KADOKAWA Technology Review
×
ウィル ナイト 334 Stories
プロフィールを見る
  1. フェイスブックが本格的なフェイク映像対策に乗り出した。ディープフェイク検出ツールの検証や評価のためのデータセットを社内で作成し、賞金付きのコンテストを共同で立ち上げる。 Will Knight2年前
  2. 知性を宿す機械
    ディープフェイクの技術が進むにつれて、フェイク映像が政治や社会に及ぼす影響が大きくなることが懸念されている。ディープフェイク開発の先駆者であるハオ・リーは、大作映画などでデジタルねつ造の精度を高めるためにキャリアを費やしてきたが、現在は、よりシームレスなねつ造が至る所で可能になったことで生じる問題にも取り組んでいる。 Will Knight2年前
  3. 歩きも走りもぐっとラクになる「AIショートパンツ」が登場
    エクササイズ器具のことはいったん忘れよう。将来、機械式のパワードパンツを穿いて脚にバネを付け、歩いたり走ったりできるようになるかもしれないのだ。 Will Knight2年前
  4. 知性を宿す機械
    AIスピーカーをもっと賢く、エヌビディアが自然言語処理を超高速化
    チップメーカーのエヌビディアは、GPUチップ上で動作する言語理解の人工知能(AI)プログラムの開発を支援するソフトウェアを発表した。機械学習モデルの訓練および訓練済みモデルの実行をスピードアップできるだけでなく、より大きな言語モデルを訓練することが可能となるという。 Will Knight2年前
  5. 広がる「VR研修」プログラム、解雇通知のバーチャル予行演習も
    バリーさんをご紹介しよう。バリーさんの人生のたった1つの目的は、実質現実(VR)において想像上の仕事から解雇される通告を受けたときに、忍耐強く話を聴き、それから少し反論したり、すすり泣いたりすることだ。 Will Knight2年前
  6. トヨタが生活支援ロボットにAI導入へ、PFNと共同開発
    トヨタ自動車は日本の人工知能(AI)企業であるプリファードネットワークスと協力し、最先端のAIを活用して高齢者や障害者をサポートできるロボットを提供することを目指している。 Will Knight2年前
  7. 知性を宿す機械
    「言葉で学ぶ」が新トレンド? 解説でチェスを習得するAIが登場
    ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンの研究チームが、チェスの「高度な」差し手や「愚かな」差し手に対するコメントを利用してチェスを学習するプログラムを開発した。最強のAIプログラムには遠く及ばないが、さまざまな用途に応用できる可能性がある。 Will Knight2年前
  8. 大統領選のディープフェイク対策は不十分、米下院委員会が指摘
    米国大統領選挙がいよいよ来年に迫っている。しかし、下院情報特別委員会のアダム・シフ委員長によると、フェイスブック、グーグル、ツイッターの大手インターネット企業3社はいずれも、人工知能(AI)が生成した偽映像「ディープフェイク」への具体的な対抗策を持っていないようだという。 Will Knight2年前
  9. 清華大学がAI専用ハイブリッド・チップ、自律「自転車」で実証
    大したものではないように見えるかもしれないが、この不安定な自律運転自転車は中国の先端チップ設計における専門性向上の象徴だ。 Will Knight2年前
  10. 知性を宿す機械
    アルファベット(グーグル)傘下のウェイモは、ディープマインドの研究チームと共同で、自律自動車の機械学習アルゴリズムを効率よく訓練するための手法を開発した。ニューラル・ネットワークを維持するために必要なコンピューター能力を削減し、開発スピードの大幅アップを狙う。 Will Knight2年前
  11. AIが書いたテキストを見抜くAIツール ハーバード大など開発
    人工知能(AI)のアルゴリズムは、一般の人間を騙せるほど説得力のある文章を生成できる。つまり、AIを使えば、フェイクニュースや嘘のレビュー記事、嘘のソーシャルアカウントを大量生産できるということだ。しかしありがたいことに、AIが生成したニセの文章を判別できるAIツールが登場している。 Will Knight2年前
