KADOKAWA Technology Review
×
ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
発明家
Lan Truong
35歳未満のイノベーター35人 2021発明家
光学チップ、より優れた遺伝子編集、皮膚のような電子機器を実現する道筋を示す。

Shelley Ackerman シェリー・アッカーマン (29)

所属: ボルト・バイオセラピューティックス(Bolt Biotherapeutics)

免疫療法が効かない「冷たい」腫瘍を「熱い」腫瘍に変えることで、免疫システムにがん細胞を認識させて攻撃するように促す新たな治療法を開発している。

人体に備わった免疫システムを利用してがんと闘う方法は、いくつかのタイプの腫瘍に対して有望な成果をあげているが、常に効果があるわけではない。「免疫療法がうまくいかない患者が大勢います」と、シェリー・アッカーマン博士は言う。

免疫療法の薬剤が効果を発揮するには、「熱い(Hot)」腫瘍でなければならない。「熱い」腫瘍とは、免疫細胞の一種であるT細胞が存在していることを意味する。免疫療法の薬剤はこれらのT細胞を活性化させ、がんと闘う強力な兵士にする。しかし、多くの腫瘍は「冷たい(Cold)」ため、免疫システムの網の目をかいくぐる。活性化させるべきT細胞がいないので、免疫療法の薬剤はこうした腫瘍には効果がない。

スタンフォード大学の大学院生だったアッカーマンは、医学・病理学のエドガー・エンゲルマン教授の指導のもと、冷たい腫瘍を熱い腫瘍に変える治療法を開発した。この方法は、腫瘍を標的とする抗体を、免疫を活性化させる小粒子薬剤に化学的手法で付着させることで、免疫システムに腫瘍を認識させ攻撃させるというものだ。これにより冷たい腫瘍は熱い腫瘍に変わり、腫瘍を殺すT細胞の攻撃を受けるようになる。エンゲルマン教授はこの手法を商業化するために、2015年にバイオテクノロジー企業であるボルト・バイオセラピューティックス(Bolt Biotherapeutics)を創業し、アッカーマン博士は2018年に同社に加わった。

アッカーマン博士は子どもの頃、転移性のがんが原因で、1年のうちにおじと親友を亡くした。この経験をきっかけにがん治療の研究に進んだ彼女は、いずれ自分たちの手法が患者の治療に使われるようになることを願っている。

2020年にボルト・バイオセラピューティックスは、乳がんや胃がんなどのHER2と呼ばれるタンパク質を発現するがんの患者に対して治験を開始した。4億3800万ドルを調達した同社は、結腸直腸がん、肺がん、膵臓がんの治療薬の開発も進めている。

(Emily Mullin)

人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
  3. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
  4. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
人気の記事ランキング
  1. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  2. Three takeaways about the current state of batteries エネルギー革命の主役に躍り出た蓄電池、押さえておきたいデータ3つ
  3. Almost every Chinese keyboard app has a security flaw that reveals what users type 人気の中国語キーボード・アプリ、ほぼすべてに脆弱性が存在
  4. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る