KADOKAWA Technology Review
×
来れ、若きイノベーター! Innovators Under 35 Japan 2022 応募受付開始。
博愛家
Lan Truong
35歳未満のイノベーター35人 2021博愛家
イノベーションへの創造的なアプローチは、世界をより公平な場所にしている。

Aadeel Akhtar アーディール・アフタル (34)

所属: サイオニック

高機能なバイオニック義手を開発するスタートアップを起業し、米国の公的医療保険であるメディケアの適用範囲内の低価格で提供することで、バイオニック義手を利用できる人を大幅に増やした。

アーディール・アフタル博士は、従来よりもはるかに機能的な義手のためのアルゴリズムを開発している。アフタル博士が開発したアルゴリズムの中には、神経に電流を送って義手で触っているものを装着者が「感じ取れる」ようにするものや、筋収縮によって生じる電流を記録して義手の動きを制御できるものなどがある。アフタル博士は10年以上にわたってこうした研究を続けてきた。最初はイリノイ大学アーバナ=シャンペーン校の博士研究員として、そして2015年以降はロボット義手スタートアップ「サイオニック(Psyonic)」の創業者兼CEO(最高経営責任者)として。

アフタル博士は補装具の分野で4つの特許を申請中であり、これらはすべてサイオニックの最初の製品である「アビリティ・ハンド(Ability Hand)」に組み込まれている。アビリティ・ハンドは、筋肉センサーとBluetoothで制御する設計になっており(アプリもある)、触覚センサーデータを装着者に伝えつつ、例えばテーブルにぶつけるなどの日常生活のストレスにも問題なく耐えられる。

20人体制のチームを率いるアフタルCEOは、義手を手の届く価格にすることを心がけていると語る。そして実際、米国の公的医療保険プログラムであるメディケアの適用範囲に収まる低価格の義手を実現した。これにより、米国でバイオニック義手を利用できる人は大幅に増えるはずだ。従来、バイオニック義手に適用できる保険は退役軍人保険または労災保険のみであり、米国で義手を必要とする人の約10%しか利用できなかったと、アフタルCEOは説明する。メディケアが適用されることで、米国内でバイオニック義手を必要とする人の75%に提供できるようになると見込まれる。「メディケアが適用されるようになれば、たいていほかの保険もあとに続きます」と、アフタルCEOは言う。

(Eileen Guo)

人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  5. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
人気の記事ランキング
  1. How China’s biggest online influencers fell from their thrones 桁外れの中国トップ・インフルエンサー、一夜にして転落
  2. Scientists hacked a locust’s brain to sniff out human cancer バッタの脳を改造、人間のがんの「嗅ぎ分け」に成功
  3. What impact will DeepMind’s scientific AI have on our society? アルファフォールド2が社会に与える「アルファ碁」以上のインパクト
  4. How censoring China’s open-source coders might backfire 中国版ギットハブ、コードを検閲・遮断か? OSS開発者に衝撃
  5. Can grid storage batteries save Japan’s power supply crisis? 送電網向け蓄電池は「需給ひっ迫」の危機を救えるか?
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る