KADOKAWA Technology Review
×
発明家
35歳未満のイノベーター35人 2017発明家
AIから太陽光発電、心臓弁まで、テクノロジーをより実用的で欠かせないなものにするためのブレークスルーを創り出す。

Franziska Roesner フランチスカ・ローズナー (31)

ワシントン大学

拡張現実がハッカーに乗っ取られる脅威に備える研究者。

拡張現実(AR)をハックしたらどうなるだろうか。カーナビとして使える、自動車のフロントガラスに搭載されたARディスプレイを想像してみよう。そのディスプレイに表示された道路上に、ハッカーがバーチャルな犬や歩行者の画像を追加したとしたら。

フランチ・ローズナーは、早期にこの課題に気が付き、デバイス本体や人間を保護するためにARデバイスに必要な、セキュリティとプライバシーの規制について研究している。ワシントン大学にあるローズナーの研究チームは、ARプラットフォームのプロトタイプを作成した。プロトタイプでは、たとえば、フロントガラス用のアプリで、現実世界に存在している標識や人間を隠すといったことを阻止できる。

「私たちは常に、バグがあったり悪意を持っているアプリがどのようなことをするのか、という問いを投げかけてきました」。

(レイチェル・メッツ)

 

人気の記事ランキング
  1. Astronomers found a giant intergalactic “wall” of galaxies hiding in plain sight 天文学者らが銀河の「壁」を発見、地球から5億光年
  2. Immunity to covid-19 could disappear in months, a new study suggests 新型コロナの免疫は数カ月で消滅か、ロンドン大新研究
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. If the coronavirus is really airborne, we might be fighting it the wrong way 新型コロナ、空気感染なら対策見直し必至  「換気」優先に
人気の記事ランキング
  1. Astronomers found a giant intergalactic “wall” of galaxies hiding in plain sight 天文学者らが銀河の「壁」を発見、地球から5億光年
  2. Immunity to covid-19 could disappear in months, a new study suggests 新型コロナの免疫は数カ月で消滅か、ロンドン大新研究
  3. Verily Has Built a Robot to Release 20 Million Sterile Mosquitoes in California グーグルが蚊の大量飼育ロボットを開発、2000万匹を放出
  4. If the coronavirus is really airborne, we might be fighting it the wrong way 新型コロナ、空気感染なら対策見直し必至  「換気」優先に
フォローしてください重要なテクノロジーとイノベーションのニュースをSNSやメールで受け取る