KADOKAWA Technology Review
×

コネクティビティ

ソーシャル・メディア、バーチャル/強化現実、モバイル・コンピューティング、ブロードバンド、ビットコインとデジタル元帳、セキュリティとプライバシー、IoTについて。

  1. Five of the Coolest-Looking VR and AR Headsets, Apps, and More Coming in 2018
    発売が待ち遠しいVR/ARヘッドセットとアプリ5つ
    新しいヘッドセットからハリー・ポッターのゲームやスピルバーグの映画まで、今年登場が待ち遠しいVR/AR関連の商品を紹介。
  2. ウーバーやツイッターの技術部門で要職を務めた男はいま、米民主党全国委員会のCTOとして党のテック戦略を練り直している。セキュリティからネットを使った選挙活動まで、党内の古い文化やハッカー、共和党に立ち向かいながら、テクノロジーを根付かせるための改革を断行中だ。
  3. コロンビア大学の研究者たちがデータマイニングの手法を用いて、膨大な政府記録から歴史的に重要な出来事を自動的にランク付けするツールを開発した。米国国務省が公開している1973~1977年の外交文書で試してみたところ、世界的に重要な出来事を押さえていることがわかった。
  4. 爆速で進化し続ける
    マルウェア「サトリ」が
    モノのボットネットを構築中
    日本語の「悟り」にちなんで名付けられたマルウェア「サトリ」が新たなモノのボットネットを構築しようとしている。ルーターから暗号通貨の採掘者、IoT機器へと標的を変え、いまなお増殖中だ。
  5. 大規模な製造工場や製油所などの産業プラントの現場でも、いまやモバイルアプリの利用が進んでいる。だが、産業制御システムにセキュリティ・ホールがあれば、機械だけでなくプラント全体がダメージを受ける可能性がある。

コネクティビティの最新ニュース

  1. Chinese satellite uses quantum cryptography for secure video conference between continents
    量子コンピュータの実用化が近づくにつれて、従来の暗号技術に対する安全上の懸念が大きくなっている。そこで注目されているのが、物理法則によって機密性を保証する量子暗号だ。これまで遠く離れた場所に量子暗号で情報を送ることはできなかったが、中国の衛星を使うことで量子暗号を使った大陸間ビデオ会議の実験に成功した。
  2. The tricks propagandists use to beat science
    悪意のある人物がプロパガンダにより、科学に対する公衆の認識をどのくらい容易に歪曲できるのだろうか? カリフォルニア大学の研究チームが定量的シミュレーションを実施した結果、多くのシナリオで、プロパガンダは大きな影響力を持つことがわかった。
  3. What the Coincheck hack means for the future of blockchain security
    コインチェック事件
    ブロックチェーン企業も
    対岸の火事ではない
    巨額の暗号通貨が流出したコインチェック事件をずさんな一取引所の問題と片付けるのは簡単だ。だが、ブロックチェーン技術が暗号通貨以外にも幅広く使われようとしている現在、ブロックチェーンを利用する企業は真剣に捉えるべきだ。
  4. Strava’s privacy PR nightmare shows why you can’t trust social fitness apps to protect your data
    米軍基地の位置漏えい騒動が残した、たった1つの教訓
    個人のフィットネス活動を記録・共有するソーシャル・アプリ「ストラバ(Strava)」で公開されている情報から、米軍基地に関する情報が漏えいする事故が起こった。こうしたアプリは、初期設定では個人の情報を過度に公開してしまうおそれがあるので、どの情報を公開するかユーザーはよく考える必要がある。
  5. Our Best GIFs of 2017
    ショート動画で振り返る、2017年の衝撃的テクノロジー
    人工子宮からバック宙ロボットまで、MITテクノロジーレビューが2017年に掲載した衝撃のGIFアニメ/ショート動画を紹介する。
  6. Telegram’s ICO: Give us $2 billion and we’ll solve all of blockchain’s problems
