KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり「1000円」お得な夏の購読キャンペーン実施中!

コネクティビティ

ソーシャル・メディア、バーチャル/強化現実、モバイル・コンピューティング、ブロードバンド、ビットコインとデジタル元帳、セキュリティとプライバシー、IoTについて。

  1. How Zello keeps people in the loop during South Africa’s unrest
    トランシーバー・アプリ「ゼロ」はなぜ南アフリカで普及したのか
    音声でやりとりするスマホ向けのトランシーバー・アプリが、地域のコミュニケーション・アプリへと進化を遂げている。自然災害や暴動などの危機的状況下で頼れるアプリとしての地位を固めつつあるようだ。
  2. スマホ乗っ取り疑惑でイスラエル当局がNSOを捜査、CEOは完全否定
    スパイウェアを独裁政権国家に販売し、政治家やジャーナリストのスマホをハッキングしたとの疑惑が報道されたイスラエルの「NSOグループ」に対して、捜査が入った。CEOは疑惑を完全否定しつつ、捜査に協力するという。
  3. NSOのスパイウェア、ジャーナリストらを監視=有力紙が一斉報道
    イスラエルのハッキング企業NSOが作ったスパイウェアツールによって、ジャーナリストや活動家が監視されていることが報道で明らかになった。ただ、これはMITテクノロジーレビューが以前から指摘してきたとおりだ。
  4. 51、57、91は素数? 数学者が考えたオンライン・ゲームが人気
    ディスプレイに次々に表示される数字が素数であるかどうかを判定するオンライン・ゲームが(一部で)人気を博している。「非公式世界記録」は、ちょうど素数である127点だ。
  5. 感染拡大で鳴り止まぬスマホ、英国「ピンデミック」の大混乱
    新型コロナウイルス感染者が急増している英国でデジタル接触追跡アプリがようやく本領を発揮できる状況が整った。しかし、同アプリが発するアラートをうとましく思う人が増えており、推定5人に1人がアプリを削除する事態になっている。

コネクティビティの記事一覧

  1. The world’s biggest ransomware gang just disappeared from the internet
    世界最大級の露ランサムウェア集団、ネット上から姿を消す
    米国とロシアの高官がランサムウェアの危機について協議する予定だった前日、ランサムウェア攻撃を仕掛けるロシアの最大級のグループが活動を停止した。
  2. Facebook drops funding for interface that reads the brain
    フェイスブックが脳インターフェイスから撤退 短期的成果見込めず
    フェイスブックは、脳の活動状態をウェアラブルな光学機器で測定して被験者の思考を読み取る研究を、短期的な成果が望めないため終了すると発表した。脳の解読用に開発したソフトウェアをオープンソース化するとともに、プロトタイプ装置を他の研究者に利用できるようにする予定だ。
  3. Welcome to TikTok’s endless cycle of censorship and mistakes
    懲りないティックトック、検閲とバグの果てしない連鎖
    ティックトックでは、社会から疎外されたグループのユーザーに過大な影響を与えるような問題がしばしば発生する。そうした問題が口コミで拡散するそのたびに同社は謝罪して問題を修正するが、問題を未然に解決する取り組みが必要だ。
  4. How YouTube's rules are used to silence human rights activists
    ユーチューブのポリシーを利用して人権活動家を黙らせる方法
    新疆ウイグル自治区の人権侵害を告発しているNGOのユーチューブ・チャンネルが一時的に凍結された。ユーチューブは、標準的なポリシーに沿ったものだと説明するが、ポリシーを逆手にとって政府に批判的な活動を弾圧する手法は世界中で広がっている。
  5. Your guide to what's happening with vaccine passports in the US
    こんなに違う、
    ワクチン・パスポート
    全米50州の最新状況まとめ
    日本政府は、新型コロナウイルスのワクチン接種を証明するワクチン・パスポートの申請受付を7月26日に開始すると発表した。ワクチン・パスポートの導入をめぐっては各国で議論となっており、米国でも州によって対応や使われ方は異なる。
  6. We tried out the first statewide vaccine passport
    NYで始まった「ワクチン・パスポート」 残された課題は?
