KADOKAWA Technology Review
×
パトリック・ハウエル・オニール 87 Stories
プロフィールを見る
  1. コネクティビティ
    トランプ前大統領、最終日にクラウド企業へ大統領令
    トランプ前大統領の最後の行動の1つは、グーグルやアマゾンなどのクラウドサービスに対する身元確認の強化だった。 Patrick Howell O'Neillたった今
  2. コネクティビティ
    米政府の大規模ハッキング、手口巧妙「アプデしたら感染」
    ロシアのハッカー集団「コージー・ベア」が米国の多数の企業および政府機関のコンピューター・ネットワークにバックドアを仕掛けたことが明らかになった。米国製ネットワーク管理ソフトのアップデートにマルウェアを忍ばせたもので、財務省、商務省、国土安全保障省などが被害を受けたことが分かっている。 Patrick Howell O'Neill27日前
  3. コネクティビティ
    コロナ禍で激変の米大統領選、投票の「新常態」は定着するか
    2020年の米大統領選挙は異例づくしに終わった。郵便投票と期日前投票の拡大によって投票期間が大幅に伸び、結果的に史上最高の投票率となった。新しい投票行動は今後も定着するか。 Patrick Howell O'Neill32日前
  4. コネクティビティ
    4年後の米大統領選をさらに安全にする方法
    新型コロナウイルスとデマの蔓延にもかかわらず、記録的な投票率となった2020年の大統領選挙は成功に終わった。だが、投票の自由、公平、安全を維持する努力がなければ、次の選挙の成功はないだろう。 Patrick Howell O'Neill39日前
  5. コネクティビティ
    欧州医薬品庁にサイバー攻撃、ワクチン文書に不正アクセス
    欧州医薬品庁がサイバー攻撃を受け、ファイザーとバイオンテックが開発した新型コロナワクチンに関する文書が不正にアクセスされた。ただし、この件が同ワクチンの欧州での展開に影響を与えることはなさそうだ。 Patrick Howell O'Neill42日前
  6. コネクティビティ
    EU、サイバー監視技術の輸出規制強化へ スパイウェアや顔認識
    欧州連合はスパイウェアや顔認識などのサイバー監視技術の輸出の規制強化に動く。欧州だけが対象となる点は弱点だが、デュアルユース技術の取引の透明性を高め、国際協調を呼びかけていく構えだ。 Patrick Howell O'Neill56日前
  7. ビジネス・インパクト
    トランプ抵抗でも変わらない、米大統領選の認定プロセス
    トランプ大統領はいまだに敗北を認めず、法廷闘争に持ち込もうとしている。だが、選挙結果認定プロセスは変わらず、淡々と進んでいる。 Patrick Howell O'Neill62日前
  8. ビジネス・インパクト
    「大統領は選挙管理人の仕事に敬意を」米選挙支援委員会トップ語る
    トランプ大統領は今回の大統領選挙では大規模な不正投票があったと主張し続けており、選挙の偽情報を暴いたサイバーセキュリティ部門のトップは解任に追い込まれた。米選挙支援委員会のホブランド委員長に、選挙後に起こったことやトランプ大統領の主張について語った。 Patrick Howell O'Neill67日前
  9. コネクティビティ
    ランサムウェア攻撃と患者死亡に関係なし=ドイツ警察
    9月にサイバー攻撃を受けたドイツの病院で患者が死亡した件について、サイバー攻撃と患者の死との間に直接の関連性はないと警察は発表した。 Patrick Howell O'Neill68日前
  10. コネクティビティ
    大統領選はまだ終わらない——異例づくしで強くなった米国の選挙
    今回の大統領選挙は、おおむね想定通りに進んでいる。懸念されていたパンデミックは逆説的にシステムを強くし、安全性や完全性、投票率という面で、2020年の選挙は近年のどの選挙よりも優秀だったと総括できるだろう。 Patrick Howell O'Neill76日前
  11. コネクティビティ
    激戦のペンシルベニア州、バイデン当確に時間がかかった理由
    集計作業が続く米大統領選でバイデン候補の当選確実が報じられた。決め手となったペンシルベニア州ではまだ集計が続いている。 Patrick Howell O'Neill77日前
