KADOKAWA Technology Review
×
【1/31まで】年末年始限定!お得に購読できるキャンペーン実施中
MITテクノロジーレビュー イベント事務局 29 Stories
プロフィールを見る
  1. ショーン・ハント(Solugen)
    酵素と金属触媒を使って糖を工業用科学物質に変え、年間3万トン相当以上の二酸化炭素を相殺する。 MIT Technology Review Event Producer11日前
  2. 【本日15時〜生配信】2022年のイノベーターが集結「IU35 Summit」
    MITテクノロジーレビューは、2022年12月15日、「Innovators Under 35 Japan Summit 2022 in Nihonbashi」を開催する。本年度の「U35イノベーター」たちを会場に迎え、活動内容を紹介してもらう予定だ。 MIT Technology Review Event Producer53日前
  3. U35イノベーターに聞く「社会課題解決とイノベーション」配信のご案内
    「Innovators Under 35 Japan」の2022年度の開催を記念し、IU35を過去に受賞したイノベーター3人をゲストに迎え、「社会課題解決」と「イノベーション」をテーマに語り合うトークセッションをオンライン配信する。 MIT Technology Review Event Producer6カ月前
  4. IU35 Japan 2022候補者募集を開始、今年は医学/生物工学も対象
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちの発掘を目的とする国際アワード「Innovators Under 35」の日本版となる「Innovators Under 35 Japan 2022」を開催。広く候補者を募集する。MIT Technology Review Event Producer7カ月前
  5. ビジネス・インパクト
    本日12時〜「宇宙ベンチャーに聞く、研究開発型事業の作り方」無料配信
    大学等での研究開発の成果を事業化し、社会実装を目指していく「研究開発型スタートアップ」が日本でも近年増えている。MITテクノロジーレビューは、Innovators Under 35の日本版を受賞した宇宙ベンチャーのお二人を迎え、なぜ、大学での研究から起業への道を決断したのか?どうやって技術を事業に変えていくのか?最新の取り組みと合わせてお話いただく。 MIT Technology Review Event Producer10カ月前
  6. 「量子コンピューターの現在と最新動向」オンライン開催のご案内
    量子超越後の世界で何が変わるのか?MITテクノロジーレビューは大阪大学の藤井啓祐教授をゲストにお招きして、実用的な量子コンピューターの開発をめぐる世界の潮流、今後の課題と見通しなど、最新情報をお話いただく。 MIT Technology Review Event Producer10カ月前
  7. 【12/16】世界を変えるイノベーターが集う「IU35 Summit」のご案内
    MITテクノロジーレビューは、2021年12月16日、「Innovators Under 35 Japan Summit 2021」を開催する。本年度の「35歳未満のイノベーター」たちを迎え、活動内容について紹介してもらう予定だ。 MIT Technology Review Event Producer14カ月前
  8. 「グリーン水素最前線」オンライン・イベント開催のご案内
    グリーン水素は脱炭素の有望な選択肢となり得るのか? 環境エネルギージャーナリストの本橋恵一氏をゲストにお招きし、各国の取り組みを紹介しながら、日本におけるグリーン水素普及の可能性についてお話しいただく。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  9. 「Innovators Under 35 Japan」2021年度候補者募集のお知らせ
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちの発掘を目的とする国際アワード「Innovators Under 35」の日本版となる「Innovators Under 35 Japan 2021」を開催。広く候補者を募集する。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  10. 「AI×ヘルステックの未来」オンライン・イベント開催のご案内
    予防医療やウェルビーイングなど、あらためて「健康」の重要性が問われる中、AIなどのデジタル・テクノロジーはどのような価値を提供できるのか?MITテクノロジーレビューは5月28日、起業家の仲田真輝氏をお迎えし、「AI×ヘルステックの未来 〜IU35 Japan受賞者に聞く米国最新事情」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  11. 【2/19生配信】
    IU35 Japan Summit 2020/受賞者公開インタビューのご案内
    MITテクノロジーレビューは、2021年2月19日、Innovators Under 35 Japan Summitをオンラインで開催する。本年度初開催となった「Innovators Under 35 Japan」の受賞者13名を迎え、自身の活動内容について紹介してもらう予定だ。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  12. MITTRが選ぶ、日本発の35歳未満のイノベーターを発表
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、初開催となる「Innovators Under 35 Japan 2020」の受賞者を発表した。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  13. Innovators Under 35 Japan、候補者の応募・推薦締切迫る
    MITテクノロジーレビュー[日本版]が主催する「Innovators Under 35 Japan」の応募・他薦の締切が10月末に迫っている。候補者の推薦、応募は公式サイトから受付中だ。MIT Technology Review Event Producer2年前
  14. 【10/20生配信】宇宙飛行士・山崎直子さん公開取材のご案内
    「Innovators Under 35 Japan」の開催を記念して、本アワードの審査員であり、宇宙飛行士の山崎直子さんに10月20日(火)19時から公開取材を実施する。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  15. ビジネス・インパクト
    「Innovators Under 35」日本版初開催・候補者募集のお知らせ
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、才能ある若きイノベーターたちを讃え、その活動を支援することを目的とした世界的なアワード「Innovators Under 35」の日本版となる「Innovators Under 35 Japan」を初開催いたします。 MIT Technology Review Event Producer2年前
