KADOKAWA Technology Review
×
【締め切り迫る!1/20まで】年間購読料20%オフ & マガジン1冊プレゼントキャンペーン 実施中!
ジェイミー コンドリフ 647 Stories
プロフィールを見る
  1. 知性を宿す機械
    「リスク評価のプロ」である保険会社と自動運転のさまざまなデータを共有することで、自律自動車の導入が早まるかもしれない。 Jamie Condliffe3年前
  2. 知性を宿す機械
    自律自動車に欠かせないハードウェア「ライダー(LIDAR)」を製造するスタートアップ企業ルミナーは、これまでにない規模でライダーを生産する計画を発表した。新型ライダーは価格を大幅に下げ、すべての試験車に搭載できる数を供給するという。 Jamie Condliffe3年前
  3. 「テックラッシュ」もどこ吹く風、テック大手は今日も安泰
    「テックラッシュ(techlash)」なんて誰が言ったんだ? そもそもテックラッシュって一体なんなんだ? とでも言いたくなる(日本版注:テックラッシュはテック企業に対する反発のこと)。シリコンバレーは、財務状況を見た限りではうまくやっている。 Jamie Condliffe3年前
  4. 中国の太陽光発電、供給過剰でも減速の兆しなし
    中国は今年の1月から3月で、およそ10ギガワットの太陽光発電を送電網に追加した。これがどれほど大量なのかを少し説明しておこう。 Jamie Condliffe3年前
  5. 北朝鮮ハッカーの能力が向上、17カ国の社会基盤など広範に攻撃
    セキュリティ研究者は、平壌(北朝鮮)関連のハッカーの能力は向上しつつあり、より広範な標的に対して果敢な攻撃をしかけていると指摘している。 Jamie Condliffe3年前
  6. EUの一般データ保護規則、フェイスブックやグーグルに有利か
    ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズの両紙は、大手テック企業に手綱を付けて活動を制御することが広く期待されている新しい規則が、むしろ逆効果になるかもしれないとの記事を掲載した。 Jamie Condliffe3年前
  7. 医療業界の知財を狙う謎のハッカー集団、100組織以上が被害か
    セキュリティ研究者によると、あるハッカー集団がさまざまな医療関連企業を標的に、知的財産の窃盗を目的としたハッキング行為を続けているという。 Jamie Condliffe3年前
  8. 気候変動の影響は最貧国に顕著、オックスフォード大が分析
    新たに開発されたツールにより、地球の平均気温がどの程度上昇したら地球温暖化が実感されるようになるのかを、国ごとに数値化できるようになった。 Jamie Condliffe3年前
  9. フェイスブック問題、疑惑の研究者が議会証言で「怒り」
    アレクサンドル・コーガン博士は、 現在進行中のケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica )のスキャンダルにおける自身の役割について英国議会から喚問を受けている。そしてケンブリッジ・アナリティカもまた、沈黙を破りつつある。 Jamie Condliffe3年前
  10. フェイスブック炎上でもグーグルが「余裕」の理由
    ケンブリッジ・アナリティカによる大混乱は、プライバシー保護問題についてのすべての目をフェイスブックに向けさせた。だが人々は、フェイスブックほど悪質ではないにしても、グーグルも似たような立場なのではないかと疑問を持ち始めている。 Jamie Condliffe3年前
  11. アマゾンが家庭用ロボットを極秘開発中、年内に試験配備か
    アマゾンが家事手伝い用の自律機械を開発しているらしい。移動するアレクサ(Alexa)のようなものだと考えられる。 Jamie Condliffe3年前
  12. フェイスブックの個人情報保護体制、監査法人は「問題なし」
    フェイスブックのプライバシー情報保護対策は、高い評価を得ていた。折りしも、フェイスブックがケンブリッジ・アナリティカ(Cambridge Analytica)によるデータ漏えいに気づいた時期にである。 Jamie Condliffe3年前
  13. フェイスブック、規約変更でGDPRの影響範囲を大幅縮小か
    フェイスブックはユーザーのプライバシーの取り扱い方を改善しようとしていると言うが、個人データが集中的に流れ込むビジネスモデルに関しては、180度の改善は期待しないほうが良い。 Jamie Condliffe3年前
  14. 米中貿易戦争が過熱、ハイテク投資阻止に一歩も引かない構え
    トランプ政権は緊急時の法的権限を発動して、中国が米国のハイテクに投資するのを阻止する可能性がある。だが勘違いしてはならない。中国は反撃しようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  15. EUがテロ容疑者の10日以内のデータ提出を義務付けへ、国外も対象
    欧州委員会の政策試案では、テック企業に対し非常に厳しい期限を課した上でデータを要求する権限を裁判官に与えている。 Jamie Condliffe3年前
  16. IT企業34社がセキュリティ協定、ネット版ジュネーブ条約目指す
    その協定は、政府がデジタル攻撃を始めるのを援助するように求めたとしても、協力を拒否するということを含んでいる。 Jamie Condliffe3年前
  17. FCC、通信事業者による中国製機器の購入を規制へ
    米国連邦通信委員会(FCC)が、通信事業者による中国製ハードウェアの使用を禁止する計画を進めている。 Jamie Condliffe3年前
  18. フェイスブックは欧州の追求を乗り切れるのか?
