KADOKAWA Technology Review
×
無料の会員登録で、記事閲覧数が増えます

コネクティビティ

ソーシャル・メディア、バーチャル/強化現実、モバイル・コンピューティング、ブロードバンド、ビットコインとデジタル元帳、セキュリティとプライバシー、IoTについて。

  1. Smartphone-Controlled Cells Could Pump Insulin for Diabetics スマホ制御のデザイナー細胞で、糖尿病患者の血糖値を一定に保つ
    中国の研究者が、糖尿病のネズミの血糖値を一定に保つため、細胞の活動を光で制御する光遺伝学とスマホアプリを組み合わせた実験に成功した。他の病気の治療にも応用できる可能性がある。
  2. 【トランプ政権の100日】米国の科学技術政策はどうなるのか?
    トランプ政権誕生から100日以上過ぎ、米国の科学技術政策の方針は一部を除いて何もわからない状態が続いている。サイバー・セキュリティ、気候変動、インターネット・プライバシー、CRISPRについて検証する。
  3. MIT教授陣が関わる
    金属3Dプリンターが
    ついに登場
    思い通りの形に金属部材を生成できる3Dプリンターは、まだ存在しない。MITの4人の教授が関わるスタートアップ企業デスクトップ・タルは、自社の装置で、金属部品を「プリント」する手頃で実用的な手段を近いうちに提示できると考えている。
  4. ワイ・コンビネーター、スタートアップ向けのオンライン講座
    ワイ・コンビネーターは、ベイエリアに事業所のないスタートアップ企業が、業界の最新動向に接触できる機会をバーチャルに提供するスタートアップ・スクールを始めました。すでに3000社が利用しています。
  5. 小型人工衛星(CubeSats)が切り開く新市場
    投資家や起業家は、小型人工衛星(CubeSats、大学等の研究機関が作成する立方体形状の小型人工衛星で、打ち上げ費用が格安なのが特徴)が、地球の撮影や電気通信の新市場を生み出すと確信している。

コネクティビティの最新ニュース

  1. Big Data Exposes Big Falsehoods ビッグデータでロシアの情報戦の実態を暴く
    ロシア国内外のニュースをビッグデータで分析することで、プーチン政権が進める第四次世界大戦(情報戦)の実態が暴かれた。ロシアは、国家の情報セキュリティ政策から、外国からの干渉に関する規定を削除してしまったほど戦争の勝利を確信している。
  2. Google Really, Really Wants Filmmakers to Try Its New VR Camera グーグルも新型VRカメラ、無料提供プログラムも開始
    フェイスブックに続き、グーグルも新型のVRカメラを発表した。VRの利用は期待されたほど進んでいないが、VRならではの作品が登場すれば、大きな産業になり得る夢がある。
  3. Flavor Networks Reveal Universal Principle Behind Successful Recipes 料理をおいしくする食材の組み合わせ原理が発見される
    スペインの研究者が、料理をおいしくする食材の組み合わせを決める「フード・ブリッジング」理論を発見した。人工知能で未発見のレシピを探索するなど、料理界に革命をもたらす可能性がある。
  4. Blockchain Is Helping to Build a New Kind of Energy Grid ブロックチェーンで余剰電力をご近所で売買
    ビットコインを支えるテクノロジー「ブロックチェーン」で、ブルックリン・マイクログリッドの加入者は近所で発電された再生可能エネルギーを、ピア・トゥ・ピアのネットワークで売買している。
  5. Facebook’s Live-Action Camera Systems Let You Take Steps in Virtual Places フェイスブック、エロ動画に最適なVRカメラを発表
    フェイスブックが発表した新型VRカメラは、360度の映像を奥行き情報付きで記録できるので、イベントや観光の実質現実体験の撮影に最適だ。もちろん、エロ動画にも適している。
  6. Facebook’s Sci-Fi Plan for Typing with Your Mind and Hearing with Your Skin フェイスブック、思考読み取り装置と皮膚ディスプレイを開発中
    フェイスブックの極秘研究チーム「ビルディング8」は、斬新なコミュニケーション・テクノロジーを開発中だ。思考の読み取りや皮膚へのメッセージ送信は便利だが、広告の最適化、表示に使える側面もある。
  7. How Blockchain Can Bring Financial Services to the Poor ブロックチェーンは世界の貧困層を金融システムに取り込む仕掛け