  12. 知性を宿す機械
    フェイスブックが作った
    ポーカーAIがプロに圧勝、
    強すぎて「非公開」
    カーネギーメロン大学とフェイスブックの研究チームの開発した人工知能(AI)プログラムが、多人数制ポーカーでプロのポーカープレーヤーに勝利する快挙を達成した。多人数制ポーカーには最適戦略が存在しないことが知られており、今回用いられた手法は、商取引や価格設定、車両の経路策定などに応用できる可能性がある。 Will Knight2年前
  13. MITの協働ロボがボトルキャップ・チャレンジに成功(ただし腕で)
    回し蹴りではなくはるかに単純な動きではあるものの、「ボトルキャップ・チャレンジ」に挑戦するロボットの姿をご覧いただきたい。 Will Knight2年前
  14. 知性を宿す機械
    人工知能(AI)を利用した、本物と見まがうばかりのディープフェイク映像が問題となっている。体の動かし方に注目することで、ディープフェイク映像を見破る手法がコンピュータービジョン・カンファレンスで発表された。 Will Knight2年前
  15. アルファベットのスマートシティ、消えぬプライバシーへの懸念
    アルファベット(グーグル)子会社のサイドウォーク・ラボ(Sidewalk Labs)が、カナダのトロントで手がけるウォーターフロント再開発に関する構想を、初めて明らかにした。 Will Knight2年前
  16. 少ない訓練で指思い通りに、広島大ら新型「筋電義手」開発
    人工知能(AI)に基づくアプローチで制御できる3Dプリント製の新しい義手は、肢切断者ためのバイオニック義肢にかかる費用を大幅に低減できる可能性がある。 Will Knight2年前
  17. ビジネス・インパクト
    オンラインで仕事を請け負う「ギグ・エコノミー」における働き手であるギグ・ワーカーは、多くの場合、劣悪な労働条件で働いている。カリフォルニア大学バークレー校の研究者らが創業したベンチャー企業は、より公平な環境をギグ・ワーカーに提供するという。 Will Knight2年前
  18. まるで昆虫、太陽光で動く超小型ワイヤレス・ドローン
    太陽光を動力源とする蜂型ロボットが、ドローンの未来を切り開くかもしれない。 Will Knight2年前
  19. 知性を宿す機械
    ボストンに拠点を置くスタートアップが、「低レベルの知能」をロボットに付与することで、人間と協調作業ができるようにする専用チップの開発を進めている。より優れた行動計画の立案は、将来のロボット工学にとって基礎的かつ重要な要素だ。 Will Knight2年前
  20. ビジネス・インパクト
    「アルゴリズムに従う」労働者たち——建設業界は安全管理もAIに
    米国のある建設企業は、コンピュータービジョンを使って現場を監視して事故の発生を予測する人工知能(AI)システムを開発している。AIが人間の労働者を監視し、AIに従って人間が働く、大きなトレンドの一端だ。 Will Knight2年前
  21. フェイスブックが超リアルなバーチャル空間を構築、AI学習向け
    フェイスブックの研究チームが、住居やオフィスを模した非常にリアルなバーチャル空間の数々を作り出した。同社の人工知能(AI)アルゴリズムが、実世界がどのように動くものなのかを学ぶためのものだ。 Will Knight2年前
  22. ウーバーAI研究所前所長や「ルンバの父」集結、ロボットOS開発へ
    人工知能(AI)とロボット工学の第一人者たちが集結し、ロボット用オペレーティングシステム(OS)の開発に取り組む。現在の最先端の機械が抱える弱点を克服することが目標だ。 Will Knight2年前
  23. アマゾン、宅配ドローン「プライム・エア」を発表
    アマゾンが発表した「プライム・エア(Prime Air)」は、配送用ドローンの最新型プロトタイプだ。 Will Knight2年前
  24. 知性を宿す機械
    唐突な「北京AI原則」発表は何を意味するのか?
