KADOKAWA Technology Review
×
来たれ、世界を変える若きイノベーター
「Innovators Under 35」日本初開催!
パトリック・ハウエル・オニール 70 Stories
プロフィールを見る
  1. ビジネス・インパクト
    選挙結果の遅れは「正常」なプロセス、米セキュリティ高官
    米大統領選の選挙結果が確定するまでには通常でも時間がかかる。「不正があったから遅れた」というデマに今から備えるべきだ。 Patrick Howell O'Neillたった今
  2. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領発のデマ、中立謳うマスコミが拡散に加担
    「郵便投票は不正につながる」とのトランプ大統領発のデマが拡散されている。新たな研究によると、中心的役割を果たしているのはソーシャル・プラットフォームや外国勢力ではなく、大統領のツイートを無批判に報じる米国のマスメディアだという。 Patrick Howell O'Neill20時間前
  3. ビジネス・インパクト
    大統領選で急増する郵便投票、パンデミック終息後も定着か
    今年の米国大統領選挙は、新型コロナウイルスの影響で郵便による期日前投票が増えそうだ。しかし、パンデミック終息後も、便利な郵便投票を希望する有権者は増えていくだろうと米国の選挙支援委員会トップは語る。 Patrick Howell O'Neill4日前
  4. コネクティビティ
    ロシアの関与許した「漏洩合戦」、4年前の反省を生かせるか?
    2016年の米大統領選では漏洩情報がタイミングよく公開され、選挙結果に大きな影響を与えた。情報の出所や公開の意図を見極める必要がある。 Patrick Howell O'Neill6日前
  5. ビジネス・インパクト
    トランプ大統領が呼びかける選挙監視「軍団」は何が問題か?
    トランプ大統領は大統領選挙を前に、同選挙を監視する「軍団」を作るよう支持者たちに呼びかけている。しかし、同大統領の呼びかけは、有権者に対して暴力の脅威をちらつかせる脅迫であり、私兵団による投票所や有権者登録所付近での活動は違法行為である。 Patrick Howell O'Neill8日前
  6. ビジネス・インパクト
    テキサス州が郵便投票の回収所を削減、知事の主張は「誤り」
    「郵便投票は不正の温床」と訴えるトランプ大統領にテキサス州知事が加勢。だが、その主張は大きな誤りだ。 Patrick Howell O'Neill11日前
  7. コネクティビティ
    新型コロナ接触追跡アプリ、普及率「6割」未満でも効果あり
    新型コロナウイルスの接触追跡アプリは一般に、普及率が60%を超えないと感染拡大を抑える効果がないと「誤解」されている。だが、オックスフォード大学の新研究によって、普及の度合いが低くても患者数や死亡者数を減らすのに役立つことが示された。 Patrick Howell O'Neill19日前
  8. ビジネス・インパクト
    CIAが人材確保でシリコンバレー対抗策、知財収入で年収2倍に
    優秀な人材の確保に悩むCIAがシリコンバレーに対抗する新たな戦略を発表した。開発した技術を特許申請し、知財から得られる利益の一部を職員に分配するという。 Patrick Howell O'Neill19日前
  9. コネクティビティ
    サイバー攻撃で病院のシステムが停止、救急患者が死亡=ドイツ
    サイバー攻撃によって人命が失われた事件がドイツで発生した。病院を狙ったランサムウェア攻撃によって救急搬送に遅れが出たという。もはやサイバー攻撃は経済的な被害だけに止まらない。 Patrick Howell O'Neill27日前
  10. コネクティビティ
    北朝鮮のハッカーたちは、暗号通貨取引所や銀行にサイバー攻撃をしかけて数十億ドル規模の強奪を繰り返している。しかし、実際に何かを購入するためには、盗んだ暗号通貨を米ドルやユーロ、中国元などに換金する必要がある。 Patrick Howell O'Neill32日前
  11. コネクティビティ
    ロシアのハッカー集団が米大統領選に再照準、バイデン陣営攻撃か
    11月3日に実施予定の米国大統領選挙を前に、ロシア、中国、イランのサイバー諜報活動が活発化している。前回の大統領選ではトランプ陣営に有利に働いたハッキングや情報戦があったが、今回の事案を見るとそれが継続中であるようだ。Patrick Howell O'Neill38日前
  12. コネクティビティ
    悪名高いイスラエルのスパイウェア企業「NSOグループ」の共同創業者がMITテクノロジーレビューのインタビューに応じた。方針を転換し、諜報業界の透明性と説明責任を高めていくという。 Patrick Howell O'Neill39日前
  13. コネクティビティ
    サウジアラビアのジャーナリスト殺害で、一躍その悪名が高まった世界的なスパイウェア企業は、不透明な企業運営を改めるために動き出していた。だが、企業側が主張する不正利用を防ぐ仕組みと実態との間には大きな乖離があり、自主規制だけでは不十分だ。 Patrick Howell O'Neill52日前
