KADOKAWA Technology Review
×
マイク オルカット 292 Stories
プロフィールを見る
  1. コネクティビティ
    テキサスの風力発電ブームが生み出す、ビットコインの採掘ラッシュ
    大量の風力発電と規制緩和によって安価な電力が供給されている米国テキサス州で、ビットコインのゴールドラッシュが起きている。中国に集中していた採掘ネットワークの世界地図を塗り替えるかもしれない。 Mike Orcutt2年前
  2. ビジネス・インパクト
    新型コロナ禍を「戦争」に喩えるトランプ政権は「勝利」できるか?
    新型コロナウイルス感染症対応の最前線に配置された人々は何の防護もないまま戦いを強いられており、戦いを続けるのに必要な物資もほとんどを底をついている。 政府は新型コロナウイルス感染症のパンデミックを「戦争」になぞられているが、その対応はあまりにもお粗末だ。 Mike Orcutt2年前
  3. コネクティビティ
    中央銀行のデジタル通貨はビットコインから何を学べるか?
    中央銀行が発行するデジタル通貨をめぐる議論が活発になる中、セキュリティをどう確保すべきかが課題となっている。専門家はビットコインから学ぶことが多いという。 Mike Orcutt2年前
  4. コネクティビティ
    給付金はデジタル・ドルで? NY州議員ら、公共決済サービスを提案
    新型コロナウイルスのパンデミックを受け、米国では国民に現金を支給することが決まった。だが、小切手や銀行振り込みでは支給に時間がかかり漏れが出ることから、デジタル・ウォレットへの支払いを提案する動きもある。 Mike Orcutt2年前
  5. コネクティビティ
    フェイスブック「リブラ」が方針転換、ただの「電子マネー」に?
    フェイスブックが同社独自の暗号通貨「リブラ」について新たなホワイト・ペーパーを発表した。「世界通貨」を目指すとした当初の計画は大幅にトーンダウンしており、もはや暗号通貨とさえ呼べないものになるかもしれない。 Mike Orcutt2年前
  6. コネクティビティ
    露呈したサプライチェーンの脆さ、分散台帳は救世主になるか?
    新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、グローバルなサプライチェーンの脆弱さを浮き彫りにした。従来の紙ベースの取引をブロックチェーンの分散台帳ベースに置き換えることは、サプライチェーンの可視性を高め、将来の危機に対して回復力を持たせるために有効な手段となる可能性がある。 Mike Orcutt2年前
  7. コネクティビティ
    新型コロナでビットコインが暴落、「安全な避難場所」は幻想か
    ビットコインが大暴落。株式市場の影響を受けない「安全な避難場所」になることに期待した人たちは裏切られた格好だ。 Mike Orcutt2年前
  8. コネクティビティ
    デジタル・ドル導入案、パンデミックのどさくさで急浮上
    景気刺激策として決まった最大1200ドルの給付金を配る手段として、デジタル・ドルの発行が急浮上。最終法案では見送られたものの、これを機に導入の議論が深まりそうだ。 Mike Orcutt2年前
  9. コネクティビティ
    「キャッシュレス」に新型コロナ拡散防止の効果はあるか?
    新型コロナウイルスが紙幣を介して感染するのではないか、とする恐れが広まっている。ウイルスは金属や紙、プラスチック上で数時間から数日残存できることが実験で明らかになっているが、主要な感染経路になっているという証拠はない。 Mike Orcutt2年前
  10. キャッシュレス大国スウェーデン、国立銀行がデジタル通貨の試験を開始
    スウェーデンの中央銀行であるスウェーデン国立銀行(Riksbank)は、「eクローナ」の実験プロジェクトを1年間実施すると発表した。このプロジェクトでは、暗号通貨に使用されるブロックチェーンからヒントを得た分散型台帳技術を使用する。 Mike Orcutt2年前
  11. マイケル・ブルームバーグが暗号通貨政策、米大統領選候補で唯一
    米大統領選で民主党候補指名を目指すマイケル・ブルームバーグは、暗号通貨政策についてのスタンスを明らかにした。ビジネスマンであり、ニューヨーク市前市長でもあるブルームバーグ候補は、民主党の大統領候補で暗号通貨に直接的に言及した唯一の候補となった。 Mike Orcutt2年前
  12. コネクティビティ
    北朝鮮系のハッカー集団が暗号通貨取引所から多額の資金を盗み続けている。侵入手口の巧妙化に加え、暗号通貨を匿名で現金化できる資金洗浄インフラの増加も背景だ。 Mike Orcutt2年前
  13. 「ネットの自由守れ」ブロックチェーン・ベースのDNSが始動
    ハンドシェイク・ネットワーク(Handshake Network)と呼ばれる野心的なパブリックブロックチェーン・プロジェクトは、数カ月のテストの後、ついにメインネットワークを立ち上げた。ハンドシェイク・ネットワークは、インターネットドメイン名の割り当て方法を改革しようとする開発者によるプロジェクトである。 Mike Orcutt2年前