    フェイスブックの巨大なデータスキャンダルは議会の公聴会で落ち着きを取り戻した。しかし、これからフェイスブックが戦うのは欧州の手強い議員たちだ。 Jamie Condliffe3年前
  19. 英国議会、AIの倫理的利用のための5原則を発表
    英国議会上院が選出した人工知能(AI)委員会は、AI業界200人以上の専門家による報告書を発表した。委員会はAIの利用が公共の利益になることを期待している。以下にその要旨を紹介する。 Jamie Condliffe3年前
  20. 米国防総省のクラウド移行計画、単独契約に懸念の声
    専門家の中から懸念の声が出ている。1社との単独契約では、軍の要求水準を満たせないだけでなく、国家安全保障上の問題が出る可能性があるからだ。 Jamie Condliffe3年前
  21. 検証:ザッカーバーグ証言、どこまで信用できるのか?
    フェイスブックのマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)への10時間にもおよぶ 連邦議会の公聴会のごたごたが落ち着き、ザッカーバーグCEOの話した内容を改めてよく考える機会ができた。彼の話した内容のいくつかにはごまかしがある。以下に挙げてみよう。 Jamie Condliffe3年前
  22. 「都市に自家用車は不要」、移動手段の「総取り」狙うウーバー
    ウーバーは配車サービスだけでなく、公共交通、レンタカー、自転車にまで自社の事業を広げることを決定した。 Jamie Condliffe3年前
  23. 試験放送から無線信号を解読、緊急警報システムに乗っ取りのリスク
    あるセキュリティ研究者が、サンフランシスコ市の警報システムを使って、どのようなメッセージでも流せることを明らかにした。 Jamie Condliffe3年前
  24. ロシア軍が米軍ドローンに妨害電波、シリアでの作戦に影響
    ロシア軍の妨害電波が、シリアにおける米軍の作戦行動のいくつかに「深刻な影響を及ぼしている」と言われている。 Jamie Condliffe3年前
  25. YouTubeで人気音楽ビデオの削除相次ぐ、ハッキング被害か
    ハッカーたちのグループは、世界で最も視聴されているYouTube動画を簡単に乗っ取った。 Jamie Condliffe3年前
  26. フェイスブックCEO、米議会で証言へ「セキュリティに投資」訴え
    4月10、11日の米国議会の公聴会で予定されているフェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)の証言内容が公開された。だが、フェイスブックの投資家らはその内容を快く思わないだろう。 Jamie Condliffe3年前
  27. YouTubeが子どもの個人情報を不正収集、権利擁護団体が批判
    YouTubeがユーザーの子どもたちの情報を不適切に収集しているとして非難を浴びている。 Jamie Condliffe3年前
  28. 中国センスタイムが6億ドル調達、世界一のAIスタートアップ企業へ
    人工知能(AI)による顔認識を提供する中国の企業、センスタイム(SenseTime)が資金調達で新記録を達成した。 Jamie Condliffe3年前
  29. ウーバーがシェア自転車企業を買収、放置自転車問題に懸念
    世界最大の配車サービス会社ウーバーは、渋滞に対処するために自転車がもっと使われるようになると確信している。だが、道路が自転車だらけになるのをそれほど歓迎しない都市もある。 Jamie Condliffe3年前
  30. テスラに新たな試練、太陽光部門の財務リスクが表面化
    イーロン・マスクがCEO(最高経営責任者)を務める自動車メーカーであるテスラ(Tesla)には、オートパイロットの事故や自動車の生産ペースのこと以上に考えねばならないことがある。 Jamie Condliffe3年前
  31. FBメッセンジャーに「送信後削除」機能実装へ 「特権」批判受け
    フェイスブックがマーク・ザッカーバーグCEO(最高経営責任者)のメッセンジャーでのやりとりを削除したことが明らかになり、フェイスブックはこの機能を誰もが利用できるようにすると述べた。現在のフェイスブックの苦境を考えると、何ら不思議ではない対応だ。 Jamie Condliffe3年前
  32. トランプ大統領、アマゾン叩きで空回り? 政府機関は追従せず
    ドナルド・トランプ大統領はアマゾンのジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)を懲らしめようと躍起になっていると言われているが、米政府機関は今のところ違うようだ。 Jamie Condliffe3年前
  33. フェイスブック、医療記録の収集・共有も目論んでいた
    病院から患者のカルテを吸い上げるフェイスブックのプロジェクトは現在中断している。理由は明白だ。 Jamie Condliffe3年前
  34. YouTube本社襲撃、テック企業が銃規制論争に重い腰
    シリコンバレーの企業は歴史的に、銃規制の話題を避けてきた。だが4月3日の悲劇的な出来事により、そうもしていられなくなるかもしれない。 Jamie Condliffe3年前
  35. フェイスブックCEO、一般データ保護規則の世界適用は未定
    フェイスブックのCEO(最高経営責任者)は、新しいデータ規則を欧州以外の地域では「考え方」として使うつもりだという。 Jamie Condliffe3年前
  36. 米国、中国のハイテク製品へも制裁関税 トランプ大統領に「焦り」
    中国の技術の進歩を遅らせようとするトランプ大統領の試みは、貿易戦争へとエスカレートし、結局は米国企業に損失を与えかねない様相を呈している。 Jamie Condliffe3年前
  37. トランプ大統領の徹底したアマゾン叩き、その理由は?
