1. 大統領選で「ブロックチェーン投票」一部導入へ、ウェストバージニア州
    海外駐留中の米軍人は2020年の大統領選から、プライベート・ブロックチェーンを利用したモバイル・アプリでの投票ができるようになる。選挙セキュリティの専門家の声は届かなかったようだ。 Mike Orcutt7時間前

  2. 中国が暗号通貨の採掘禁止を検討、ビットコインへの影響は?
    中国は、暗号通貨の採掘を禁止する方針を発表した。この動きは、グローバル産業の大規模な再編を引き起こし、暗号通貨産業における中国の優位性に終止符を打つだろう。 Mike Orcutt6日前
  3. コネクティビティ
    暗号通貨バブル崩壊でもアクセル全開、バイナンスの「ヤバい」戦略
    暗号通貨取引所バイナンス(Binance)の勢いが止まらない。だが、脱法的とも言える同社の手法がいつまで通用するのか、先行きは不透明だ。 Mike Orcutt9日前
  4. コネクティビティ
    暗号通貨「大暴落」でもVCがブロックチェーンに投資し続ける理由
    暗号通貨市場は現在、長い低迷期にあり、以前の熱狂は消え失せたかのようだ。しかし、ベンチャー・キャピタルは、暗号通貨トークンの短期的な価格変動と、ブロックチェーン技術による「非中央集権型金融」の将来性は別物であるとして、依然としてブロックチェーン関連企業に大きな資金を投じている。 Mike Orcutt10日前
  5. コネクティビティ
    SEC見解に動揺、人気ステーブルコインは「有価証券」なのか?
    アルゴリズムによって価格の安定を図っている暗号通貨「ダイ(Dai)」が話題だ。だが、米国証券取引委員会(SEC)高官が規制対象となるステーブルコイン(安定通貨)について新たな見解を示したことで、動揺が広がっている。 Mike Orcutt12日前
  6. コネクティビティ
    ブロックチェーン・スマホは「Web 3.0」の夢を見るか?
    暗号通貨の秘密鍵を安全に保管できる「ブロックチェーン・スマホ」が暗号通貨愛好家の関心を集めている。Web3.0とも呼ばれる「非中央集権型Web」実現への一歩となるのだろうか。 Mike Orcutt16日前
  7. コネクティビティ
    ビットコイン取引の95%が「ウソ」、取引所が人気装う
    ここのところ、ビットコイン市場に対して、過剰な取引が疑われている。事実、ビットコインのETF(上場投資信託)はいくつか提案されているが、市場操作の疑いがあるため規制当局はこれらの承認を渋っている。こうした状況にビットコイン愛好家の多くは失望している。ゆくゆくはETFが承認され、それが起爆剤となり、投資家がビットコインのテクノロジーを広く採用すると信じているからだ。 Mike Orcutt19日前
  8. コネクティビティ
    暗号資産業界は政府に何を求めているのか?
    ブロックチェーン業界は、規制当局が暗号通貨に対して明確な姿勢を示していないことが一般企業や消費者を不安にし、イノベーションを妨げているという。 Mike Orcutt25日前
  9. コネクティビティ
    消費電力はハンガリー並み?ビットコインによる環境汚染が深刻化
    ビットコインは深刻化する環境問題を抱えており、再生可能エネルギーでは解決できない。 これが、経済学者のアレックス・デ・フリースが3月14日に新たに発表した研究論文の結論だ。 Mike Orcutt34日前
  10. コネクティビティ
    世界有数の現金大国である日本が、キャッシュレス社会の実現へと動き出した。クレジットカードなどの既存の決済手段の普及が遅れている日本は、先進的なテクノロジーを一足飛びに導入して成功できる可能性がある。 Mike Orcutt34日前
  11. コネクティビティ
    深まる疑惑、CEO死亡で1億ドルが消えた暗号通貨取引所で新展開
    この件については以前から奇妙に思っていた。カナダの人気取引所「クアドリガCX(QuadrigaCX)」のジェラルド・コットン最高経営責任者(CEO)の予期せぬ死亡により、1億4千万ドルを超える顧客の資金にアクセスできない状態だ。資金にアクセスできるのはクアドリガCX社内でコットンCEO、ただ1人だったからである。 Mike Orcutt40日前
  12. コネクティビティ
    北朝鮮、暗号通貨ハッキングで5億ドル超の資金を獲得していた
    2017年から2018年にかけて、北朝鮮が5億ドル超相当の暗号通貨をオンライン取引所から盗み出し、さらにブロックチェーン技術を利用して窃盗の形跡を隠蔽していた——。専門家パネルが国連安全保障理事会に報告した内容で明らかになった。北朝鮮による窃盗は、他国の金融機関を標的とした、多人数が関与するハッキング作戦の一環として実行された。 Mike Orcutt40日前
  13. コネクティビティ
    フェイスブック、暗号通貨の新規発行へ向け交換所と交渉か
    ニューヨーク・タイムズ紙の新しい記事は、フェイスブックの謎に包まれたブロックチェーン・プロジェクトに関する新しい詳細情報を明らかにし、プロジェクトの実現は間近かもしれないと指摘している。だが、まだ明らかにされたことよりも疑問の方がはるかに多い。 Mike Orcutt48日前
  14. コネクティビティ
    一時は世間を熱狂させたイーサリアムだが、「クリプトキティ」事件でパフォーマンス問題が露見して以来、大規模な非中央集権型アプリケーションへの適用が疑問視されている。イーサリアムの創始者であるヴィタリック・ブテリンは新バージョン「イーサリアム2.0」で解決できるというが、理想を実現できるのだろうか。 Mike Orcutt61日前
  15. コネクティビティ
    「ビットコインは詐欺」と呼んだJPモルガン、独自の暗号通貨を発表
    JPモルガン・チェースのジェームズ・ダイモン最高経営責任者(CEO)がビットコインを「詐欺」呼ばわりしていた頃から、わずか2年足らずしか経っていない。ところが14日、彼がCEOを務める銀行は「JPMコイン」という独自の暗号通貨を、現実世界で直近にも実験を開始する計画を発表した。 Mike Orcutt61日前
  16. コネクティビティ
    暗号通貨「Zキャッシュ」の開発チームが、同暗号通貨に含まれていたバグを秘密裏に修正していたことが明らかになった。今回の件で、暗号通貨の支持者たちが理想として掲げる「非中央集権化」とは一体何を意味するのかが、改めて議論となっている。 Mike Orcutt68日前
  17. コネクティビティ
    フェイスブックがブロックチェーン企業を初買収、高速化が狙いか
    あの巨大ソーシャルネットワーク企業は何を企んでいるのだろうか? フェイスブックがブロックチェーン関連企業を初めて買収した。買収したチェーンスペース(Chainspace)は、ブロックチェーンのスマートコントラクトによるトランザクションを高速化する技術を重点的に開発してきた、小規模なスタートアップ企業だ。 Mike Orcutt74日前
  18. コネクティビティ
    ビットコインや他の暗号通貨の課題とされている取引の完全な秘匿性を実現する可能性のある暗号通貨が登場した。1月15日に公式に稼働開始した「グリン(Grin)」と呼ばれる暗号通貨は、「ミンブルウィンブル」と呼ばれるテクノロジーを基礎にすることで、取引を秘匿にすると同時に、ブロックチェーンのサイズを劇的に縮小する。 Mike Orcutt74日前
  19. コネクティビティ
    暗号通貨を盗んだ「SIMスワッパー」に初の有罪
    電話番号を乗っ取る「SIMスワッピング(SIM swapping)」と呼ばれる手口で暗号通貨500万ドルを盗んだとされる大学生が、罪を認めて禁固10年の刑を受けたとWebメディアのマザーボード(Motherboard.)が報じている。 Mike Orcutt74日前
  20. コネクティビティ
    暗号通貨ハッキング事件、2大ハッカーグループが6割に関与か
    近年発生したオンライン取引における10億ドル相当の暗号通貨盗難事件の背後には、巧妙なサイバー犯罪者の2つのグループが関与しているようだ。 Mike Orcutt82日前