    中国政府が発表したAI原則は、個人の自由やプライバシーの保護といった西側諸国のAI倫理に非常によく似ている。中国がこの問題について対話をしようとする意欲の現れなのだろうか。 Will Knight2年前
  25. 増殖する外来種の駆除に「海のルンバ」が大活躍
    潜水ロボット「ガーディアンLF1(Guardian LF1)」は、ミノカサゴを狩り、気絶させ、捕獲する。ミノカサゴは、大西洋で在来種の魚や甲殻類を脅かす外来種の肉食魚だ。 Will Knight2年前
  26. 知性を宿す機械
    AI利用のルールづくり目指す、世界経済フォーラムが評議会設立へ
    世界経済フォーラム(WEF)は今週、「人工知能(AI)評議会」の設立を発表する予定だ。マイクロソフトのブラッド・スミス社長と中国の著名な投資家カイフ・リーが共同議長を務め、AIの利用とガバナンスに関する各国間の政策的合意点を探るという。 Will Knight2年前
  27. OECDが「AI原則」を勧告、人権尊重し活用を
    トランプ政権は米国と一部の国との間に壁を築いている真っ最中だが、こと人工知能(AI)の方向性を決めることにおいては同盟関係の構築に熱心だ。 Will Knight2年前
  28. 知性を宿す機械
    「武器は開発しません」MITと米空軍がAI分野で共同研究を推進
    米国空軍とマサチューセッツ工科大学(MIT)は、人工知能(AI)の開発と活用に向けた共同研究を発表した。武器の開発ではなく、「公益」に役立つ技術の開発を目指すという。 Will Knight2年前
  29. コネクティビティ
    トランプvsファーウェイ:世界のイノベーションを止めるのは誰だ
    ファーウェイに対する米国政府の禁輸措置が、同社に対して壊滅的なダメージを与える可能性が高まっている。しかし、こうしたテクノロジーのバルカン化は世界的なイノベーションの妨げになりかねない。 Will Knight2年前
  30. 知性を宿す機械
    腕の動きを観察して力を加減、人と一緒に働くMITの新しいロボット
    マサチューセッツ工科大学(MIT)は、人間の上腕二頭筋に取り付けた筋電計センサーの信号から、その腕の動きを察知するロボットを開発した。ロボットを安全に効率よく人間と協働させるのに有効なアプローチとなる可能性がある。 Will Knight2年前
  31. フェイスブックがロボット工学研究所を開設、その狙いは?
    高度な知性を持つヘルパーの開発を目指すフェイスブックの取り組みは、人工知能(AI)が物理世界のある種の基礎知識をいかに必要としているかを示すものだ。 Will Knight2年前
  32. 知性を宿す機械
    医療分野での人工知能(AI)の応用がでは、膨大な患者の個人情報へのアクセスが障壁となっている。プライバシーの保護とデータ活用の両立を目指す新たなプラットフォームを使った大規模な実験が、スタンフォード大学医学部で始まっている。 Will Knight2年前
  33. 知性を宿す機械
    アマゾン創業者のジェフ・ベゾスが主催する招待制カンファレンス「MARS」で紹介されたエッジ向けAIチップは、ロボットやドローンといった他の派手なプレゼンに比べると地味なものだった。だが、電力効率に優れた新しい半導体は、人工知能の未来において重要な存在となる。 Will Knight2年前
  34. 知性を宿す機械
    AIが生む「ビートルズとガガの共演」は人を感動させられるか?
    既存の楽曲を訓練データとして用いて、新たな楽曲を作り出せる深層学習ニューラル・ネットワークをオープンAIが開発した。モーツアルト風の小品を演奏したり、レディ・ガガの楽曲をビートルズ風に即興演奏したりできる。 Will Knight2年前
  35. カラープリントした紙で「AIの監視」から逃れる方法
    人工知能(AI)を利用した映像技術が、店舗やオフィス、公共スペースなど、あらゆる場所で利用されるようになり、私たちの顔や行動を追跡している。中には、治安維持や政府による監視活動を強化する目的でこうした技術を取り入れている国もある。 Will Knight3年前
  36. 知性を宿す機械
    ロボットの「AI化」を加速
    UCバークレー発ベンチャー
    格安プラットフォーム量産へ
    カリフォルニア大学バークレー校の研究チームが、人工知能(AI)実験用のプラットフォームとなり、実質現実(VR)ヘッドセットを使って制御できる最新型のロボット・アームを開発した。同校のライセンス提供を受けたベンチャー企業がこのロボットを量産化し、安価に提供することで、ロボットのAI化を加速させる考えだ。 Will Knight3年前
  37. 知性を宿す機械
    道具の使い方を「即興」で学ぶロボット、グーグルらが開発
    実験をしたり、人間の行動を観察したりすることで、道具の使い方を自ら学習するロボットを、グーグル・ブレインとカリフォルニア大学の研究者らが開発した。通常の道具がない時は、手元にあるもので即興的に間に合わせることもできるという。 Will Knight3年前