    ニューヨーク州では、新型コロナワクチンの接種を証明する「エクセルシオール・パス」の導入が進みつつある。しかし、技術的な不具合やプライバシーに関する懸念などが指摘され、そもそもこのシステムは誰のためのものなのかという疑念が浮かび上がっている。
  7. Are computers ready to solve this notoriously unwieldy math problem?
    カーネギーメロン大学の研究チームは、自動推論の手法を用いて、未だかつて誰も成し得ていない「コラッツの予想」の証明に取り組んだ。証明は成功しなかったものの、自動推論手法の可能性を実証するという点では「尊い失敗」だった。
  8. The great chip crisis threatens the promise of Moore's Law
    ムーアの法則の存続が危機に晒されている。ただしそれは、集積技術が限界に達したからではなく、柔軟性にかけるサプライチェーンによるものだ。半導体業界はいまだに大きな需要のある古い世代のチップを作りたがっていないのだ。
  9. French spyware bosses indicted for their role in the torture of dissidents
    拷問「共犯」容疑で、フランスのソフトウェア企業幹部ら起訴
    インターネットの通信内容を傍受する監視ツールを独裁政権に販売したとして、フランスでソフトウェア企業の幹部が起訴された。リビアとエジプトでの深刻な人権侵害につながったという。
  10. Is Facebook a monopoly? Please define, says judge
    フェイスブックの独禁法違反を地裁が棄却、時価総額1兆ドル超え
    米連邦地方裁判所は、フェイスブックに対する2件の反トラスト法違反の訴えを棄却した。訴訟は完全に終わっていないが、判決を受けてフェイスブックの時価総額は初めて1兆ドルを超えた。
  11. It took a pandemic, but the US finally has (some) centralized medical data
    パンデミックを機に集約進む
    米国保健医療データ
    米国では国民の保健医療データがさまざまな機関によって断片的に保有されており、新型コロナウイルス感染症について研究する際の障壁となっている。しかし、最近になり、数百万人の患者データをまとめる取り組みが成果を上げつつある。
  12. We investigated whether digital contact tracing actually worked in the US
    「接触通知アプリ」とは
    結局何だったのか?
    現時点でわかっていること
    接触通知アプリが新型コロナウイルスの拡散抑止にどの程度役に立っているのか? はっきりとした答えはまだ得られていない。しかし、アプリユーザーの評価を分析することにより、将来のパンデミックの際に役立てられるであろう、いくつかの重要な教訓を得られた。
  13. Why China's kicking out the crypto miners
    ビットコインが大幅下落、中国の採掘取り締まり強化で
    中国が暗号通貨の採掘者に対する取り締まりを強化している影響を受け、ビットコインの価格はこの1週間で20%下落。他の暗号通貨を含めた市場全体の価値は過去2日間で12%低下した。
  14. The up-and-coming entrepreneur talked about the future of health tech
    コロナ禍で注目、米ベンチャー起業家が語ったヘルステックの未来
    新型コロナウイルス禍を経て、予防医療やウェルビーイングなど、あらためて「健康」の重要性が問われる中、AIなどのデジタル技術は、人々にどのような恩恵をもたらすのか。
  15. The internet is excluding Asian-Americans who don’t speak English
    デジタル化で加速する「英語化」の流れ、少数民族に言語の壁
    英語が主流言語の米国において、他の言語、特にアジア系の少数民族が使う言語の格差に苦しんでいる人は数百万人にも及ぶ。テクノロジーは格差を取り除くためには機能しておらず、むしろ格差を生み出している。
  16. TikTok changed the shape of some people's faces without asking
    ティックトック、一部ユーザーの顔を無断で「盛って」配信
    ティックトックの一部ユーザーの間で、設定していない美容フィルターが一時適用されていたことがわかった。フィルターはオフにできず、「盛った」イメージが強制された格好だ。
  17. Anti-vaxxers are weaponizing Yelp to punish bars that require vaccine proof
    星1レビューで飲食店を攻撃、反ワクチン派が接種証明妨害か
    ワクチン接種の増加で日常を取り戻そうとしている飲食店をネット上の荒らし行為が襲っている。店の入口でワクチン接種証明の提示を求めるニューヨークの店へは、遠く離れた欧州からも「星1」のレビューが書き込まれているという。
  18. Five questions posed by Facebook’s two-year ban on Donald Trump
    フェイスブック、トランプ前大統領「2年凍結」決定は妥当か?