  16. 「新型コロナで再定義される生活と価値観」オンライン開催のご案内
    新型コロナウィルス感染症のパンデミックによって、人々の生活や価値観はどうように変わるのか? MITテクノロジーレビューは6月22日、作家・ジャーナリストの佐々木俊尚氏をお迎えし、「新型コロナで再定義される人々の生活と価値観」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer3年前
  17. MITTR主催「ディープラーニング×ロボティクス」開催のご案内
    近年の人工知能の発展を支えている「ディープラーニング」をロボットに適用することで何が生まれるのか? MITテクノロジーレビューは3月3日、早稲田大学基幹理工学部の尾形哲也教授をお迎えし、「ディープラーニング×ロボティクスー知能ロボットの現在とこれからー」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer3年前
  18. MITTR日本版カンファレンス、今年のテーマは「宇宙ビジネス」
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、宇宙ビジネスの持つ可能性を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに議論し、新規事業として宇宙事業への参入を検討する企業が最新情報を集中的に得られるカンファレンス・イベントを11月29日に東京都内で開催する。 MIT Technology Review Event Producer3年前
  19. MITTR主催イベント「医療AI最前線」開催のご案内
    機械学習に代表される人工知能(AI)関連技術の進歩により、医療やヘルスケア領域でのテクノロジーの導入・活用に関心が高まっている。 MITテクノロジーレビューは10月25日、高精度・早期診断対応のインフルエンザ検査法の開発に取り組むアイリスの田中大地COOをお迎えし、「医療AI最前線ーヘルステック・ビジネスの作り方ー」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer3年前
  20. MITTR主催「BATはポストGAFA時代を制するのか? 」のご案内
    ここ数年で世界のイノベーションの中心地へと変貌を遂げている中国。中でも大きな存在感を示しているのが、BAT3社(バイドゥ、アリババ、テンセント)に代表される巨大テック企業だ。中国式イノベーションは今後どこへ向かうのか? MITテクノロジーレビューは8月27日、ジャーナリストの高口康太氏をお迎えし、「BATはポストGAFA時代を制するのか? ——「チャイナ・イノベーション」の現在を読み解く」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  21. ベーシックインカムの可能性探る「AIで変わる仕事の未来」開催
    人工知能(AI)の進化は知識労働にも大きな変化をもたらす。脱労働社会が到来した時、私たちの生活や社会はどうなるのだろうか? MITテクノロジーレビューは7月22日、駒澤大学の井上智洋准教授をお招きし、「AI・自動化で変わる仕事の未来ーベーシックインカムは私たちを幸せにするか?ー」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  22. MITTR主催「人工知能の現在地と未来:2019年版」開催のご案内
    人工知能は、第3次AIブームの幕開けからここ数年の過度な期待と過剰な宣伝を経て、どこに向かおうとしているのか。MITテクノロジーレビューは6月28日、三宅陽一郎氏をゲストにお迎えし、「ビジネス教養として押さえておきたい人工知能の現在地と未来[2019年版]」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  23. MITTR主催「ロボットとのコミュニケーションの未来」開催のご案内
    どんなにすばらしいテクノロジーであっても、「人間とのコミュニケーション」を避けては通ることはできない。MITテクノロジーレビューは3月8日、豊橋技術科学大学の岡田美智男教授をゲストにお迎えし、「ロボットとのコミュニケーションの未来—人間は機械と共生できるのか?」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  24. MITTR主催「ブロックチェーンの基礎と最新動向」開催のご案内
    「ブロックチェーン」という言葉はもはやバズワードとして消費され、本質的な価値への理解や社会的意義に対する議論は置き去りなってしまっている。MITテクノロジーレビューは2月14日、NEC セキュリティ研究所特別技術主幹の佐古和恵氏をお招きし、「いまさら聞けない『ブロックチェーンの基礎と最新動向』」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  25. MITTR主催「自動運転」をテーマにしたカンファレンスのお知らせ
    MITテクノロジーレビュー[日本版]は、自動運転を「テクノロジー」「都市生活」「法制度」の観点から多面的に捉え、自動運転が創り出す未来を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに考えるカンファレンス・イベントを11月30日に東京都内で開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  26. 規制はイノベーションの敵か?「テクノロジーと法」開催のご案内
    テクノロジーの進化と法規制は密接な関係を持っており、現在、既存の法システムのあり方が問われている。MITテクノロジーレビューは10月19日、慶應義塾大学法学部の大屋雄裕教授をお招きし、「テクノロジーと法―「規制はイノベーションの敵」なのか? 」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  27. 「2時間でわかる、量子コンピュータの基礎と最新動向」のご案内
    量子コンピューターをめぐる世界競争が激化している。MITテクノロジーレビューは9月25日、産業総合技術研究所の川畑史郎氏をお招きし、「2時間でわかる、量子コンピュータの基礎と最新動向」を開催する。 MIT Technology Review Event Producer4年前
  28. 人工培養肉をキッチンで作る時代がやってくる!
    イベント開催のお知らせ
    大学や企業の研究室は違ったかたちでバイオテクノロジーに取り組むムーブメント「DIYバイオ」が注目されている。10/4(水)に開催する「MITTR Emerging Technology Conference #4」では、DIYバイオ団体のshojinmeat projectをゲストに迎え、人工培養肉への取り組みを紹介する。 MIT Technology Review Event Producer5年前
  29. ビジョナリーパーソンが集い、
    人間の力を拡張するテクノロジーとの
    共栄社会を考える
    人間の力を拡張するテクノロジーは今まさに社会に実装されようとしており、私達はそれらに対する向き合い方を考える必要に迫られている。MIT Technology Review Event Producer6年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る