  12. コネクティビティ
    大統領選の「早すぎる」勝利宣言にSNS各社はどう対処しているか
    米国の大統領選挙では、勝敗は投票日当日には決まらず、票を集計して正式に確定するプロセスは投票日の後も続く。投票の結果が確定する前にいずれかの陣営が早まった勝利宣言をして混乱を起こさないようにするために、ツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアは対応している。 Patrick Howell O'Neill81日前
  13. コネクティビティ
    米大統領選「投票日以降」の行方を占う5つの判決
    今回の大統領選挙では、郵便の遅延が起こっていることを受けて、複数の州が郵送票の集計の規定を見直している。最高裁判所がどのような判決を下すかが、選挙結果の行方を決める可能性がある。 Patrick Howell O'Neill82日前
  14. コネクティビティ
    大統領選当日に起こること、
    分かること、分からないこと
    11月3日の大統領選当日に何が起こるのか? 何が分かって、何が分からないのか? 専門家たちの見立ては。 Patrick Howell O'Neill83日前
  15. コネクティビティ
    郵便配達の遅れが結果を左右する? 大統領選の深刻な「故障」
    大統領選における激戦区であるウィスコンシン州で、郵送票の集計のために追加の時間を与えることに対する最高裁判所の判決は、民主党員の敗北に終わった。郵送票の扱いについては今後、大統領選挙全体を左右する大きな問題になる可能性がある。 Patrick Howell O'Neill86日前
  16. コネクティビティ
    米大統領選、ランサムウェア攻撃の成功よりも怖い本当の脅威
    投票日前夜にランサムウェアを選挙システムに感染させ、大統領選を混乱させるかもしれないという悪夢のシナリオを防ぐために、当局は対策に追われている。だが、真の脅威はランサムウェアそのものではない。 Patrick Howell O'Neill86日前
  17. コネクティビティ
    「不正選挙」デマにソーシャルメディアは対処できるか
    米大統領選挙を前に、選挙を非合法化するための情報戦が繰り広げられている。こうしたデマは、他の陰謀や偽情報が易々とそこにはめ込まれてしまうため、対処が特に難しい。 Patrick Howell O'Neill89日前
  18. ビジネス・インパクト
    選挙結果の遅れは「正常」なプロセス、米セキュリティ高官
    米大統領選の選挙結果が確定するまでには通常でも時間がかかる。「不正があったから遅れた」というデマに今から備えるべきだ。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  19. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領発のデマ、中立謳うマスコミが拡散に加担
    「郵便投票は不正につながる」とのトランプ大統領発のデマが拡散されている。新たな研究によると、中心的役割を果たしているのはソーシャル・プラットフォームや外国勢力ではなく、大統領のツイートを無批判に報じる米国のマスメディアだという。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  20. ビジネス・インパクト
    大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
    今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  21. コネクティビティ
    ロシアの関与許した「漏洩合戦」、4年前の反省を生かせるか?
    2016年の米大統領選では漏洩情報がタイミングよく公開され、選挙結果に大きな影響を与えた。情報の出所や公開の意図を見極める必要がある。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  22. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領が呼びかける選挙監視「軍団」は何が問題か?
    トランプ大統領は大統領選挙を前に、同選挙を監視する「軍団」を作るよう支持者たちに呼びかけている。しかし、同大統領の呼びかけは、有権者に対して暴力の脅威をちらつかせる脅迫であり、私兵団による投票所や有権者登録所付近での活動は違法行為である。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  23. ビジネス・インパクト
    テキサス州が郵便投票の回収所を削減、知事の主張は「誤り」
    「郵便投票は不正の温床」と訴えるトランプ大統領にテキサス州知事が加勢。だが、その主張は大きな誤りだ。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  24. コネクティビティ
    新型コロナ接触追跡アプリ、普及率「6割」未満でも効果あり
    新型コロナウイルスの接触追跡アプリは一般に、普及率が60%を超えないと感染拡大を抑える効果がないと「誤解」されている。だが、オックスフォード大学の新研究によって、普及の度合いが低くても患者数や死亡者数を減らすのに役立つことが示された。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  25. ビジネス・インパクト
    CIAが人材確保でシリコンバレー対抗策、知財収入で年収2倍に
    優秀な人材の確保に悩むCIAがシリコンバレーに対抗する新たな戦略を発表した。開発した技術を特許申請し、知財から得られる利益の一部を職員に分配するという。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  26. コネクティビティ
    サイバー攻撃で病院のシステムが停止、救急患者が死亡=ドイツ
    サイバー攻撃によって人命が失われた事件がドイツで発生した。病院を狙ったランサムウェア攻撃によって救急搬送に遅れが出たという。もはやサイバー攻撃は経済的な被害だけに止まらない。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  27. コネクティビティ
    北朝鮮のハッカーたちは、暗号通貨取引所や銀行にサイバー攻撃をしかけて数十億ドル規模の強奪を繰り返している。しかし、実際に何かを購入するためには、盗んだ暗号通貨を米ドルやユーロ、中国元などに換金する必要がある。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  28. コネクティビティ
    ロシアのハッカー集団が米大統領選に再照準、バイデン陣営攻撃か
    11月3日に実施予定の米国大統領選挙を前に、ロシア、中国、イランのサイバー諜報活動が活発化している。前回の大統領選ではトランプ陣営に有利に働いたハッキングや情報戦があったが、今回の事案を見るとそれが継続中であるようだ。Patrick Howell O'Neill4カ月前
  29. コネクティビティ
    悪名高いイスラエルのスパイウェア企業「NSOグループ」の共同創業者がMITテクノロジーレビューのインタビューに応じた。方針を転換し、諜報業界の透明性と説明責任を高めていくという。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  30. コネクティビティ
    サウジアラビアのジャーナリスト殺害で、一躍その悪名が高まった世界的なスパイウェア企業は、不透明な企業運営を改めるために動き出していた。だが、企業側が主張する不正利用を防ぐ仕組みと実態との間には大きな乖離があり、自主規制だけでは不十分だ。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  31. コネクティビティ
    テスラ従業員、報酬100万ドルを蹴ってハッキング計画をFBIに通報
    従業員が勤務先にサイバー攻撃を仕掛ける「インサイダー脅威」は、特に悪質で気づかれにくい。ロシア人ハッカーの標的にされたテスラは、計画を持ちかけられた従業員がFBIに通報したため難を逃れたが、ハッカーは世界中で荒稼ぎしていたようだ。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  32. コネクティビティ
    接触追跡アプリは「銀の弾丸」ではない、エビデンス必要=英新研究
    ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが実施した新たな研究により、接触追跡アプリだけでは新型コロナウイルス感染症のパンデミックを抑えられないことが改めて示された。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  33. コネクティビティ
    量子コンピューターの実用化は、現在の暗号化システムを過去のものにしてしまう可能性がある。米国国立標準技術研究所(NIST)が進める「ポスト量子」暗号のコンペのファイナリストが15組にまで絞り込まれた。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  34. 知性を宿す機械
    顔認識を突破するフェイク画像の作成に成功、マカフィー
    目視では同一人物に見えるのに、顔認識システムには別の人物と判定させるフェイク画像を作り出すことにマカフィーが成功した。高度なセキュリティが求められる状況への顔認識の闇雲な導入に警鐘を鳴らしている。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  35. コネクティビティ
    著名人ツイッター乗っ取り事件、狙いはDM盗み見か
    異例のツイッター・アカウントへの大規模なハッキング攻撃は、著名人のアカウントを使った暗号通貨詐欺が目的と見られているが、実際にはダイレクト・メッセージの閲覧が狙いだった可能性がある。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  36. コネクティビティ
    新型コロナ・ワクチン開発競争にハッカーが参戦、ロシア関与か
