KADOKAWA Technology Review
×
【明日まで】10/31締切 日本初開催 「Innovators Under 35」候補者募集中
起業家
35歳未満のイノベーター35人 2018起業家
新しいビジネスを創造し、古いやり方を覆す。

Natalya Bailey ナタリヤ・ベイリー (31)

アクシオン・システムズ

電気エネルギーを利用して小型の人工衛星を推進するシステムを開発した。

ナタリヤ・ベイリーは、小さいものでは靴箱サイズから大きいものでは冷蔵庫サイズに至る人工衛星を、ほぼ10セント硬貨大のエンジンで推進する方法の開発に貢献した。このエンジンはいわゆるエレクトロスプレー推進のアイデアに基づいており、電気エネルギーを使用して小型ロケットを駆動する。

エレクトロスプレーの技術は長年にわたって研究されてきた。研究者は1950年代にこの技術の研究を始めたが、当時の取り組みは断念された。非常に高い電圧を必要としたことと、関連する物理学がよくわかっていなかったことが理由だ。ベイリーは、エネルギー効率が良く、毒性のある推進剤や加圧タンクを必要としないエレクトロスプレーの利点を活かすことができた。人工衛星のサイズに応じて、単独で使用したり、他のエンジンと一緒に使用したりできる小型エンジンを作成したのだ。

ベイリーは、このテクノロジーを商品化するための企業、アクシオン・システムズ(Accion Systems)をボストン郊外に設立した。ベイリーは、ロケット科学の分野は男性中心の世界のように感じるが、うまくいったという。「この分野に極めて少ない女性の一人であることで、余計に目立っています。そして、恐らくそのおかげで、他の分野では得られなかったであろう機会に恵まれたのだと思います」。

(エリカ・ベラス)

人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
人気の記事ランキング
  1. OSIRIS-REx collected too much asteroid material and now some is floating away NASA探査機、小惑星のサンプル採取に成功も多過ぎて蓋が閉まらず
  2. The deadline for IU35 Japan entries is approaching Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
  3. There might be even more underground reservoirs of liquid water on Mars 火星の南極に新たな地下湖、生命体が見つかる可能性も
  4. Satellite mega-constellations risk ruining astronomy forever 増え続ける人工衛星群で天体観測が台無し、解決策はあるか?
  5. Room-temperature superconductivity has been achieved for the first time 世界初、15°C「室温超伝導」達成 夢の新技術へ突破口
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る