    フェイスブックはドナルド・トランプ前大統領のアカウントを正式に2年間凍結した。だがこの決定は多くの問題を提起している。2年間のアカウント凍結は十分な措置なのか?公平なものなのか?これまでのフェイスブックの行動に照らし合わせるといくつもの疑問が残る。
  19. Vaccine waitlist Dr. B collected data from millions. But how many did it help?
    250万人の個人情報集めた
    余剰ワクチン予約サイトの闇
    米国で余剰ワクチンの接種を希望する250万人近くの人々が登録した無料サービスは、実際に役に立ったのか? 取材を申し入れたが、明確な回答は得られなかった。収集した個人情報の扱いも不透明だ。
  20. China’s Tiananmen anniversary crackdowns reach far beyond the firewall
    絵文字も消えた—越境する中国グレート・ファイアウォールの脅威
    国力を高めてきている中国の検閲行為は、もはや自国内にとどまらない。海外に移住した中国人や、世界中のインターネットユーザーにさえ影響を及ぼすようになっている。
  21. Behind the painstaking process of creating Chinese computer fonts
    厳しい制約下での圧倒的こだわり——世界初の中国語フォント誕生秘話
    80年代初期にパソコン向け中国語フォントの開発に挑む人たちがいた。当時のパソコンは現在のものとは比べものにならないほど性能が低く、アルファベットと記号を表示するのがやっとだった。数え切れないほどの制約がある中で中国語フォントを作り上げるには、気が遠くなるほどの細かい作業が必要だった。
  22. Why the ransomware crisis suddenly feels so relentless
    食肉加工大手も被害、「高額」狙いのランサムウェア攻撃が激化
    最近、大手企業や最重要社会基盤へのランサムウェア攻撃で米国はパニックに陥った。ランサムウェア自体はオバマ政権の頃から存在していたが、近年は犯人の要求額が高騰している。バイデン政権はこの問題に積極的に取り組む姿勢を見せているが、どこまで有効な対応策を打ち出せるのか。
  23. The Brood X cicadas are here — and yes, there’s an app for that
    米国でセミが17年ぶりの大量発生、観察報告アプリが人気に
    米国で17年に一度、大量発生するセミの観察を、スマホアプリを使用したクラウドソーシングで実施している研究者がいる。屋外での観察がパンデミック中の娯楽に適していることに加えて、親しみやすい市民科学活動であることから人気を博し、当初の目標を大幅に上回る報告が寄せられている。
  24. The Colonial pipeline ransomware hackers had a secret weapon: self-promoting cybersecurity firms
    5月に、米国のパイプライン企業がダークサイドと呼ばれる組織のランサムウェア攻撃を受け、東海岸のガソリン価格が高騰した。実は、その5か月前に、2人の研究者が同組織のランサムウェアで暗号化されたファイルを復号する活動を密かに始めていたが、ウイルス対策企業の宣伝行為で台無しになっていた。
  25. Collective data rights can stop big tech from obliterating privacy
    主張:プライバシーは「個人の問題」ではない、集団的保護を
    人々のネット上の活動に関するデータを企業が収集することによって受ける被害は、個人単位では比較的小さくても、集団として見ると大きなものになる可能性がある。個人のデータを保護するだけなく、集団として受ける被害を未然に防ぐすべきだ。
  26. Seven EU countries just got a digital vaccine passport
    ドイツなど7カ国、EUのデジタル・ワクチン・パスポートを先行導入
    EUに加盟する27カ国が導入を予定しているデジタル・ワクチン・パスポートシステムを、ドイツなど7カ国が先行導入した。所持者が新型コロナウイルスのワクチン接種を完了しているか、感染症から完全に回復しているか、72時間以内に検査を受けて陰性であったことのいずれかを証明するもので、証明があれば旅行時に検査を隔離を求められることがないというものだ。
  27. India is grappling with covid grief
    インドを覆う深い悲しみ 破壊された伝統、ネットで死と向き合う
    新型コロナウイルス感染症の壊滅的な第2波に襲われているインドの人々は、ネットを使って悲しみに対処しようとしている。だが、インドでネットにアクセスできるのは、ごく限られた裕福な人たちだけだ。