    メッセージング・サービスの会社であるテレグラムが、20億ドル規模の新規仮想通貨公開(ICO)を実施する計画であることを発表した。同社は、ブロックチェーンの最も厄介ないくつかの課題を解決するとしているが、その方法について詳細を明らかにしていないため、専門家の間で疑念が広がっている。
  7. Our Best Photographs of 2017
    ベスト・フォト2017:アートチームが選んだテクノロジーを物語る12枚
    ドローン、VR、遺伝子組み換え作物など、MITテクノロジーレビューが伝えた、2017年のテクノロジーを象徴する写真を紹介しよう。
  8. Our Best Illustrations of 2017
    ベスト・イラスト2017:アートチームが選ぶ、テクノロジーを物語る17作品
    MITテクノロジーレビューの記事では、国内外で活躍するアーティストに描いてもらった書き下ろしのイラストを多く使っている。遺伝子療法やAI、自動化など2017年のテクノロジー界の最新の動きに彩りを添えたイラストを紹介しよう。
  9. Amazon’s Checkout-Free Grocery Store Is Opening to the Public
    アマゾン・ゴー開業、「レジなし」はもう小売の常識になる
    アマゾンの実店舗アマゾン・ゴーでは、牛乳を手にしたら、そのまま立ち去る。同じような実験をしている他社もあるが、アマゾンはこのほど一般向けの営業を開始した。誰とも話さず、お金も払わずに買い物を済ませる体験に慣れるにはちょっと時間がかかるかもしれないが、オンライン・ショッピング同様、「アマゾン流」が当たり前になりそうだ。
  10. This VR Exhibit Lets You Connect with the Human Side of War
    このVR作品が見せる物語には偏りがない。偏ることなく現実に向き合うとする。過去に戦争写真が持っていた世界に与える影響力と劇的な情報伝達能力をVRを使って取り戻そうと、あるフォトジャーナリストによる先駆的な挑戦が始まった。
  11. Bitcoin and Ethereum Have a Hidden Power Structure, and It’s Just Been Revealed
    「非中央集権型」通貨
    ビットコインの理想は
    儚く消えたのか?
    世界で最も人気のある暗号通貨であるビットコインやイーサリアムは、中央集権的な管理が存在しない分散型システムであることが売り文句の一つになっている。しかし、コーネル大学の研究で、上位数社の採掘者による採掘が、全体の過半数を占めていることがわかった。
  12. Can China Contain Bitcoin?
    ビットコインなどの暗号通貨に対する姿勢は国によって揺れている。一時、ビットコインの取引の大半を占めた中国は、ブロックチェーンを評価しながらも、ビットコインの封じ込めに躍起になっている。
  13. No, Ripple Isn’t the Next Bitcoin
    リップルは有望でもXRPが「次のビットコイン」にならない理由
    2017年12月にリップルが運営する暗号通貨XRPが高騰した。次なるビットコインかと色めき立った人たちもいるが、XRPはビットコインとは根本的に異なるところがある。
  14. Six Cyber Threats to Really Worry About in 2018
    サイバー攻撃の脅威に対する防御技術が進歩しても、ハッカーたちはそれを突破するために様々な手法で攻撃を仕掛けてくる。2018年も引き続き、企業はサイバー攻撃に対してより一層の警戒をする必要があるだろう。ここではAIを使ったハッキングや暗号通貨採掘のためのコンピュータ処理能力の窃取など、特に注意すべき6つの重大なサイバー脅威について説明する。
  15. Global Mosquito-Sensing Network Being Built Using Smartphones
    オックスフォード大学の研究チームが、蚊が出す音の違いを識別することで、マラリアを媒介する蚊(ハマダラカ蚊の一部)を特定できるスマホアプリを開発した。世界中に広く普及させることで蚊の個体数の地域ごとの変化を調べ、マラリアの蔓延防止に繋げたい考えだ。
  16. Can AI Win the War Against Fake News?
    インターネットに溢れる「フェイクニュース」を検出するために人工知能(AI)技術を利用する取り組みが進められている。一方で、AI技術はより巧妙なねつ造ニュースを作成することにも利用可能であり、両者のせめぎ合いは軍拡競争の様相を呈しつつある。
  17. 2017 Was the Year of the ICO—Now What?