  14. 北朝鮮が暗号通貨のマイニングを拡大、「モネロ」採掘強化か
    新しい報告書によると、北朝鮮の指導者は、国際的制裁から逃れる方法として暗号通貨のマイニング(採掘)を強化しているようだ。 Mike Orcutt2年前
  15. 「デジタル円」発行で中国に対抗を、自民党が提言
    日本の与党に所属する有力政治家らは、中国によるデジタル通貨導入計画を警戒しており、この動きへの対応として、「デジタル円」の発行に向けた準備を呼びかけている。 Mike Orcutt2年前
  16. 暗号通貨マネロン新規制、利用者情報の共有に課題
    世界の金融機関は、独自の安全なメッセージ・システム「SWIFT(国際銀行間通信協会)」を使い、金融取引に関する情報を交換してマネーロンダリング規則を遵守している。現在、暗号通貨交換は規制当局から同様のシステムを構築するように圧力をかけられているが、その方法はまったく明確ではない。 Mike Orcutt2年前
  17. 暗号通貨詐欺、2019年の被害額は43億ドルに=調査会社まとめ
    暗号通貨詐欺師たちは2019年、前年の稼ぎの3倍以上となる43億ドル相当のデジタルマネーをかき集めた。ブロックチェーン分析企業のチェーンアナリシス(Chainanalysis)がまとめた。詳細は、1月29日に同社が発表した『The 2020 State of Crypto Crime(暗号通貨犯罪の状況:2020年版)』という長い報告書に記載されている。 Mike Orcutt2年前
  18. 暗号通貨のマネロン利用が増加、背景に相対ブローカー暗躍か
    ブロックチェーン分析企業のチェーンアナリシス(Chainanalysis)によると、大手暗号通貨取引所が犯罪者のマネーロンダリングに使われていることが明らかになった。 Mike Orcutt2年前
  19. ボーダフォンも「リブラ」から離脱、2020年の発行に暗雲
    英国の大手通信会社ボーダフォンがリブラ協会を脱退したことを受け、デジタル通貨「リブラ(Libra)」が予定通りに発行されるか、懸念が高まっている。 Mike Orcutt2年前
  20. 北朝鮮の暗号通貨会議に国連が警告、出席は制裁違反の恐れ
    国連の対北朝鮮制裁専門家が提出する報告書で、2月に北朝鮮で開催される暗号通貨カンファレンスに参加しないよう警告している。制裁に違反する可能性があるためだ。 Mike Orcutt2年前
  21. NBAのスター選手、3年契約をトークン化して「前借り」
    NBA(全米プロバスケットボール協会)のブルックリン・ネッツでガードとして活躍しているスペンサー・ディンウィディー選手は、自身の契約を「トークン化」するプロアスリート第1号になるかもしれない。 Mike Orcutt2年前
  22. バイドゥが企業向けブロックチェーン、官製ブームに沸く中国
    中国の地元メディアによると、バイドゥ(Baidu)は企業向けのブロックチェーン・サービス「スーパーチェーン( Xuperchain)」の公開ベータ版をローンチした。 Mike Orcutt2年前
  23. コネクティビティ
    「リブラ」登場で変わる
    暗号通貨の2020年を占う
    2019年7月、暗号通貨の熱狂が忘れ去られたころに発表されたフェイスブックの暗号通貨「リブラ」は、各国の政府や中央銀行からの批判の矢面に立たされた。しかし、中国をはじめとするいくつかの国々は既に暗号通貨への取り組みを進めており、2020年には米国政府も暗号通貨を無視できなくなるだろう。 Mike Orcutt2年前
  24. コネクティビティ
    「現金需要は強い」FRB議長、デジタル版ドルに慎重姿勢崩さず
    中央銀行発行のデジタル通貨は「現金離れ」に端を発するいくつかの問題を抱えている他国では恩恵があるかもしれないが、米国の事情は異なるという。連邦準備制度理事会のパウエル議長の見解。 Mike Orcutt2年前
  25. グーグルも金融強化、シティ提携で銀行口座提供へ
    グーグルは間もなく、ユーザーが当座預金口座を開設できるサービスを開始する。多くのテック企業が金融サービスへの参入を狙う中、グーグルも流れに加わることになる。 Mike Orcutt2年前
  26. コネクティビティ
    「ブロックチェーン倫理」が
    いま求められる理由
    ブロックチェーンが社会を変える大きな影響力を持つようになるなら、独自の「倫理」が求められるようになる。MITの研究者グループが提唱する「ブロックチェーン倫理」は、新しい学問分野だ。 Mike Orcutt2年前
  27. 中国人民銀幹部、政府発行の暗号通貨で「プライバシー保護」訴え
    中国人民銀行が発行間近だと語るデジタル通貨は、市民の消費行動について前例のない「可視性」を政府に与えることになる。しかし当局は、新たなシステムによって(犯罪歴がない限りは)物理的な現金の匿名性が確保される、と国民に保証することに躍起になっているようだ。 Mike Orcutt2年前
  28. ビットコイン急騰、一頭の「クジラ」原因だった?
