1. 知性を宿す機械
    プロパガンダ・ボットによる世論操作が深刻な問題になっている。今後、人工知能(AI)技術が発展するにつれて、ボットの振る舞いはより人間らしくなり、より効果的な攻撃を仕掛けてくるだろう。オックスフォード大学インターネット研究所の研究者による寄稿。 Lisa-Maria Neudert7カ月前
  2. ビジネス・インパクト
    ウォルマートの当日配達サービス、最終目標は「会話型コマース」
    Amazonプライムに真っ向から勝負する格好で提供を開始したウォルマートの新サービス「ジェットブラック(Jetblack)」において、テキストによる注文は試みの一つに過ぎないという。最終的な目標は「会話型コマース」であることを、サービス提供企業であるストア・ナンバー8の担当者が明らかにした。 Erin Winick10カ月前
  3. コネクティビティ
    「アレクサ、盗聴はやめて!」使って分かったAIスピーカーの恐怖
    我が家のスマートスピーカーが録音していた音声のリストをチェックした瞬間、思わず首の後ろの毛が逆立った。私的な会話が録音されていた。ありふれた会話だが、それは「私のもの」なのだ。 Rachel Metz10カ月前
  4. ビジネス・インパクト
    アパレルの究極の未来、
    センサーとAI制御の
    スマートジャケットが登場
    ボストンのアパレルブランドが、温度センサーや加速度センサーを内蔵し、機械学習機能を備えたアプリで操作する加熱式ジャケットの新製品を発表した。着心地はともかく、IoTをアパレル産業に持ち込むことで何ができるのかを試そうという意図は、純粋に興味深い。 Erin Winick12カ月前
  5. コネクティビティ
    どうなる今年のテック動向
    いま読み返したい、
    2017年の記事ベスト13
    2017年も数々の興味深いエマージング・テクノロジーが生まれ、同時にさまざまな社会的課題を私たちに突きつけた。2017年にMITテクノロジーレビューが掲載した1000本以上の記事の中から、2018年のテクノロジー動向を展望するのにふさわしい、おすすめ記事を紹介しよう。 MIT Technology Review Editors15カ月前
  6. コネクティビティ
    米国では人口の5分の1近くの人がアマゾン・アレクサのような家庭用AI(人工知能)アシスタントを使っている。口頭での様々な指示や命令に応えるのような家庭用AIアシスタントは今後、一層普及が進むだろうが、家庭に入り込んだAIアシスタントが、子どもたちの成長にどんな影響を与えるのかはあまりわかっていない。 Rachel Metz2年前
  7. コネクティビティ
    音声AI搭載のデバイスが米国では大人気だ。市場を開拓したアマゾンのアレクサ(Alexa)は、人と機械が対話する不可欠な手段となるかもしれない。 George Anders2年前
  8. 知性を宿す機械
    アレクサ、実験を手伝ってくれ
    米国で人気のAIアシスタント「アレクサ」の仕事に、「実験のお手伝い」が加わりそうだ。科学者は、本来の設計意図とは異なる方法で商用テクノロジーを利用し、研究の効率化を図っている。 Jamie Condliffe2年前
  9. コネクティビティ
    孤独な80代の毎日は楽しい
    ——そう、アレクサならね。
    アマゾンのアレクサのような音声アシスタントが、孤独な高齢者を救うかもしれない。米国サンディエゴにある高齢者専用住宅地では、80代の高齢者たちがアレクサを使った生活を実験中だ。 Elizabeth Woyke2年前
  10. コネクティビティ
    脱タッチ操作へのあくなき探求 ダイヤル式スマホコントローラー
    日々、朝から晩までディスプレイを見続けている筆者は、画面を見なくてもダイヤルとボタンでスマホを操作できるガジェットがあると聞き、早速試してみた。 Rachel Metz2年前
  11. コネクティビティ
    オープンソースでカワイイ♥音声アシスタントが登場
    アマゾン・エコーのようなホームアシスタントが米国で人気だ。あるスタートアップ企業が手掛ける「かわいい」音声アシスタントの狙いは、デバイスへの組み込みにある。 Rachel Metz2年前
  12. コネクティビティ
    画面付きアマゾン・エコーはAIアシスタントの弱点を克服できるか
    アマゾンが画面付きの新型「エコー」を発表した。日本ではなかなか登場しないAIアシスタントだが、世界的にはさらに盛り上がりそうだ。 Jamie Condliffe2年前
  13. 知性を宿す機械
    アマゾン、着替え画像から個人データを収集する「エコー」新製品
    アマゾンが発表した最新のスマート・アシスタント「エコー・ルック」にはカメラが搭載された。着る服を選ぶ手伝いをしてくれるほか、自宅内の様子まで撮影するネット接続型カメラとAIアシスタントを組み合わせた新製品だ。 Jamie Condliffe2年前
  14. 知性を宿す機械
    フェイスブックが約1万人限定で提供中のチャットボット「M」は、映画のチケット予約や企業への問い合わせなど、アレクサやSiriができないことでも回答できる。しかし、高度な賢さには秘密がある。 Tom Simonite2年前
  15. コネクティビティ
    Siriの会話力、強化学習で大幅改善へ
    強化学習版のSiriが開発されていることがわかった。アレクサに対抗するために、既存ユーザーとSiriとの会話は、強力なリソースになる。 Will Knight2年前
  16. コネクティビティ
    アマゾン、アレクサ搭載次世代機に大型画面を追加?
    アマゾンの「アレクサ」やグーグルの「アシスタント」のユーザーは音声操作は使っていても、便利なサードパーティ製アプリはあまり使っていないとわかった。音声アシスタントに画面が搭載されれば、問題は解決されるだろうか。 Jamie Condliffe2年前
  17. コネクティビティ
    「アレクサ、アマゾンは
    グーグルに勝てる?」
    「はい、余裕です」
    アレクサに毎日頼み事をする何百万ものユーザーのおかげで、アマゾンは家庭向け音声アシスタント市場でグーグルよりもずっと有利なポジションにある。 Tom Simonite2年前
  18. コネクティビティ
    なぜアマゾンのAIアシスタントは自動車にまで搭載されるのか?
    アマゾンのスマート・アシスタントは幅広く普及しているが、グーグルはより優れたシステムで猛追している。 Jamie Condliffe2年前
  19. 知性を宿す機械
    頼む、アレクサ、
    会話を成立させてくれ!
    アマゾンが賞金250万ドル
    アマゾンは、パーソナルアシスタント「アレクサ」が会話を20分できるようになる研究に、250万ドルの賞金を提供する。 Will Knight3年前
  20. コネクティビティ
    グーグルアシスタントは検索ビジネスを破壊するか?
    グーグルのチャットボットで検索は便利になるが、ビジネスモデルを破壊してしまう可能性もある。 Tom Simonite3年前
  21. コネクティビティ
    アマゾンの音声アシスタント
    Amazon Echoの実力と限界
    アマゾンは、アプリこそ音声認識スピーカーEcho成功の鍵だとわかっている。 Stacey Higginbotham3年前