関する記事は、未来を見てきたかのような書きっぷりだ。 MIT Technology Review Japan3年前
  23. ビジネス・インパクト
    「量子コンピューターは社会をどこまで変えるのか」開催のお知らせ
    「量子コンピューター」という単語を聞いたことはあっても、きちんと理解する機会はなかなかないだろう。MITテクノロジーレビューは第一人者である東工大の西森秀稔教授を迎え、「量子コンピューターは社会をどこまで変えるのか」を開催する。 MIT Technology Review Japan3年前
  24. 持続可能エネルギー
    地球のためより自社のために温暖化適応を進めるグローバル企業
    2099年に日本の一人当たりGDPが35%減少することに責任を持って行動できる政治家はいないかもしれない。しかし、すでに気候変動による影響は企業の事業継続を脅かしており、地球のためではなく、自社のために対策を進める段階に入っている。 MIT Technology Review Japan3年前
  25. 知性を宿す機械
    クボタ、自動運転農機を初公開
    農業の担い手が減り、耕作面積が増えれば、自動化でギャップを埋めるしかなくなる。 MIT Technology Review Japan3年前
  26. 知性を宿す機械
    「VR/AR医療テクノロジーの衝撃」イベント開催のお知らせ
    MITテクノロジーレビューは、医師・医学博士であり、医療分野で最先端の技術開発をしている杉本真樹氏を迎え、「VR/AR医療テクノロジーの衝撃ーヘルスケア、教育、コンテンツビジネスの最前線」と題したイベントを開催する。医療現場でのテクノロジーの最先端の活用や、未来の人々の健康についてお話いただく予定だ。 MIT Technology Review Japan3年前
  27. 知性を宿す機械
    ソーシャルメディアで世論は操作できるか?
    11月8日に投票された米国の大統領選挙は激しい「ソーシャルメディア戦」が繰り広げられた。MITテクノロジーレビューの記事を通じて、ソーシャルメディア選挙の裏側を読み解こう。 MIT Technology Review Japan3年前
  28. 知性を宿す機械
    「2時間でわかる人工知能の現在と未来」イベント開催のお知らせ
    人工知能のニュースを耳にすることは増えたものの、情報が断片的で「人工知能とは何なのか」「実際に何ができるのか」を理解することは難しくなっている。MITテクノロジーレビューは三宅陽一郎氏を迎え、「2時間でわかる人工知能の現在と未来」と題したイベントを開催する。 MIT Technology Review Japan3年前
  29. 知性を宿す機械
    楽天ドローン、ミニトマトを海を越え島に届ける
    瀬戸内海に浮かぶ大三島に配達用ドローンが降り立ち、ミニトマトなどの野菜を届けた。 MIT Technology Review Japan3年前
  30. 知性を宿す機械
    デンソーのコネクテッドカー・システム、2025年までに開発
    世界最大の自動車部品メーカーが、自動運転に向けた動きを活発化させている。 MIT Technology Review Japan3年前