  38. 知性を宿す機械
    ボストン・ダイナミクス、頭脳強化で脱「おもしろロボット」へ
    ソフトバンク傘下のボストン・ダイナミクスがコンピューター・ビジョンや機械学習を手がけるベンチャー企業を買収し、倉庫ロボットの本格的な商用化へ動き出す。これまでユニークな動きで注目されてきたロボット企業にとって、大きな転換点となりそうだ。 Will Knight3年前
  39. 知性を宿す機械
    MIT、IBM、ディープマインドなどの研究チームは、世界に関する知識を明示的にコーディングする「シンボリスト」と、生物の脳に着想を得たニューラルネットで世界を学習する「コネクショニスト」の2つのアプローチを取り入れた、ハイブリッドAIシステムを開発した。訓練データがはるかに少なくて済むことから、AIの新たな用途が期待される。 Will Knight3年前
  40. 知性を宿す機械
    機械学習でもっとおいしく、
    AIが変える農業の「常識」
    機械学習やデータサイエンスの技術を利用して農業技術を改善しようとする取り組みが広まっている。MITの研究者らが機械学習を応用してバジルの風味を改良した研究を発表したほか、多国籍企業のバイエルは収穫に焦点を当てたデータサイエンスのチームを社内に発足させている。 Will Knight3年前
  41. 知性を宿す機械
    グーグルが新設した「AI倫理委員会」に社員が猛反発した理由
    グーグルは人工知能(AI)プロジェクトを倫理面で指導するために、第三者委員会を設置することを発表した。だが、委員にはマイノリティの権利擁護に異論を唱え、地球温暖化懐疑論や反科学の立場を支持する人物が含まれており、社員らは解任を要請している。 Will Knight3年前
  42. 「アマゾンは顔認識の司法当局への販売停止を」AI研究者らが要請
    産学界の人工知能(AI)研究者が、アマゾンに対する公開書簡に署名し、明らかなバイアスが確認された同社の顔認識技術を司法当局に販売するのを中止するよう求めている。 Will Knight3年前
  43. 知性を宿す機械
    グーグルも警戒、「AIをだます」敵対的機械学習に備えよ
    機械学習システムの普及によって、「敵対的機械学習」と呼ばれる新たなセキュリティリスクが浮上している。グーグルとの共同研究にも取り組むカリフォルニア大学バークレー校のセキュリティ専門家ドーン・ソング教授は対処を訴えている。 Will Knight3年前
  44. インテル、推論チップ開発ベンチャーに1300万ドル投資
    インテルは、スタートアップ企業の「アンテザーAI(Untether AI)」に1300万ドルを出資する。アンテザーAIは超高速でのニューラル・ネットワークの実行が期待される、新しい種類の人工知能(AI)用チップを開発する企業だ。 Will Knight3年前
  45. 知性を宿す機械
    グーグルがAI倫理の第三者委員会を設置、人選に批判も
    グーグルが哲学者、エンジニア、政策専門家を招いて、AIプロジェクトの倫理性を精査する第三者委員会を設置した。しかし、その人選を疑問視する声も上がっている。 Will Knight3年前
  46. 知性を宿す機械
    AIアシスタントの進化には
    「身体」が必要だ
    ユーザーと音声でやり取りできる人工知能(AI)アシスタント製品が、爆発的に普及している。アマゾンのAIアシスタント「アレクサ」の開発を主導する研究者は、AIアシスタントが本当の知性を身に付けるには「世界を探索する必要」があるという。 Will Knight3年前
  47. 「深層学習の父」ら3人にチューリング賞
    大規模人工ニューラル・ネットワークの学習能力の研究によって、人工知能(AI)革命のきっかけを作った3人の科学者に、コンピューター科学の分野でもっとも権威ある賞、チューリング賞が授与された。 Will Knight3年前
  48. 知性を宿す機械
    量子コンピューターで機械学習タスクの限界を克服、IBMとMIT
    IBMとMITの研究チームは、量子コンピューターを使って機械学習を新たなレベルに到達させようと取り組んでいる。新たな潮流となりそうだ。 Will Knight3年前
  49. 知性を宿す機械
    AIアシスタントで使われている自然言語処理テクノロジーは日常生活にますます浸透している。だが、IBMのワトソンの原型を開発したMITの研究者は、真の知性を備えた機械を創造するというAIの最終目標からはほど遠いという。 Will Knight3年前
  50. フェイスブック、機械学習でリベンジ・ポルノを自動検出へ
    フェイスブックが人工知能(AI)を使ってリベンジ・ポルノに対処できると考えていること自体、AIの人物を特定する能力が相当強力になったことを物語っている。 Will Knight3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る