  28. Could the ransomware crisis force action against Russia?
    ランサムウェア攻撃、ロシアにどう対抗? パイプライン被害で米衝撃
    ロシア政府は国内のサイバー犯罪者を黙認し、ときには利用している。米国を始め各国は国際法に反する行為だと非難しているが、ロシア政府は行動を改めるそぶりも見せない。
  29. Chinese hackers posing as the UN Human Rights Council are attacking Uyghurs
    中国系ハッカー集団、国連装いウイグル人を攻撃 その狙いは?
    新たな報告によると、中国語を話すハッカーの集団が偽の国連報告書や偽の支援団体を騙り、ウイグル人にサイバー攻撃を仕掛けているという。その背後には中国政府の影がちらつく。ウイグル人を攻撃する手口と、隠された狙いは何か。
  30. The pandemic could remake public transportation for the better
    公共交通の未来、
    キーワードは「15分都市」
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって、世界各地の公共交通機関は大変革を迫られている。かつて都心部のオフィスに集まって働いていた人たちの多くはリモートワークに移行し、電車やバスを利用しなくなった。公共交通機関と都市はどうあるべきなのか。世界中の公共交通機関から採用が相次ぐ新興ソフトウェア企業のトップは、都市を見直す機会だという。
  31. The woman who will decide what emoji we get to use
    世界共通言語になった
    「絵文字」の未来、
    初の女性委員長が語る
    絵文字(emoji)は、テキストメッセージに微妙なニュアンスを追加する手法としてネットで多用されている。絵文字を標準化するユニコード・コンソーシアムの絵文字小委員会の委員長に就任したジェニファー・ダニエルが、自らの役割や絵文字の未来について語った。
  32. We could see federal regulation on face recognition as early as next week
    米国で高まる「顔認識」規制の気運、自主規制から近く法制化へ
    アマゾンは米国での警察への顔認識ソフトの販売停止を無期限に延長した。大手テック企業は現在、警察に対する顔認識テクノロジーの提供を自主規制しているが、連邦法による規制の動きが加速している。
  33. What England’s new vaccine passport could mean for covid tech’s next act
    ワクチンパスポート、接触追跡アプリの「二の舞」になる可能性
    ワクチン接種を受けたことを証明するシステムを導入する国が増えているが、同証明書は、昨年、鳴り物入りで導入され、さほど効果をあげられていない接触追跡アプリと同じような問題点をはらんでいる。
  34. A paralyzed man is challenging Neuralink’s monkey to a match of brain Pong
    脳デバイスで卓球をプレイ、麻痺男性がE・マスクのサルに挑戦状
    イーロン・マスク率いるニューラリンクが、最新の脳コンピューター・インターフェイスを使ってビデオゲームをするサルの動画を公開したのを受けて、別の脳インターフェイスを使用中の男性が試合を申し込むことを発表した。
  35. One city’s fight to solve its sewage problem with sensors
    全米の下水道インフラの修繕には1兆ドル規模の費用が必要だとされている。インディアナ州サウスベンド市では下水道のIoT化により、その費用を大幅に節約することに成功した。
  36. How China turned a prize-winning iPhone hack against the Uyghurs
    中国のハッキング・コンテスト「天府杯」で最優秀賞を獲得したアイフォーン向けエクスプロイト(ソフトの脆弱性を悪用して攻撃するプログラム)が、中国政府のウイグル弾圧に使われていたことが明らかになった。米国当局は、コンテストと中国軍との結び付きについて懸念を深めている。