    2017年のビットコインの価格急騰は、暗号通貨業界用語で「クジラ」と呼ばれるたった1人の大口ビットコイン保有者による市場操作が引き起こした可能性が高い——。ある研究チームが発表した論文はこう指摘している。 2017年1月には1000ドルに満たなかったビットコインの価格は、12月には1万9000ドル以上へと跳ね上がった。 Mike Orcutt2年前
  29. コネクティビティ
    別の暗号通貨に「両替」することで身元を隠し、資金洗浄する手法が犯罪者の間で使われている。だが、新しい研究によれば、匿名性を強化すると思われている人気の暗号通貨サービスが実際にはそうではないことが明らかになった。 Mike Orcutt2年前
  30. 習近平首席がブロックチェーン注力を呼びかけ、「監視強化」批判も
    以前から知られてはいたものの、中国の指導者層による最近の3つの動向からは、この国がブロックチェーンをどれだけ真剣にとらえているかが伺える。だが、中国政府がこの技術を使って成し遂げたいと望んでいることは、ビットコインのような非中集権型暗号通貨システムの目指す理念とはほど遠い。 Mike Orcutt2年前
  31. FB暗号通貨「リブラ」は中国にも脅威=テンセント
    中国最大級のテック企業の1つであるテンセント(Tencent:騰訊)によると、フェイスブックのデジタル通貨が実用化されれば、中国で絶大な人気を誇るデジタル決済プラットフォームであるアリペイ(Alipay)やウィチャット・ペイ(WeChat Pay)にとって脅威となる可能性がある。 Mike Orcutt2年前
  32. リブラは米国の国益にかなう、ザッカーバーグCEOが支持訴え
    フェイスブックはデジタル通貨の発行計画を支持するよう米国の政治家や規制当局を説得するため、愛国心に訴えるという新しい戦略を打ち出した。 Mike Orcutt2年前
  33. 韓国の大規模児童ポルノ・サイトが摘発、ビットコイン追跡で
    米国の司法当局は、ビットコイン取引を追跡する高度な手法を使って、「コンテンツの量において最大規模の児童の性的搾取市場」を摘発したと発表した。ビットコインが身元を隠せる確実な方法だと考える犯罪者が間違いであることを示すニュースだ。 Mike Orcutt2年前
  34. 17億ドル調達のテレグラムの暗号通貨にSECが「待った」
    米国証券取引委員会(SEC)が、メッセージング・サービス会社テレグラム(Telegram)による20億ドルもの鳴物入りのデジタル・トークンの販売に「待った」をかけた。 Mike Orcutt2年前
  35. FB「リブラ」に大打撃、ビザやマスターカードも離脱を表明
    10月11日、フェイスブックのデジタル通貨である「リブラ(Libra)」の計画が大きな打撃を受けた。ビザ(Visa)、マスターカード(Mastercard)、イーベイ(eBay)、ストライプ(Stripe)が相次いで、ペイパル(Paypal)に追従する形で、フェイスブックがリブラの管理のために立ち上げた非営利組織「リブラ協会」からの離脱を表明したのだ。 Mike Orcutt2年前
  36. コネクティビティ
    フェイスブックが2020年の発行を目指す「リブラ」は、世界中の中央銀行に衝撃を与えた。自前のデジタル通貨の発行を加速させる可能性がある。 Mike Orcutt2年前
  37. コネクティビティ
    「トラベル・ルール」導入で
    暗号通貨は生まれ変わるか?