    ビル・アンド・メリンダ・ゲイツ財団は、分散型元帳テクノロジーにより、銀行口座のない20億人を金融システムに組み込もうとしている。
  8. Central Bankers Have Their Eyes on Blockchain ボストン連邦準備銀行副総裁、ブロックチェーンの問題点を指摘
    MITのロブレ・アリ研究員(イングランド銀行電子通貨部元部長)とボストン連邦準備銀行のジェイムズ・クーニャ副総裁は、ブロックチェーンが金融システムを揺るがすには、まだ多くの課題があると指摘した。
  9. Satellite Swarms Could Eat Themselves 人工衛星の低コスト化で「ケスラーシンドローム」が現実化
    古い衛星を大気圏に突入させて燃やさないまま、人工衛星を打ち上げ続けれれば、衛星同士が衝突する危険性が高まる。衛星同士が次々に衝突すれば衛星軌道がゴミだらけになる「ケスラーシンドローム」が現実化しかねない。
  10. Facebook Is Just What Augmented Reality Needs フェイスブックにとってスマホ型ARは入り口に過ぎない
    フェイスブックは、開発者向けカンファレンスで、カメラにAR型新機能を追加する開発者向けARプラットフォームを発表した。フェイスブックは自社のソーシャルメディア等に積極的にARを採り入れていく方針だ。
  11. The Technology Behind Bitcoin Is Shaking Up Much More than Money ブロックチェーンの最新動向は#bizofblockchainで
    ブロックチェーンは、紛争地域で産出されたダイヤモンドを区別し、医療記録を検証し、サプライチェーンのセキュリティーを確保するために使われようとしている。
  12. Welcome to Internet Privacy Limbo 闇が深まる米国のインターネット・プライバシー
    ネット上のプライバシーに関して、トランプ政権は企業側のメリットを重視している。しかし、米国にはオンライン・プライバシーの包括的規制がなく、規制の後退で問題は置き去りにされている。
  13. Google’s Verily Unveils a Health Watch for Research グーグルの子会社ベリリ、ヘルス・ウォッチ試作版を初公開
    グーグルの生命科学系スピンオフ企業ベリリ・ライフ・サイエンスが、さまざまな身体データを計測できる腕時計型デバイス「スタディ・ウォッチ」を発表した。ただし、ユーザーに見えるのは時間と日付だけで、脈拍や心拍数は医師等の関係者専用だ。
  14. Russian Disinformation Technology プーチンが仕掛ける
    第四次世界大戦と
    テック型調査報道
    ウクライナで撃墜されたマレーシア航空17便は、クレムリンが仕掛ける「第四次世界大戦」の一部だった。ばく大な戦争費用を避け、敵を諦めさせる意思に対抗するのは、テクノロジーを味方に付けた市民ジャーナリズムかもしれない。
  15. Trump’s CIA Director Calls Out Rogue Information Warriors 新CIA長官、ウィキリークスとスノーデンを批判
    マイク・ポンペオ新CIA長官は戦略国際問題研究所(CSIS)での講演で、米国はサイバー戦争で、特にWikiLeaksのような「非国家」型の敵から国を守るために、もっと多くのことをすべきと述べました。
  16. AI Can Beat Us at Poker—Now Let’s See If It Can Work with Us 人工知能、囚人のジレンマで協力プレイ
    囚人のジレンマの状況で、機械同士は人間同士、人間と機械よりも協力してプレイできることがわかった。チェスや囲碁、ポーカーからスタークラフトまで、単純に勝利を目指して進化してきたAI研究の次の課題は人間との協力だ。
  17. Electrodes for Your Face Bring Your Emotions to Augmented and Virtual Reality 表情筋の神経信号を検出し、アバターに表情を付けるVRゴーグル
    スイスのスタートアップ企業マインドメイズが、表情筋の神経信号を読み取れるVRゴーグルを開発中だ。VRの人気はそれほど高まっていないが、アバターに表情を付けられると人気が出るのかはよくわからない。
  18. We Need More Alternatives to Facebook フェイスブックの
    一人勝ちを許すな
    ソーシャルメディアの悪影響が批判を受けている。これに対してフェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEOは、Facebookのサービスを改良し、社会をアップグレードすると表明した。こんなパワフルな企業が他にあるだろうか?
