KADOKAWA Technology Review
×
【5/24まで】ひと月あたり1000円で購読できる春のキャンペーン実施中!
起業家
Lan Truong
35歳未満のイノベーター35人 2021起業家
世界のもっとも切実な課題を解決するために企業を設立している。

Sara Spangelo サラ・スパンジェロ (34)

所属: スウォーム・テクノロジーズ(Swarm Technologies)

フレンチトースト1枚サイズの人工衛星を多数打ち上げることにより、世界で最も低コストで常時利用可能な衛星通信ネットワークを構築した。

サラ・スパンジェロは、宇宙飛行士になることはできなかった。しかし、カナダの宇宙機関への挑戦が失敗に終わった4年後、スパンジェロは独自の形で宇宙へのマイルストーンを達成した。世界で最も低コストで常時利用可能な衛星通信ネットワークの公開である。

ミシガン大学で航空宇宙工学の博士号を取得したスパンジェロは、現在スウォーム・テクノロジーズ(Swarm Technologies)のCEO(最高経営責任者)である。同社は、地球上のどの場所にあるデバイスに対しても、安価なデータサービスを提供することを目指している。現在、海、砂漠、極地など、地球上の90%近くがインターネットにアクセスできない環境にある。長い間、衛星を使った接続は法外な費用のかかるものだった。衛星ネットワークの導入や維持には一般的に数十億ドル必要だからだ。

コスト削減の鍵となったのは、サイズを小さくすることだ。フレンチトースト1枚ほどの大きさのスウォームの衛星は、現在軌道上にある双方向通信機器の中で最も小さい。非常にコンパクトなので、民間のロケットに格安で搭載できる。スウォームが2021年末までに地球低軌道に配置完了予定の150基の衛星群の打ち上げ費用は、合計で300万ドル未満となる予定だ。

VHF帯の電波を使うスウォームのデータ接続では、船員たちがネットフリックスの動画をストリーミングすることはできない。現在の転送速度は1キロビット毎秒で、1990年代のダイヤルアップ接続程度の速度だ。スウォームが得意とするのは、世界で最も辺ぴな場所から、小さくても有用性の高い情報パケットを伝送することだ。これにより、給水設備の遠隔監視、パイプラインの漏れの検知、土壌の含有量測定、野生生物の追跡、コールドチェーン輸送中のワクチンの温度保証などが可能となる。

(Jonathan W. Rosen)

人気の記事ランキング
  1. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  2. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  3. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  4. OpenAI and Google are launching supercharged AI assistants. Here’s how you can try them out. さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
人気の記事ランキング
  1. Why EV charging needs more than Tesla EVシフト、充電部門閉鎖で明らかになった「テスラ頼み」の危うさ
  2. AI models can outperform humans in tests to identify mental states AIが「心の理論」テストで人間超え、この結果は何を意味するか
  3. The way whales communicate is closer to human language than we realized クジラの言語構造、想像以上に人間の言語に近かった
  4. OpenAI and Google are launching supercharged AI assistants. Here’s how you can try them out. さよならAlexa、オープンAIとグーグルのAIアシスタントが超進化
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る