    暗号通貨はマネーローンダリングやテロ資金の温床というイメージがぬぐえない。国際的な規制の導入は、従来の暗号通貨利用者の反発を招く一方、大手金融機関などの暗号通貨の利用を推進し、業界の拡大につながる可能性がある。 Mike Orcutt2年前
  38. ペイパル、フェイスブック「リブラ」から撤退を表明
    フェイスブックが計画しているデジタル通貨ネットワーク「リブラ(Libra)」への参加に署名している28の企業から成る非営利団体「リブラ協会(Libra Association)」に亀裂が生じつつある。 今回ペイパル(PayPal)がリブラからの撤退を決定したことから、参加企業数は現在、27社へと減少した。 Mike Orcutt2年前
  39. 「リブラへの反発はほぼ想定内」ザッカーバーグ、社員総会で語る
    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、計画中のデジタル通貨「リブラ(Libra)」に対する政治家らの反発について、実際には舞台裏で具体的な話が進んでおり、心配しないよう従業員に伝えた。 Mike Orcutt2年前
  40. ベネズエラ、米国による経済制裁の回避にビットコインを利用か
    ベネズエラの国営石油会社であるペトロレオス・デ・ベネズエラ(PDVSA)は、ビットコインを同国の中央銀行に送金したいと考えている。ベネズエラの中央銀行は現在、準備金として暗号通貨を保有できるかどうかを調べるためのテストを実施しているところだ。ブルームバーグの最新レポートが伝えた。 Mike Orcutt2年前
  41. 持続可能エネルギー
    ニューヨーク市が200億ドルを投じる「気候変動対策」の中身
    ニューヨーク市は、甚大な被害をもたらしたハリケーン・サンディの教訓を生かして、気候変動の危機的影響への対策を矢継ぎ早に打ち出している。目立たない防波堤、白い屋根、熱中症の兆候を監視する地域社会プログラムなどは、問題に対処するための戦略の一部だ。 Mike Orcutt2年前
  42. 生命の再定義
    CRISPR遺伝子療法は「現実の患者」を救えるのか?
    遺伝子療法の進歩は、いったいどれだけの患者に治療の恩恵をもたらすのだろうか。遺伝性血液疾患である鎌状赤血球症の患者や家族らは、希望の裏に警戒心や懸念を持っているという。Mike Orcutt2年前
  43. 発行間近? 中国政府のデジタル通貨について分かっていること
    ここ数週間、中国人民銀行の幹部が、自国通貨である「人民元」のデジタル版を発行して物理的な現金と置き換え、消費者の支払いに使用する準備がほぼ整ったことをほのめかしている。 Mike Orcutt2年前
  44. 仏独が「リブラ」に共同戦線、独自のデジタル通貨を計画か
    フランスとドイツは、フェイスブックが提案しているデジタル通貨「リブラ(Libra)」に対抗するために共同戦線を結成した。 Mike Orcutt2年前
  45. 太平洋の小さな島国、世界初の「法定暗号通貨」を計画
    マーシャル諸島共和国が、独自の暗号通貨を発行するという物議を醸す計画を推し進めている。同国政府によると、この通貨は米ドルに並ぶ法定通貨になるとう。 Mike Orcutt2年前
  46. テレグラムの暗号通貨「グラム」、10月末始動へ
    フェイスブックがグローバルなデジタル通貨の構想を発表するはるか以前から、「グラム(Gram)」は存在していた。グラムは、メッセージング・サービスで人気のテレグラム(Telegram)が開発しているデジタル通貨であり、10月末の立ち上げに向けて、現在順調に進んでいるようだ。 Mike Orcutt2年前
  47. フェイスブックがロビー会社と契約、暗号通貨「リブラ」実現へ本腰
    フェイスブックが提案するデジタル通貨、リブラ(Libra)に関するここ数日の相次ぐ出来事により、プロジェクトの将来を巡る政治的な争いの第2ラウンドの準備が整った。フェイスブックは投資家に対し、一層厳しくなる規制当局の監視によってリブラが提供されない可能性があるとすでに認めている。だがそのわずか数週間後、フェイスブックはリブラの実現へ向けていよいよ本腰を入れたようだ。 Mike Orcutt2年前
  48. 米当局、薬物密売中国人の暗号通貨アドレスを制裁リストに追加
    米財務省は、合成オピオイド(麻薬性鎮痛薬)を国内で密売した罪に問われている3人の中国人のものと見られるデジタル通貨アドレス数件をブラックリストに追加した。 Mike Orcutt2年前
  49. 世界銀行、2回目のブロックチェーン債権で1億800万ドル調達
    世界銀行がブロックチェーンを基盤とする債権を発行するのは、単なる一度きりの幻ではなかった。2年債を発行してから約1年後、2回目のブロックチェーン債権を発行し、計1億800万ドルを調達した。 Mike Orcutt2年前
  50. コネクティビティ
    人気暗号通貨取引所を襲った標的型攻撃、その驚くべき実態
    暗号通貨取引所コインベースへの最近の攻撃の詳細が判明した。攻撃自体は失敗に終わったものの、ソーシャルエンジニアリングを巧みに利用し、ブラウザーのバグを突いて従業員のコンピューターを乗っ取ろうとしたその手法は、驚くほど高度に洗練されたものだった。 Mike Orcutt2年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る