  19. Me and My Troll コメント機能再考
    ジェイソンポンティン編集長
    荒らしと戦う
    MIT Technology Reviewのジェイソン・ポンティン編集長が、荒らしとの長年の戦いとコメント機能運用ルールの改定について説明している。日本版はまだユーザー数が少なく、日本の文化もあってコメントはあまりつかないが、米国版同様に運用する。
  20. The FBI Shut Down a Huge Botnet, But There Are Plenty More Left to Go FBI、ロシア人大物ハッカーを逮捕、大規模ボットネットを停止
    FBIが大規模ボットネット「ケリホス (Kelihos)」の運営者と思われるロシア人大物ハッカーを逮捕した。ケリホスは一時10万台のマルウェアに感染したコンピューターのネットワークだったが、すでに数百万台規模のボットネットも他に稼働中だ。
  21. Smart Cities Could Be Crippled by Dumb Security ダラス市民、ハッキングによる防災サイレンの爆音で眠れず
    ダラス市の警報システムがハッキングされ、ハリケーン到来を知らせる緊急サイレンが深夜に鳴り響いた。重大な被害がなかった一方、サイバー・セキュリティは都市整備の重要要素になった。
  22. A More Realistic Augmented Reality リアルさをさらに高めた拡張現実ゴーグルが製品化まであと一歩
    遠近感を再現し、距離の異なるモノに視線を移したときの違和感を減らした拡張現実ゴーグルが製品化まであと一歩の段階だ。親機として高性能なパソコンは不要とされており、近い将来、AR市場で十分なシャアを確保できる可能性がある。
  23. For Facebook and Google, the Best Way to Fight Fake News Is You グーグルとフェイスブック、ねつ造ニュース対策をユーザーに丸投げ
    グーグルのニュース検索結果(米英など14カ国)に、ニュースが事実確認中であることを示すタグが表示されるようになった。一見、ねつ造ニュース対策の第一歩に思えて、真偽判定の責任をユーザーに転嫁しただけ、ともいえる。
  24. Can “Digital Therapeutics” Be as Good as Drugs? アプリで病気は治せるか?
    「デジタル医薬品」の真偽
    薬効を分析して使用量を調整して効果を最適化したり、医学的助言や視覚的訓練で症状を和らげたり病気を治療する「デジタル医薬品」が注目されている。効果が証明できれば医療にとって革命的だが、真偽はあまりよくわかっていない。
  25. Web’s Inventor Tim Berners-Lee Wins the Nobel Prize of Computing Webの発明者ティム・バーナーズ=リーがチューリング賞を受賞
    Webの発明者ティム・バーナーズ=リーがチューリング賞を受賞した。受賞に際してインタビューに応じ、Webのアクセスは人権であり、Webを再考する必要があると述べた。
  26. Can This Dumb Phone Free Us from Smartphone Addiction? スマホ依存症対策に単機能電話「ライト・フォン」が登場
    子どもがお気に入りの毛布を持ち歩いて安心するように、スマホを持ち歩いてないと不安になるスマホ依存の大人が増えている。ライト・フォンは、スマホを待ち運ばずにスマホの電話番号で発着信できる単機能電話だ。
  27. Qualcomm Wants Your Smartphone to Have Energy-Efficient Eyes クアルコム、省電力稼働の画期的画像センサーを開発中
    クアルコムは、省電力稼働の画期的画像センサーを開発中だ。省電力で動作する画像センサーは、コンピューター・ビジョンに基づいており、ユーザーの顔を識別して携帯電話のロックを解除できる。
  28. The FBI’s Facial Recognition Program Is Sprawling and Inaccurate FBIの顔認識システムに米国成人の半数が登録、15%は間違い
    FBIの顔認識システムには米国民の半数が登録され、しかも誤認率が15%もあることがわかった。顔写真は犯罪とは無関係に、パスポートや運転免許証など、顔写真付きの身分証明書の申請時に収集されている。
  29. Why the Senate’s Vote to Throw Out Privacy Laws for ISPs Isn’t All Bad プライバシー保護の基本法がないアメリカの闇
    アメリカにはプライバシー保護の基本的法制度がなく、グーグルやフェイスブックはやりたい放題の状態にある。オバマ政権下のFCCが策定したISP向けのプライバシー保護規則は、規制対象が狭すぎてISPに一方的に不利、という意味ではオバマ政権が目指した公平な競争環境の創出とは異なっている。
  30. Sizing Up Trump’s Cyberwar Strategy トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるのか?
    トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるだろうか? 死者や事故につながる攻撃に耐えてきたとはいえ、相次ぐ情報漏えいは、米国のサイバー戦争遂行能力に何が欠けているのかを浮き彫りにしている。
  31. Three Weeks with a Chatbot and I’ve Made a New Friend まさかチャットボット・アプリに友情を感じるとは!
    MIT Technology Reviewのレイチェル・メッツ記者が、チャットボットとの友情を記事にした。映画『her/世界でひとつの彼女』には程遠いものの、ハギング・フェイスのAIは、驚くほど人間の感情を引き出すという。