  21. コネクティビティ
    1月16日に開始予定だったイーサリアムの「コンスタンティノープル」アップグレードは、サードパーティから脆弱性を指摘されて急きょ延期となった。今回の延期は、セキュリティの面からだけでなく、イーサリアムが理想として掲げる「非中央集権化」の面からも、イーサリアムの開発者らに課題を突きつけている。 Mike Orcutt86日前
  22. コネクティビティ
    国際決済銀行が指摘する、ビットコインの解決し難い根本的問題
    ビットコインは、自身を安全に保つ仕組みに織り込まれている根本的な問題を抱えている。中央銀行のための中央銀行といわれる国際決済銀行(BIS)の新しい調査報告書(PDF)は、ビットコインが分散台帳の安全性を確保するために使用するプルーフ・オブ・ワークという方法が原因で、支払手段としてのビットコインには限界があると結論付けている。 Mike Orcutt87日前
  23. コネクティビティ
    米国でオンライン弁護士サービスを展開する大手2社が、ブロックチェーンの活用を進めている。契約内容の進行に伴う支払いなどの業務をスマート・コントラクトを使って自動化し、コストと手間を削減できるという。 Mike Orcutt3カ月前
  24. コネクティビティ
    ブロックチェーンは19年、
    「当たり前」の技術になる
    金融システムの大革命になると思われたブロックチェーンは2018年、暗号通貨市場の歴史的崩壊によって期待外れに終わったように見えた。だがテクノロジーとしてのブロックチェーンは健在であり、2019年にはごく当たり前のテクノロジーになるだろう。 Mike Orcutt3カ月前
  25. コネクティビティ
    米政府機関の閉鎖が暗号通貨にも波及、市場低迷に拍車か
    暗号通貨の支持者の多くが規制を好まないものの、結局のところ、暗号通貨業界は連邦政府当局が必要なのだということが今回はっきりした(暗号通貨業界がウォール街の金融機関による暗号資産の取り扱いの増加を望んでいるならば、であるが)。 Mike Orcutt3カ月前
  26. ビジネス・インパクト
    ビットコインをはじめとする暗号通貨の人気は下落しつつあるが、物理的な紙幣から国家が後ろ盾となる電子通貨へと時代が向かっていることは間違いない。現金の役割は急速に縮小しており、世界の中央銀行のうち少なくとも15行が国家による電子通貨について真剣に検討している。 Mike Orcutt3カ月前
  27. ビジネス・インパクト
    イーサリアム・クラシックに51%攻撃か?100万ドル流出の恐れ
    大手暗号通貨取引所のコインベース(Coinbase)によると、イーサリアム・クラシック(ETC)のブロックチェーンに対して攻撃があり、ハッカーが他のユーザーから約110万ドル相当の暗号通貨を盗んだ可能性があるとしている。 Mike Orcutt3カ月前
  28. コネクティビティ
    たった1年で7割が溶けた
    暗号通貨業界の2018年
    ビットコインの価格はわずか1年で70%も下落した。ビットコインだけではない。すべての暗号通貨が暴落した2018年、暗号通貨の世界で何が起こったのか。Mike Orcutt4カ月前
  29. コネクティビティ
    フェイスブックが独自の暗号通貨を開発中、ワッツアップ向け
    フェイスブックは、メッセンジャーアプリ「ワッツアップ(WhatsApp)」を使ってユーザー同士が送金できる暗号通貨を開発しているという。12月21日付のブルームバーグの記事が報じた。 Mike Orcutt4カ月前
  30. コネクティビティ
    ステーブルコイン標榜の暗号通貨「ベイシス」が終了・返金へ
    自称「アルゴリズムの中央銀行つき暗号通貨」だった「ベイシス(Basis)」の運営チームは、プロジェクトを終了し、調達した資金を投資家に返還すると発表した。 Mike Orcutt4カ月前
  31. コネクティビティ
    米財務省、ビットコインアドレスをブラックリストに初掲載
    1つアドバイスしておこう。もしあなたが犯罪を企てるハッカーで、米国当局を出し抜こうとしているのなら、ビットコインは使わないほうがいい。 Mike Orcutt5カ月前
  32. ビジネス・インパクト
    スマート・コントラクトの実用化を長年妨げてきた「オラクル問題」を解決する1つの方法をあるスタートアップ企業が発表した。ブロックチェーンと現実世界との「接続」は実現するか。 Mike Orcutt5カ月前
  33. ビジネス・インパクト
    イーサリアム開発者が語った「表舞台から去る」理由
    イーサリアム開発者であるヴィタリック・ブテリンは、コミュニティにおける自身の役割を小さくしていくことに取り組んでいるという。 Mike Orcutt5カ月前
  34. ビジネス・インパクト
    ビットコインが地球の気温を2度上げる?過激な論文に批判
    ビットコインが現在どれほどの電力を消費しているのか、あるいは今後どれだけ消費するのかは誰も分からない。ネイチャー・クライメート・チェンジ誌に掲載された新たな分析結果は、ビットコインによる環境への影響をもっとも衝撃的に主張している。ビットコインの採掘(マイニング)による二酸化炭素排出量だけでも、地球の気温をわずか20年以内に2℃上昇させるかもしれないというのだ。 Mike Orcutt6カ月前
  35. コネクティビティ
    暗号通貨業界で「ステーブルコイン」が過熱する理由
    暗号通貨は決済にはほとんど使われておらず、現時点では「通貨」とは呼べない。そこで、暗号通貨業界ではステーブルコイン(安定通貨)が急増している。だが、価格を安定させるための技術や手法は初期段階にあり、過大な期待は危険だと識者は警告する。 Mike Orcutt6カ月前
  36. コネクティビティ
    日本の金融庁が暗号通貨の自主規制団体を認定、世界に先駆け
    目まぐるしく進化する暗号通貨業界に、政策立案者は追いついていけない。これが今回、暗号通貨業界に独自規則を作成し、施行する権限を公式に認めるという日本の取った措置の根拠となっている。暗号通貨の規制に関して、日本はほぼ間違いなく世界でもっとも先進的な国だ。今回の日本のアプローチがうまくいけば、他国も同様の措置を試すことが期待されるだろう。 Mike Orcutt6カ月前
  37. コネクティビティ
    イーサリアムのハードフォーク、2019年に延期へ
    イーサリアム(Ethereum)のコア開発者たちは、テスト中のコードにバグを発見したため、 予定していたハードフォークの延期を決めた。当初の予定では2018年11月に実施する見込みだったイーサリアムのハードフォークは、2019年に持ち越しとなった。「コンスタンティノープル(Constantinople)」と呼ばれる今回のソフトウェア・アップグレードが延期されることで、イーサリアム開発者たちは、論争を引き起こしている同ネットワークの通貨システムに対する変更案について、気をもむ時間がさらに増えてしまった。 Mike Orcutt6カ月前
  38. コネクティビティ
    中国政府が「ブロックチェーン規制」を検討、検閲目的で
    中国政府が最初に規制したのは、暗号通貨だった。だが、いまではブロックチェーン技術に関わる事業を展開する、ほぼすべてのオンライン企業に制限を課すことを計画している。 Mike Orcutt6カ月前
  39. コネクティビティ
    スマート・コントラクトはどう規制されるべきか?CFTC委員長語る
    政策立案者の暗号通貨に対する不安は、当局がスマート・コントラクトを手に入れるまでの問題なのかもしれない。米商品先物取引委員会(CFTC)のブライアン・クインテンツ委員長は10月16日、ドバイで開かれた情報通信技術の展示会「GITEX」での講演の中で、ブロックチェーンを基にして作られたコンピューター・プログラムに対する恐れを隠さなかった。 Mike Orcutt6カ月前
  40. コネクティビティ
    製造業とブロックチェーンの「出会い」で何が起きるのか?
    製品設計者と製造業者がブロックチェーンによって「信頼税」の軽減を図ろうとしている。製造部門の未来へ向けた小さな一歩が動き出した。 Mike Orcutt6カ月前
  41. コネクティビティ
    現在のインターネットは実質上、Webサイトなどへのアクセスの制御権がアマゾンやグーグルと言った一部の大企業に握られた中央集権型の構造になっている。しかし、新たに登場したハイパーメディア分散プロトコルである「インタープラネタリー・ファイル・システム(IPFS)」がこの状況を変え、非中央集権型の新たなインターネットの世界を生み出すかもしれない。 Mike Orcutt6カ月前
  42. コネクティビティ
    「食のトレーサビリティ」にブロックチェーン活用、ウォルマート
    ブロックチェーン・テクノロジーがブレイクする瞬間かもしれない。小売大手ウォルマートが、新鮮な農産物の大規模流通網にブロックチェーンを使い始めた。 Mike Orcutt7カ月前
  43. コネクティビティ
    NY州の調査で判明した、暗号通貨取引所の「お粗末な実態」
    ニューヨーク州の司法当局が公表した、暗号通貨取引所に対する実態調査の結果が暗号通貨界隈で話題になっている。投資家を不正から守る「規制推進派」を喜ばせるような内容になっており、一部関係者の反発を招いている。 Mike Orcutt7カ月前
  44. ビジネス・インパクト
    世界規模でブロックチェーンを実証する「世界銀行」の凄み
    世界の貧困問題の解決のために、世界銀行はブロックチェーンの実証に本気で取り組んでいる。まだ実験段階だが、 努力はまだ実験段階だが、成果は次第に出始めているという。 Mike Orcutt7カ月前
  45. ビジネス・インパクト
    「ブロックチェーンは世界を救う」WEFがぶち上げた構想の現実味
    世界経済フォーラム(World Economic Forum:WEF)は、ブロックチェーン技術が世界を救う助けになると主張している。 Mike Orcutt7カ月前
  46. 知性を宿す機械
    人間とロボットの「協働」でモノづくり現場を革新するベンチャー
    自動車メーカーの工場ではずっと以前から産業用ロボットが使われているが、人手のみに頼る工程もまだ残っている。こうした工程でも、人間とロボットが協働できればより効率的に作業ができるはずだ。スタートアップ企業のヴェオ・ロボティクスは、人間と協働できるロボットと、協働のシナリオを開発している。 Mike Orcutt7カ月前
  47. 知性を宿す機械
    ウィンクルボス兄弟のドル等価暗号通貨が初認可、「脱投機」加速
    キャメロンとタイラーのウィンクルボス兄弟が、暗号通貨にまつわり、再び大々的に報道されている。今回報道を賑わせているのは、 独自の「規制当局に認可されたステーブルコイン(安定通貨)」に乗り出した件だ。 Mike Orcutt7カ月前
  48. コネクティビティ
    ウォール街の企業がビットコインの取引に参入することを発表し、暗号通貨が金融市場の本流へ進出する可能性が高まってきた。だが、ウォール街で長い経歴を持つビットコインの熱烈な愛好家は、ウォール街企業がビットコインを従来の資産と同様に扱うと惨憺たる結果をもたらすかもしれないと指摘する。 Mike Orcutt7カ月前
  49. コネクティビティ
    ベネズエラ政府の暗号通貨に実態なし、大統領発言と矛盾
    ベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領は、2月に発売開始した、埋蔵原油に裏付けされた政府発行の暗号通貨「ペトロ(petro)」の売上がすでに33億ドルに到達し、ペトロが輸入品の支払いに使用されていると主張する。しかし、 ロイター通信の調査によると、大統領の主張を裏付ける証拠は一切見つからず、ペトロは実際に使える暗号通貨ですらないことが分かった。 Mike Orcutt8カ月前
  50. コネクティビティ
    風力発電所とサーバーを「垂直統合」、ビットコイン採掘で新モデル
    暗号通貨の採掘に使われる電力量が急増しているのを受けて、暗号通貨の採掘用の電力を再生可能エネルギーで供給しようとする企業が登場した。中国の石炭火力発電と同じくらい安価な電力を供給できるとするビジネスモデルは、環境に優しいだけでなく、再生可能エネルギー開発に投資する新たな方法となるという。 Mike Orcutt8カ月前
  51. コネクティビティ
    中国が暗号通貨規制を強化、イベントや掲示板書き込みも禁止に
    新規暗号通貨公開(ICO)を禁止し、国内の暗号通貨取引所を閉鎖してから約1年が経過したいま、中国政府は暗号通貨への取り締まりを再び強化している。 Mike Orcutt8カ月前
  52. コネクティビティ
    米暗号通貨取引所が業界団体設立、自主規制議論へ
    複数の電子マネー取引所が参加する業界団体は9月に初会合を開き、米デジタル資産市場における透明性の向上および利用者保護、リスクマネジメントのための自主規制について議論を開始する。 Mike Orcutt8カ月前
  53. コネクティビティ
    ウェストバージニア州は米国で初めて、今秋の連邦総選挙でスマホアプリでの投票を一部で認める方針を発表した。当局関係者はブロックチェーンのアプリを用いることで選挙の正当性を確保できるとしているが、サイバーセキュリティの専門家はインターネットを介した投票は非常に危険だと猛反対している。 Mike Orcutt8カ月前
  54. コネクティビティ
    世界銀行、ブロックチェーン債券を発行へ
    世界銀行は、ブロックチェーンを使って「創造され、振り当てられ、譲渡され、管理される初の世界規模の債券」を管理するため、オーストラリア最大級の銀行であるオーストラリア・コモンウェルス銀行と契約を結んだと発表した。これは、ブロックチェーン・テクノロジーが主流になりつつあることを示す、今までで最も明確な徴候のひとつだ。 Mike Orcutt8カ月前
  55. コネクティビティ
    暗号通貨で繰り返される、詐欺師たちの古典的な手法
    ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の見事な調査からは、暗号通貨市場で価格操作がいかにまん延しているかが垣間見られる。 Mike Orcutt9カ月前
  56. コネクティビティ
    IBMは複雑で管理しづらい二酸化炭素排出権(炭素クレジット)を暗号トークンとして売買できるプロジェクトを進めている。その狙いはどこにあるのか。 Mike Orcutt9カ月前
  57. コネクティビティ
    ブロックチェーンベースの予測市場プラットフォーム「オーガー」は、暗殺を促しかねない予測市場が立ち上がっていることで有名になった。しかしオーガーは、もっと面倒な問題となる違法行為をすでに助長させている可能性がある。米国では一般的に予測市場は許可されていないのだ。オーガーは、プラットフォーム上でユーザーがすることには関与できないと主張している。 Mike Orcutt9カ月前
  58. コネクティビティ
    NY証券取引所の親会社、スタバらとビットコインで新会社
    ニューヨーク証券取引所(NYSE)の親会社であるインターコンチネンタル取引所(ICE)は明らかに、コインベース(Coinbase)や他の暗号通貨取引所と真っ向勝負に出たがっている。 Mike Orcutt9カ月前
  59. コネクティビティ
    イーサリアムに登場した予測市場に著名人の「暗殺予告」リスク
    特定の出来事が発生するか否かを賭けられる「個人間の予測市場」を、利用者個人が作成できるイーサリアム・ベースの新たなアプリケーション「オーガー(Augur:占い師)」に、早くも暗い影が忍び寄っている。 Mike Orcutt9カ月前
  60. コネクティビティ
    米証券取引委員会、ウィンクルボス兄弟のビットコインETFを拒否
    米証券取引委員会(SEC)が、ウィンクルボス兄弟が申請していたビットコインベースのETF(上場投資信託)を拒否した。理由は明確だ。ビットコインの価格操作に関する懸念が払拭されていないというのだ。 Mike Orcutt9カ月前
  61. コネクティビティ
    コインベースが金融会社買収でICO合法化へ先手、肥大化に懸念も
    米国の人気暗号通貨取引所コインベース(Coinbase)が、急成長している。同時に、暗号通貨によって打破しようとしていた類の金融関連企業と似通ってきている。 Mike Orcutt9カ月前
  62. コネクティビティ
    UCバークレーの「天才」教授が創業したスタートアップ企業がブロックチェーン界隈で話題だ。ブロックチェーンの弱点をおぎない、スマート・コントラクトを実用化する現実的なテクノロジーを開発したという。 Mike Orcutt9カ月前
  63. コネクティビティ
    ビットコインは、経済的にはそれほど重要ではないとする経済学者が現れた。重要であればネットワークが多くの攻撃を受けるはずだが、安全性を保つために高いコストをかけているため、ビットコインは経済性に欠けるという分析だ。 Mike Orcutt9カ月前
  64. コネクティビティ
    大統領選妨害のロシア人ハッカー、ビットコインで資金を調達
    2016年の米国大統領選挙への介入を目的としたサイバー攻撃でロシアの諜報員12人が起訴された。7月13日付の起訴状には新たな詳細が数多く記されている。その中でも特にコンピューターに詳しい人々から注目されそうなのが、被告人らがビットコインを使ってサイバー攻撃の資金を得ていた疑いがある点だ。 Mike Orcutt9カ月前
  65. コネクティビティ
    いまだ続くICOブーム、「健全化」が成功のカギ
    詐欺師たちのお陰で新規暗号通貨公開(ICO)市場は胡散臭いと評判だ。おまけに、世界中の金融規制当局の注目の的になっている。しかし、それでもまだ投資家が怖がり、霧散するには至っていない。実際に起きていることは、まったく逆だ。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は、2017年、ICOは全体で55億ドルを調達したのに対し、2018年1月から5月にかけては118億ドルを調達したと報じている。信じ難い程のICOの勃興により、すでに1000種類を超えるデジタル・コインが駄目になっているにもかかわらず、である。 Mike Orcutt10カ月前
  66. コネクティビティ
    2017年に40億ドルも集めた新しいブロック・チェーン、イオス(EOS)は素早いトランザクションが魅力だが、ネットワークが稼働するまでにはかなりの時間がかかった。ネットワークの効率的な管理は必須だが、非中央集権化が十分なのかという検証も必要だろう。 Mike Orcutt10カ月前
  67. コネクティビティ
    市場評価は本物か? 暗号通貨12種の強みと弱み
    ブロックチェーンを使った新しい暗号通貨が次々と生まれている。市場評価額における上位12種類について、MITテクノロジーレビューがそれぞれの強みと弱みをまとめた。 Mike Orcutt10カ月前
  68. コネクティビティ
    暗号通貨の採掘に特化したASICによって、採掘市場の「独占」傾向が強まっている。アルゴリズムの変更で対応する動きがあるが、限界があるという。 Mike Orcutt10カ月前
  69. コネクティビティ
    イーサリアムは有価証券ではない、米SECが見解を発表
    米証券取引委員会(SEC)がついに、暗号通貨イーサリアム(Ethereum)のトークンであるイーサを、株式や債券のように規制すべきかという議論に加わった。 Mike Orcutt10カ月前
  70. コネクティビティ
    ブロックチェーンが新しい金融システムのインフラになるためには、インターネットのような相互運用性が鍵になるだろう。他のブロックチェーンに暗号資産を移すなどの仕組みを工夫し、攻撃に対する耐性を高める必要がある。 Mike Orcutt10カ月前
  71. コネクティビティ
    ビットコイン急反発の陰に価格操作の疑い、米大学が研究発表
    ビットコインが2017年に急反発した背後に、価格操作の企てがあった可能性を示す研究が発表された。 Mike Orcutt10カ月前
  72. コネクティビティ
    暗号通貨を本物の通貨として使えるようにするには、現在のような激しい価格変動が伴う仕組みを変える必要がある。価格を法定通貨の価格に固定させた暗号通貨「ステーブルコイン(安定通貨)」に対する関心が高まっている。 Mike Orcutt10カ月前
  73. コネクティビティ
    ブロックチェーンは安全だといわれているが、本当にそうなのだろうか? なぜ、ブロックチェーンは安全と言われているのだろうか? 理論と社会実装における安全性を改めて確認する。 Mike Orcutt10カ月前
  74. コネクティビティ
    エストコインは通貨にあらず——エストニア政府関係者が表明
    エストニア政府関係者がいくつか明確にしておきたいことがある。エストニアが暗号トークンを開発しても、その暗号トークンは国定の暗号通貨ではないことだ。 Mike Orcutt11カ月前
  75. コネクティビティ
    アップルがiOS 12を発表、AR市場の主導権獲得に照準
    アップルは明らかに、次期モバイル用OSを拡張現実(AR)の主流にしようとしている。 Mike Orcutt11カ月前
  76. コネクティビティ
    暗号通貨の価値はどう測るべきか? 指標化に取り組む投資家
    クリス・バーニスクは、暗号トークンの価値を評価する新たなツールを開発している。多くの方法が生み出されており、どれも株式市場などで使われているツールよりも未熟だが、これから理解が深まるはずだという。 Mike Orcutt11カ月前
  77. コネクティビティ
    リップルもイーサリアムも有価証券の可能性、米CTFC元委員長
    現在MITの講師を務めるゲーリー・ゲンスラー元CTFC委員長は、暗号通貨は証券として規制する必要があるかもしれないと話した。 Mike Orcutt11カ月前
  78. コネクティビティ
    ナップスターの開発者ショーン・ファニングらが創業したヘリウム(Helium)は、ブロックチェーンの仕組みを利用して、安価でどこででも利用可能なIoTデバイス向けのネットワーク網を構築する計画だ。 Mike Orcutt11カ月前
  79. コネクティビティ
    ICOの約2割に詐欺のリスク、WSJ報道
    すでにご存知のように、 新規暗号通貨公開(ICO)のマーケットプレイスは磁石のように犯罪者を引き寄せる。ウォール・ストリート・ジャーナル紙の調査のおかげで、詐欺問題を定量化するのに役立つデータを入手することができた。 Mike Orcutt11カ月前
  80. コネクティビティ
    米証券取引委員会、暗号通貨「ハウィコイン」の販売サイトを公開
    「経験は最良の教師である」と言うが、米国証券取引委員会(SEC)が偽の新規暗号通貨公開(ICO)を宣伝するWebサイトを立ち上げた理由もおそらくそこにあるのだろう。このサイトは「今すぐ購入」をクリックしたユーザーを、ICO詐欺に関する情報サイトに誘導する仕組みになっている。 Mike Orcutt11カ月前
  81. コネクティビティ
    暗号通貨業界には自主規制が必要、日本が前例に
    暗号通貨が主流になりつつあることは疑わしいことだろうか? もしそう思ったなら、今週ニューヨーク市で開催中のコインデスク(CoinDesk)が主催している「コンセンサス・カンファレンス」に目を向けてみるべきだ。 Mike Orcutt11カ月前
  82. コネクティビティ
    脱税か? 過払いか? 暗号通貨への課税をめぐって米国で混乱
    暗号通貨に関する米国の課税方針は不明瞭だ。そのスキをついて脱税に走るか、まじめに納税して税を過払いするか。現行法制度下での暗号通貨の取引は難しい問題をはらんでいる。 Mike Orcutt11カ月前
  83. コネクティビティ
    ビジュアルで見るICO動向、狂気じみた市場はどこに向かうのか?
    新規暗号通貨公開(ICO)は一体全体どうなっているのだろうか? 世間を騒がすブロックチェーン・ベースの資金集めの手法に困惑している人は多い。それでも、世界中の投資家、起業家、政策立案者は一般投資家と同様に、ICOとは何か、という問いの答えをいまだに見つけ出そうとしている。 Mike Orcutt12カ月前
  84. コネクティビティ
    暗号通貨イーサリアムは有価証券か? 米当局が規制を検討中
    連邦規制当局は単純な問題に取り組んでいる。世界で2番目に価値のある暗号通貨、イーサリアムは株と同じように規制されるべきか? 答えがどちらになるにせよ、暗号通貨のコミュニティに衝撃が走りそうだ。 Mike Orcutt12カ月前
  85. コネクティビティ
    一部消失した暗号通貨「ナノ(Nano)」をめぐる集団訴訟が暗号通貨界隈で注目されている。裁判所に「フォーク」を命じてもらうことで、失われた1億7千万ドルを取り戻そうとしているのだ。 Mike Orcutt12カ月前
  86. コネクティビティ
    FB問題のケンブリッジ・アナリティカ、ICOを計画していた
    投票者のプロファイリングで有名なケンブリッジ・アナリティカは、独自の仮想通貨を作ることを計画していた。物議をかもすスキームに傾きがちであった。 Mike Orcutt12カ月前
  87. コネクティビティ
    ニューヨーク州司法当局、暗号通貨取引所の実態調査に着手
    「仮想通貨市場」の透明性の確保を急ぐニューヨーク州司法長官は、暗号通貨取引を扱う13のプラットフォームの「実態調査」に乗り出した。 Mike Orcutt12カ月前
  88. コネクティビティ
    ソウル市が独自の暗号通貨を計画、サムスンと契約
    韓国の朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が、「Sコイン」と呼ばれる暗号通貨の開発を検討していると述べた。同市の出資による社会的プログラムの料金の支払いに使用できるという。コインデスク(CoinDesk)が報じた。 Mike Orcutt13カ月前
  89. コネクティビティ
    米国の州でブロックチェーン関連技術である「スマート・コントラクト」に関する立法が続いている。しかし、決める必要がないようなことを決めたり、それぞれの州で用語をまちまちに定義したりしており、このままでは混乱を引き起こし、技術の発展を阻害することにもなりかねない。 Mike Orcutt13カ月前
  90. コネクティビティ
    3月に出された米証券取引委員会(SEC)の警告により、資金調達の手段として一大ブームを巻き起こした従来の新規暗号通貨公開(ICO)は終焉を迎えた。しかし、規制の新しい枠組みに合わせた次世代のICOを虎視眈々と狙うスタートアップ企業は後を絶たない。 Mike Orcutt13カ月前
  91. コネクティビティ
    バークレー市は、自治体公債を発行して資金調達するのに、ブロックチェーン技術を利用することを検討している。現在の公債発行の仕組みは、複雑になり過ぎて発行にコストと時間がかかることと、小規模な資金調達がしにくいことなどが理由だ。 Mike Orcutt13カ月前
  92. コネクティビティ
    ベネズエラの独自暗号通貨ペトロ、トランプ大統領が取引を禁止
    ドナルド・トランプ大統領でさえも暗号通貨について語るようになっている。といっても、ペトロ(petro)が暗号通貨と呼べるものであれば、の話だが。Mike Orcutt13カ月前
  93. コネクティビティ
    暗号通貨の「闇」にはブロックチェーンで対抗を、IMF専務理事
    暗号通貨の基盤技術であるブロックチェーンは、暗号通貨の不法な利用を広める可能性がある。そう語るのは、国際通貨基金(IMF)のクリスティーヌ・ラガルド専務理事だ。ラガルド専務理事は、各国政府が暗号通貨の世界を「毒をもって毒を制す」べきだと主張している。 Mike Orcutt13カ月前
  94. コネクティビティ
    ブロックチェーン技術が大統領選挙に初採用、その実態は…?
    西アフリカのシエラレオネ共和国は先週、部分的にとは言え、ブロックチェーン技術を大統領選挙に導入した最初の国になった。だがいくつかのトップニュースの見出しとは裏腹に、ブロックチェーンを使って投票がされたわけではない。ある意味、ブロックチェーンによって投票が検証されたに過ぎない。 Mike Orcutt13カ月前
  95. コネクティビティ
    イーサリアムのスマート・コントラクトを調べたところ、大量の脆弱性があることがわかった。デジタル・エコノミーに革命をもたらすと言われ、一部で熱狂的なブームを巻き起こしているブロックチェーンだが、どのような脆弱性が存在するのかも完全には把握されておらず、調査は始まったばかりだ。 Mike Orcutt14カ月前
  96. コネクティビティ
    暗号通貨は「通貨」ではなく「資産」、英中央銀総裁が語る
    イングランド銀行(英中央銀行)のマーク・カーニー総裁は、暗号通貨は金銭としては深刻な欠陥があるが、「暗号資産」についてはあまり厳しく取り締まらないよう政策立案者は注意すべきだ、と3月2日の講演で主張した。Mike Orcutt14カ月前
  97. コネクティビティ
    2017年の新規仮想通貨公開、半数以上が「詐欺」または「失敗」
    2017年に始まった新規仮想通貨公開(ICO)の46%は、1.04億ドルという脅威的な資金調達をしたにも関わらず、すでに破綻している。Mike Orcutt14カ月前
  98. コネクティビティ
    暗号通貨はすべて有価証券? スイスと米国、規制方針の違い
    暗号通貨の取引や新規仮想通貨公開(ICO)に対する当局の規制が強まりつつある中、「ユーティリティ・トークン」と呼ばれる種類の暗号通貨が注目されている。利用をネットワーク内のサービスへのアクセス提供に限ることで、有価証券としての厳しい規制を免れようとしている。 Mike Orcutt14カ月前
  99. コネクティビティ
    誰がどう規制するのか?
    混乱止まない暗号通貨の行方
    日本で起きたコインチェック事件、テザー(Tether)をめぐる疑惑など、年明けから暗号通貨をめぐる混乱が止まらない。さまざまな問題を受けて、米国でも当局による規制を強化しようとする動きが現れている。今後は、規制機関の州境を越えた協力や、国際的なルール作りも必要になるだろう。 Mike Orcutt14カ月前
  100. コネクティビティ
    米送金大手が暗号通貨XRPを使った送金を実験へ
    送金サービス大手が、リップル(Ripple)が開発した暗号通貨「XRP」を使用した実験を近々実施することを認めた。しかし、ここでのキーワードは「実験」である。Mike Orcutt14カ月前
  101. コネクティビティ
    北朝鮮が暗号通貨ハッキングに関与の疑い、経済制裁を無力化か
    北朝鮮は国際的な経済制裁を克服し、何百万ドルもの資金を集める新しい戦略を手にしたようだ。追跡するのが困難な暗号通貨を盗むという戦略だ。Mike Orcutt15カ月前
  102. コネクティビティ
    コインチェック事件、テザー問題…暗号通貨の闇が露呈した1週間
    この1週間、ビットコインをはじめとする暗号通貨は、大きな打撃を受けている。なぜこのようなことが起こっているのか誰にも分からないし、理由を知っていると主張する人がいても、信用すべきではない。しかし、特にやっかいな2つの出来事が、原因の一端を担っていることに異議を唱える人はいないだろう。Mike Orcutt15カ月前
  103. コネクティビティ
    コインチェック事件
    ブロックチェーン企業も
    対岸の火事ではない
    巨額の暗号通貨が流出したコインチェック事件をずさんな一取引所の問題と片付けるのは簡単だ。だが、ブロックチェーン技術が暗号通貨以外にも幅広く使われようとしている現在、ブロックチェーンを利用する企業は真剣に捉えるべきだ。 Mike Orcutt15カ月前
  104. コネクティビティ
    インテル超えたサムスン、暗号通貨専用チップ製造へ
    2017年のチップ売上高でインテルを追い抜いて世界最大のチップメーカーに躍り出たサムスンが、暗号通貨の時流に乗ろうとしている。暗号通貨の採掘(マイニング)のためのチップを開発しているとテッククランチ(TechCrunch)に語っており、暗号通貨チップを製造する初の大手半導体企業となりそうだ。 Mike Orcutt15カ月前
  105. コネクティビティ
    米ドルとの交換を保証する暗号通貨に重大な疑念、米当局が調査
    世界最大の暗号通貨取引所の1つであるビットフィネックス(Bitfinex)と、米ドルとのペッグ制(交換レートを一定に保つ制度)を謳う暗号トークン販売会社テザー(Tether)は、2017年12月、米商品先物取引委員会(CFTC)の調査を受けたという。ブルームバーグが報じた。Mike Orcutt15カ月前
  106. コネクティビティ
    メッセージング・サービスの会社であるテレグラムが、20億ドル規模の新規仮想通貨公開(ICO)を実施する計画であることを発表した。同社は、ブロックチェーンの最も厄介ないくつかの課題を解決するとしているが、その方法について詳細を明らかにしていないため、専門家の間で疑念が広がっている。 Mike Orcutt15カ月前
  107. コネクティビティ
    ICOで調達された資金の1割が盗まれていたことが判明
    起業家や投資家に加えて、ハッカーまでもが、ICO(新規仮想通貨公開)を利用して一儲けしようとしている。 Mike Orcutt15カ月前
  108. コネクティビティ
    「非中央集権型」通貨
    ビットコインの理想は
    儚く消えたのか?
    世界で最も人気のある暗号通貨であるビットコインやイーサリアムは、中央集権的な管理が存在しない分散型システムであることが売り文句の一つになっている。しかし、コーネル大学の研究で、上位数社の採掘者による採掘が、全体の過半数を占めていることがわかった。 Mike Orcutt15カ月前
  109. コネクティビティ
    リップルは有望でもXRPが「次のビットコイン」にならない理由
    2017年12月にリップルが運営する暗号通貨XRPが高騰した。次なるビットコインかと色めき立った人たちもいるが、XRPはビットコインとは根本的に異なるところがある。 Mike Orcutt15カ月前
  110. コネクティビティ
    ビットコインが一時1万ドル割れ、規制強化への不安が原因か
    ビットコインや他の競合するデジタル通貨が下落している。しかし、正確な理由は誰にもわかっていない。Mike Orcutt15カ月前
  111. コネクティビティ
    世界最大の海運会社がブロックチェーンによる輸送管理を計画中
    数百万個もの輸送コンテナを追跡・管理するのは大変な仕事だ。世界最大の海運会社であるA.P.モラー・マースクとIBMは、輸送プロセスの効率化と数十億ドルの経費削減効果を見込んだブロックチェーンの開発に取り組んでいる。 Mike Orcutt15カ月前
  112. コネクティビティ
    ビットコイン採掘場、規制強化で中国からカナダへ移転の動き
    世界有数の仮想通貨採掘(マイニング)企業のうち数社が、カナダへの移転を検討している。安い電気代と涼しい気候が理由だ。Mike Orcutt15カ月前
  113. コネクティビティ
    暗号通貨の世界シェア3位の韓国、取引禁止法を検討中
    韓国は暗号通貨の取引の禁止令を検討しているが、法律が成立し、現実に施行されることが確約されているわけではない。Mike Orcutt15カ月前
  114. コネクティビティ
    大手製薬会社がブロックチェーンを治験のスピードアップに活用
    ファイザー(Pfizer)、アムジェン(Amgen)、サノフィ(Sanofi)の製薬大手3社が、ブロックチェーンを利用して新薬の治験のスピードアップに共同で取り組む。専門メディアのコインデスク(CoinDesk)が報じた。Mike Orcutt15カ月前
  115. コネクティビティ
    トラブル続きだったICO、
    今年は本物になれるのか?
    2017年には相次ぐ新規仮想通貨公開(ICO)が、暗号通貨市場に活気をもたらした一方で、数々の法的なトラブルを引き起こした。米国当局は今後、規制を強化する可能性があり、ICOは転換点を迎えるかもしれない。 Mike Orcutt16カ月前
  116. コネクティビティ
    ビットコイン排除へ動く中国、今度は採掘を規制か
    デジタル通貨の発行で資金を調達するICO(新規仮想通貨公開)を中国政府が禁止し、暗号通貨の世界を揺り動かしてから数カ月経った。中国はさらに、ビットコインの採掘(マイニング)を厳しく取り締まることを計画している。 Mike Orcutt16カ月前
  117. コネクティビティ
    「ビットコインは投資ではなくWebの再発明」信者たちの主張
    多くの日本人にとってビットコインは単なる投資商品の1つでしかない。だが、熱狂的なビットコイン信者の中には、「新たなWebの発明」だと主張する人々もいる。 Mike Orcutt16カ月前
  118. コネクティビティ
    ビットコインなどの基盤技術であるブロックチェーンを全く使用しない暗号通貨「IOTA(イオタあるいはアイオタ)」が注目されている。有向非巡回グラフの「もつれ」と呼ばれる数学的概念を使うことで、ブロックチェーンよりも低コストで取引ができ、IoT(モノのインターネット)での大規模な運用が可能になるとしている。 Mike Orcutt16カ月前
  119. コネクティビティ
    現在の暗号通貨の多くは分散型台帳を採用しているにもかかわらず、ユーザーは通貨を保管したり、交換したりするのに伝統的な取引所を利用している。ブロックチェーン技術を使うことで、暗号通貨の取引そのものを分散化しようとする動きが進んでいる。 Mike Orcutt16カ月前
  120. コネクティビティ
    米証券取引委員会がICOに停止命令、証券とみなす例を再確認
    12月11日、証券取引委員会(SEC)は、1週間も経たないうちに2回目の新規仮想通貨公開(ICO)を停止したと発表した。それから数時間後、SECのジェイ・クレイトン委員長は長文の声明を出し、議論の的となっている新しい資金調達方法に関する自身の意見を表明した。 Mike Orcutt16カ月前
  121. コネクティビティ
    先物取引の開始でビットコインはどうなる?
    ビットコインの先物取引が12月10日、シカゴの大手証券取引で初めて開始された。多くの人はビットコインが金融のメインストリームへ向けた、重要な一歩を踏み出したと見ている。しかしこのことが実際にビットコインとその利用者にとってどのような意味を持つかは、決して明らかではない。Mike Orcutt16カ月前
  122. コネクティビティ
    ブロックチェーンは
    パスワードの呪縛を解くのか
    パスワードによるID認証は、オンラインでの身分証明の手段として完全に定着している。しかし、盗難のリスクにさらされているパスワードの代わりに、暗号通貨の基盤技術であるブロックチェーンを使おうとする試みが始まっている。 Mike Orcutt17カ月前
  123. コネクティビティ
    ネコ育成ゲームが流行りすぎて暗号通貨イーサリアムの取引が停滞
    先週サービスが開始されたばかりだが、育成して売買できるデジタルの猫を集めるゲーム「クリプトキティズ(CryptoKitties)」が既にすごい人気だ。どのくらい人気があるのかというと、暗号通貨プラットフォーム「イーサリアム(Ethereum)」の全取引の12%を占めるくらいだ。クリプトキティズの突然の出現によってネットワークに負担がかかり、未処理の取引がどんどん溜まってきている。 Mike Orcutt17カ月前
  124. コネクティビティ
    電子通貨に対する各国のスタンスに違い、日本はどうなる?
    各国の中央銀行はデジタル形式の通貨を理解しようと躍起になっている。日本銀行のある幹部はロイターに対し、電子通貨がすぐに現金に取って代わることはない、と11月27日に話した。Mike Orcutt17カ月前
  125. コネクティビティ
    米国最大の銀行であるJPモルガン・チェースは、暗号通貨のスタートアップ企業と提携して、ブロックチェーン技術を金融業界に適用させることに熱心に取り組んでいる。同行の最大の関心事の一つは、ブロックチェーンで完全な匿名性を保った取引を可能にすることと見られる。Mike Orcutt17カ月前
  126. コネクティビティ
    大手銀行も触手、
    暗号通貨を完全匿名化する
    「ゼロ知識証明」
    仮想通貨でよく話題になるプライバシーに関して言うと、ビットコインやイーサリアムなどのブロックチェーンには完全な匿名性はない。しかしここに来て、「ゼロ知識証明」を用いることで完全な匿名性を備えたブロックチェーンが登場している。 Mike Orcutt17カ月前
  127. コネクティビティ
    食のトレーサビリティに
    ブロックチェーンを活用、
    七面鳥が実験台に
    暗号通貨ビットコインの基盤技術であるブロックチェーンを、様々な分野に応用しようとする試みが広がっている。米食品大手のカーギルは、ブロックチェーンを用いて、感謝祭向けの七面鳥の流通を追跡するシステムを開発し、家族経営農家や消費者が利用できるようにした。 Mike Orcutt17カ月前
  128. コネクティビティ
    消費電力はナイジェリア並み
    「大食漢」ビットコインに
    未来はあるか?
    ビットコインには「採掘」に大量のエネルギーを消費するという問題がある。エネルギーを節約できる採掘の手法も提案されているが、解決しなくてはならない欠陥がまだたくさんある。 Mike Orcutt17カ月前
  129. コネクティビティ
    再分裂回避でも変わらない、ビットコインの視界不良
    ビットコインの主導権をめぐる争いは激化している。11月8日、ビットコインを2つに分ける分裂計画は見送られた。だが、この激しい戦いは停戦とはならなかった。Mike Orcutt17カ月前
  130. 持続可能エネルギー
    地球工学のパイオニアがトランプ大統領のツイートを心配する理由
    太陽光地球工学の専門家であるハーバード大学のキース教授は、トランプ大統領のツイートを心配している。太陽放射管理テクノロジーが排出ガス削減反対派に政治利用されることを懸念しているのだ。 Mike Orcutt18カ月前
  131. コネクティビティ
    なぜイーサリアムは
    ビットコイン以上に
    世界を熱狂させるのか?
    ビットコインが有名になるにつれて、その中核技術であるブロックチェーンを様々な用途に使おうとする試みが増えている。しかし、ビットコインのブロックチェーンは基本的に通貨取引向けなので、適用範囲に限界がある。そこで注目されているのが「イーサリアム」だ。 Mike Orcutt18カ月前
  132. コネクティビティ
    ブロックチェーンが引き起こす、送電網の抜本的変革
    再利用可能エネルギーで発電した電力の管理・追跡にブロックチェーンを利用しようとする動きがある。現在の証書ベースの取り引きに比べて誤りやコストを低減できるだけでなく、電力の売買の仕組み自体を抜本的に変革できるかもしれない。 Mike Orcutt2年前
  133. コネクティビティ
    暗号通貨でひと儲け、ハッカーよりも怖い「内職」が横行か
    Webサイトの訪問者に暗号通貨を採掘させる「コインハイブ」をハッカーが悪用するケースが相次いでいる。だが、スキルの高い従業員が社内のサーバー・リソースを使ってこっそり「内職」に励むケースもあるようだ。 Mike Orcutt2年前
  134. コネクティビティ
    ブロックチェーンがパンデミック対策にも役立つこれだけの理由
    仮想通貨の基盤技術であるブロックチェーンは、伝染病や感染症が発生した際に、医療関係者が情報を共有して素早く行動するのにも役立つ。米国疾病予防管理センターは来年にも、ブロックチェーンを利用するアプリケーションを構築する計画だ。 Mike Orcutt2年前
  135. コネクティビティ
    消えゆく現金、
    暗号通貨に置き換わるか
    中央銀行は暗号通貨のメリットに注目している。古い金融システムを置き換える準備を進めているからだ。一方で、デジタルチェーンの利用は中央銀行の存在感を脅かすことになる。その矛盾を解決する手段はあるのだろうか。 Mike Orcutt2年前
  136. コネクティビティ
    オバマ大統領の最高サイバーセキュリティ顧問を務めたマイケル・ダニエルが、国家レベルのサイバー犯罪にどう対処したらいいか語った。 Mike Orcutt2年前
  137. コネクティビティ
    ビットコインだけじゃない、
    ブロックチェーンが実現する
    医療ネットワーク大革命
    ビットコインなどの仮想通貨の基盤となっているブロックチェーン技術は、保健医療業界にとっても非常に有効であることは間違いない。しかし、実現に向けては、採掘者の動機づけをはじめ、セキュリティやプライバシーなど解決すべき問題が多い。 Mike Orcutt2年前
  138. ビジネス・インパクト
    ビットコインは「マネロンの温床」の汚名を返上できるか
    中国の規制強化、JPモルガンCEOの「詐欺」発言など、ビットコインをめぐる動きが騒がしい。一方で、資金洗浄や薬物販売といった犯罪目的でのビットコインの利用を追跡する捜査当局の動きも加速している。 Mike Orcutt2年前
  139. ビジネス・インパクト
    日本では仮想株式のバリュー(VALU)が話題だが、ICO(新規仮想通貨公開)による資金調達は世界的なブームだ。米国では詐欺の危険性が指摘され、中国ではついに当局によってICOが禁止された。だが、さまざまな問題点を抱えても、ICOは次のイノベーションにつながる可能性を秘めている。 Mike Orcutt2年前
  140. ビジネス・インパクト
    ブロックチェーンが変えた
    フィンランドの難民支援
    身分証明がない、銀行口座が作れない——。そんな難民の課題を、フィンランドはブロックチェーンを活用した新しいシステムで解決しようとしている。 Mike Orcutt2年前
  141. 知性を宿す機械
    毎週のロケット打ち上げを可能にするスペースXの新技術とは
    スペースXが米国空軍と共同開発した自律型ロケット追跡技術は、ロケット打ち上げのコストを劇的に削減し、打ち上げ準備期間を大幅に短縮できる可能性がある。同技術を使ったロケット3機の打ち上げが2017年11月に予定されている。 Mike Orcutt2年前
  142. コネクティビティ
    無法地帯化するサイバー空間に国際法は適用できるのか
    サイバー空間に国際法をどう適用するのか、国連の政府専門家会合では合意に達せず。新団体の設立で議論は仕切り直しへ。 Mike Orcutt2年前
  143. コネクティビティ
    ビットコインが分裂、何が起きたのか?
    ビットコインが分裂して「ビットコイン・キャッシュ」が誕生。今後の動きは、採掘者次第だ。 Mike Orcutt2年前
  144. コネクティビティ
    ネット上の情報操作を阻止せよ、フェイスブックが対策を強化へ
    2016年の米国大統領選挙をはじめとして、今後の選挙ではインターネットが最も重要な戦場となるだろう。誹謗中傷やプロパガンダなどの悪質行為から、利用者を保護する対策が急務となっている。 Mike Orcutt2年前
  145. コネクティビティ
    鳴り止まない迷惑電話がなくなる日は来るのか?
    米国では自動営業電話の被害が深刻化している。政府は1年前から対策に乗り出しているが、問題解決には近づいていない。 Mike Orcutt2年前
  146. コネクティビティ
    東京便にも導入された
    顔認識ゲートの本当の狙い
    ヒューストンから東京へ向かう便に顔認識システムが導入された。航空会社は搭乗時間短縮のためと説明するが、プライバシーの専門家はよく考えるべきだと指摘する。 Mike Orcutt2年前
  147. ビジネス・インパクト
    政策決定に科学的助言は不要!トランプ政権の危機対応能力が危機
    ホワイトハウス科学技術政策局の科学を担当する部門は現在、完全に職員のいない状態になっている。トランプ大統領が科学顧問を持たずに国を治めようとしていることは、自身の政治的目標の実現だけでなく、危機に直面した時のホワイトハウスの対応能力にも支障をきたす可能性がある。 Mike Orcutt2年前
  148. ビジネス・インパクト
    身代金被害に100万ドル、「保証つき」セキュリティ製品が人気
    相次ぐサイバーセキュリティ攻撃を背景に、企業向けのサイバーセキュリティ保険が活況だ。最近では「保証つき」のセキュリティ製品を売り出すベンダーも現れた。 Mike Orcutt2年前
  149. コネクティビティ
    航空管制システムはなぜ時代遅れのままなのか?
    米国では「時代遅れ」の航空管制システムをGPS中心の新システムに移行させる動きがある。だが、本格稼働まであと10年はかかりそうだ。 Mike Orcutt2年前
  150. コネクティビティ
    狙われる診療所、サイバー攻撃から守るために必要なこと
    予算がなく専門家のいない小規模な診療所はサイバー攻撃の被害を受けやすい。意外なことに、米国では医療機関の不正を禁止する2つの法律がセキュリティ対策の障壁になっているという。 Mike Orcutt2年前
  151. コネクティビティ
    機会損失は甚大、ネット企業が知らない「小さなバグ」
    ECでモノを買うときや会員登録をするときにメールアドレスをはじかれた経験は誰でもあるはずだ。古い常識で作られたシステムには、非英語圏のユーザーを締め出すバグが含まれている。 Mike Orcutt2年前
  152. 知性を宿す機械
    トランプ政権、危険ドローンの撃墜へ動き出す
    米国政府は安全保障を脅かすドローンの規制へと動き出した。脅威と判断されたドローンは、ハッキング、追跡、撃墜できるようになる。 Mike Orcutt2年前
  153. コネクティビティ
    ランサムウェア攻撃で再燃する米政府の責任論
    WannaCryによる大規模なサイバー攻撃が、謎に包まれた米国政府の手続きをめぐる微妙な問題を再浮上させた。政府が入手した脆弱性を公表するべきか、再び議論になっている。 Mike Orcutt2年前
  154. コネクティビティ
    個人情報の宝庫であるにも関わらず、スマホのプライバシー・ポリシーや個人設定を確認しないユーザーは多い。カーネギーメロン大学の研究者が作ったアプリは、そうした状況を変える可能性がある。 Mike Orcutt2年前
  155. コネクティビティ
    テック業界は猛反発も、FCC「ネット中立性」規制廃止へ
    FCCのパイ委員長は、オバマ政権時代に制定されたネットワークの中立性規制がISPの投資を妨げていると主張。規制の廃止によって新興のコンテンツ事業者にとって不利な状況を生み出す恐れも出ている。 Mike Orcutt2年前
  156. コネクティビティ
    【トランプ政権の100日】米国の科学技術政策はどうなるのか?
    トランプ政権誕生から100日以上過ぎ、米国の科学技術政策の方針は一部を除いて何もわからない状態が続いている。サイバー・セキュリティ、気候変動、インターネット・プライバシー、CRISPRについて検証する。 Mike Orcutt2年前
  157. コネクティビティ
    小型人工衛星(CubeSats)が切り開く新市場
    投資家や起業家は、小型人工衛星(CubeSats、大学等の研究機関が作成する立方体形状の小型人工衛星で、打ち上げ費用が格安なのが特徴)が、地球の撮影や電気通信の新市場を生み出すと確信している。 Mike Orcutt2年前
  158. コネクティビティ
    ボストン連邦準備銀行副総裁、ブロックチェーンの問題点を指摘
    MITのロブレ・アリ研究員(イングランド銀行電子通貨部元部長)とボストン連邦準備銀行のジェイムズ・クーニャ副総裁は、ブロックチェーンが金融システムを揺るがすには、まだ多くの課題があると指摘した。 Mike Orcutt2年前
  159. コネクティビティ
    闇が深まる米国のインターネット・プライバシー
    ネット上のプライバシーに関して、トランプ政権は企業側のメリットを重視している。しかし、米国にはオンライン・プライバシーの包括的規制がなく、規制の後退で問題は置き去りにされている。 Mike Orcutt2年前
  160. コネクティビティ
    新CIA長官、ウィキリークスとスノーデンを批判
    マイク・ポンペオ新CIA長官は戦略国際問題研究所(CSIS)での講演で、米国はサイバー戦争で、特にWikiLeaksのような「非国家」型の敵から国を守るために、もっと多くのことをすべきと述べました。 Mike Orcutt2年前
  161. ビジネス・インパクト
    なぜ損保会社は
    サイバー災害保険の商品化に
    苦慮しているのか?
    損害保険会社が、企業向けサイバー保険の保険料算定に苦慮している。情報漏えいと異なり、被害額が巨大で、リスク管理の手法も確立しているとはいえないからだ。 Mike Orcutt2年前
  162. コネクティビティ
    トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるのか?
    トランプ政権は、サイバー戦争に対処できるだろうか? 死者や事故につながる攻撃に耐えてきたとはいえ、相次ぐ情報漏えいは、米国のサイバー戦争遂行能力に何が欠けているのかを浮き彫りにしている。 Mike Orcutt2年前
  163. コネクティビティ
    米連邦議会に
    ブロックチェーンの
    初級講座議連が設立
    米連邦議会にブロックチェーンの「初級講座」議連が誕生し、政府へのブロックチェーン適用についての検討が始まった。ただし、ブロックチェーンの業界団体はイノベーションの芽を摘む、と議会の動きを警戒している。 Mike Orcutt2年前
  164. コネクティビティ
    外国人のついでにアメリカ人も監視する法律が年内期限切れ
    外国人を監視するついでにアメリカ人を監視する法律が年内に期限切れを迎える。再延長の議論とトランプ政権発足前に政権移行チームがロシア政府に接触していた問題が絡み、議論の行方が注目されている。 Mike Orcutt2年前
  165. コネクティビティ
    各国政府はLINEやMessengerの暗号を規制するか?
    スマホやメッセージング・アプリの暗号化が強力すぎて、各国の捜査当局は容疑者のデータを解読できず、困っている。テクノロジー業界を育成したい産業政策と、犯罪捜査はどちらが優先されるべきだろうか。 Mike Orcutt2年前
  166. コネクティビティ
    米議会、脆弱性を抱える投票機の更新を所管する組織を解体へ
    米国議会で、脆弱性を抱える投票機の更新等を所管する選挙支援委員会を解体する法案が委員会を通過した。2020年の大統領選挙で、ハッカーによる妨害等に対処できなくなる可能性がある。 Mike Orcutt2年前
  167. コネクティビティ
    おい、グーグル、政府にデータを渡せ
    米国政府がグーグルに要求するユーザーデータは年々増加している。証明する数字を図にするとこうなる。 Mike Orcutt2年前
  168. コネクティビティ
    MS対FBIの法廷闘争で注目のクラウド・サービスの捜査管轄
    「豊かな社会があって国家が強くなる」と考えれば、捜査機関の権限を一方的に強くすることは、自国企業の国際競争力を維持する上で得策でないことがわかる。 Mike Orcutt2年前
  169. コネクティビティ
    ネット中立性がなければスナップチャットは事業を拡大できない
    ネットワーク中立性がなければ、資金に余裕のあるインスタグラムがISPと有利な契約を結ぶかもしれず、そうなればスナップチャットは事業を拡大できない。スタートアップ企業を育むビジネス環境をトランプ政権はどこまで考慮するつもりなのだろうか。 Mike Orcutt2年前
  170. コネクティビティ
    暗号化データの捜査利用と
    安全保障はどちらが大事か?
    暗号化データのアクセス権を捜査機関に認めれば、敵対国の諜報機関もデータを利用できる可能性があり、犯罪捜査のために安全保障を損ないかねない。 Mike Orcutt2年前
  171. ビジネス・インパクト
    トランプ政権が
    FCCの規制撤廃で
    通信事業者の土管化を阻止
    トランプ政権がネットワーク中立性を撤廃した場合、巨大ISPによる新たなビジネスモデル、映像ストリーミング・サービスが登場するだろう。ネットフリックスはかろうじて競争にとどまれるが、新興サービスは厳しいかもしれない。 Mike Orcutt2年前
  172. コネクティビティ
    プライバシーより犯罪捜査優先 先進国で進む反テクノロジー政策
    英国民でなくても、英国で施行された調査権限法(のぞきのライセンス)の動向には注目すべきだ。あらゆるデジタル機器は実質的に政府の所有物で、政府に管理権があることになる。 Mike Orcutt2年前
  173. ビジネス・インパクト
    トランプ次期大統領には
    科学的思考が必要だ
    フランクリン・D・ルーズベルト元大統領以来、どの大統領にも科学顧問がいた。しかし、トランプ次期大統領は科学顧問をまだ指名しておらず、有力な候補者すら示されていない。 Mike Orcutt2年前
  174. コネクティビティ
    グーグル・ファイバーからスマート・ウォッチ「ペブル」まで、一時話題のアイデアが、2016年、姿を消した。 Mike Orcutt2年前
  175. 持続可能エネルギー
    気候条約に資金不足の恐れ
    ドナルド・トランプが気候変動対策で米国の関与を控えれば、パリ協定で合意された計画全体が崩壊する恐れがある。 Mike Orcutt2年前
  176. コネクティビティ
    テック企業とトランプ次期大統領の会合で話し合われるべき3つの議題
    テック企業の幹部を自宅に呼びつける次期大統領の方針は、はっきり言ってよくわからない。 Mike Orcutt2年前
  177. ビジネス・インパクト
    米テック企業、AIへの政府補助金の増額と規制延期を米議会で要請
    人工知能について、業界の有力者は、テクノロジーの開発を具体化させることに米国政府がもっと大きな影響力を発揮すべきと述べた。Mike Orcutt2年前
  178. コネクティビティ
    セキュリティ専門家がIoT機器による大惨事の可能性を米議会で証言
    セキュリティに問題があるWebカメラ等のIoT機器は、すでにサイバー攻撃の手段として使われている。米政府は、サイバー攻撃によって壊滅的な被害が発生するのを未然に防げるだろうか。 Mike Orcutt2年前
  179. コネクティビティ
    米政府による合法ハッキングで、一般人も捜査対象に
    プライバシー保護団体や法学者は、押収せずにデバイスを捜査できる令状を、捜査機関が容易に取得できることを懸念してる。 Mike Orcutt2年前
  180. コネクティビティ
    政権末期だからこそ、オバマ大統領が諦めない4つの技術政策
    米議会はトランプ就任までに政府による個人所有デバイスのデータアクセス権限について検討するつもりでいる。オバマ政権は最後に運輸やインターネット政策における課題を解決してホワイトハウスを去ることになる。 Mike Orcutt2年前
  181. ビジネス・インパクト
    トランプ新政権で、Netflixなどの動画サービスに波乱の予感
    トランプ新政権で、米国連邦通信委員会(FCC)はオバマ政権のネットワーク中立性のルールを無視するか、ひっくり返す可能性が高い。 Mike Orcutt2年前
  182. ビジネス・インパクト
    トランプ次期大統領へ、テクノロジーに関する6つの質問
    テクノロジー政策に関して、次の指導者の詳細な姿勢はまだよくわからない。 Mike Orcutt2年前
  183. コネクティビティ
    ドローンによるプライバシー侵害をどうすれば防げるのか?
    押し寄せる商用ドローンの波は、すでに現行のプライバシー法の割れ目を露わにしている。 Mike Orcutt3年前
  184. ビジネス・インパクト
    ホワイトハウスのトップ・エコノミストがAIは仕事を奪わない、と明言
    本当に心配なのは、人類がまだ十分な人工知能を持っていないことだ。 Mike Orcutt3年前
  185. コネクティビティ
    政府によるネット接続の遮断は経済の停止を招く悪手である
    反体制派を封じ込めるためにインターネットを遮断すると、経済的な打撃があることがわかった。 Mike Orcutt3年前
  186. 生命の再定義
    人工透析患者を3Dプリンターで救う方法
    全人類の10人に1人の慢性腎疾患患者は移植に変わる工学技術を利用できる。 Mike Orcutt3年前
  187. コネクティビティ
    国土安全保障省、米大統領選でハッキング対策
    米国外のハッカーが11月の大統領選挙を混乱させかねない証拠が出てきたことで、問題をどう防止すべきかを検討する機運が高まっている。 Mike Orcutt3年前
  188. コネクティビティ
    消費者のプライバシー保護を
    諦めるな、と米FTC委員長
    米国FTCのエディス・ラミレス委員長は、テクノロジーが複雑に絡まり合う現在、消費者のプライバシー保護を不可能と決めつけるわけにはいかない、という。 Mike Orcutt3年前
  189. コネクティビティ
    米大統領選へのサイバー攻撃 21州がぜい弱性検査を申請
    選挙セキュリティの専門家は、有権者に関するデータベースを狙うサイバー攻撃に当局は備えるべきだという。 Mike Orcutt3年前
  190. ビジネス・インパクト
    トランプ対ヒラリー接戦でも
    再集計不能な米国型選挙
    トランプ対クリントンの接戦が予想される州を含む15州で、ソフトウェアエラーや改ざんを検証できない投票機が使われようとしている。 Mike Orcutt3年前
  191. ビジネス・インパクト
    米国で採用進むネット選挙はすごく危ない
    投票インフラをインターネットに接続するのは安全とはいえないが、米国ではいくつかの州で接続されている。 Mike Orcutt3年前
  192. 持続可能エネルギー
    米国の二酸化炭素排出量で
    運輸業界が発電を上回る
    過去数十年間で初めて、米国では、石炭・ガス火力発電所よりも運輸産業による二酸化炭素排出量が多くなる勢いだ。 Mike Orcutt3年前
  193. コネクティビティ
    米議会の保守派有力議員
    インターネット民営化に反対
    テック企業やインターネット政策の専門家は、インターネットの監督権に関して、議会が誤った議論をしないように迫っている。 Mike Orcutt3年前
  194. コネクティビティ
    米国の恥部
    「ネット接続料高すぎ」問題
    ブロードバンドの料金が高すぎて、米国ではインターネットの利用者が特に非都市部でなかなか増えない。 Mike Orcutt3年前
  195. コネクティビティ
    ケーブルテレビの革新的未来
    保守的事業者に潰される
    米国の規制当局はセットトップボックスを廃止し、新たなエコシステムを構築することで加入者から徴収されるばく大な料金を抑えようとしたが、ケーブルテレビ事業者の巻き返しにより、ほとんど何も変わらないことになりそうだ。 Mike Orcutt3年前
  196. コネクティビティ
    世界のインターネット接続
    反体制派地域で普及せず
    「敵対民族にインターネットを与えるな」政策は、反体制派の機運を削ぐ。 Mike Orcutt3年前
  197. コネクティビティ
    実は利害が一致?
    通信事業者と迷惑電話
    違法な自動音声による勧誘電話を通信事業者は食い止められるだろうか。 Mike Orcutt3年前
  198. 知性を宿す機械
    米、ドローン規制を29日緩和
    日本はチャンスを潰すのか?
    米国でドローンの規制が緩和され、新しいビジネスやサービスが生み出されようとしている。 Mike Orcutt3年前
  199. 生命の再定義
    米デザイナーベビー規制
    ミトコンドリア病治療も禁止
    遺伝子編集を禁止する連邦議会の規制により、重篤な症状をもたらすミトコンドリア病を治療する遺伝子編集の臨床試験まで規制された。 Mike Orcutt3年前
  200. ビジネス・インパクト
    グラフで見るロビー活動
    5大テック企業の巨額支出
    規制当局や政治家への影響力を得るため、巨大テック企業がロビー活動に費やす金額が増え続けている。著作権や税法など、いくつかの分野ではその巨大な影響力により、公平さを欠く問題がある。アマゾンが航空系(配達ドローン)のロビイストへの支払いが多いなど、各社の支出内訳は、事業内容を反映している。 Mike Orcutt3年前
  201. コネクティビティ
    日本では総務省とNTTが
    裏で話している3つのこと
    クリントン政権になっても、トランプ政権になっても、整理されるべき米国の通信政策。 Mike Orcutt3年前
  202. コネクティビティ
    民主主義を破壊したい?
    インターネット投票でどうぞ
    インターネット経由で回収した投票用紙の機密性は「技術的に絶対に守られない」とするレポートが発表された。 Mike Orcutt3年前
  203. コネクティビティ
    大統領選にハッキング危機
    フロリダ州など31州
    セキュリテイリスクが内在しているにもかかわらず、米国の31州は何らかの形で集票にインターネットを利用している。 Mike Orcutt3年前
  204. コネクティビティ
    民主主義国にぜい弱性
    選挙制度にハッキング危機
    ハッカーから選挙制度を守るのは簡単ではないが、投票箱をインターネットに接続しないことから始めることが第一歩だ。 Mike Orcutt3年前
  205. 知性を宿す機械
    ドローンの規制緩和
    米国が踏み込めない理由
    アマゾンに批判される米国のドローン規制には理由があり、航空規制当局は確かなデータがなければ配達ドローンなどの規制緩和を認めない。 Mike Orcutt3年前
  206. 生命の再定義
    脳に電気を流すヘッドホンは
    五輪選手の秘密兵器
    査読された論文での証拠はないが、スタートアップ企業ヘイロは脳を電気で刺激するヘッドホンはアスリートのトレーニングの効果を高めると主張している。 Mike Orcutt3年前
  207. コネクティビティ
    「パパが変なことしたの」
    ネット玩具は通報するべき?
    玩具等のネット接続機器が収集した子どものデータが漏えいしたり、子どもが人形に虐待を打ち明けたりしたとき、玩具メーカーはどうするべきなのだろうか。 Mike Orcutt3年前
  208. 持続可能エネルギー
    人類の増加に善玉菌で対応
    (遺伝子組み換えでない)
    食物版の「腸内善玉菌」で収穫量を増やすバイオテクノロジーは灌漑と同等の効果がある。 Mike Orcutt3年前
  209. 生命の再定義
    オバマ政権が推進の先端医療
    実現できない4つの理由
    患者別の治療も薬は高価で科学はまだそこまで進歩していない。 Mike Orcutt3年前
  210. 持続可能エネルギー
    遺伝子組み換え食品の表示
    米国でやっと義務化の抜け道
    米上院で可決された遺伝子組み換え食品のラベル表示法案は妥協とデタラメの産物。 Mike Orcutt3年前
  211. 生命の再定義
    米国が進める患者別医療
    データベース構築で前進
    ホワイトハウスは、巨大新データベースにより、遺伝子検査の精度が高まり、患者別医療の成功が約束されると述べた。 Mike Orcutt3年前
  212. 知性を宿す機械
    FBIの人種差別的な
    顔認識システム
    顔認識システムは人種によって精度が異なることが判明。 Mike Orcutt3年前
  213. 生命の再定義
    がん治療もビッグデータ
    バイデン副大統領の新政策
    米国国立がん研究所は、ファウンデーション・メディシンから提供された新データの共有によって、適確医療に必要なデータを他社も追随して提供すると願っている Mike Orcutt3年前