    トラブル続きだったICO、
    今年は本物になれるのか?
    2017年には相次ぐ新規仮想通貨公開(ICO)が、暗号通貨市場に活気をもたらした一方で、数々の法的なトラブルを引き起こした。米国当局は今後、規制を強化する可能性があり、ICOは転換点を迎えるかもしれない。
  18. Our Best Stories of 2017
    どうなる今年のテック動向
    いま読み返したい、
    2017年の記事ベスト13
    2017年も数々の興味深いエマージング・テクノロジーが生まれ、同時にさまざまな社会的課題を私たちに突きつけた。2017年にMITテクノロジーレビューが掲載した1000本以上の記事の中から、2018年のテクノロジー動向を展望するのにふさわしい、おすすめ記事を紹介しよう。
  19. At Least Three Billion Computer Chips Have the Spectre Security Hole
    メルトダウン/スペクター問題、30億個のCPUに脆弱性か
    チップの欠陥による「メルトダウン」「スペクター」脆弱性を有するプロセッサーの数を見積もったところ、全世界のスマホやパソコン、サーバーなどが搭載する約30億個以上に達することがわかった。リスクを軽減するために、修正ソフトやOSのアップグレードが出たら迅速に適用する必要がある。
  20. Why People Get Religious about Bitcoin
    「ビットコインは投資ではなくWebの再発明」信者たちの主張
    多くの日本人にとってビットコインは単なる投資商品の1つでしかない。だが、熱狂的なビットコイン信者の中には、「新たなWebの発明」だと主張する人々もいる。
  21. The Woman Engineering Uber’s Driverless Trucks
    不祥事に揺れたウーバーの自律トラックは2018年に開花するか?
    2017年はお騒がせ企業として不名誉なニュースが続いたウーバーだが、2016年に試験運転した無人運転トラックの開発はその後も着々と進行している。主任技術者に課題と展望を聞いた。
  22. The Beginning of The New Era of Blockchain
    「ビットコインの終わり」が告げるブロックチェーン新時代の幕開け
    連日のようにメディアをにぎわせている仮想通貨ビットコインは、「通貨」としてはほとんど使われていない。企業の関心は、ビットコインが残した基盤技術のブロックチェーンをどう使うか? に移ってきている。
  23. Magic Leap Says It Will Release Its AR Headset Next Year
    秘密主義マジック・リープのARヘッドセットは本当に出るのか?
    謎に包まれたARスタートアップ企業が、開発中のヘッドセットの画像を公開した。しかし、どれぐらい使いものになるのか、いつ発売するのかといった、基本的なことはいまだに明かされていない。
  24. Apps That Hint at a Fanciful Fake Future
    AR・VRの未来を体験
    ゲーマーでなくても試したい
    スマホアプリベスト6
    スマホの高機能化にともなって、モバイルARアプリとVRアプリはどれほど進化しているのだろうか。「役立つ」よりも、最新技術を体感できる6つのアプリを紹介する。
  25. A Cryptocurrency Without a Blockchain Has Been Built to Outperform Bitcoin
    ビットコインなどの基盤技術であるブロックチェーンを全く使用しない暗号通貨「IOTA(イオタあるいはアイオタ)」が注目されている。有向非巡回グラフの「もつれ」と呼ばれる数学的概念を使うことで、ブロックチェーンよりも低コストで取引ができ、IoT(モノのインターネット)での大規模な運用が可能になるとしている。
  26. The Demise of Net Neutrality Will Harm Innovation in America
    米国のテック業界が猛反発してきた「ネットワーク中立性」規則の廃止が12月14日、米国連邦通信委員会(FCC)で可決された。なぜテック業界が反対し、何が問題だったのか? MITテクノロジーレビューの記者が解説する。
  27. Cryptocurrency Exchanges Can Be Pretty Sketchy Places. The Solution? A Blockchain, of Course
    現在の暗号通貨の多くは分散型台帳を採用しているにもかかわらず、ユーザーは通貨を保管したり、交換したりするのに伝統的な取引所を利用している。ブロックチェーン技術を使うことで、暗号通貨の取引そのものを分散化しようとする動きが進んでいる。
  28. AOL Instant Messenger Made Social Media What It Is Today
    ネットで大事なことは
    AOLメッセンジャーが
    すべて教えてくれた
    かつて一世を風靡し、現在のメッセージ・アプリの基礎ともなったAOLインスタント・メッセンジャー(AIM)が終了した。哀愁と哀悼を込めて、AIMがインターネットの文化や意思疎通の形成にもたらした功績を振り返ろう。
  29. Hacking Back Makes a Comeback—But It’s Still a Really Bad Idea
    やられたらやり返す?