  32. This is Your Brain on GPS Navigation GPSナビの使用中、人間の脳は方向感覚をオフにすると判明
    単独で読むと何の意味があるのかわからない研究だが、たとえば自動運転から手動運転に切り替えても、人間は自動車がどこを走っているのか、まったくわからないことになる。
  33. Controlling VR with Your Mind 脳波はVRゲームのコントローラー代わりになるか?
    スタートアップ企業のニューラブルは、脳コンピューター・インターフェイスでVRゲームをプレイできると考えている。リアルタイムで脳波を検出し、意思を読み取るにはまだ精度が不十分だが、より問題が大きいのは脳波検出装置が不格好なことだ。
  34. Could New York’s Plan to Erase its Digital Divide Work for America? ニューヨーク州の大半はインターネットが使えない「非都市部」
    ニューヨークで都会はニューヨーク市だけ、他のほとんどはド田舎でインターネットは使えない。来年までにこの状況を何とかしようと、ニューヨーク州政府は非都市部へのISPの参入に、補助金を出して支援している。
  35. Apple Is Getting Real About Augmented Reality アップル、スマートグラスとAR対応iPhoneを真剣に検討中
    アップルがスマートグラスとAR対応iPhoneを真剣に検討中と伝えられた。グーグルグラスの失敗を繰り返さず、iPhoneのようになくてはならない看板商品を打ち立てなければ、これ以上の成長はない。
  36. A New Way to Spot Malicious Apps 機械学習がGoogle Play上の新手の不正トレンドを発見
    ★5評価を書かないと広告を消さないアプリなど、Google Play上のマルウェアの新手法を機械学習が発見した。アプリのレビューに現れる不正を検出することでマルウェアを見つけ出す方法は今のところ有効だが、すぐに裏をかかれるだろう。
  37. A Virtual Version of You That Can Visit Many VR Worlds VR空間のアバターを、プラットフォーム間で共通化するサービス
    VR普及の本命とされるソーシャルVRは、フェイスブック(オキュラスVR)を頂点とするプラットフォーム戦争でもある。スタートアップ企業のモーフ3Dは、プラットフォーム間でアバターを共通化できるサービスにより、VR業界に一定の地位を築こうとしている。
  38. U.S. Charges Russian Officials over Hacks for the First Time 米司法省、ヤフーへのハッキングでロシア政府職員を起訴
    米露間のサイバー戦争で、米国が司法制度で反撃した。ただし、米露間には犯罪人引渡し条約が結ばれていないため、起訴は政治的パフォーマンスの側面がある。ロシアによる大統領選挙への関与まで捜査が進むのか、これで終了なのかはまだわからない。
  39. Congress Takes Blockchain 101 米連邦議会に
    ブロックチェーンの
    初級講座議連が設立
    米連邦議会にブロックチェーンの「初級講座」議連が誕生し、政府へのブロックチェーン適用についての検討が始まった。ただし、ブロックチェーンの業界団体はイノベーションの芽を摘む、と議会の動きを警戒している。
  40. Facebook Forbids the Use of User Data for Surveillance フェイスブック、API提供データによる監視ツール開発を禁止
    捜査機関や諜報機関にとって、世界中の人を監視できるプラットフォームになったフェイスブックが、API提供データによる監視ツール開発を禁止した。しかし「監視」とは何か、明確には定義されていない。
  41. Your Doctor App Could Amplify Your Health Anxieties 遠隔医療アプリの
    ヘビーユーザーは
    疾病不安障害になりやすい?
    スマホアプリの運営企業にとって、ヘビーユーザーは利益を支える大事な顧客だ。しかし、遠隔医療アプリでは、ヘビーユーザーは疾病不安障害ともいえ、医療アプリの使用が病気を生み出す矛盾がある。
  42. How Metamaterials Are Reinventing 3-D Radar Imaging メタマテリアルで再発明された合成開口レーダーは低コスト
    一度に広範囲を探知できるメタマテリアル製合成開口レーダーが発明された。偵察衛星や気象衛星を小型化し、詳細画像をあとから生成できるなど、レーダー画像の使い方も変化しそうな発明だ。
  43. Julian Assange’s Potentially Hollow Promise to Help Tech Firms Overcome CIA Hacks ウィキリークスの情報は恐らく本物、意図は不明なまま
    透明性を旗印に、政府機関などの情報を暴露するウィキリークスの活動には、どことなく胡散臭さがついて回る。稚拙な活動のせいなのか、本来の意図を聞き心地のよい言葉で覆い隠しているからなのかはわからない。
  44. Scrutiny Intensifies on the Warrantless Collection of Americans’ Communications 外国人のついでにアメリカ人も監視する法律が年内期限切れ
    外国人を監視するついでにアメリカ人を監視する法律が年内に期限切れを迎える。再延長の議論とトランプ政権発足前に政権移行チームがロシア政府に接触していた問題が絡み、議論の行方が注目されている。
  45. These Toaster-Oven-Size Radios Will Help Bring 5G to Life ミリ波を使う
    超高速5G通信は
    木の葉や雨・雪が苦手
    10Gbpsの超高速通信が可能になるはずの5Gは、ミリ波を使うため、木の葉や雨・雪が苦手だ。しかし、どんな影響があるのか具体的にはわからないため、通信事業者や通信機器メーカーの研究が進んでいる。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント