KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
アンジェラ・チェン 44 Stories
プロフィールを見る
  1. 倫理/政策
    人工知能(AI)システムを発明者とする特許出願が英国および欧州の特許庁によって却下された。代理人を務めるサリー大学の研究者は、AIを発明者として認めないことは道徳的に問題があるだけでなく、AIによるイノベーションを阻害する可能性があると主張している。 Angela Chen4年前
  2. カルチャー
    新型コロナで問い合わせ殺到
    「フェイスIDマスク」に
    秘められた作家の主張
    新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の大流行によって注文が殺到したマスクは、携帯電話の顔認証の不便さを解消するものだった。だが、マスクにはアーティストのある別の意図も組み込まれている。 Angela Chen4年前
  3. 倫理/政策
    EUがAI規制ガイドラインを発表、「顔認識禁止」見送りへ
    欧州連合(EU)は、偏見、反対意見の抑圧、プライバシーの欠如といった「基本的権利を侵害する」可能性が認められる人工知能(AI)を規制するためのガイドラインを含む白書を新たに発行した。 Angela Chen4年前
  4. 倫理/政策
    新型コロナウイルス感染症の感染者との濃厚接触の可能性を調べるために中国政府が提供しているアプリは、人々に誤った安心感を与えるうえに、市民の分断を招く可能性がある。 Angela Chen4年前
  5. 倫理/政策
    新型ウイルスのデマ・検閲、
    ネット駆使して闘う中国市民
    中国当局による情報検閲の一方でデマが蔓延し、新型コロナウィルスの感染をめぐって正しい状況を把握するのが困難になっている。自らの手で事実を得ようと取り組む中国と香港の市民たちがいる。 Angela Chen4年前
  6. 倫理/政策
    顔認識にさらなる逆風、米プライバシー団体などが一時禁止を訴え
    米国政府による顔認識技術の使用は、「さらなる評価」まで禁止すべき——。大統領による勧告を求める書簡に署名した40の団体はこう主張している。 Angela Chen4年前
  7. 倫理/政策
    EU、顔認識技術の一時使用禁止を検討
    米国のニュースメディア、ポリティコ(Politico)が入手した文書の草案によると、欧州委員会は、研究および保安目的のプロジェクトを除き、公共の場での顔認識の使用を最長5年間禁止することを検討しているという(ただし、この草案には対象となるプロジェクトが何かは明記されていない)。欧州委員会が顔認識を一時的に禁止する狙いは、研究者や政策立案者がこの技術に対してどのように規制を設けるのが最善であるか、調査する時間を与えることにある。 Angela Chen4年前
  8. 倫理/政策
    MIT、エプスタイン寄付金問題の詳細を公表
    マサチューセッツ工科大学(MIT)とジェフリー・エプスタイン被告との関連についてまとめたMITの報告書は、性犯罪で有罪判決を受けるという不祥事を起こした資産家のエプスタイン被告から寄付金を受ける便宜を図ったとして、3人の副理事長、セス・ロイド教授(物理学)、メディアラボの伊藤穰一元所長らを含む多数の大学幹部教職員の名を公表した。 Angela Chen4年前
  9. 倫理/政策
    2020年、プラットフォーム企業は変われるのか?
    2019年は社会に対して大きな力を持つようになったプラットフォーム企業に対する風向きが大きく変わった年だった。大統領選を控えた2020年、企業は自ら変わることができるのだろうか。 Angela Chen4年前
  10. 倫理/政策
    検出技術だけでは解決できない、ディープフェイクの根深い問題
    今や「真実の終わり」の象徴となったディープフェイクは、一部の人たちから選挙を思い通りに操作するための手段だと見られている(ディープフェイクのほとんどが依然としてポルノだという実態は気にしないようだ)。米国政府からハイテク大手、そしてスタートアップ企業まで、誰もがディープフェイク検出テクノロジーの開発に躍起になっている。 Angela Chen4年前
  11. 倫理/政策
    苦境のティックトック、相次ぐ訴訟は何を意味するのか?
    ティックトック(TikTok)が同意を得ずに未成年者の個人データを収集したとして、イリノイ州の一家が訴訟を起こした。この訴訟の数日前には、カリフォルニア州の大学生が、自身のデータを中国のサーバーに送られたとして同社を訴えている。 Angela Chen5年前
  12. 倫理/政策
    ティックトック、政治関連の動画を内部で「非推奨」に分類
    ドイツのニュースサイト「ネッツポリティック(Netzpolitik)」は、ティックトック( TikTok)の新しいコンテンツ・モデレーション指針の抜粋を掲載した。この文書によると、ティックトックのコンテンツ・モデレーターは政治や反対運動に関するコンテンツについて、削除はしないが、人気が出ないように操作することが指示されている。 Angela Chen5年前
  13. 倫理/政策
    グーグル従業員「カレンダー拡張機能で監視」主張には無理がある
    グーグルの一部従業員は、社内で使われているカレンダー拡張機能が監視手段となっていると主張している。だが、メールやチャットなどあらゆるツールを会社が管理する現代において、主張を証明することは難しい。 Angela Chen5年前
  14. 倫理/政策
    政治広告のファクトチェックを拒否するフェイスブックへの提案
    政治広告に対するファクトチェックを拒否するというフェイスブックの方針に対して、1つの妥協案がある。 Angela Chen5年前
  15. 倫理/政策
    個人情報の収集を防ぐことは「ほぼ不可能」=米国人意識調査
    シンクタンクのピュー研究所(Pew Research)の新しい研究によると、米国人の60%以上は、企業や政府に追跡されずに日常生活を送るのは不可能だと考えている。この結果は、長年問われている疑問に重要な背景を提供する。どれだけの米国人がプライバシーについて本気で大切に考えているのか? という疑問だ。 Angela Chen5年前
  16. 倫理/政策
    AI採用ツールは不公平、米人権擁護団体が当局へ調査要請
    人権擁護団体「電子プライバシー情報センター(EPIC:Electronic Privacy Information Center)」は、人工知能(AI)技術を使った企業向け採用支援ツール「ハイヤービュー(HireVue)」の調査を米国連邦取引委員会(FTC)に求めている。 Angela Chen5年前
  17. 倫理/政策
    ツイッターは政治広告禁止へ、フェイスブックと対応分かれる
    ツイッターは11月22日から選挙の立候補者や特定の問題に関する政治広告を禁止する。ジャック・ドーシーCEO(最高経営責任者)が表明した。 Angela Chen5年前
  18. 倫理/政策
    ティックトックは国家安全保障の脅威、米政府が調査へ
    米国政府は、中国企業が所有する動画プラットホーム「ティックトック(TikTok)」に対する国家安全保障に関する審査を開始した。ロイターが報じた。当局側は、今夏最大のヒット曲「オールド・タウン・ロード(Old Town Road)」の成功の一因ともなったバイラル・アプリが米国の安全保障を破壊する可能性があると考えている。 Angela Chen5年前
  19. 倫理/政策
    グーグルの業務委託者が労組加盟、「制度の壁」破れるか
    グーグルを支える業務委託の技術者たちが、正社員と同等の待遇を求めている。一部の業務委託者は労働組合への参加を決めたが、現在の米国の法制度では組合への参加を理由に契約の解除も可能だという。 Angela Chen5年前
  20. 倫理/政策
    米通信品位法230条、
    現代ネット社会を作った
    法律の光と陰
    米国通信品位法230条は、現在のインターネットの興隆を招いたともいわれている。サイト運営者は、問題のあるコンテンツが投稿されても、責任を負う必要がないのだ。しかし、現状はテック企業がその免責にあぐらをかいて、適切なコンテンツのモデレート(投稿監視)を怠っているとの批判がある。230条とは何か、何が誤解されているのか、政治的な論点は何かを詳しく解説する。 Angela Chen5年前
  21. 倫理/政策
    人々のプライバシーを侵害し、差別を助長する可能性があるとして、顔認識テクノロジーの使用を禁止する動きが米国で広がっている。その大半は司法当局を対象としたものだが、民間企業による監視を抑制しようという動きも高まりつつある。 Angela Chen5年前
  22. 倫理/政策
    米上院委員会、大統領選に向けたデマ対策で報告書
    米上院委員会は、2020年の米国大統領選挙における外国からの干渉を防止するための勧告を盛り込んだ超党派の報告書を公開した。 報告書にはテック企業、米連邦議会、大統領に向けた提案が含まれているが、その内容は楽観的であると言わざるを得ない。 Angela Chen5年前
  23. 倫理/政策
    ディープフェイクは「ほぼポルノ」、フェイクニュースとは無関係
    合成画像や合成動画を検知するツールを開発しているディープトレイス(DeepTrace)の新しい報告書によると、インターネット上には少なくとも1万4678件のディープフェイクが存在するという。しかし、その大半は選挙を混乱させるために作られたものではない。 Angela Chen5年前
  24. 倫理/政策
    ディープフェイクがより巧妙化する中、企業は検知テクノロジーの開発を急いでいる。しかし、社会や法律による解決策なしに、その潜在的な被害をなくしていくことはほとんど不可能だ。 Angela Chen5年前
  25. 倫理/政策
    「ドライバーは従業員ではない」ウーバーの主張はどこまで通るか
    ギグワーカーを従業員に位置付けるとしたカリフォルニア州議会の決定は、配車サービス企業に代表されるギグワーカーに頼る業界を震撼させた。ウーバーやリフトは、9000万ドルを投じるキャンペーンを実施し、従業員でも請負業者でもない、労働者の「第3のカテゴリー」を設けることで、この決定に対抗しようとしている。 Angela Chen5年前
  26. 倫理/政策
    チャット転送回数の制限はデマ拡散防止に有効、MITチームが報告
    ワッツアップ(WhatsApp)は2019年1月、デマの拡散を遅らせることを目的に、メッセージの転送制限を導入した。具体的には、256回(グループ)まで転送可能だったものを、わずか5回までに制限したのだ。最新の研究は、この変更が効果を発揮しているものの、まだ不十分であることを示している。 Angela Chen5年前
  27. 倫理/政策
    ドライバーを従業員に、ウーバーの未来を左右する新法案が波紋
    配車サービス企業にとってドライバーの従業員化は大打撃だが、米国カリフォルニア州のギグ・ワーカー(インターネットなどを通じて単発の仕事を受ける労働者)にとっては勝利となる。 Angela Chen5年前
  28. 倫理/政策
    警察はOK、広告はNG——顔認識の利用巡る市民の意識に違い
    シンクタンクのピュー研究所(Pew Research)の新しい報告書によると、米国人の半数以上が顔認識を使う法執行機関を信頼し、民間のテック企業に対しては懸念を抱いていることが分かった。 Angela Chen5年前
  29. 倫理/政策
    米大統領選デマ合戦、インスタが新たな主戦場に
    2016年の米大統領選挙では、フェイスブックとツイッターがデマを拡散したとして大きな注目を浴び、批判にさらされた。だが、ニューヨーク大学のビジネス・人権センター(Center for Business and Human Rights)が発表した新しい報告書によれば、2020年の選挙では、インスタグラムとワッツアップ(Whatsapp)がフェイスブックやツイッターよりも民主主義に対する大きなリスクとなる可能性がある。 Angela Chen5年前
  30. 倫理/政策
    ツイッター広告規制で問われる「どこまでが国営放送」か問題
    香港のデモで明るみになった国営メディアによるプロパガンダは中国だけの問題ではない。中立を装う国営メディアに対して、ソーシャル・プラットフォームは何らかの対策を取るべきだ。 Angela Chen5年前
  31. 倫理/政策
    自動運転車の開発が加速している。大量のデータに人力でラベル付けする仕事を担うのは、経済が破綻状態にあるベネズエラの労働者たちだ。ギグワークをめぐる新たな論争を呼ぶ可能性がある。 Angela Chen5年前
  32. 倫理/政策
    ユーチューバーたちが組織した組合が、欧州最大の労働組合と手を組んだ。ユーチューブに対して運営上の意思決定を透明化するように要求すると同時に、アップロードした動画の使用方法の決定についてコンテンツ制作者にアクセス権がないのはGDPR(EU一般データ保護規則)に違反していると訴えている。 Angela Chen5年前
  33. 倫理/政策
    移民当局へのAWS提供やめて、ホールフーズ社員がアマゾンに抗議
    米国の高級食品スーパーのホールフーズ(Whole Foods)の匿名の従業員グループが、米国移民・関税執行局(ICE)に協力していることを理由に、アマゾンに抗議している(ホールフーズは2017年にアマゾンに買収されている)。 Angela Chen5年前
  34. 倫理/政策
    SNS動画の自動再生、無限スクロールは禁止を=米議会で新法案
    巨大テック企業に対して特に批判的な米国のジョシュ・ホーリー上院議員(共和党)が、ソーシャルメディア企業による無限スクロールや映像の自動再生、達成バッジなどのデザイン機能の使用を制限する法案を提出した。提出された「ソーシャルメディア依存症軽減テクノロジー法(SMART)」では、ソーシャルメディア企業に対してユーザーがスクリーンに貼り付いている時間を制限する機能の構築を義務付け、これまでとは真逆の取り組みを強いることになる。 Angela Chen5年前
  35. 倫理/政策
    「グーグルは非正規を正社員化せよ」、米民主党議員らが要請
    大統領候補のカマラ・ハリスやバーニー・サンダース、エリザベス・ウォーレンをはじめとする民主党の上院議員10人が、グーグルに対して大量の臨時従業員の正社員化を要請した。 Angela Chen5年前
  36. 倫理/政策
    コンピューターを用いて相手の感情を推し量る感情認識テクノロジーには、200億ドル規模の市場があると試算されている。しかし、最近の研究によると、現在もっともよく使われている手法には重大な欠陥があるという。 Angela Chen5年前
  37. 倫理/政策
    GDPR適用開始から1年、Webビジネスの収益は10%減少か
    EU一般データ保護規則(GDPR)が原因でWebサイトの収益が減少している——。ケロッグ経営大学院などの研究者らがまとめた新たな研究報告書はこう指摘している。欧州のプライバシー関連法が、オンライン事業の収入に与える影響について調査した初めての研究報告書だ。 Angela Chen5年前
  38. 倫理/政策
    「分割・解体論」より現実的なGAFA規制案4つ
    「GAFA解体」の声が高まっているものの、過去の歴史を振り返ってみれば実現は困難だ。だが、大手テック企業の独占的な支配力の本質を見極めれば、戦うための方法はほかにもある。 Angela Chen5年前
  39. 倫理/政策
    米下院議長「ろれつが回らない」動画を削除すべきではない理由
    先月末に出回った米国下院議長のフェイク動画が問題になっている。悪質な動画だが、安易な削除は政治家による圧力の悪しき前例となる可能性がある。 Angela Chen5年前
  40. 倫理/政策
    巨大テック企業による市場の寡占を懸念し、分割を求める声が高まっている。だが、オックスフォード大学のビクター・マイヤー=ショーンベルガー教授は、大企業を分割しても問題が解決しないだけでなく、イノベーションが阻害され、消費者にも悪影響を及ぼすという。 Angela Chen5年前
  41. 倫理/政策
    顔認識でポルノ出演女性を特定、残念なプログラマーのひと騒動
    ソーシャルメディアに登録された女性の顔写真を収集し、顔認識テクノロジーを使ってポルノサイトの画像と照合するサービスを開発したプログラマーが非難を浴びている。危険な悪用を防ぐためにも、プライバシー保護の世界的な取り組みが必要だ。 Angela Chen5年前
  42. 倫理/政策
    高まる「GAFA解体論」
    その論点と解決策
    グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップルの巨大テック企業4社(GAFA)の支配力を懸念する声が強まっている。GAFAによる寡占とはいかなるもので、何が問題なのか? そしてどのような解決策が提示されているのか? 簡単にまとめた。 Angela Chen5年前
  43. 倫理/政策
    その統計に疑念あり、米ネット中立性規則巡るFCCの主張に批判
    ネットワーク中立性規則の廃止のおかげで情報格差が縮小したというFCCのアジット・パイ委員長の主張が批判されている。根拠となるデータの正確性が疑われているからだ。 Angela Chen5年前
  44. 人工知能(AI)
    全米初、サンフランシスコ市が顔認識を使用禁止へ 今後の影響は?
    顔認識技術の使用を禁止する条例がサンフランシスコ市で制定された。だが、条例によって禁止されるのは行政機関による顔認識技術の利用であり、民間企業は依然として使用可能だ。 Angela Chen5年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る