    逆ハッキング法が
    「筋が悪い」これだけの理由
    サイバー攻撃の被害者が、ハッカーを追跡できる法案の準備が米議会下院で進んでいる。共和党、民主党の両サイドからの支持が集まっているが、追跡者がハッカーに返り討ちにあうだけではなく、被害が拡大するかもしれないという懸念はぬぐえない。
  30. What Bitcoin Is, and Why It Matters
    ビットコインとは
    何だったのか?
    サトシ・ナカモトと名乗る人物がビットコインの論文を2008年に発表して10年近く経った。ビットコインは現在、おそらく開発者たちが想定していた以上のブームになっている。ビットコインが一般に知られるようになった2011年のMITテクノロジーレビューの記事で、基礎的な仕組みと当時の見解を振り返ってみよう。
  31. Amazon Imagines a Lucrative Future in VR and AR Apps
    アマゾンがAR/VRビジネスに最後発で参入、安すぎて心配
    アマゾンがついにVR・AR市場に参入した。専門知識がなくてもVR・ARアプリが作れるAWSのサービスだ。アマゾンは、現在は収益があがらなくても、VR・AR市場の拡大をはかることで、将来につなげたいと考えている。
  32. More Realistic AR Display Places Digital Images among Real Objects
    現実の「間」にバーチャル物体を表示、ARが現実に近づく新技術
    大手テック企業やスタートアップが現在販売している拡張現実(AR)ディスプレイはいずれも、現実の風景の前に、バーチャルな画像を重ね合わせる仕組みになっている。オプティカル・サイエンシズ大学のホン・フア教授たちは、バーチャルな物体を現実の物体の前や後ろに配置できるAR用ディスプレイを開発した。
  33. Why Blockchains Are Poised to End the Password Era
    ブロックチェーンは
    パスワードの呪縛を解くのか
    パスワードによるID認証は、オンラインでの身分証明の手段として完全に定着している。しかし、盗難のリスクにさらされているパスワードの代わりに、暗号通貨の基盤技術であるブロックチェーンを使おうとする試みが始まっている。
  34. Finally, a Useful Application for VR: Training Employees
    まだまだ小さなVR市場で、従業員やスポーツ選手向けのトレーニングを提供するスタートアップ企業が伸びている。世界最大の小売業者であるウォルマートの従業員教育に採用され、今後、さまざまな職種のトレーニングに使えるようにする予定だ。
  35. Why America’s Biggest Bank Digs Anonymous Cryptocurrency
    米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースは、暗号通貨のスタートアップ企業と提携して、ブロックチェーン技術を金融業界に適用させることに熱心に取り組んでいる。同行の最大の関心事の一つは、ブロックチェーンで完全な匿名性を保った取引を可能にすることと見られる。
  36. A Mind-Bending Cryptographic Trick Promises to Take Blockchains Mainstream
    大手銀行も触手、
    暗号通貨を完全匿名化する
    「ゼロ知識証明」
    仮想通貨でよく話題になるプライバシーに関して言うと、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンには完全な匿名性はない。しかしここに来て、「ゼロ知識証明」を用いることで完全な匿名性を備えたブロックチェーンが登場している。
  37. A Blockchain for Turkeys Is More Than a Thanksgiving Gimmick
    食のトレーサビリティに
    ブロックチェーンを活用、