  14. コネクティビティ
    テスラ従業員、報酬100万ドルを蹴ってハッキング計画をFBIに通報
    従業員が勤務先にサイバー攻撃を仕掛ける「インサイダー脅威」は、特に悪質で気づかれにくい。ロシア人ハッカーの標的にされたテスラは、計画を持ちかけられた従業員がFBIに通報したため難を逃れたが、ハッカーは世界中で荒稼ぎしていたようだ。 Patrick Howell O'Neill53日前
  15. コネクティビティ
    接触追跡アプリは「銀の弾丸」ではない、エビデンス必要=英新研究
    ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンが実施した新たな研究により、接触追跡アプリだけでは新型コロナウイルス感染症のパンデミックを抑えられないことが改めて示された。 Patrick Howell O'Neill60日前
  16. コネクティビティ
    量子コンピューターの実用化は、現在の暗号化システムを過去のものにしてしまう可能性がある。米国国立標準技術研究所(NIST)が進める「ポスト量子」暗号のコンペのファイナリストが15組にまで絞り込まれた。 Patrick Howell O'Neill62日前
  17. 知性を宿す機械
    顔認識を突破するフェイク画像の作成に成功、マカフィー
    目視では同一人物に見えるのに、顔認識システムには別の人物と判定させるフェイク画像を作り出すことにマカフィーが成功した。高度なセキュリティが求められる状況への顔認識の闇雲な導入に警鐘を鳴らしている。 Patrick Howell O'Neill75日前
  18. コネクティビティ
    著名人ツイッター乗っ取り事件、狙いはDM盗み見か
    異例のツイッター・アカウントへの大規模なハッキング攻撃は、著名人のアカウントを使った暗号通貨詐欺が目的と見られているが、実際にはダイレクト・メッセージの閲覧が狙いだった可能性がある。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  19. コネクティビティ
    新型コロナ・ワクチン開発競争にハッカーが参戦、ロシア関与か
    ロシアの諜報部門が関係するとみられるハッカーが、新型コロナウイルス感染症のワクチン開発者を標的にしていることが分かった。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  20. コネクティビティ
    150万ドル稼いだ「見えざる神」ハッカーの身元が判明
    大手セキュリティ企業を襲ったハッキングの首謀者は、カザフスタン人のハッカーだった。新たに公表された告発状の内容から、その正体が判明した。 Patrick Howell O'Neill3カ月前
  21. ビジネス・インパクト
    トランプ猛反対でも 「郵便投票」拡大が米大統領選に必要な理由
    新型コロナウイルス感染症の流行で米国大統領選挙が混乱している。投票所の混雑を避けるためには「郵便投票」の拡大が欠かせないが、トランプ大統領はこれに「不正の温床」と反発。かつて一度も延期されたことがない大統領選を予定どおり実施するには準備を急ぐ必要がある。Patrick Howell O'Neill4カ月前
  22. コネクティビティ
    CIAやNSAなどの米国の情報機関は、他の政府機関が課せられているサイバーセキュリティ基準の適用を受けていない。重大な機密情報漏洩事件が頻発している現在、皮肉なことに「他の政府機関並み」の基準の適用を求める声が上がっている。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  23. コネクティビティ
    日本でも始まる新型コロナ追跡アプリ、「6割普及」の正しい捉え方
    スマートフォンを使って新型コロナウイルス感染者を追跡し、濃厚接触者に通知するアプリが日本でも6月19日に始まる予定だ。政府は「人口の6割普及」を掲げ、達成には高いハードルがあるが、元になった研究論文の意図を正しく読み解く必要がある。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  24. コネクティビティ
    ノルウェー、接触者追跡アプリの運用を停止 プライバシー懸念
    新型コロナウイルスの感染率が低いノルウェーで、接触者追跡アプリの運用が停止された。プライバシー侵害の懸念があるというのがその理由だが、ノルウェー公衆衛生研究所はパンデミックはまだ終わっていないとして異議を唱えている。 Patrick Howell O'Neill4カ月前
  25. コネクティビティ
    接触者追跡アプリなぜ2つ? アップル・グーグル参入で混乱も
    アップルとグーグルの曝露通知システムに先駆け、州が独自に接触者追跡アプリを開発した米国ノースダコタ州では、2つのアプリが存在することになった。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  26. ビジネス・インパクト
    スマホアプリだけではない、
    接触者追跡を成功させる
    5つのポイント
    新型コロナウイルスのパンデミックを封じ込めるには、検査・追跡・隔離の3つが要となる。感染症との戦いで効果が証明されてきた接触者の追跡は重要な要素だ。Patrick Howell O'Neill5カ月前
  27. コネクティビティ
    アップルとグーグル、接触者追跡APIを提供開始 世界22カ国で採用
    グーグルとアップルは、スマホを利用して新型コロナウイルス感染者を追跡するテクノロジー(API)の提供を開始した。各国政府は、独自の接触者追跡アプリを開発・配布できるようになる。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  28. コネクティビティ
    ポケGO超え、インドの接触者追跡アプリ爆速普及の裏に「実質強制」
    インドは国民に対し、新型コロナウィルスの接触者追跡アプリのインストールを実質的に義務付けている。透明性が低く、パンデミック収束後に監視に転用できるアプリのインストールを強要するのは問題だ。 Patrick Howell O'Neill5カ月前
  29. コネクティビティ
    アップルとグーグルの接触者追跡技術、位置情報の併用を禁止
    アップルとグーグルは、iOSおよびアンドロイドへの組み込みを予定している接触者追跡システムの利用に関する新たなルールを発表した。ユーザーのプライバシーを維持し、悪用の可能性を防ぎつつ、同システムを広く展開できるようにすることが狙いだ。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  30. コネクティビティ
    グーグルとアップルの新型コロナ接触者追跡、その課題は?
    グーグルとアップルが新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の接触者追跡を実現するシステムの開発を急いでいる。Bluetooth信号を使う課題とは何か。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  31. コネクティビティ
    アップルとグーグルの「接触者追跡」システムは信頼できるか?
    新型コロナウイルス感染症の濃厚接触者を追跡するため、アップルとグーグルが共同で追跡機能を開発中だ。これまでにリリースされた同種のシステムに比べて優れた計画だが、プライバシーやセキュリティに引き続き注視してく必要がある。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  32. コネクティビティ
    アップルとグーグルがタッグ、新型コロナ濃厚接触者を追跡へ
    アップルとグーグルが異例のタッグ。新型コロナウイルス感染症の患者と濃厚接触したかどうかを追跡するソフトウェアを開発し、5月にリリースする予定だ。 Patrick Howell O'Neill6カ月前
  33. コネクティビティ
    新型コロナ「便乗」、中国・ロシア系ハッカーが活発化
    新型コロナウィルスのパンデミック(世界的大流行)に乗じて、政府支援を受けたハッカー集団が暗躍している。WHOなど、権威ある機関を装ったフィッシング攻撃が目立つ。 Patrick Howell O'Neill7カ月前
  34. コネクティビティ
    電子投票のセキュリティ、「紙」併用でも消えない意外なリスク
    電子投票機の導入が進む米国では不正防止のため、紙での記録を併用する動きがある。だが、新たな調査によると、ほとんどの投票者が投票後に投票用紙を確認しないことが分かった。Patrick Howell O'Neill8カ月前
  35. コネクティビティ
    テスラの自動運転機能、道路標識への細工で80キロ加速
    サイバーセキュリティ企業マカフィーの研究者は、道路脇の速度制限標識に些細な変更を加えることでテスラの自動運転システムをだまして、制限速度を80キロ超過させることに成功した。自律型システムが急増する中、「敵対的機械学習」の問題の影響は広範に及ぶことが危惧される。 Patrick Howell O'Neill8カ月前
  36. コネクティビティ
    オリンピックを標的としたロシアによるサイバー攻撃から、被害額数十億ドルの北朝鮮のマルウェアまで、政府の支援を受けた世界中のハッカー集団をマイクロソフトはどう監視しているのか。世界で最も危険なハッカーを追跡するチームを訪ねた。 Patrick Howell O'Neill8カ月前
  37. 1億人超の情報が漏れたエキファックス事件、中国軍関係者を起訴
    2017年に起きた米信用情報会社「エキファックス(Equifax)」の情報漏洩は、機微な個人情報が盗まれた過去最大級の事件の1つだ。2月10日に米司法省が公開した起訴状によると、情報は中国軍のハッカーによって持ち出されていた。 Patrick Howell O'Neill8カ月前
  38. コネクティビティ
    米大統領選の民主党候補者選び、電子投票の不具合でいきなり混乱
    米大統領選へ向けた最初の予備選挙がいきなり投票でつまづいた。新たに導入された電子投票システムの不備によって混乱が生じている。 Patrick Howell O'Neill8カ月前
  39. ジェフ・ベゾスの携帯ハッキング疑惑、多すぎる謎
    アマゾンのジェフ・ベゾスCEOの携帯電話がハッキングされた疑いで、国連の専門家はサウジアラビアの関与の可能性を指摘している。だが、肝心のスパイウェアは見つかっておらず、捜査によって謎が明らかになるかは不明だ。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  40. 無料ウイルス対策ソフトのアバスト、ユーザーデータを販売か
    世界的に人気のウイルス対策ソフト会社の1つが、利用者の機密データを、プライバシーを危険にさらしかねない方法で販売していることが新たな報道によって明らかになった。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  41. ウクライナのエネルギー企業にロシアがサイバー攻撃、FBI捜査へ
    ロシアの軍事諜報機関が関与するハッカーからハッキングを受けた、とのウクライナのエネルギー会社ブリスマ(Burisma)の被害届を受け、ウクライナ当局は捜査を開始した。同社は次期米国大統領候補であるジョー・バイデンの息子が役員を務めていた企業。1月16日、ウクライナ当局は米国連邦捜査局(FBI)に捜査協力を要請した。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  42. 米国政治家の6割がセキュリティ対策を見直さず=グーグルなど調査
    市場調査会社のハリス(Harris)とグーグルの新しい調査によると、2016年の民主党全国委員会とヒラリー・クリントンの大統領選挙キャンペーンに対するハッキング以来、大半の米国の政治家はサイバーセキュリティをまじめにアップグレードしていない。 2020年の米大統領選の最初の予備投票が来月には始まるにもかかわらず、だ。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  43. 米国司法長官、アイフォーンのロック解除をアップルに要請
    ウィリアム・バー米国司法長官はアップルに対し、12月に米海軍兵士3名を銃撃したサウジアラビア空軍の男が所有するアイフォーン(iPhone)のロックを解除するよう要請した。 Patrick Howell O'Neill9カ月前
  44. コネクティビティ
    この10年間にわたってサイバー攻撃の能力は拡大し続けており、国際関係で優位に立つために国家はハッキング活動を積極的に利用するようになっている。2020年にはロシアをはじめとする国が、東京で開催されるオリンピックや米国大統領選挙に向けて熾烈なサイバー攻撃を仕掛けてくるだろう。 Patrick Howell O'Neill10カ月前
  45. 止まぬランサムウェア攻撃、米国の年間被害額は75億ドル以上か
    2019年はまたしてもランサムウェアの「当たり年」となった。ランサムウェアはコンピューター・システムがハッカーに乗っ取られ、身代金を支払うまで利用できなくなる、極めて収益性の高いサイバー攻撃だ。 Patrick Howell O'Neill10カ月前
  46. コネクティビティ
    人権侵害と独裁政権への協力で高収益を上げていたイタリアのハッキング企業は、別のハッカーによるハッキング被害によって壊滅に追いやられた。だが、同社を買収した新しいオーナーは、法執行機関を支援しながら、新たな監視帝国を築きたいと考えている。 Patrick Howell O'Neill10カ月前
  47. 米選挙セキュリティ対策に4億ドル、過去最高額でも「不足」の声
    米国選挙の安全対策のために確保された予算は、ここ10年間で最大の額となった。だが、議会を通過した4億2500万ドルという額をもってしても、さらなる予算や新たな安全基準を求める批評家を満足させるには十分ではないようだ。 Patrick Howell O'Neill10カ月前
  48. 米議会がアップル・FBにバックドア設置を要求、「法制化」脅しも
    アップルとフェイスブックの代表者は12月10日、ワシントンD.C.で開催された委員会に出席した。暗号化されたデータに合法的にアクセスできるバックドア(裏口)を設けるよう両社に要求している米上院議員たちに対応するためだ。 Patrick Howell O'Neill11カ月前
  49. コネクティビティ
    ワッツアップが世界有数のハッキング企業「NSO」を訴えた理由
    ワッツアップがイスラエルのサイバー監視会社NSOグループを提訴した。NSOグループはユーザー情報を盗むために、ワッツアップのサーバーに不正アクセスしていたことが判明したのだ。国連が呼びかけた、NSOグループのような監視ツールの取り扱いの即時停止に、大手テック企業は参加すべきだとフェイスブック傘下のワッツアップは述べている。 Patrick Howell O'Neill11カ月前
  50. コネクティビティ
    10年以上活動するロシアのハッカー集団、2年ぶりに表舞台に
    姿を消したように見せていたロシア政府の有名なハッカー・グループが、長年にわたって世界各地で活動していることが判明した。 Patrick Howell O'Neill11カ月前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る