    アマゾンの成功を抑え込む措置は、ワシントン・ポスト紙に対する大統領の嫌悪感に起因すると伝えられており、すでに問題を抱えるハイテク経済の弱体化を加速する可能性がある。 Jamie Condliffe3年前
  38. アップルが脱インテル、2020年に自社製CPUへ完全切り替えか
    インテルのチップを捨てようとするアップルのティム・クックCEO(最高経営責任者)の考えは、誰にとっても大きな驚きではない。だが、インテルにとっては大変なことになりそうだ。 Jamie Condliffe3年前
  39. フェイスブック、批判を受けプライバシー設定を見直し
    フェイスブックは、プライバシーをユーザーがより管理できるようにしていくとアピールしている。 Jamie Condliffe3年前
  40. トランプ政権、先端技術保護で中国の対米投資規制を検討
    トランプ大統領は中国の科学技術の進歩を抑制しようと、新しい緊急規制を考えているという。 Jamie Condliffe3年前
  41. ウーバーの自動運転車の死亡事故、被害者との和解が成立
    ウーバーは自動運転車が起こした初の歩行者死亡事故について、裁判を回避した。 Jamie Condliffe3年前
  42. ソフトバンクとサウジアラビア、世界最大の太陽光発電所建設へ
    2000憶ドルをかけて、200ギガワットの電力を発電する施設を建設する。これは他で計画されている太陽光発電所の約100倍の規模だ。Jamie Condliffe3年前
  43. ソフトバンク傘下のアームに強敵、「無料」チップに勝てるか?
    無料で使える新しいプロセッサーが設計されたことで、スマホのプロセッサーを制覇した企業の今後の成功は損なわれるかもしれない。Jamie Condliffe3年前
  44. ウェイモ 、無人タクシーの本格展開へジャガー2万台を発注
    自動車メーカーのジャガー(Jaguar)と自動運転車開発企業のウェイモ(Waymo)は、ウェイモが拡張しているロボット・タクシー車両の一部を構成する自動車を2万台程度も製造する見込みだ。 Jamie Condliffe3年前
  45. AIで出遅れる欧州、起死回生をかけ「ジェダイ」が提案
    人工知能(AI)の時代において、米国と中国が急成長するなか、新しい技術を開発する欧州の潜在能力はこのままでは発揮されないままになってしまうかもしれない。 Jamie Condliffe3年前
  46. 通話履歴の収集も判明、泥沼化するフェイスブック騒動
    人々は、フェイスブックが自分たちについて一体何を知っているのか疑念を抱いている。新たに、電話による通話とメッセージに関するデータを収集していることが判明し、フェイスブックの巨大なデータ・スキャンダルは一層ひどいものになる様相を呈してきた。Jamie Condliffe3年前
  47. iPhoneバックドア設置問題が再燃、米司法省が強制化を検討
    政府が独自に暗号の突破を試みてアップルと米国連邦捜査局(FBI)が対立していることが最後に報道されてから久しい。今度は司法省がことを再燃させようとしている。 Jamie Condliffe3年前
  48. 中国、自動運転車向けチップ開発急ぐ 50憶ドル市場に照準
    独自のハードウェアを開発したいという中国の飽くなき欲求が、無人タクシーの世界へ拡大していくのは自然なことだ。 Jamie Condliffe3年前
  49. フェイスブックへの規制強化論、何をどう規制するのか?
    大規模データ漏えい問題の渦中にあるフェイスブックの幹部は、フェイスブックの運営を管理する新たな法規制の導入を歓迎しているようだ。だが、具体的にどのように進めるかの合意は難しい。Jamie Condliffe3年前
  50. ウーバーの自動運転技術に欠陥疑惑、ウェイモと差
    ウーバーの自動運転車は、3月18日に死亡事故を起こす前から、人間がハンドルを握ることなく遠距離をドライブするのは難しかったのかもしれない。Jamie Condliffe3年前
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る