    七面鳥が実験台に
    暗号通貨ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンを、様々な分野に応用しようとする試みが広がっている。米食品大手のカーギルは、ブロックチェーンを用いて、感謝祭向けの七面鳥の流通を追跡するシステムを開発し、家族経営農家や消費者が利用できるようにした。
  38. Google’s Pixel Buds Translate a Great Idea into Horrible Design
    ついに出た夢の翻訳イヤホン「ピクセル・バッズ」を使ってみた
    グーグルが、スマホと連携することで、40言語の会話をリアルタイム翻訳できる無線イヤホンを159ドルで売り出した。早速購入して、ヒンディー語、ベトナム語、インドネシア語をそれぞれ話す人たち数人と会話してみた感想をお届けしよう。
  39. Blockchains Use Massive Amounts of Energy—But There’s a Plan to Fix That
    消費電力はナイジェリア並み
    「大食漢」ビットコインに
    未来はあるか?
    ビットコインには「採掘」に大量のエネルギーを消費するという問題がある。エネルギーを節約できる採掘の手法も提案されているが、解決しなくてはならない欠陥がまだたくさんある。
  40. Smartphones Are Weapons of Mass Manipulation, and This Guy Is Declaring War on Them
    テック業界の内側でスマホやソーシャルの負の側面に目を向ける人は多くない。だが、元グーグルの「デザイン倫理学者」は、スマホ利用の長時間化は公衆衛生の危機であり、テック企業はインターネットで社会を操っているという持論を展開している。インターネットをもっと社会的に貢献できるように使えないのだろうか。
  41. AI Could Help Reporters Dig Into Grassroots Issues Once More
    トランプ以後の政治的分断の解消を目指す、報道×AIプロジェクト
    ソーシャル・メディアによる「反対意見封じ」を、既存報道機関はAIの助けを借りて打ち破る、とツイッターの主任メディア科学者は講演した。
  42. The Woman Battling Hate Speech, Censorship, and Extremism Online (and Off)
    「ネットの社会問題」はテクノロジーの力で解決できるのか?
    アルファベット傘下のジグソーのヤスミン・グリーン研究開発部長は、世界をよりよい場所にできるかもしれないという希望を抱いて、テクノロジーを活用している。それは簡単なことではない。
  43. AI Could Set Us Back 100 Years When It Comes to How We Consume News
    動画はもう証拠にならない——気鋭のAI研究者が語る報道の未来
    人工知能(AI)技術は人々に、様々な扉を開く可能性を与えてくれる。しかし同時に、これまでずっと開かれていた扉のいくつかを、AIが閉じてしまうかもしれない。
  44. Your Next Password May Be Stored in Your Shirt Cuff
    データを保存してスマホで読み取れるスマート繊維が開発中
    ワシントン大学の研究者がちょっとしたデータを保存できるスマート・ファブリックを試作した。スマホの磁気センサーを利用してデータを読み取れるシンプルな素材で、カードキーに代わるアクセサリーや空中でスマホを操作できる手袋など、新しい使い方ができそうだ。
  45. Everyone Wants to Run an AI Company
    AIファースト企業への転換には何が必要か?
    誰もがAIファーストな企業になりたいと考えている。だが、新しいツールとブランド戦略だけでは不十分だ。
ザ・デイリー重要なテクノロジーとイノベーションのニュースを平日毎日お届けします。
公式アカウント