  37. Why cities will come back stronger after covid
    「ポスト・コロナ」の都市に人が戻ってくる理由
    新型コロナのパンデミックで都市に住む意味が薄れ、移住が進むとの見方がある。しかし、インフラが整い、さまざまな人が集って刺激し合うことでイノベーションが生まれる都市の魅力が失われることはない。
  38. How Indians are crowdsourcing aid as covid surges
    出会い系アプリも活用、
    危機的状況に立ち向かう
    インドのネット市民を追う
    新型コロナウイルスの感染者が爆発的に増加しているインドでは、政府の支援をほとんど受けられない市民たちが、インターネットを使って酸素や薬物、医療機器などのリソースを調達しようと奮闘している。
  39. Why upholding Trump’s Facebook ban won’t break the cycle
    トランプ凍結「一貫性ある対応を」 監督委がFBに突き付けた課題
    フェイスブックのトランプ前大統領のアカウント凍結をめぐって、フェイスブックが設立した監督委員会が同社の判断を支持すると発表した。だが、長期的な対応については同社が半年以内に再検討して判断すべきだという。
  40. What cities need now
    スマートシティが話題になって10年以上が経つが、都市の抱える問題を解消、あるいは軽減できているようには見えない。テック企業が主導する現在のスマートシティ・プロジェクトは、テクノロジー機器とサービス、およびそれらが生成するデータの市場開拓に重点を置いており、都市インフラをアップグレードするものではない。
  41. Slum dwellers in India get unique digital addresses
    インドのスラム街をグーグルのデジタル住所が変えている
    スラム街などに住んでいる人々の多くは、自分の住所を持っていないため、銀行口座を開いたり、政府のサービスを受けたりすることができない。グーグルが開発した「プラス・コード」を使って、こうした人々に住所を持ってもらおうとするプロジェクトが始まっている。
  42. Asian-Americans are using Instagram to help protect their communities
    ヘイトクライムから守れ アジア系米国人がインスタで結束
    アジア人を対象としたヘイトクライムに対して、自衛のためのコミュニティを立ち上げる動きが米国各地で相次いでいる。活用されているのが、インスタグラムなどのSNSだ。
  43. Rio de Janeiro is making a digital map of one of Brazil’s largest favelas
    リオ最大のスラム街で始まったデジタル化、都市の貧困問題に挑む
    世界の都市化が加速する中で、違法かつ無計画に作られた貧困地区が増加している。スラム化という都市の問題を解決するのに、デジタル・マップのようなテクノロジーが役立つかもしれない。
  44. These drone photos show urban inequality around the world
    ドローン空撮がさらけ出す、世界の都市に潜む不平等
    ドローンを使用して都市の写真を撮影するプロジェクト「不平等な風景(Unequal Scenes)」は、サンパウロからシリコンバレー、カリフォルニア州ロングビーチまで、世界中のいたるところに潜む傷跡を暴露している。
  45. We tested a tool to confuse Google’s ad network. It works and you should use it.
    グーグルは、ネット上での人々の行動を監視し、大量に収集したデータから膨大な収益を上げている。プライバシー保護の法制度が巨大テック企業の広範な監視から人々を保護できていない現在、私たちにできるのは、個人的な行動履歴を偽装する「ゲリラ作戦」でグーグルを混乱させることくらいだ。
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る