KADOKAWA Technology Review
×
開拓者
Lan Truong
35歳未満のイノベーター35人 2021開拓者
核融合、コンピューティング、バイオセンサー、ロボット工学などの分野で重要な進歩に取り組んでいる。

Max Shulaker マックス・シュレイカー (33)

所属: マサチューセッツ工科大学(MIT)

カーボンナノチューブをコンピューティング用途で実用化するためのブレイクスルーを次々と成し遂げ、エネルギー効率に優れた次世代コンピューター誕生への道を切り拓いた。

マサチューセッツ工科大学(MIT)のマックス・シュレイカー教授は、カーボンナノチューブを使用して有効に機能するコンピューターを世界で初めて構築し、さらに、ひとつのチップ上に演算装置、メモリ、センサーを直接組み合わせたシステムも設計した。これらの新たなテクノロジーを統合すれば、コンピューターのエネルギー効率を最大で1000倍にまで高め、低価格医療センサーなどのまったく新しいデバイスがあふれる世界を実現できる可能性がある。

カーボンナノチューブは、「要するに炭素原子ひとつ分の厚みしかないストローです」と、シュレイカー教授は言う。カーボンナノチューブが従来のシリコンチップを駆逐する可能性を研究者が語り始めて早20年になるが、カーボンナノチューブでできたトランジスタやワイヤーを実際のデバイスへと加工するのは困難であることが示されてきた。

しかし、シュレイカー教授は実用化に立ちはだかる壁のいくつかを取り去った。生産過程で異形成されたカーボンナノチューブを除去する方法を生み出し、通常の半導体製造工場でナノチューブベースのトランジスタを搭載したウェハーを製造するプロセスを開発し、一定数の不良品ナノチューブを含むチップでも正常な動作が保証されるような新たな設計を考案した。

数々のブレイクスルーはいずれも、これまで製造されたどんなコンピューターよりもはるかにエネルギー効率に優れた、次世代コンピューターシステムの誕生に向けた重要なステップだ。

シュレイカー教授の旺盛な研究意欲は、モノリシック3次元ナノシステムという、もうひとつの発明として結実した。このシステムは、マイクロプロセッサ、メモリー、その他の機能的レイヤーを、直接カーボンナノチューブの上に重ねて接合させた構造を持つ。従来の設計では、マイクロチップとメモリーが別々のチップ上にあり、ワイヤーで接続されている。しかし、大量のデータをチップ間でやり取りすることは、スピードの低下やエネルギーの浪費につながる。業界で「メモリー・ウォール」として知られる問題だ。シュレイカー教授の3Dナノシステムは、この問題を解決する。

(Russ Juskalian)

人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. Promotion Announcement from the MIT Club of Japan お知らせ:日本MIT会、全国5カ所でSTEAMワークショップ
  3. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  4. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
人気の記事ランキング
  1. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  2. Promotion Announcement from the MIT Club of Japan お知らせ:日本MIT会、全国5カ所でSTEAMワークショップ
  3. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  4. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る