    ロシアの諜報部門が関係するとみられるハッカーが、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発者を標的にしていることが分かった。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  37. コネクティビティ
    150万ドル稼いだ「見えざる神」ハッカーの身元が判明
    大手セキュリティ企業を襲ったハッキングの首謀者は、カザフスタン人のハッカーだった。新たに公表された告発状の内容から、その正体が判明した。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  38. ビジネス・インパクト
    トランプ猛反対でも 「郵便投票」拡大が米大統領選に必要な理由
    新型コロナウイルス感染症の流行で米国大統領選挙が混乱している。投票所の混雑を避けるためには「郵便投票」の拡大が欠かせないが、トランプ大統領はこれに「不正の温床」と反発。かつて一度も延期されたことがない大統領選を予定どおり実施するには準備を急ぐ必要がある。Patrick Howell O'Neill7カ月前
  39. コネクティビティ
    CIAやNSAなどの米国の情報機関は、他の政府機関が課せられているサイバーセキュリティ基準の適用を受けていない。重大な機密情報漏洩事件が頻発している現在、皮肉なことに「他の政府機関並み」の基準の適用を求める声が上がっている。 Patrick Howell O'Neill7カ月前
  40. コネクティビティ
    日本でも始まる新型コロナ追跡アプリ、「6割普及」の正しい捉え方
    スマートフォンを使って新型コロナウイルス感染者を追跡し、濃厚接触者に通知するアプリが日本でも6月19日に始まる予定だ。政府は「人口の6割普及」を掲げ、達成には高いハードルがあるが、元になった研究論文の意図を正しく読み解く必要がある。 Patrick Howell O'Neill7カ月前
  41. コネクティビティ
    ノルウェー、接触者追跡アプリの運用を停止 プライバシー懸念
    新型コロナウイルスの感染率が低いノルウェーで、接触者追跡アプリの運用が停止された。プライバシー侵害の懸念があるというのがその理由だが、ノルウェー公衆衛生研究所はパンデミックはまだ終わっていないとして異議を唱えている。 Patrick Howell O'Neill7カ月前
  42. コネクティビティ
    接触者追跡アプリなぜ2つ? アップル・グーグル参入で混乱も
    アップルとグーグルの曝露通知システムに先駆け、州が独自に接触者追跡アプリを開発した米国ノースダコタ州では、2つのアプリが存在することになった。 Patrick Howell O'Neill8カ月前
  43. ビジネス・インパクト
    スマホアプリだけではない、
    接触者追跡を成功させる
    5つのポイント
    新型コロナウイルスのパンデミックを封じ込めるには、検査・追跡・隔離の3つが要となる。感染症との戦いで効果が証明されてきた接触者の追跡は重要な要素だ。Patrick Howell O'Neill8カ月前
  44. コネクティビティ
    アップルとグーグル、接触者追跡APIを提供開始 世界22カ国で採用
    グーグルとアップルは、スマホを利用して新型コロナウイルス感染者を追跡するテクノロジー(API)の提供を開始した。各国政府は、独自の接触者追跡アプリを開発・配布できるようになる。 Patrick Howell O'Neill8カ月前
  45. コネクティビティ
    ポケGO超え、インドの接触者追跡アプリ爆速普及の裏に「実質強制」
    インドは国民に対し、新型コロナウィルスの接触者追跡アプリのインストールを実質的に義務付けている。透明性が低く、パンデミック収束後に監視に転用できるアプリのインストールを強要するのは問題だ。 Patrick Howell O'Neill8カ月前
  46. コネクティビティ
    アップルとグーグルの接触者追跡技術、位置情報の併用を禁止
    アップルとグーグルは、iOSおよびアンドロイドへの組み込みを予定している接触者追跡システムの利用に関する新たなルールを発表した。ユーザーのプライバシーを維持し、悪用の可能性を防ぎつつ、同システムを広く展開できるようにすることが狙いだ。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  47. コネクティビティ
    グーグルとアップルの新型コロナ接触者追跡、その課題は?
    グーグルとアップルが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の接触者追跡を実現するシステムの開発を急いでいる。Bluetooth信号を使う課題とは何か。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  48. コネクティビティ
    アップルとグーグルの「接触者追跡」システムは信頼できるか?
    新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者を追跡するため、アップルとグーグルが共同で追跡機能を開発中だ。これまでにリリースされた同種のシステムに比べて優れた計画だが、プライバシーやセキュリティに引き続き注視してく必要がある。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  49. コネクティビティ
    アップルとグーグルがタッグ、新型コロナ濃厚接触者を追跡へ
    アップルとグーグルが異例のタッグ。新型コロナウイルス感染症の患者と濃厚接触したかどうかを追跡するソフトウェアを開発し、5月にリリースする予定だ。 Patrick Howell O'Neill10カ月前
  50. コネクティビティ
    新型コロナ「便乗」、中国・ロシア系ハッカーが活発化
    新型コロナウィルスのパンデミック(世界的大流行)に乗じて、政府支援を受けたハッカー集団が暗躍している。WHOなど、権威ある機関を装ったフィッシング攻撃が目立つ。 Patrick Howell O'Neill10カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る